FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201410<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201412
競泳の冨田「容疑を認めないと出国させないと韓国当局に言われた」真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【競泳】冨田「えん罪」訴える!真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男
10月1日、韓国から帰国し、報道陣の前で謝罪した競泳の冨田尚弥
【社会】競泳の冨田氏「容疑を認めないと出国させないと韓国当局に言われた」…真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男

http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20141030-OHT1T50274.html
【競泳】冨田「えん罪」訴える!真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男
2014年10月31日6時0分 スポーツ報知

 9月の仁川アジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴された競泳の冨田尚弥(25)の代理人弁護士が30日、「えん罪を分かってもらいたい」として11月6日に本人同席の弁明会見を名古屋市内で開催することを発表した。代理人の国田武二郎弁護士はスポーツ報知の取材に、冨田が「カメラは第三者に無理やりカバンに入れられた。アジア系の短髪の迷彩服を着た男だった」と話していることを明かした。

 冨田は、9月25日の競泳会場で韓国メディアのカメラ1台を窃盗した疑いで当地の警察の事情聴取を受け、容疑を認めた。仁川地検に略式起訴され、約10万円の罰金を納付。被害者とは示談が成立していた。国田弁護士は、冨田から11日に相談を受けたと言い「容疑を認めないと出国させないと韓国当局に言われたようだ。不安があって認めてしまったみたいだ」と説明した。

 冨田は1日、帰国直前の金浦空港で「お騒がせして誠に申し訳ありません」と謝罪した直後、報道陣に「僕、やっていません」と発言を一転させていた。日本水連は8日に2016年3月末まで競技者登録停止の処分案を冨田側に送付。2週間以内であれば異議申し立てが可能だったが、しなかった。

 国田弁護士は「犯罪の成否と水連の処分は別の話。彼自身、屈辱を晴らしたいということ」と説明。韓国の裁判所に再審請求するかについては「まだ分からない」と話すにとどめた。



>9月の仁川アジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴された競泳の冨田尚弥(25)の代理人弁護士が30日、「えん罪を分かってもらいたい」として11月6日に本人同席の弁明会見を名古屋市内で開催することを発表した。代理人の国田武二郎弁護士はスポーツ報知の取材に、冨田が「カメラは第三者に無理やりカバンに入れられた。アジア系の短髪の迷彩服を着た男だった」と話していることを明かした。


まず、最初に特筆すべきことは、競泳の冨田尚弥(25)の代理人弁護士をしている国田武二郎弁護士が「ヤメ検」と言われる元検事であることだ。

しかも、愛知学院大学法科大学院教授まで務めており、普通の弁護士と比べるとかなり優秀な部類に属する。

http://www.bengo4.com/aichi/a_23100/g_23106/l_134567/#pf5
國田 武二郎弁護士 くにた ぶじろう
國田 武二郎弁護士 くにた ぶじろう
あすなろ法律事務所
■元検事・法科大学院教授■
■所長 國田武二郎の経歴
元検事、愛知学院大学法科大学院教授。
東京地検、名古屋地検、横浜地検、岡山地検、福井地検等で捜査・公判検事として財政、経済事犯、公安・労働事犯、選挙事犯、暴力事犯、 風紀・麻薬事犯、交通事犯、外国人犯罪、少年犯罪などの事件を担当。仙台高等検察庁検事として若手検事の指導育成にもあたる。

平成15年6月、愛知県弁護士会に弁護士登録。刑事弁護委員会等に所属。
平成17年より愛知学院大学法科大学院教授として刑事訴訟法、刑事法実務、法曹倫理等について教鞭を取っている。



元検事である「ヤメ検」は、特に刑事事件においては、警察や検察の捜査手法を知り尽くしている上、有罪にするためにはどのような証拠が必要かという点においても熟知しているため、かなり強みを発揮する。

