正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201411<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201501
NHK「植民地支配」連呼・違いを認識しろ!五輪キャンプ地を融通?互いが必要・時論公論で出石直
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






NHK時論公論が完全に韓国目線で日韓友好を日本に押し付けようとしてるぞ!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!平昌オリンピックとか東京オリンピックを日韓共同開催とかふざけんな
2014年12月27日放送NHK時論公論「日韓 これからの50年」
出石直NHK解説委員「植民地支配」連呼!「違いを認識しろ」「東京五輪のキャンプ地を韓国へ」「互いが必要とされる存在となれ」

━━━━━━━━━━
12月27日
NHK
時論公論
「日韓 これからの50年」

2014年12月27日0:00~
出石 直 解説委員


2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

出石直解説委員:1965年6月日本と韓国の外相が握手を交わし国交を回復しました。当時の日本の首相は安倍総理大臣の大叔父、お祖父さんの弟に当たる佐藤栄作氏、韓国側はパククネ大統領の父親のパクチョンヒ大統領でした。

日韓が国交を回復してから来年で50年、しかし、両国の間には深い溝が横たわっています。この番組は日韓の50年を振り返り、これからの50年を展望します。

2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

困難な交渉の末、終戦から20年がたった1965年になって日本と韓国はようやく国交を正常させました。当時、両国がおかれていた環境は対照的でした。

日本は高度経済成長の真っ只中。焼け野原から奇跡の経済成長を果たし、サンフランシスコ平和会議を経て国際社会に復帰、前年の1964年には東京でオリンピックを開催するまでになっていました。

一方の韓国は35年の植民地支配は終わったものの、南北に分断され朝鮮戦争を経てパクチョンヒ氏がクーデターで政権を掌握し、軍事政権下にありました。経済再建では北朝鮮の後塵を拝し、政治的にも経済的にも大きな困難に直面していました。結局韓国側が求めていた過去に対する謝罪は盛り込まれず、日本が5億ドルの経済協力を行うことで長い交渉は決着しました。共産主義勢力への対抗という冷戦下の政治状況に加え、経済再建を急ぎたいという韓国政府の思惑が優先されたということをまずここで抑えておきたいと思います。

2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

韓国併合から国交正常化までがいわば冬の時代だったとすれば、日韓関係は紆余曲折を経て、やがて春の時代を迎えます。
1998年には小渕首相と金大中大統領によって日韓パートナーシップ宣言がだされ、未来志向の両国関係が打ち出されました。2002年のワールドカップ共同開催に合わせて戦後皇族として初めて韓国を公式訪問した故・高円宮さまは、近くて遠い国が、近くて遠くない国になったと言う言葉を残しています。

ドラマ冬のソナタに端を発する韓流ブームで日本には韓国ドラマや映画、K-POPなど韓国文化が溢れ、ソウルの繁華街明洞には大勢の日本人観光客が押し寄せました。
この間、韓国は漢江の奇跡と呼ばれる目覚しい経済成長を遂げて、北朝鮮をはるかに引き離し、1988年にはオリンピックを開催、今では世界第14位の経済大国、そしてG20の一員として、政治的にも経済的にも大きな存在になりました。

2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

しかし今、日韓関係は再び冬の時代を迎えています。
安倍総理大臣とパククネ大統領による首脳会談はオバマ大統領を交えての会談を除いて、まだ一度も実現しておりません。政治レベルでの対談は極端に少なくなっています。
国民感情にも変化が見られます。
今年7月に行われた調査です。韓国に対して「良い」あるいは「どちらかというと良い」という印象を持っている日本人は20%あまり。日本に対してよい感情を持っている韓国人は20%足らずでした。
逆に良くない感情を持っている日本人は、5割強、韓国人では7割以上に上っています。

2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

日本を訪れる韓国人は円安を背景に増えているものの、韓国を訪れる日本人は大幅に減り、今年はさらに落ち込む見通しです。かつて日本人観光客でにぎわっていた明洞は今は中国人観光客で埋め尽くされています。

