正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201502
後藤健二の数奇な人生・過去に横領や風俗店経営も・マザーアース石堂順子が福島瑞穂の議員事務所に
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






「週刊文春」2月5日号 人質殺害「イスラム国」禁断レポート 「10分300万円」に命を賭けた 後藤健二さん47歳 書かれざる数奇な人生
「週刊文春」2月5日号
人質殺害「イスラム国」禁断レポート 
「10分300万円」に命を賭けた
後藤健二さん47歳 書かれざる数奇な人生



ヨルダン政府「パイロットが解放されれば、死刑囚を釈放」…後藤さんには触れず
ヨルダン政府「パイロットが解放されれば、死刑囚を釈放」後藤さんには触れず(日本時間1月28日午後8時前)
↓ ↓ ↓

http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk&k=2015012900069
期限切れ後も声明なし=「捕虜交換」交渉難航か-人質事件
時事通信 1月29日(木)06:50

 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」とみられるグループが後藤健二さん(47)の解放条件として、イラク人女死刑囚の釈放を求めて期限とした「24時間」が28日夜に経過した後、イスラム国側から声明は出されていない。日本政府は29日、ヨルダン政府への協力要請や情報収集を続けたが、事態は切迫の度合いを強めており、政府関係者らは焦りの色合いを強めている。
 ヨルダン国営テレビは28日、イスラム国に拘束されたヨルダン空軍パイロットのムアス・カサスベ氏を解放するため、当局がイラク人のサジダ・リシャウィ死刑囚を釈放する用意があると伝えた。その後、ジュデ外相はツイッターで、証拠を求めたイスラム国側からパイロット生存の情報が得られていないと述べた。
 一部で死刑囚が釈放されたとの情報も流れたが、モマニ・メディア担当相は「彼女(死刑囚)が釈放されたというのは事実でない。彼女の釈放はパイロットの解放と結びついている」と語った。
 イスラム国とみられるグループは27日の声明で、死刑囚と後藤さんの交換を要求した。これに対し、ヨルダン政府は死刑囚とパイロットを交換する意向を示してイスラム国側の要求を直接的に受け入れる構えを見せておらず、「捕虜交換」交渉は難航している可能性もある。
 一方、ジュデ外相は米CNNに対し、後藤さんの解放は捕虜交換の一部として行われる可能性があるが、パイロットの解放が優先課題との認識を示した。
 後藤さんとみられる人物の音声メッセージ付き画像がインターネット上に公開されたのは27日夜。メッセージは最後通告だとし、死刑囚の釈放を要求。期限は24時間以内だとして、応じなければ、パイロット、後藤さんの順に殺害すると警告した。(2015/01/29-06:50)



ヨルダン政府にしてみれば致し方ない対応だ。

日本政府としても、ヨルダンに内政干渉はできない。

1月28日夜から1月29日朝まで、首相官邸前で徹夜で集会(デモ)をやっている連中は狂っている!

後藤健二さんの解放を求め、徹夜で集会

http://toyokeizai.net/articles/-/59261
後藤健二さんの解放を求め、徹夜で集会
首相官邸前で徹夜のデモンストレーション
2015年01月29日

イスラム国に拘束されている後藤健二さんの解放を求めて1月28日水曜日に都内の首相官邸前に150人ほどが徹夜覚悟で集まった。

先週あった拘束されていたもう一人の日本人の殺害の後、日本はヨルダンと協調し、後藤さんの解放を確実にすると誓ったが、テロに屈しないという方針を再度表明した。

今回の主催者は政府が後藤さんの解放を実現できることを望むと述べた。「私達は今日ここに、後藤健二さんの即時解放と状況の平和的解決を求めるため首相官邸前に集まりました」と、川崎哲さんは話す。
(以下略)



また、ヨルダン政府が死刑囚釈放の条件として提案した「ヨルダン軍パイロットの解放」についてだが、安否の確証はなく、やはり既に死亡しているものと考えられる。

http://www.jiji.com/jc/isk?g=isk&k=2015012900015&rel=top01
操縦士の安否、確証なし=イスラム国にヨルダン外相
2015/01/29-01:14、時事通信

 【アンマンAFP=時事】ヨルダンのジュデ外相は28日、自身のツイッターで、過激組織「イスラム国」に対してヨルダン人パイロットが今も生存している証拠を求めたが、確証を得ていないことを明らかにした。
 ジュデ外相はこれに先立ち、パイロットの解放と引き換えに釈放の用意があるとヨルダン政府が表明したサジダ・リシャウィ死刑囚について、既に釈放されたとの情報についてもツイッターで否定した。



昨日の当ブログ記事で詳しく説明したとおり、ヨルダン軍パイロットは、イスラム国に捕えられた2014年12月24日頃の時点において、既に膝上辺りから両脚が無く、瀕死の重傷を負っていた。
ヨルダンのパイロットもう両足ないんだよな? これが原因でもう死んじゃってしないの?