しかも、検事というのは99%勝てても100%勝てなければなかなか起訴しない習性があるため、弁護士として富田の代理人を引き受けた以上は本件についても「十分に勝算あり」と考えている可能性が高い。

今頃になって出てきた「カメラは第三者に無理やりカバンに入れられた。アジア系の短髪の迷彩服を着た男だった」という冨田尚弥の説明は、いかにも苦し紛れの偽証のようにも思える。

しかし、この「ヤメ検」で法科大学院教授の国田武二郎弁護士が、「カメラは第三者に無理やりカバンに入れられた。アジア系の短髪の迷彩服を着た男だった」という冨田の主張を荒唐無稽な偽証と考えていないのだから、11月6日の冨田の記者会見や今後の展開が注目される。

なお、韓国では、兵役の義務があり、兵役期間中は休暇中でも軍服を着なければならないため、迷彩服を着た若い男を街中で良く見かける。

つまり、韓国には、「短髪の迷彩服を着た男」がゴロゴロいるということだ。






>冨田は、9月25日の競泳会場で韓国メディアのカメラ1台を窃盗した疑いで当地の警察の事情聴取を受け、容疑を認めた。仁川地検に略式起訴され、約10万円の罰金を納付。被害者とは示談が成立していた。


上記のとおり、本件の真実は、今のところ不明であり、冤罪の可能性はある。

しかしながら、冨田は、窃盗の疑いで韓国の警察の事情聴取を受けた際に容疑を認めてしまったのだから非常に情けないし、容疑を認めてしまったことは取り返しのつかないことだ。

競泳の日本代表なのだから厳しいトレーニングも積んできて忍耐力などはあるかもしれないが、社会的常識に自信がなく、その点については精神的に弱気になり易いのかもしれない。

それでも、もし本当に窃盗をしていないのであれば、異国の警察でどのような取り調べを受けても、絶対に容疑を認めてはいけなかった。

それを事情聴取程度で簡単に認めてしまったのだから、富田は社会人としてかなり未熟だったと言わざるをえない。

ただ、気になる点もある。

冨田は9月26日夜から27日未明にかけて事情聴取を受けて容疑を認めてしまったのだが、日本では通常、夜中や未明には取り調べは行われない。






>国田弁護士は、冨田から11日に相談を受けたと言い「容疑を認めないと出国させないと韓国当局に言われたようだ。不安があって認めてしまったみたいだ」と説明した。


韓国当局なら、「容疑を認めないと出国させない」くらいは平気で言うだろう。

冨田についても信用し難いところがあるが、韓国人はもっと信用できない。

産経新聞の加藤達也前ソウル支局長は、韓国当局から「容疑を認めないと出国できない」と脅されたが、その犯罪を認めなかった。

だから、実際に加藤達也氏は、韓国を出国できずに苦労している。

冨田は、加藤氏を見習わなければならない。






>冨田は1日、帰国直前の金浦空港で「お騒がせして誠に申し訳ありません」と謝罪した直後、報道陣に「僕、やっていません」と発言を一転させていた。


私は、当該事件について改めて調べ直し、時系列にまとめてみた。
――――――――――
【競泳】冨田「えん罪」訴える!真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男 - コピー
▼仁川アジア大会【冨田選手カメラ窃盗事件】時系列まとめ▼

9月25日午前11時頃、カメラの窃盗事件が発生。

9月26日18時過ぎ、仁川市の警察署から日本選手団に、窃盗事件で冨田に容疑がかかったことについて連絡。

9月26日夜から27日未明、冨田は事情聴取を受け容疑を認めた(日本では通常、夜中や未明には、取り調べは行われない)
韓国「聯合ニュース」によると、冨田は警察の事情聴取で「カメラを見た瞬間、非常に欲しくなった」と供述したという。