なぜ日韓関係はここまで冷え込んでしまったのでしょうか。
今、両国を隔てているのはなんといっても歴史の問題です。その根は1965年の国交正常化交渉にあります。国内事情を優先して政治決着を図らざるを得なかった韓国が民主化して豊かになり、娘のパククネ大統領の時代になって日本に歴史認識を巡る問題を迫ってきたというのは、ある意味宿命的だったといえるのかもしれません。

残念なのは、歴史認識を巡る葛藤が相手国に対する世論を悪化させ、悪化した世論が政治的な歩み寄りを阻むという悪循環を生んでしまっていることです。まずはこの悪循環を断ち切ることからはじめるべきだと思います。私なりに3つの提案をしたいと思います。

2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

違いを認識する
できることを増やしていく
そして、互いが必要とされる存在となる。


まず、違いを認識する。
日本人と韓国人は文化や歴史面で多くの共通点がありますが、考え方や行動様式には少なからぬ違いがあります。日本人は法や秩序を重んじ、韓国人は道徳や感情を重視する傾向にあります。韓国人はよく走ってから考えると揶揄されますが、日本人はじっくり考えてもなかなか歩き出さない慎重な性格です。

2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員
もちろん歴史認識を巡っても違いがあり、これが相手に対する悪い感情に繋がっています。たとえ不満や批判があっても悪口は言わず、胸の中にしまっておく、互いに違うことを認め、違いに寛容になる。これが一人ひとりにできる日韓親善の第一歩ではないでしょうか。

次に、できることを増やしていく。

例えば第3国での共同事業です。インドネシアのスラウェシ島では日本と韓国の企業が協力してLNG液化天然ガスの共同開発を進めています。開発リスクを分散するだけでなく、夏場は日本へ、冬場は韓国へとそれぞれのエネルギー需要のピークに合わせた供給も可能になります。
2018年にはピョンチャンで冬のオリンピック、2020年は東京でオリンピックが開催されます。キャンプ地を融通しあったり観光客を共同で誘致したりするなど
2018年にはピョンチャンで冬のオリンピック、2020年は東京でオリンピックが開催されます。キャンプ地を融通しあったり観光客を共同で誘致したりするなど、地理的な近さを活用した協力もできるのではないでしょうか。他にも少子高齢化、環境、防災、などなど協力できることはたくさんあります。解決の難しい問題にこだわって立ち止まるのではなく、まずはできることからどんどんやっていく。これも関係改善の近道と考えます。
2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

最後に、互いが必要とされる存在になる。
最後に互いが必要とされる存在になる
いくら友好親善といってもお題目だけでは前には進みません。互いが必要とされる存在になる為には、政治的にも経済的にも文化的にも相手から一目おかれる尊敬される存在にならなくてはなりません。
今月になって、長年いがみ合ってきたアメリカとキューバが国交正常化に向けて交渉を開始するという大きなニュースが飛び込んできました。今年4月にはアイルランドのヒギンズ大統領がイギリスを訪問し、過去の植民地支配や宗教対立を巡る歴史的な葛藤に終止符を打っています。

もうすぐやってくる2015年は日本にとっては戦後70年。韓国にとっては植民地支配から解放されて70年の節目の年でもあります。困難を乗り越えて国交正常化を果たした先人たちの努力に思いを馳せ、日韓両国が再び春の時代を迎えることを願いたいと思います。


NHK解説委員室
ば韓国いい加減にしろ速報
メイド・イン・ジャパン!
正義の見方
━━━━━━━━━━


>一方の韓国は35年の植民地支配は終わったものの、南北に分断され朝鮮戦争を経てパクチョンヒ氏がクーデターで政権を掌握し、軍事政権下にありました。


毎度のことではあるが、日本が朝鮮を「植民地支配」した事実はない。

日本と韓国は、名実ともに(名目的にも実態的にも)公式に併合していたわけであり、宗主国と植民地の関係ではなかった。

視聴者からの受信料や日本国民の税金で成り立っている公共放送であるNHKが「植民地支配」などという名実ともに事実に反する用語を使用することは許されざることだ。
統治時代を植民地支配って朝鮮側の視点でずっといってるよねNHKは。