イスラム国がヨルダン軍F-16を撃墜!捕虜になったパイロットMoath Al-Kassasbah

イスラム国がヨルダン軍F-16を撃墜!捕虜になったパイロットMoath Al-Kassasbahが俺終わったって顔してるヨルダンのパイロットもう両足ないんだよな? これが原因でもう死んじゃってしないの?

この後、イスラム国がヨルダン軍パイロットの命を救うために治療をしたとは考え難く、このヨルダン軍パイロットは既に死亡していると思われる。





このような状況の中、後藤健二の実母、いや地球の母「マザーアース」こと石堂順子は、福島瑞穂参院議員の事務所を訪ねた。

後藤さんの母、「首相官邸を訪ねて最後のお願いをしたい」と福島瑞穂参院議員の事務所を訪ねる
2015年1月28日 13時55分
自宅を出る後藤健二さんの母、石堂順子さん=28日、東京都小金井市で(淡路久喜撮影)

 イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件で、後藤健二さん(47)=東京都港区=の殺害警告の期限とされる二十八日夜が迫った。後藤さんの母石堂順子さん(78)はこの日午前、東京・永田町を訪れ、解放に向けた活動を国会議員らに要望。支援者によると、「健二の命を救ってください」という安倍晋三首相宛ての手紙を準備しており、安倍首相や菅義偉(すがよしひで)官房長官らに面会する場を設けるよう求めている。
(以下略)


50: 公共放送名無しさん 2015/01/28(水) 10:44:38.31 ID:+mBryi1L
マザーアースの正体が…

53: 公共放送名無しさん 2015/01/28(水) 10:45:24.83 ID:3HHjTSJP
>>50
うわぁ・・・・・・・・・
とうとう正体表した・・・






週刊文春2月5日号

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4783
人質殺害「イスラム国」禁断レポート
「10分300万円」に命を賭けた
後藤健二さん47歳
書かれざる数奇な人生

▼「法政大ではアメフト部」卒業後は日立子会社に就職
▼ボディビルジムで500万円トラブル「風俗店経営」証言も
▼20代で通信社設立「前妻とはイラク行きが原因で離婚」
▼今の妻は東大卒JICA職員 自宅は赤坂マンション ほか


救出なるか? ヨルダンと安倍官邸 女死刑囚極秘交渉

ロンドン取材 父親は米大使館爆破犯の元ラッパー
首切り執行人ジハーディ・ジョン 24歳の狂気

イスラム国潜入ルポ 性奴隷 覚せい剤兵士 自爆ベルト主婦

夜逃げ、自殺未遂、妻死別…湯川遥菜さんの哀しすぎる最期

佐藤優が痛烈批判「中田考はイスラム国のPR担当」

アイム・ノット・アベ 古賀茂明・山本太郎…ここぞとばかりの人々

「日本人が人質売買の標的に」仏テロ予言米政治学者が緊急警告


━━━━━━━━━━
「週刊文春」2月5日号 人質殺害「イスラム国」禁断レポート 「10分300万円」に命を賭けた 後藤健二さん47歳 書かれざる数奇な人生
「週刊文春」2月5日号
人質殺害「イスラム国」禁断レポート
「10分300万円」に命を賭けた
後藤健二さん47歳
書かれざる数奇な人生


▼「法政大ではアメフト部」卒業後は日立子会社に就職
▼ボディビルジムで500万円トラブル「風俗店経営」証言も
▼20代で通信社設立「前妻とはイラク行きが原因で離婚」
▼今の妻は東大卒JICA職員 自宅は赤坂マンション ほか


(一部抜粋)

後藤さんと面識のあるジャーナリストが言う。
「…もし救出できれば世界的なニュースですし、映像が番組で流されれば、10分間で200万円から300万円ほどのギャラがもらえますから」
命の危険も伴う取材だけに、それは相応な対価だろう。
実際、後藤さんはイスラム国に入る直前、「何が起こっても責任は私自身にあります」という動画のメッセージをガイドに託している。
だが、結果として、その決断は人質交換交渉にヨルダン政府も巻き込む外交問題に発展してしまった。

果たして、後藤さんにはどれほどの覚悟があったのだろうか。
ジャーナリストとして名を残すまでの後藤さんの歩みを振り返る。

1967年生まれの後藤さんは2歳まで仙台市で過ごし、その後、東京都世田谷区に転居した。
実家近くの住民が語る。
「お父さんは日立製作所の社員で、お母さんは自宅近くで塾経営をしていたようです。お兄さんとお姉さんがいる3人きょうだいの末っ子で、健二君は勉強が出来て、いつも友達の輪の中心にいました」

後藤さんの母親、石堂順子さん(78)が、1月23日に日本外国特派員協会で会見を開いて注目を集めた。
石堂姓は順子さんの旧姓だという。
後藤さんの実兄(55)はこう説明する。
「はっきりとした時期は覚えていませんが、両親が離婚したのは20年程前です。母はそれより前、健二が高校生くらいの時に世田谷の家から引っ越しています。健二も母とはかなり長い間、連絡を取っていなかったと思います」

