FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201411<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201501
五輪分催を衆院選の争点にしろ!種目交換等IOC会長「既に平昌と東京に話し済み」黒幕は舛添要一
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






IOCのトーマス・バッハ会長
IOCのトーマス・バッハ会長「種目を分散して開催することもできる」「既に2018年の冬季五輪を開催する韓国・平昌と2020年の夏季五輪を開催する東京に対して話を通している」

【五輪】平昌五輪の日本分散開催、韓国の朴大統領「分散開催は駄目」 一方朝鮮日報「平昌・東京五輪の一部種目交換は検討に値する」

http://www.asahi.com/articles/ASGD863XSGD8KTQ2017.html
平昌五輪の日本分散開催、朴大統領「ダメ」 韓国紙報道
時事 2014年12月8日19時51分、朝日新聞

2018年に韓国で開かれる平昌冬季五輪で、国際オリンピック委員会(IOC)がボブスレーなどそり競技の日本開催を検討していることについて、韓国の朴槿恵大統領は7日、「分散開催は駄目。あれこれ話が出ないよう、全力を尽くしてほしい」と与党議員に語った。聯合ニュースが8日伝えた。

平昌の地元江原道の崔文洵知事も8日、「新設の競技場6カ所全てが着工しており、開催場所の変更は事実上不可能」と述べた。韓国ボブスレー・スケルトン連盟会長も「施設を着工したのに、日本に会場を移すことはあり得ない」と反発している。そり競技の施設は3月に着工し、工事の進捗(しんちょく)率は30%という。

一方で、8日付の韓国紙・朝鮮日報は「平昌・東京五輪の一部種目交換は検討に値する」と題する社説を掲載。「平昌は、江原道と中央政府が費用負担をめぐり激しく対立している。東京も財政難で競技場三つの建設計画を取り消した」と指摘した。社説は「平昌と東京が一部の種目を(相手国に)移し、費用を削減する現実的な方法があるのか考える必要がある」と主張した。(時事)


>2018年に韓国で開かれる平昌冬季五輪で、国際オリンピック委員会(IOC)がボブスレーなどそり競技の日本開催を検討していることについて、韓国の朴槿恵大統領は7日、「分散開催は駄目。あれこれ話が出ないよう、全力を尽くしてほしい」と与党議員に語った。




流石、朴槿恵!

こういう時には頼もしい!

是非とも、一切の分散開催を認めないよう、お願いしたい。

しかし、全く油断はできない。

朴槿恵のジェスチャーの可能性も高い。

――――――――――
「分散開催は駄目ニダ」

「長野がどうしても分散開催をさせてくれと要求して来たニダ」

「大統領も韓国国民も皆反対しているけど、仕方ないので分催するニダ」

「日本に貸しをつくったニダ」
――――――――――


という恐怖のシナリオを実行するための朴槿恵のジェスチャーの可能性は高い。

実際に、長野市は、昭和60年(1985年)から平成13年(2001年)まで市長を務めた塚田佐(たすく)が、韓国に対して【長野市ボブスレー・リュージュパーク(スパイラル)】の活用を呼び掛けていた。
昭和60年(1985年)から平成13年(2001年)まで市長を務めた塚田佐(たすく)

また、2011年7月に、2018年冬季五輪の開催が韓国平昌(ピョンチャン)に決定した後にも、平昌の関係者一行と長野県知事の阿部守一の間で、「平昌でのオリンピック開催に、【長野市ボブスレー・リュージュパーク(スパイラル)】が有効活用できれば」と話をしていた!
阿部守一長野県知事

さらに、平成23年(2011年)、長野県会議員たちが韓国の平昌へ行って「オリンピックの開催に向けて、韓国側から協力の要請があれば、できる限り協力する」という話をしてきていた!

https://www.city.nagano.nagano.jp/site/kisyakaiken/48896.html#08
長野市 平成24年2月15日定例記者会見

ボブスレー・リュージュパークの活用について

Q2 (記者)
先日、第23回オリンピック冬季競技大会の開催が決定した韓国平昌(ピョンチャン)の群守さんほか関係者一行が長野市を表敬訪問された。
また県知事との意見交換会の中でも韓国平昌でのオリンピック開催に、ボブスレーリュージュパーク(スパイラル)が有効活用できればと話をされていた。
(ボブスレー・リュージュパークに)国際大会の誘致や施設の活用など、今後何か具体的に活動する考えはあるか。

A2 (市長)
以前から塚田前市長がボブスレー・リュージュパーク(スパイラル)の活用を韓国側に呼び掛けていた。
また(昨年)県会議員さんたちが現地へ行ってそういった話(オリンピックの開催に向けて、韓国側から協力の要請があれば、できる限り協力するという話)をしてきたということがある。


この間の表敬訪問の際にも、私から協力の話はした。それをやるかやらないかは、韓国の事情の問題だと思う。
もしこの施設を使うとなれば、全力を挙げて応援することになるが、今のところは何とも言えない。
長野の施設を利用することによって韓国の負担が軽くなれば、それはそれで良いことだと思う。



どうやら、最近は、長野市以上に長野県知事の阿部守一や長野県議会議員たちが【長野市ボブスレー・リュージュパーク(スパイラル)】の活用や協力に積極的に動いていたようだ!