1910年に成立した日韓併合については、大日本帝国は大韓帝国と条約を結んで併合し、日本(内地)の血税を朝鮮半島に持ち出して、朝鮮半島の文明化と近代化を行ったのだから、植民地支配のわけがない。

朝鮮は7世紀から19世紀まで歴代支那大陸帝国の属領・属藩だった。

日本は日清戦争後の1895年の下関条約で清国に朝鮮の独立を認めさせ、朝鮮は日本のお陰でようやく独立できた。

日本のお陰で清国から独立できた朝鮮(大韓帝国)は日本からカネやヒトの支援を受けたが、あまりにも朝鮮人の能力が欠如していたために国家破綻の危機が続いた。

結局、自分たちの力ではマトモに独立(一人立ち)できそうになかった朝鮮人は、日本との合邦を希望した。

「合邦」を望む、朝鮮半島からの熱意あふれる電報の数々。
「合邦」を望む、朝鮮半島からの熱意あふれる電報の数々

日韓併合により、日本は、階級による身分差別を撤廃し、両班による搾取・虐待から農民を救い、移住の自由を認めさせ、残酷な拷問や刑罰や一族の罪人連座法などを廃止し、女性再婚の自由を保障し、人権尊重などの法治国家の基礎をつくり、学校教育制度を導入し、読み書きを教え、ハングル文字を復活・普及させ、台湾では運動が起きても1~2%にしか許可しなかった改姓名だが、85%の朝鮮人には創氏改名を許可し、鉄道網、道路網を整備し、港の開設工事をし、水力発電所を建設し、重化学工業を興し、緑化政策によって山野を甦らせ、不毛の地を開拓し、河川大事業で洪水を減少させ、水田を倍増させ、世界中から世界一不潔と言われた町々を清潔にし、近代医療制度を導入し、平均寿命を24歳から45歳にのばし、人口を2倍にし、内地(日本)への渡航規制を犯して来る密航者にも寛容に対処した。
(上)日本統治前、(下)日本統治中
(上)日本統治前、(下)日本統治中

併合後のソウル
併合後のソウル





>経済再建では北朝鮮の後塵を拝し、政治的にも経済的にも大きな困難に直面していました。結局韓国側が求めていた過去に対する謝罪は盛り込まれず、日本が5億ドルの経済協力を行うことで長い交渉は決着しました。


上述したとおり、日本は、1200年以上に及ぶ歴代支那大陸帝国による朝鮮の属国支配から朝鮮を独立させ、朝鮮(大韓帝国)と条約を結んで併合し、日本国民(内地人)の血税を持ち出して、朝鮮半島の文明化と近代化を行ったのだから、過去に対する謝罪など盛り込まれるなんて有りえない。

それと、NHK解説委員の出石直は、「日本が5億ドルの経済協力を行うことで長い交渉は決着しました。」と述べたが、日本はその他にも「民間借款3億ドル(1080億)」も行い、あわせて8億ドルの経済援助を行った。

「日本と韓国は長い交渉期間を経て1965年に日韓基本条約を結び国交を正常化」
「日本と韓国は長い交渉期間を経て1965年に日韓基本条約を結び国交を正常化」

「それにあたり日本は韓国に対し合計8億ドルの経済協力を行うことを決めた。この額は当時の韓国の国家予算の2倍以上である。」
「それにあたり日本は韓国に対し、合計8億ドルの経済協力を行うことを決めた。この額は当時の韓国の国家予算の2倍以上である。

「これにより請求権に関する問題は『完全かつ最終的に解決』とされた。しかし日韓でその解釈の違いは残った。」
「これにより請求権に関する問題は『完全かつ最終的に解決』とされた。しかし日韓でその解釈の違いは残った。」