母親が家を出て以降、健二さんは父親と暮らしていたという。
法政大学の付属高校に進学した後藤さんは、1986年に法政大学社会学部に進学する、
長年の知人が語る。
「…大学卒業後は、父親の縁なのか、日立製作所の子会社に就職した。ところがサラリーマンがいやだったのか、3カ月で退社。その後は恵比寿のボディビルジムでコーチとして働き始めたのです」

そのジムのオーナーはこう振り返る。
……
オーナーの信頼を得た後藤さんだったが、金銭トラブルを起こしてしまう。
「1年くらい経った頃、会員の入会金と月謝、合わせて500万円もの額が、帳簿と会わないことが判明したのです。本来お店に入っているはずのお金がなく、1日で30万円も勘定が違うこともありました。彼を問い詰めましたが、無言を貫くばかり。結局、それが原因でジムを辞めてしまうことになりました」
(同前)

後藤さんはジムの傍らで、意外なビジネスにも手を出していたという。
「彼は風俗店をやっていたのです。家賃二十数万円の南麻布の高級マンションを借りていて、近隣住民から不動産屋に苦情がきたと聞きました。彼の周囲に聞いてみると、うちのジムでも女性をスカウトしていたんです」
(同前)

当時のジムの同僚が語る。
「確かに後藤さんは羽振りが良かった。2万円もするランチを食べたり、プジョーを乗り回していました。…」

ジャーナリズムの門を叩いたのは20代中盤の頃だった。

(中略)

これ以前に後藤さんは、一度目の結婚をしている。
「ロイター通信など外国メディアで翻訳の仕事をしていた女性で、現在は大学の非常勤講師をしています。彼女との間には現在中3の子供がいます」(前出・知人)

結婚生活は長くは続かなかった。
「最初の奥さんとは10年以上前に離婚しています。後藤さんがイラクの取材に行こうとしていた時に、奥さんから反対されていたことが理由のようです」(同前)

(中略)

(前出フリージャーナリスト)
紛争地の取材を続けながら着実に実績を積み上げてきた後藤さんが、現在の奥さんと結婚したのは3年程前だった。
「奥さんは世田谷の進学校から東大に進み、大学院で都市工学を学んだ才媛です。卒業後は国際協力機構(JICA)に就職。OECDに出向してパリに住んでいたこともあって、二人は海外で出会ったようです。結婚後、後藤さんは奥さんの籍に入っていると聞いています。2歳と昨年生まれた赤ちゃんの2人の娘がいます。」(同前)

後藤さんの現在の自宅は赤坂の一等地にある。
……
お母さんは、昨年赤ちゃんが産まれたことも知らなかったと言いましたが、健二さんが再婚したことも知らなかったのです。3年ほど前のお母さんの誕生日に後藤さんと一緒に食事をした時の写真を公開しましたが、それも何年ぶりなのか分からないほどだったそうで、疎遠な状態が続いていたのです」(前出・知人)

順子さんの記者会見では、健二さんとは関係のない話題も飛び出した。
「会見や自宅での囲み取材で、何度も『原発は反対です』とか『日本は戦争をしないと、憲法9条に誓った国です』などと語り、報道陣を唖然とさせていました。取材に立ち会った夫の石堂行夫さんからも、『原子力はそれとして、早く本題を……』と促されるほどでした」(会見に参加した記者)

━━━━━━━━━━



(参考)

■【AFP記者コラム】「イスラム国」の斬首動画が報道機関に突きつけた課題 (2014年09月23日)
(一部抜粋)
ジャーナリストが誘拐、殺害され、「イスラム国」とその分派によるプロパガンダのためのおぞましい動画が公開されるなか、私たちAFPも編集倫理の原則を再確認する必要に迫られている。
AFPに動画などを提供していた米国人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー氏が8月に、ISに殺害されたような悲劇が起こり得るのだ。
そのため、AFPはフリーのジャーナリストが、私たちが足を踏み入れない地域で取材してきた素材を受けつけないことにした。
フリーランスはシリア内戦で大きな犠牲を払ってきた。大きすぎる犠牲だ。そのようなリスクを背負おうとする彼らの背中を、私たちは押したくはない。

http://www.afpbb.com/articles/-/3026762


テレ朝は、少なくとも「報道ステーション」で14年2月11日と14年5月9日に、シリア内戦の最新映像として後藤健二さんの取材素材を取り扱っていたことが判明。
■テレ朝は、少なくとも「報道ステーション」で14年2月11日と14年5月9日に、
シリア内戦の最新映像として後藤健二さんの取材素材を取り扱っていたことが判明。

http://i.imgur.com/fOceRTd.jpg
・後藤健二さん「報道ステーション」 140211
https://www.youtube.com/watch?v=j9dxkOP1Uv8
・後藤健二氏「報道ステーション」 シリア140509
https://www.youtube.com/watch?v=nyej04B5dIY



歴史通増刊」【歴史を見ればこの国の正体がわかる 雑誌】(2015/1/21)
■佐々木益荒男…反日宣伝を狙った支那軍の人民虐殺(P183-195)


「石堂順子は言動を慎め!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.