正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201410<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201412
冨田捜査の問題点・元刑事が明かす韓国警察の手法・証拠不十分でも容疑者の身柄を拘束し自白を誘導
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






今日のミヤネ屋の競泳・富田選手特集で韓国の警察は防犯カメラの映像をスマホで撮っていたことが発覚

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141109-00000003-tospoweb-spo
冤罪主張した冨田捜査の問題点…元刑事が明かす韓国警察の手法
東スポWeb 11月9日(日)8時46分配信

 韓国・仁川アジア大会(9月)で韓国メディアのカメラを盗んだとして略式起訴され、日本選手団から追放された競泳元日本代表冨田尚弥(25)が6日に開いた弁明会見が波紋を呼んでいる。冨田の「盗んでいない」との冤罪主張に対し、捜査に当たった韓国警察は真っ向から反論。だが、日韓合同捜査の経験がある元刑事は、日本の警察とまったく異なる韓国の荒っぽい捜査手法を指摘した。

 本紙昨報通り、冨田は9月25日、競泳会場の報道陣エリアにあったカメラ本体を盗んだとして、26日に仁川南部署に任意同行されて容疑を認め、すでに被害者と示談成立済み。同署の事情聴取で「否認すると帰国できない」と言われて認めてしまったと釈明した。会見では淡々と「僕は盗んでいません」と訴えた。

 犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は警察庁刑事局に所属していた14年前、ある事件で日本から韓国に逃亡した容疑者を追い、現地警察と合同捜査した経験を持つ。韓国警察の印象は日本より荒っぽい捜査だった。

「容疑者の居場所が分かると、韓国警察は『明日、朝イチで捕まえに行く!』と言う。私が『もう少し内偵しよう。日本では任意で呼ぶ場合でも、否認されても大丈夫なくらい捜査を尽くしておく』と言っても、『日本の捜査は時間がかかるね。悪いやつのためにそんなに苦労することはないよ』だった」

 韓国では疑わしき相手は証拠が完全に揃わなくても身柄を取るのが基本だという。取り調べのテーブルにさえ着かせれば、勢いでなんとでもなるという考えのようだ。

 これらを踏まえたうえで、小川氏は冨田の事件について「警察の取り調べで通訳を通して、具体的になんと言われたのかが問題だ」と指摘する。

「『人の物を盗んだことに間違いないか?』と聞くのと『自分のカバンに人の物が入っていたのは間違いないか?』と聞かれたのでは、まったく意味が違う」。ただ、後者の問いにYESと供述し、それが言葉の問題から警察に「窃盗の自白」と捉えられる可能性は否定できない。

 ほかにも、防犯カメラが捉えたという映像そのものや、警察とのやりとりにも疑問が残るとみている。

「カメラの性能も、カメラの解析技術も韓国は日本に劣る。盗んでいるところが写っているか、不確か。取り調べに同席したJOCの人も警察から『冨田が盗んだ。本人の姿も写っているよ』と言われたら、信用してしまうと思う」(小川氏)

 この点について、日本オリンピック委員会(JOC)は本紙昨報通り「(監視カメラの映像を見た職員から、冨田が)カメラをカバンに入れている姿を確認したと報告を受けている」(平真事務局長)とし、JOC職員と、事情聴取には日本語に堪能な通訳が付き添っていたとしている。

 一方で、冨田の甘さも指摘した。「外国で警察に呼ばれたら誰でも動揺するのは理解できる。ただ、日本でも今では中学生でも警察に『弁護士呼んで』と言ったり『任意? 強制?』と聞いてくる。日本代表選手が血ヘドを吐いて練習しているのは分かるが、世間知らずな面もあったのでは」と小川氏。

 事件後からささやかれているのは韓国による“陰謀説”だ。冨田本人はその可能性を否定しているが、國田武二郎弁護士は「推論を出ませんが」と前置きしつつ「日本選手団の誰かになんらかのワナを仕掛けた。陥れた。そうとしか考えにくい。カメラのレンズを外して本体だけ入れた。バッグに入れるためにはレンズを外さないといけない。個人的な恨みじゃなくて、日本選手団への嫌がらせをしたのでは」とも語っている