「韓国は手にした資金をもとにインフラを整備」
「韓国は手にした資金をもとにインフラを整備」

「当時最貧国の一つだった韓国は世界でもまれな経済発展をとげ」
当時最貧国の一つだった韓国は世界でもまれな経済発展をとげ」

「その成功はソウルを流れる川の名前を取って『漢江の奇跡』と呼ばれた」
「その成功はソウルを流れる川の名前を取って『漢江の奇跡』と呼ばれた」

このように昭和40年(1965年)、日本は、日韓基本条約、請求権及び経済協力協定において「有償2億ドル(720億円)」、「無償3億ドル (1080億円)」、「民間借款3億ドル(1080億)」有償無償あわせて8億ドルの経済援助を行った。

1965年当時、韓国は北朝鮮やフィリピンよりも一人当たりの国民所得が低い世界の最貧民国の1つとなっていた。

1965年の韓国の輸出総額の目標が1億ドルだったので、日本からの経済援助8億ドルというのは韓国にとっては途轍もなく莫大な金額だった。


当時の韓国政府は、日本からの援助資金で韓国人の個人請求権に応じて財産などを補償すると言っていたのだが、多くを浦項総合製鉄所(ポスコ)の創立に注ぎ込み、結局、韓国人への個人補償を怠った。

「ところが、大多数の韓国人は請求権問題が解決済みということを知らなかったという。」
「ところが、大多数の韓国人は請求権問題が解決済みということを知らなかったという。」

「2005年韓国で国交正常化に関する外交文書が公開され」
「2005年韓国で国交正常化に関する外交文書が公開され」

「個人補償問題も韓国政府が責任を持つことで解決済みだったことが明らかになり。」
「個人補償問題も韓国政府が責任を持つことで解決済みだったことが明らかになり。」
「個人補償問題も韓国政府が責任を持つことで解決済みだったことが明らかになり。」

多くの韓国人がショックを受けた。」
「多くの韓国人がショックを受けた。」

なお、日本はその後も1991年までのODAの無償援助だけで6700億円も供与した。

さらに、1997年、韓国の国家破たん危機(金融危機、通貨危機)の際にも、日本は韓国を救った。

その後も2008年、麻生政権は、韓国からの支援要請に対して300憶ドルの「日韓通貨スワップ」融通枠拡大で応じた。

2011年、野田佳彦は、日本国民には何の説明もしないまま日韓首脳会談で李明博に対して日韓通貨スワップ枠を従来の130億ドル(当時1兆円)から700億ドル(当時5.4兆円)へと、新たに570億ドルも拡充した。






>1998年には小渕首相と金大中大統領によって日韓パートナーシップ宣言がだされ、未来志向の両国関係が打ち出されました。


1998年10月8日の小渕首相と金大中大統領による「日韓共同宣言 21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ」で、改めて日韓の過去のことについては完全に清算されており、外交問題にしないことを確認した。





>残念なのは、歴史認識を巡る葛藤が相手国に対する世論を悪化させ、悪化した世論が政治的な歩み寄りを阻むという悪循環を生んでしまっていることです。まずはこの悪循環を断ち切ることからはじめるべきだと思います。


これは、韓国が一方的に悪いことであり、全ての責任は韓国にある。





>私なりに3つの提案をしたいと思います。
>違いを認識する
>できることを増やしていく
>そして、互いが必要とされる存在となる。

>まず、違いを認識する。

2014年12月27日NHK時論公論「日韓 これからの50年」出石直解説委員

NHKが放映した上の画像には、韓国に関する認識について、重大が間違いがある。
NHKの『時論公論』で、日韓文化の「違いを認識」するべきだと言ってる時に出したイラストが、日本人と韓国人が、ご飯を食べてる様子だったんだけど、韓国人が、ご飯茶わんを手に持って食べてた。 これ、日本と韓

108: 公共放送名無しさん 2014/12/27(土) 00:08:02.16 ID:BuOt3kEJ.net
なんでお椀持ってんだよ
チョンはお椀を置いて犬食いする