9月27日未明、日本選手団に、本人が事実を認めたという通知があった。

9月27日朝、日本オリンピック委員会(JOC)は、冨田尚弥を選手団から追放したことを発表。
【競泳】冨田「えん罪」訴える!真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男
9月27日、冨田は警察での事情聴取後、被害者に謝罪。握手も交わす。
選手村に戻ってきた冨田と面談したという関係者は本人の様子について「自分でも驚いているのか、あっけにとられているような様子。ポカンとしている感じ」と、話した。
柳谷総務担当が警察でビデオを確認した結果、盗んだ瞬間などははっきりと確認はできなかったが、水泳連盟のTシャツ姿の冨田の顔が付近を歩く姿などが映っていた。
韓国「聯合ニュース」【韓国記者から被害届けを受けた警察は防犯カメラを分析し、カメラをかばんに入れ持ち去る冨田選手の姿を確認した。】と報道。

9月29日、仁川地検は、窃盗容疑で書類送検された冨田尚弥を略式起訴。冨田は罰金100万ウォン(約10万円)を即日納付。
韓国「朝鮮日報」【仁川南部警察署が盗難届けを受けて監視カメラを確認したところ、冨田選手がカメラに取り付けられていた望遠レンズを外した後、本体のみを持ち去った様子が映っていた。】と報道。

冨田は、帰国直前にソウルの金浦空港に集まった報道陣 - コピー
10月1日、冨田は、帰国直前にソウルの金浦空港に集まった報道陣を前に「このたびは大変お騒がせをして、誠に申し訳ありませんでした」と頭を下げた一方で、「僕やってないです」とも述べた。
【競泳】冨田「えん罪」訴える!真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男
冨田は、到着した羽田空港でも同じように謝罪したが、「やってない」と発言した真意を問われると、無言で立ち去った。

10月7日、所属先のデサントは、富田を解雇処分に。
日本水泳連盟は、倫理委員会と常務理事会を開き、冨田尚弥について、2016年3月31日までの選手登録停止処分とする案をまとめた。

10月8日、日本水連の処分案が冨田側に送付。2週間以内であれば異議申し立てが可能だったが、冨田はしなかった。

10月11日、富田は、国田弁護士に相談。『容疑を認めないと出国させない』と韓国当局に言われた。不安があって認めてしまった」と説明。

10月24日、仁川アジアパラ競技大会(10月18日~24日)が閉幕。

10月29日、冨田が弁明のための記者会見を11月6日に名古屋市内で開くことに。

10月30日、日本水連は、臨時理事会で冨田選手の「16年3月31日まで選手登録停止」を承認。
冨田の代理人の国田武二郎弁護士は、弁明のための記者会見を本人同席で11月6日に名古屋市内で行うと発表。
國田 武二郎弁護士 くにた ぶじろう
国田弁護士は、冨田選手への聞き取りから「盗み行為はしていない」との証言は信用できるとし「名誉を回復したい」と会見の目的を説明。
また、国田弁護士は、冨田が「カメラは第三者に無理やりカバンに入れられた。アジア系の短髪の迷彩服を着た男だった」と話していることを明かした。

【競泳】冨田「えん罪」訴える!真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男
11月6日、名古屋市内で、冨田尚弥と国田武二郎弁護士が記者会見の予定。

――――――――――


最大の焦点は、冨田の犯行がカメラに映っているかどうかだ!

もし、バッチリと映っているなら、それだけで事件の真相究明も完了する。

実際のところ、9月27日未明に富田が容疑を認めた当日のうちに、韓国の「聯合ニュース」【韓国記者から被害届けを受けた警察は防犯カメラを分析し、カメラをかばんに入れ持ち去る冨田選手の姿を確認した。】と報じている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/27/2014092701399.html
競泳の冨田選手が韓国報道陣のカメラ窃盗 ア大会 
記事入力 : 2014/09/27 15:07、聯合ニュース

【仁川聯合ニュース】韓国・仁川で開かれているアジア大会で、競泳日本代表の冨田尚弥選手(25)が韓国報道陣のカメラを盗んだことが分かり、日本選手団が大きな衝撃を受けている。