 韓国警察は、冨田への自白の強要を否定し、冨田が主張するカバンにカメラを入れたという人物は「防犯カメラに写っていない」としている。同検察も7日、略式命令謄本を日本国内の冨田の住所に送達するよう裁判所に申請。関係者は「謄本(コピー)を見て異議があれば正式に裁判を請求すればいい」と話している。



>犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は警察庁刑事局に所属していた14年前、ある事件で日本から韓国に逃亡した容疑者を追い、現地警察と合同捜査した経験を持つ。韓国警察の印象は日本より荒っぽい捜査だった。
>…
>韓国では疑わしき相手は証拠が完全に揃わなくても身柄を取るのが基本だという。取り調べのテーブルにさえ着かせれば、勢いでなんとでもなるという考えのようだ。



韓国の警察は、まずは容疑者の身柄を拘束し、「罪を認めたら証拠を見せる」、「すぐに罪を認めれば問題にしない」、「罪を認めれば刑を軽くする。逆に認めなければ大変なことになる」などと言って自白を誘導する手法が多いことは紛れもない事実だ。
小川泰平
韓国警察と合同捜査した経験がある小川泰平氏

少なくとも、日本では、警察(取調官)によって、そのような自白誘導があれば、自白調書も証拠にならない。

しかし、韓国では、そのような警察などによる自白誘導が日常的に行われている。

11月1日付け当ブログ記事でも紹介した事例もそうだった。


韓国旅行で冤罪の恐怖、いきなり逮捕!「財布を取ったという画像を見せろ」と要求すると、警察官は「事実を認めたら見せてやる」の一点張り!知らぬ間に起訴…外交関係の悪化で「日本人狙い撃ち」、点数稼ぎに走る韓国警察

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140107/frn1401071152000-n1.htm
韓国旅行で詐欺冤罪の恐怖… いきなり逮捕、知らぬ間に起訴され罰金支払う
2014.01.07、ZAKZAK

「知らない間に犯罪者にさせられた」と訴える男性=大阪市
「知らない間に犯罪者にさせられた」と訴える男性=大阪市

 韓国へ旅行に出かけた大阪市内の男性(66)が現地で詐欺の濡れ衣を着せられた末、身柄を拘束され、罰金70万ウォン(約7万円)を支払わされていたことが本紙の取材で分かった。ズサンな捜査に気味の悪い監視態勢-。顛末を聞くと、アナタも韓国を旅行することが怖くなる。

 一昨年12月、妻とのツアー旅行で韓国・釜山を訪れたこの男性、釜山国際空港の入国管理局で突然警察官に拘束され、緊急逮捕された。容疑は詐欺。何と知らぬ間に国際指名手配されていたという。訳が分からぬまま現地警察へ連行され、独房に入れられた。

 翌日、ソウル地方警察庁の警察官がやってきて現地領事官が特別同席のもと、取り調べが始まった。警察官の説明によるとその2カ月前、ソウル市内の地下鉄駅で誰かが落とした財布をこの男性がだまし取った疑いがあるという。

 男性は現在、貿易代理業を営んでいて過去にも韓国入りしており、事件発生時に同駅にいたのは確か。しかし、駅員に道を尋ねて案内してもらっただけで、財布を拾った覚えなどない。

 すると警察官は、男性がソウルの空港に降り立ち、ホテルに到着するまでの足取りを防犯カメラで撮影された写真で詳細に示してきた。画像では駅で誰かが財布を落とした瞬間が捕らえられ、その後、男性と駅員が並んで現場近くで歩いている光景までは確認できた。

 男性が「財布を取ったという画像を見せろ」と要求すると、警察官は「事実を認めたら見せてやる」の一点張り。結局、容疑否認のまま取り調べが終わり、同日夜に釈放された。

 「裁判するかは検察が決めると聞いた。ちゃんと供述調書の中身を確認したうえでサインをしました」(男性)

それから1年。昨年12月、韓国へ出張に行くと、再び入国管理局で身柄を拘束された。何と男性は詐欺罪で起訴されていて同年2月、本人に知らされぬままソウル地裁が罰金70万ウォンとの略式命令を出していたのだ。略式命令では7日間の異議申立期間が設けられているが、日本にいる男性は知る由もない。
(以下略)