当ブログの昨日の記事にも、次のコメントが寄せられていた。
――――――――――
NHKの『時論公論』

NHKの『時論公論』で、日韓文化の「違いを認識」するべきだと言ってる時に出したイラストが、日本人と韓国人が、ご飯を食べてる様子だったんだけど、韓国人が、ご飯茶わんを手に持って食べてた。

これ、日本と韓国の文化の「違いを認識」してないじゃん。


2014/12/27(土) 13:54:08 | URL | boo #7fXQEt/A [ 編集 ]
――――――――――



多くの視聴者の指摘どおり、朝鮮人は、食事の際には茶碗などを持たない。

朝鮮人は、茶碗を置いたまま、左手を使わずにメシなどを食べる。

NHKは、「まず、違いを認識する。」などと偉そうなことを言いながら、実は日本と韓国の違いを全く認識できていない。

ちなみに、韓国(朝鮮)における飲食に関する日本との主な違いを述べると、次のとおり。

――――――――――
▼韓国人は、便所の後にも手を洗わない。(日本人は手を洗う)

▼韓国人は、相手にビールなどを注ぐ際には両手を使わず、片手で注ぐ。(日本人は両手を使って注ぐことが多い)

▼韓国人は、相手にビールなどを注ぐ際には、相手のコップやグラスが完全に空になるまで待ってから注ぐ。(日本人は相手のコップが空になる前に注ぐことが多い)

▼韓国人は、焼酎を水やお湯で割って飲むことを絶対にしない。(日本人は焼酎を水やお湯で割って飲む)

▼韓国人は、よくウイスキーとビールを混ぜて「爆弾酒」と称して飲んでいる。(日本人はそんな馬鹿なことをしない)

▼韓国人は、茶碗を置いたまま、左手を使わずにメシなどを食べる。(日本人は左手で茶碗を持ってご飯を食べる)

▼韓国では、ほぼ全ての飲食店で、他の客の食べ残しを使い回しており、不衛生極まりなく、食中毒が頻発している。(日本の飲食店で食べ残しを使ったことが発覚すると大問題となる)

▼韓国人は、キムチなどの韓国食品には寄生虫がウヨウヨいるため駆虫薬を半年に1回飲んでいる。(日本人は駆虫薬なんて飲まない)
――――――――――






>もちろん歴史認識を巡っても違いがあり、これが相手に対する悪い感情に繋がっています。たとえ不満や批判があっても悪口は言わず、胸の中にしまっておく、互いに違うことを認め、違いに寛容になる。これが一人ひとりにできる日韓親善の第一歩ではないでしょうか。


それは、日本人に対して言うのではなく、韓国人に対して言うべきことだ。





>次に、できることを増やしていく。
>……
>2018年にはピョンチャンで冬のオリンピック、2020年は東京でオリンピックが開催されます。キャンプ地を融通しあったり観光客を共同で誘致したりするなど、地理的な近さを活用した協力もできるのではないでしょうか。



キャンプ地というのは、各国の選手団(チーム)がベストの場所を選ぶ。

キャンプ地の選定については、日本と韓国が融通しあって協力することではない。

平昌五輪で、韓国は各国選手団(チーム)のキャンプ地もできるだけ韓国にしてほしいと希望するだろうが、多くの国(チーム)はキャンプ地だけはせめて日本にしたいはずだ。

一方、東京五輪では、キャンプ地を韓国にしたい異常な国(チーム)は皆無に等しく、殆どの国(チーム)がキャンプ地を日本の中で選ぶだろう。

結局、平昌五輪でも東京五輪でも、多くの国はキャンプ地を日本の中で探すだろう。

つまり、NHK解説委員の出石直は、無理やり「東京五輪での各国(チーム)のキャンプ地を韓国にも誘致してやれ!」と言っているようなものだ。


キャンプ地を融通しあうなどと提案したNHK解説委員の出石直は、韓国の工作員としか思えない。






>最後に、互いが必要とされる存在になる。
>……
>今年4月にはアイルランドのヒギンズ大統領がイギリスを訪問し、過去の植民地支配や宗教対立を巡る歴史的な葛藤に終止符を打っています。