 仁川南部警察署などによると、冨田選手は25日午前11時ごろ、競泳会場の文鶴水泳場でプールサイドの記者席にあった韓国記者のカメラ「キヤノンEOS1DX」を盗んだ疑いがもたれている。

 韓国記者から被害届けを受けた警察は防犯カメラを分析し、カメラをかばんに入れ持ち去る冨田選手の姿を確認した。カメラは800万ウォン(約83万円)相当で、冨田選手は「カメラを見た瞬間、非常に欲しくなった」と容疑を認めているという。カメラは選手村で見つかった。

 警察は冨田選手が犯行を認め、盗難品が回収されたため、令状は請求しない方針。

 一方、日本オリンピック委員会(JOC)は27日、メーンプレスセンターで記者会見を開いて謝罪するとともに、冨田選手を日本選手団から追放したと発表した。

 冨田選手は2010年広州アジア大会の男子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得したが、今大会では100メートル平泳ぎで4位、50メートル平泳ぎは予選落ちした。



また、韓国最大手の「朝鮮日報」も、9月29日付けで【仁川南部警察署が盗難届けを受けて監視カメラを確認したところ、冨田選手がカメラに取り付けられていた望遠レンズを外した後、本体のみを持ち去った様子が映っていた。】と報じている!

しかし、「朝鮮日報」の記事は、まだリンク切れの時期でもないのに、なぜかリンク切れとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00000748-chosun-kr
2014年9月29日、朝鮮日報
(一部抜粋)
仁川南部警察署が盗難届けを受けて監視カメラを確認したところ、冨田選手がカメラに取り付けられていた望遠レンズを外した後、本体のみを持ち去った様子が映っていた。



文面から察するに、おそらく聯合ニュースと朝鮮日報は、韓国の警察発表を報道したものと思われる。


上記の9月27日付け韓国「聯合ニュース」【韓国記者から被害届けを受けた警察は防犯カメラを分析し、カメラをかばんに入れ持ち去る冨田選手の姿を確認した。】や、9月29日付け「朝鮮日報」【仁川南部警察署が盗難届けを受けて監視カメラを確認したところ、冨田選手がカメラに取り付けられていた望遠レンズを外した後、本体のみを持ち去った様子が映っていた。】との報道内容が事実であって韓国の警察がその映像を公表すれば、一発で冨田が嘘に嘘を重ねる大嘘吐き野郎だと判明する!

ただ、一方で、9月27日付け「デイリースポーツ」は、「柳谷総務担当が警察でビデオを確認した結果、盗んだ瞬間などははっきりと確認はできなかったが、水泳連盟のTシャツ姿の冨田の顔が付近を歩く姿などが映っていた。」と報じている。
本部役員(総務担当)柳谷 直哉 (やなぎや なおや)
本部役員(総務担当)柳谷直哉 

なぜ、韓国の警察は、日本選手団の柳谷総務担当に対して、【カメラをかばんに入れ持ち去る冨田選手の姿】【冨田選手がカメラに取り付けられていた望遠レンズを外した後、本体のみを持ち去った様子】を映したカメラ映像を見せなかったのか?!

これは、大いなる疑問だ!

それでも、今後、韓国の警察が、冨田が盗んだ瞬間の映像を公開すれば、それで全てが決着する。

いずれにせよ、韓国における富田の処分については、既に済んでおり、「冤罪で無罪」に覆ることはないと思われる。

それでも、冨田が盗んだ瞬間の映像がなかった場合、韓国の警察(あるいは聯合ニュースと朝鮮日報)が虚偽の発表(報道)をしたことになり、11月6日の冨田の記者会見の内容次第では、事件の真相の認識が大きく変化する可能性はある。