>すると警察官は、男性がソウルの空港に降り立ち、ホテルに到着するまでの足取りを防犯カメラで撮影された写真で詳細に示してきた。画像では駅で誰かが財布を落とした瞬間が捕らえられ、その後、男性と駅員が並んで現場近くで歩いている光景までは確認できた。

監視カメラの映像に冨田が映っていたことは確認できたが、富田がカメラを盗んだ光景がないのと共通している。


>男性が「財布を取ったという画像を見せろ」と要求すると、警察官は「事実を認めたら見せてやる」の一点張り。

これも冨田のケースと同じパターンだ。
9月26日夜から27日未明にかけて仁川の警察署で冨田を取り調べた韓国の捜査官が「事実を認めれば事を大きくしない。日本にみんなと一緒に帰れる。」、「素直に応じれば、刑が軽くなって、大ごとにはならないから。」、「応じなければ、日本に帰れず、韓国に残らなければならない。」などと言って冨田を自白に誘導した可能性は極めて高い。






>ほかにも、防犯カメラが捉えたという映像そのものや、警察とのやりとりにも疑問が残るとみている。
>「カメラの性能も、カメラの解析技術も韓国は日本に劣る。盗んでいるところが写っているか、不確か。取り調べに同席したJOCの人も警察から『冨田が盗んだ。本人の姿も写っているよ』と言われたら、信用してしまうと思う」(小川氏)



韓国の警察は、「カメラをバックに入れる瞬間まで鮮明に映っている。」と主張している。

ところが、非常にあやしいJOCも、「カメラをカバンに入れている姿を確認した」とは主張しているが、盗んだところが映っているとは言っていない。
JOCが協力してたから。
挙動不審で顔を引き攣らせながら会見する平眞

日本テレビ「スッキリ!」のスタッフも、韓国警察の捜査員から映像を見せてもらったところ、ユニホーム姿の冨田が写っていた。

しかし、盗んだ瞬間ではなかったと証言している。

冨田が國田弁護士を通じて初めて正式に冤罪を訴え、11月6日に記者会見を開くと発表した10月30日の翌日10月31日、韓国の警察は「警察としては、冨田選手の犯行の一部始終が映っている防犯カメラの映像を公開することになるかもしれません。」と強気だった。

冨田選手を取り調べた捜査官「警察としては、冨田選手の犯行の一部始終が映っている防犯カメラの映像を公開することになるかもしれません。」
冨田選手を取り調べた捜査官「警察としては、冨田選手の犯行の一部始終が映っている防犯カメラの映像を公開することになるかもしれません。」
■動画
競泳・冨田尚弥選手の代理人が取材に応じ、明らかになった驚きの新事実
https://www.youtube.com/watch?v=7Rk4EJnLD0c&feature=youtu.be&t=5m16s
2014/10/31 に公開



しかし、その後、韓国の警察は「盗んだ瞬間の映像はトップクラスの許可がないと見せられない」と言い改めている。

http://www.j-cast.com/tv/2014/11/07220298.html?p=all
冨田尚弥「カメラをゴミと勘違いしました」窃盗否定!JOC「防犯カメラに写ってた」
2014/11/ 7 12:08、J-CASTニュース、テレビウォッチ、ワイドショー通信簿、スッキリ!!
(一部抜粋)
★上野広治競技委員長「当初から盗んでいないと話している。信じないわけにはいかない」

これに対して、JOCの平眞事務局長は「冨田選手の発言に驚いている。特定できたから(彼を)呼び出したのです」と語った。役員2人が仁川警察から冨田が盗む映像を見せられたと報告を受けたという。「スッキリ!」のスタッフが韓国警察の捜査員から映像を見せてもらったところ、ユニホーム姿の冨田が写っていた。ただ、盗んだ瞬間ではなかった。瞬間の映像はトップクラスの許可がないと見せられないそうだ。

このほか、通訳が日本語に堪能だったかどうかでも、「日本語は得意でない人だった」(冨田)、「しっかり話せたと(役員から)聞いた」(平事務局長)と食い違ている。

逮捕直後、冨田が上野広治競技委員長を呼んでほしいと要請したが、不在だった。その上野委員長は「冨田選手は当初から盗んでいないと話している。信じないわけにはいかない」という。

キャスターのテリー伊藤「他に犯人がいるとしたら、その映像がないというのがわからないですよね」
キャスターのテリー伊藤「韓国の警察が映像を提供し、はっきりすれば難しい問題ではないですよ」