上述したとおり、日本が韓国を植民地支配したことはないが、日韓の過去については既に1965年の「日韓基本条約」「日韓請求権並びに経済協力協定」や、1998年の「日韓共同宣言 21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ」などで、完全に終止符を打っている。





>もうすぐやってくる2015年は日本にとっては戦後70年。韓国にとっては植民地支配から解放されて70年の節目の年でもあります。困難を乗り越えて国交正常化を果たした先人たちの努力に思いを馳せ、日韓両国が再び春の時代を迎えることを願いたいと思います。


上述したとおり、日本が韓国を植民地支配したことはない。
統治時代を植民地支配って朝鮮側の視点でずっといってるよねNHKは。

それと、そもそも日韓が仲良くしようなんて、もう考えない方が良い。

このことについても、当ブログの昨日の記事に、次のコメントが寄せられていた。

――――――――――
韓国が反日のままなのに、日本側が「仲良くしよう」と譲歩したら韓国人はこういう風に考える

「やっぱり反日姿勢は正しかった」と。反日やってたら日本人が折れてきて、譲歩してきたからね。反日を止められなくなるし近年実際に反日姿勢を強めてきた

韓国通の知識人も指摘する
●豊田有恒「反日が高価な代償を伴う事を韓国に教えない限り、捏造に基づく反日は止まらない」
●呉善花「大人の対応なんて言ってるから韓国はつけ上がる。」

だから日本人がやるべきことは、
怒っているという意思表示、そしてK-POP含めた韓国の物は買わないことと、韓国の歴史的主張に対する反論を徹底的にやること

韓国主張の反日歴史は嘘だらけだから、それを主張し
「韓国政府の言う歴史は嘘だった。日本は謝罪する必要など無かった」と理解させて、反日教育の効果から潰す。つまり歴史戦に勝利する。
ここを避けて曖昧にし日韓友好などと、ごまかしても問題解決は有り得ない。

■何も言わないことが大人の対応?だから日本は舐められる【韓国アジア大会】
http://m.youtube.com/watch?v=Qq2281dKHEI


2014/12/27(土) 16:28:00 | URL | 検索♪「反日テレビ局」 #- [ 編集 ]
――――――――――




今の日本にとって重要なことは、「脱亜論」の実践だ。

明治18年(1885年)、福沢諭吉先生は、新聞に「脱亜論」を掲載し、日本国民に対して、次のとおり訴えた!

――――――――――
明治18年(1885年)、福沢諭吉先生は、新聞に「脱亜論」を掲載し、当時の日本国民に対して、次のとおり訴えた
傲慢な人種差別思想を正当化するために捏造歴史に血道を上げるのが支那と韓国である。

たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

悪友の悪事を見逃して関係を保てば、日本も仲間になってしまう。

日本は、「東アジア」の悪友と謝絶せよ。
――――――――――

脱亜論(全文)
現代文 脱亜論
脱亜論 (縦書き)



マキャベリは「隣国を援助する国は滅びる。」と指摘した。
ニッコロ・マキャヴェッリ
マキャべリ
隣国を援助する国は滅びる。


次の二つのことは、絶対に軽視してはならない。
第一は、忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない。
第二は、報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない。




平成22年(2010年)外国人参政権反対国民集会で外国人参政権付与の阻止を訴える呉善花拓殖大学国際学部教授
平成22年「外国人参政権反対国民集会」で外国人参政権の阻止を訴える呉善花拓殖大学教授(動画
呉善花(元韓国人)
韓国人は、日本が韓国を助ければ「助けるほどの価値がこちらにある」「助けないとあなたが困るからだ」と考える。
だから助けたとしても絶対に感謝を表明しない。
謝罪も同じで、心を込めて謝るといったことは通用せず、「では、その気持ちを金で表せ」と言ってくる。
そしていったん助けたら一生、お金を出し続けなければいけない。



『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『朝日新聞「大崩壊」の真相 なぜ「クオリティペーパー」は虚報に奔ったのか』西村幸祐著 (2014/11/2)


「NHKはふざけたことを言うな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.