また、韓国の警察のズサンさを日本中に知らしめる好機となる。



(参考)
■動画
【競泳】冨田「えん罪」訴える!真犯人は短髪&迷彩服アジア系の男
https://www.youtube.com/watch?v=7z3QN1rjA34

ミヤネ屋
■■当初なぜ❝罪を認めた❞のか?■■

【冨田選手の担当弁護士】
●きちんとした取り調べの機会を与えられなかった。
●朝鮮語がわからない上に、通訳も日本語があまり得意ではなかった。
「このまま認めないなら日本に帰れない」と言われパニックに。


【韓国・仁川警察】
●日本チームの関係者と共に映像確認
●手提げ袋にカメラ本体を入れた。
●手提げ袋ごと洋服の中に隠して持ち去った。

■■一部始終が録画されている■■

【冨田選手側】
●映っていた人物が小さすぎる。
●映像が鮮明ではなかった。
●盗む様子は映っていない。

■■アジア系で迷彩服のようなズボンを履いた男性が自分のカバンにカバンに入れるところを見た■■



787 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/10/31(金) 14:50:04.91 ID:jdAsTMaW0
弁護士の弁解
・韓国警察から犯行を認めないと日本に帰れないと言われパニックになり認めた
・混乱してたため昨日まで誰にも真実を話せなかった
・防犯カメラの映像に本人が映ってるというが実際は右半身だけで全身は映ってないので本人とは断定できない
・また防犯カメラの映像は画質が粗いので証拠には適さない
・迷彩服の男についてやなぜその場で注意せずホテルに持ち帰ったかについてはまた後日説明する



アジア系で迷彩服のようなズボンを履いた男性が自分のカバンにカバンに入れるところを見た
508 名無しさん@恐縮です@転載は禁止 sage New! 2014/10/31(金) 09:18:56.17 ID:cSLaNrTz0
スッキリ見た

韓国警察のコメント
・会場40台ある防犯カメラの2台に映る
・レンズごとバッグに入れようとしたが無理でカメラ本体だけを盗む
・さらにそのバッグを服の中に入れて移動
・日本関係者に見てもらったら、冨田だと言われる←コーチが確認と報道済み
・そのまま韓国警察と関係者が冨田のところに行く
「取ったか」「とりました」「どこにある?」「部屋のバッグの中です」←報道と同じ
・警察と日本人関係者が部屋に入ってバッグの中のカメラを確認←報道と同じ
・映像公開してもいいよ


冨田の言い分
・バッグ持って移動している映像は見せられた、映像は荒く不明瞭
・盗む瞬間は映ってない
・迷彩柄ズボンのアジア人の男が勝手に自分のバッグに黒い物体を入れた
・怖かったのでパニクってバッグを持ってその場から逃げた
・カメラが入ってたが壊れていらなくなったんだなと思って部屋に持ち帰った←?
・「このままだと帰国できない、認めたら大事にしない」と言われたのでパニクって認めてしまった
・否定する機会が今までなかった←日本帰ったらいくらでも機会はあった




(その他、韓国の警察等に関する参考資料)
「韓国政府は『穏便に済ますので謝って』『訂正して』と持ちかけてきた」、産経記者が「韓国の理不尽弾圧」激白[10/30]

http://www.asagei.com/27603
産経新聞前ソウル支局長が「韓国の理不尽弾圧」を独占激白(3)加藤氏は解放されるのか?
2014年10月30日 9:56 AM、アサ芸
【アサ芸】「韓国政府は『穏便に済ますので謝って』『訂正して』と持ちかけてきた」、産経記者が「韓国の理不尽弾圧」激白

産経記者が明かす。

そもそも韓国政府は水面下で『穏便に済ますので謝ってほしい』『訂正してほしい』などと持ちかけてきたのです。慰安婦問題で河野談話を発表した結果、国際社会でそれを悪用した。一度要求を飲めば『産経が韓国に土下座した』と吹聴するのは目に見えています。断固として飲むわけにはいかない。電話中に変な音がするので支局の電話は当局に盗聴されているようです。また、加藤本人だけではなく、無関係な支局員に対する尾行も行われている」