長野県知事の阿部守一や長野県にも、反対意見や抗議を届ける必要がある。


長野県知事・あべ守一後援会
http://www.abeshuichi.org/index.html
長野県 お問い合わせ
http://www.pref.nagano.lg.jp/otoiawase/index.html
長野市
広報広聴課へのお問い合わせ
http://www.city.nagano.nagano.jp/form/detail.php?sec_sec1=12



むしろ、長野市長の加藤久雄は寝耳に水だったようで、長野市の方が慎重な姿勢を見せている。

http://www.shinmai.co.jp/news/20141208/KT141207FTI090012000.php
平昌五輪そり競技、日本開催検討 長野の地元住民歓迎、行政慎重
韓国・平昌五輪のそり競技が開かれる可能性が浮上した長野市のスパイラル
韓国・平昌五輪のそり競技が開かれる可能性が浮上した長野市のスパイラル
韓国・平昌五輪のそり競技が開かれる可能性が浮上した長野市のスパイラル
(一部抜粋)
長野市の加藤久雄市長は「何も話を聞いていないので、コメントすることはない」。
市幹部は「前例がないので、慎重に対応しないといけない」とし、IOCや組織委などの対応を見極める必要があると指摘している。



やはり、長野市よりも、長野県知事の阿部守一や長野県の方が、分散開催(共催)に前のめりになっている!





>平昌の地元江原道の崔文洵知事も8日、「新設の競技場6カ所全てが着工しており、開催場所の変更は事実上不可能」と述べた。韓国ボブスレー・スケルトン連盟会長も「施設を着工したのに、日本に会場を移すことはあり得ない」と反発している。そり競技の施設は3月に着工し、工事の進捗(しんちょく)率は30%という。


遅い!
急げ!
早く完成させろ!






>一方で、8日付の韓国紙・朝鮮日報は「平昌・東京五輪の一部種目交換は検討に値する」と題する社説を掲載。「平昌は、江原道と中央政府が費用負担をめぐり激しく対立している。東京も財政難で競技場三つの建設計画を取り消した」と指摘した。社説は「平昌と東京が一部の種目を(相手国に)移し、費用を削減する現実的な方法があるのか考える必要がある」と主張した。


ふざけんな!朝鮮日報!

「平昌五輪と東京五輪の一部種目交換」なんて、悪夢だ!

どうして、東京五輪の一部の種目を韓国で開催しなければならないのか?!

どうやら、この悪夢のような【平昌・東京五輪の一部種目交換】、【相互開催】、【18冬20夏五輪の日韓共同開催】については、IOCのトーマス・バッハ会長や平昌側や舛添要一東京都知事などが既に画策していたようだ。


IOCバッハ会長「18年冬20年夏と相次いで五輪を開催する韓国と日本が相互開催すれば、費用削減になる」

http://m.innolife.net/innonewsviewdirect.html?id=192454
IOC委員長、「平昌オリンピック、日本との分散開催が可能」
スポーツ 2014/12/07(Sun) 13:05

国際オリンピック委員会トーマス・バッハ委員長が、2018年平昌冬季オリンピックの種目の一部を、日本東京で開催する方案を言及した。

バッハ委員長は2018年と2020年、相次いで冬・夏季オリンピックを行う韓国と日本が、費用削減と競技場の事後活用のために、種目を分散して開催することもできると述べた。

一部の外信は平昌組織委員会が、ソリ種目の一部を日本の長野で開催する方案を検討していると報道した。



IOCバッハ会長「IOCがすでに2018年の冬季五輪を開催する韓国・平昌と2020年の夏季五輪を開催する東京に対して話を通している」…黒幕は舛添要一か!

http://www.afpbb.com/articles/-/3033600
IOCの改革案、東京五輪で会場変更や競技追加が可能に
2014年12月07日 09:36
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長

【12月7日 AFP】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は6日、五輪開催都市による会場や競技の変更が、今週行われる改革案に対する投票により許可されることになるだろうと語った。

 バッハ会長は、8日と9日に改革案が通れば実行されることになるこの変更点について、IOCがすでに2018年の冬季五輪を開催する韓国・平昌(Pyeongchang)と20年の夏季五輪を開催する東京に対して話を通していると明かした。

 IOCの常任理事会後の会見に臨んだバッハ会長は、「(来年)1月と2月に両組織委員会の計画について見直しを行い、アジェンダ2020が両者にどういった意味を持つのかを確かめる」と語った。

 8日と9日に行われるIOC総会では、IOC改革と大会コストの削減、実施競技の追加や大会参加者の上限を1万500人に設定するなど、改革案40項目について投票が行われる予定となっている。(c)AFP