菊地幸夫(弁護士)「生の映像を見るしか(確認の)方法はないですよ。韓国警察にとっては終わったことで、再捜査はむずかしいでしょうね」

今後は、韓国から判決書が送られてくるのを待って、不服なら1週間以内に韓国の裁判所に本裁判を申請するが、1000万円近い費用がかかるともいわれる。



韓国の警察は、10月31日には「カメラをバックに入れる瞬間まで鮮明に映っている。」「警察としては、冨田選手の犯行の一部始終が映っている防犯カメラの映像を公開することになるかもしれません。」と言っていたのに、誰にも一部始終が映っている映像を見せていないし、今となっては「盗んだ瞬間の映像はトップクラスの許可がないと見せられない」と当初は強気だった発言を大きく後退させている。

なお、國田弁護士は、11月6日夜のJOC役員の反論会見について、「冨田君はとても不満を感じていましたよ。冨田君によれば、現地でJOC関係者は『(カメラを袋に入れる場面は)写っていなかったね』と彼に言っていたそうです。それにレンズを外している場面については見ているんですか? ただカメラをバッグに入れるだけなら、窃盗の瞬間とは言えないでしょう」と反論した。

やはり、JOCの柳谷直哉らは、証言を二転三転させているようだ!

柳谷直哉
柳谷直哉





> この点について、日本オリンピック委員会(JOC)は本紙昨報通り「(監視カメラの映像を見た職員から、冨田が)カメラをカバンに入れている姿を確認したと報告を受けている」(平真事務局長)とし、JOC職員と、事情聴取には日本語に堪能な通訳が付き添っていたとしている。


事情聴取に際の通訳についても、富田の主張とJOC職員の主張が食い違っているが、この食い違いについても、実際にその通訳を出せば真実が判明することだ。

韓国の警察は、事情聴取に使った通訳を出せ!

報道によると警察に付き添ったのがJOC役員の柳谷直哉氏含む、JOC役員2名がなんで直接話さないんですか?





>事件後からささやかれているのは韓国による“陰謀説”だ。冨田本人はその可能性を否定しているが、國田武二郎弁護士は「推論を出ませんが」と前置きしつつ「日本選手団の誰かになんらかのワナを仕掛けた。陥れた。そうとしか考えにくい。カメラのレンズを外して本体だけ入れた。バッグに入れるためにはレンズを外さないといけない。個人的な恨みじゃなくて、日本選手団への嫌がらせをしたのでは」とも語っている。


私も、陰謀の可能性が高いと考えている。

11月9日放送のTBS「アッコにおまかせ!」では、和田アキ子( 金福子)が終始冨田に対して冷淡な発言をしていた。

しかし、一方で、その「アッコにおまかせ!」では、アジア大会開催当時の映像などを放映し、記者席の記者たちが皆カメラを台座の上に置いている映像を放映した。

韓国警察は、「冨田は台座の下に置いてあったカメラを盗んだ」と主張しているが、当時そのように台座に下に置かれたカメラはなかったし、記者は商売道具の大切な高価なカメラを台座の下に置くことなど有りえない。


また、専門家によると、当該カメラの望遠レンズの取り外しについても、素人には難しいという。






>韓国警察は、冨田への自白の強要を否定し、冨田が主張するカバンにカメラを入れたという人物は「防犯カメラに写っていない」としている。同検察も7日、略式命令謄本を日本国内の冨田の住所に送達するよう裁判所に申請。関係者は「謄本(コピー)を見て異議があれば正式に裁判を請求すればいい」と話している。


韓国の警察が行ったのは、「冨田への自白の強要」というよりも、「冨田への自白の誘導」だ。

また、韓国警察が言うとおりカバンにカメラを入れたという冨田以外の人物が防犯カメラに写っていないとしても、富田がカメラを盗んでいる映像がなければ、富田を犯人とはできない。

冨田陣営は、今後さらに世論喚起し、韓国側の再捜査を促すか、正式に裁判を申し入れて潔白を証明する意向だ。




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『朝日新聞「大崩壊」の真相 なぜ「クオリティペーパー」は虚報に奔ったのか』西村幸祐著 (2014/11/2)



「韓国へは行ってはいけない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.