 報道機関のプライドを背負いながら、韓国と戦う産経新聞と加藤氏。
(以下略)


>韓国政府は水面下で『穏便に済ますので謝ってほしい』『訂正してほしい』などと持ちかけてきたのです。

韓国では、この手口が多い。
9月26日夜から27日未明にかけて仁川の警察署で冨田を取り調べた韓国当局が「容疑を認めないと出国できない」と冨田を脅した可能性は高い。




韓国旅行で冤罪の恐怖、いきなり逮捕、知らぬ間に起訴…外交関係の悪化で「日本人狙い撃ち」、点数稼ぎに走る韓国警察

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140107/frn1401071152000-n1.htm
韓国旅行で詐欺冤罪の恐怖… いきなり逮捕、知らぬ間に起訴され罰金支払う
2014.01.07、ZAKZAK

「知らない間に犯罪者にさせられた」と訴える男性=大阪市
「知らない間に犯罪者にさせられた」と訴える男性=大阪市

 韓国へ旅行に出かけた大阪市内の男性(66)が現地で詐欺の濡れ衣を着せられた末、身柄を拘束され、罰金70万ウォン(約7万円)を支払わされていたことが本紙の取材で分かった。ズサンな捜査に気味の悪い監視態勢-。顛末を聞くと、アナタも韓国を旅行することが怖くなる。

 一昨年12月、妻とのツアー旅行で韓国・釜山を訪れたこの男性、釜山国際空港の入国管理局で突然警察官に拘束され、緊急逮捕された。容疑は詐欺。何と知らぬ間に国際指名手配されていたという。訳が分からぬまま現地警察へ連行され、独房に入れられた。

 翌日、ソウル地方警察庁の警察官がやってきて現地領事官が特別同席のもと、取り調べが始まった。警察官の説明によるとその2カ月前、ソウル市内の地下鉄駅で誰かが落とした財布をこの男性がだまし取った疑いがあるという。

 男性は現在、貿易代理業を営んでいて過去にも韓国入りしており、事件発生時に同駅にいたのは確か。しかし、駅員に道を尋ねて案内してもらっただけで、財布を拾った覚えなどない。

 すると警察官は、男性がソウルの空港に降り立ち、ホテルに到着するまでの足取りを防犯カメラで撮影された写真で詳細に示してきた。画像では駅で誰かが財布を落とした瞬間が捕らえられ、その後、男性と駅員が並んで現場近くで歩いている光景までは確認できた。

 男性が「財布を取ったという画像を見せろ」と要求すると、警察官は「事実を認めたら見せてやる」の一点張り。結局、容疑否認のまま取り調べが終わり、同日夜に釈放された。

 「裁判するかは検察が決めると聞いた。ちゃんと供述調書の中身を確認したうえでサインをしました」(男性)

それから1年。昨年12月、韓国へ出張に行くと、再び入国管理局で身柄を拘束された。何と男性は詐欺罪で起訴されていて同年2月、本人に知らされぬままソウル地裁が罰金70万ウォンとの略式命令を出していたのだ。略式命令では7日間の異議申立期間が設けられているが、日本にいる男性は知る由もない。
(以下略)


>男性が「財布を取ったという画像を見せろ」と要求すると、警察官は「事実を認めたら見せてやる」の一点張り。

いつものパターンだ。
9月26日夜から27日未明にかけて仁川の警察署で冨田を取り調べた韓国当局が「容疑を認めないと出国できない」と冨田を脅した可能性は高い。
韓国は法治主義国家ではない。




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『朝日新聞「大崩壊」の真相 なぜ「クオリティペーパー」は虚報に奔ったのか』西村幸祐著 (2014/11/2)



「韓国の警察は、冨田が盗んだ瞬間の映像を公開すべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.