>バッハ委員長は2018年と2020年、相次いで冬・夏季オリンピックを行う韓国と日本が、費用削減と競技場の事後活用のために、種目を分散して開催することもできると述べた。
>バッハ会長は、8日と9日に改革案が通れば実行されることになるこの変更点について、IOCがすでに2018年の冬季五輪を開催する韓国・平昌(Pyeongchang)と20年の夏季五輪を開催する東京に対して話を通していると明かした。



こうしてみると、悪夢のような【2018年冬の平昌五輪と2020夏の東京五輪の日韓共同開催、種目交換、相互分散開催】については、IOCのトーマス・バッハ会長や平昌側や舛添要一東京都知事などが既に話が出来ていると考えても良いくらいだ。

まとめると次のようになる。

――――――――――
▼2018平昌五輪と2020東京五輪の種目交換・分散開催・共催をやりたがっている勢力▼

長野県知事の阿部守一:2011年に、2018年冬季五輪が平昌に決定後、平昌の関係者一行と、「平昌でのオリンピック開催に、【長野市ボブスレー・リュージュパーク(スパイラル)】が有効活用できれば」と話した。

長野県議会議員:2011年に平昌へ行って「オリンピックの開催に向けて、韓国側から協力の要請があれば、できる限り協力する」と既に約束

国際オリンピック委員会(IOC):平昌や韓国の財政難という難問について、日本に頼んで解決!平昌を選んだ責任を回避!

日本オリンピック委員会(JOC): 竹田恒和会長が「正式に要請があれば前向きに協力していく」と述べた。(関連記事

安倍晋三首相:2013年11月14日、「韓国は、基本的価値を共有する重要な隣国だ。日韓関係は困難な状況にあるが、韓国で開催される冬のオリンピックや東京オリンピックを通じた協力など、さまざまな分野での協力を進めていくことが重要だ」と発言。(詳細記事

太田昭宏国交相:2014年5月9日、ソウルを訪問中の記者会見で「2018年の平昌冬季五輪に協力し、双方の観光客増加に取り組んでいく」と強調(詳細記事

舛添要一東京都知事:2014年7月23日 韓国を訪問中の舛添東京都知事が朴ソウル市長と2020年東京五輪と、2018年韓国の平昌冬季五輪に相互支援の合意書に署名。
IOCバッハ会長「IOCがすでに2018年の冬季五輪を開催する韓国・平昌と2020年の夏季五輪を開催する東京に対して話を通している」と明かす。

日韓議員連盟・第37回合同総会メンバー:「2018年のピョンチャン冬季オリンピック・パラリンピックと2020年の東京夏季オリンピック・パラリンピックの協力と支援をする」と共同声明(詳細記事

朝鮮日報:「平昌・東京五輪の一部種目交換は検討に値する」と題する社説を掲載


――――――――――

▼2018平昌五輪と2020東京五輪の種目交換・分散開催・共催に反対している勢力▼

韓国国民:日本と共催するくらいなら五輪そのものを返上しろ!

日本国民:お断りだ!

朴槿恵:「分散開催は駄目。あれこれ話が出ないよう、全力を尽くしてほしい」と与党議員に語った。(ジェスチャーの可能性高い)

平昌の地元江原道の崔文洵知事:「新設の競技場6カ所全てが着工しており、開催場所の変更は事実上不可能」と述べた。(ジェスチャーの可能性高い)

韓国ボブスレー・スケルトン連盟会長:「施設を着工したのに、日本に会場を移すことはあり得ない」と反発(ジェスチャーの可能性あり)
――――――――――



JOC(日本オリンピック委員会)への抗議はこちらから
https://www.joc.or.jp/general/inquiry/
東京都への抗議はこちら「ご意見募集コーナー」から
http://www.metro.tokyo.jp/SUB/contact.htm
長野県への抗議はこちらから
http://www.pref.nagano.lg.jp/otoiawase/index.html
長野市
広報広聴課へのお問い合わせ
http://www.city.nagano.nagano.jp/form/detail.php?sec_sec1=12



こうなったら、衆院選の争点とするべきだ!

2018平昌五輪と2020東京五輪の種目交換・分散開催・共催に反対する政党や候補者に投票しよう!

2018平昌五輪と2020東京五輪の種目交換・分散開催・共催に賛成する候補者を落選させよう!

「次世代の党」は、高らかに「平昌五輪と東京五輪の種目交換や分散開催に断固反対!」と表明し、選挙公約とすべき!

その上で、「次世代の党」は、他党に対して、平昌五輪と東京五輪の種目交換や分散開催についての方針を明確にさせるべきだ!



『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『朝日新聞「大崩壊」の真相 なぜ「クオリティペーパー」は虚報に奔ったのか』西村幸祐著 (2014/11/2)


「五輪の種目交換・分散開催・共催に反対!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:衆議院解散・総選挙 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.