FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
大西哲光エボラバイオテロ!日本を狙った反日嘘吐きノリミツオオニシのエボラバイオテロ未遂事件
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






大西哲光エボラバイオテロ!日本を狙った反日嘘吐きノリミツオオニシのエボラバイオテロ未遂事件
日本を狙ったエボラバイオテロ未遂事件の犯人、ニューヨークタイムズの反日嘘吐き記者ノリミツ・オオニシ(大西哲光)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00010000-noborder-soci
エボラ出血熱国内初感染は確認されず
DAILY NOBORDER 10月28日(火)13時43分配信

 各社報道によると、27日午後、西アフリカのリベリアに滞在していた男性が羽田空港に到着し、発熱の症状を訴えたため、エボラ出血熱の疑いがあるとして国立国際医療研究センターに搬送された。

 厚生労働省によると、検査の結果、男性からエボラウィルスは検出されなかったということだが、念のため引き続き入院して経過を見るという。

 また、この男性については40代のジャーナリストと報道されていたが、ニューヨークタイムズの前東京支局長である日系カナダ人のオオニシノリミツ氏であることが、明らかになっている。現在サンフランシスコ支局長を務めるオオニシ氏は、今月にもリベリアにおけるエボラ出血熱の取材をし、記事を書いている。

 政府は28日、エボラ出血熱対策関係閣僚会議を開き、本格的な対策に乗り出している。

DAILY NOBORDER編集部



いまだにテレビや新聞などの大手メディア(マスゴミ)は人物を特定して報道していないが、【リベリアに滞在していたカナダ国籍の男性ジャーナリスト(45)】といいうのがニューヨークタイムズのあの有名なノリミツ・オオニシ(大西哲光)であることは、ネット上では10月27日(月)夜のうちに判明していた。

問題は、「今はサンフランシスコ支局長であるノリミツ・オオニシが、なぜリベリアから日本に入国したのか?」ということだ。


ノリミツ・オオニシ(大西哲光)は、日本を狙って【エボラ・バイオテロ】を決行したのではないか?

ノリミツ・オオニシは、8月にリベリアに入り、エボラ患者や遺体を直接取材し、報道していた。

10月になってリベリアを出国した後、ベルギーに10日間滞在した後に、なぜ日本に来る必要があったのだろうか?

やはり、日本をターゲットにした【エボラ・バイオテロ】としか思えない。

幸いにして検査結果は陰性だったが、これは【ノリミツ・オオニシ、エボラバイオテロ未遂事件】と命名して良いのではないだろうか。

――――――――――
61 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/10/29(水) 04:01:26.65 ID:0jfN4Ynx0
この写真撮ったカメラマンにオオニシが同行してるらしい

取材場所 この写真撮ったカメラマンにオオニシが同行してるらしい
See How a Photographer is Covering Ebola's Deadly Spread

Read more: See how a photographer is covering Ebola's deadly spread
http://lightbox.time.com/2014/10/02/ebola-virus-liberia-daniel-berehulak-nyt/#1

取材場所
取材場所 この写真撮ったカメラマンにオオニシが同行してるらしい

取材場所 この写真撮ったカメラマンにオオニシが同行してるらしい

取材場所 この写真撮ったカメラマンにオオニシが同行してるらしい

取材場所 この写真撮ったカメラマンにオオニシが同行してるらしい

取材場所 この写真撮ったカメラマンにオオニシが同行してるらしい
http://i.imgur.com/tCYi6zI.jpg
http://i.imgur.com/RqvbHvf.jpg
http://i.imgur.com/y3eebjG.jpg
http://i.imgur.com/dTwTAn4.jpg
http://i.imgur.com/3dyDDcz.jpg

――――――――――
502 :ニューヨークタイムズ オオニシは反日朝鮮人@\(^o^)/:2014/10/28(火) 22:08:55.35 ID:viaJiH3r0.net
>>1
8月リベリア入国 エボラ患者や遺体を直接取材

10月18日 リベリア出国

10月26日までベルギーに10日間滞在

10月27日 発熱の申告もせずに福岡の修学旅行生らと同じ飛行機で共に日本入国

10月27日 隠しサーモで羽田の空港職員に発熱を見破られ捕獲される

人が大勢感染して死んでるリベリアに取材に行って危険性は十分理解しているはずなのに
修学旅行生の子供達が大勢乗ってる飛行機にあえて発熱の申告もしないで普通乗るだろうか?
認識が甘すぎるのではないだろうか?

このニューヨークタイムズのこのオオニシ記者は
朝日や韓国の新聞と連携して反日マッチポンプ記事のロンダリングで日本を叩いてきたが
ついにばれてニューヨークタイムズ南アフリカ支局に左遷される。
アフリカで復帰を狙ってエボラウイルス患者や自宅、遺体の取材を行って一発逆転の再起を掛けるが発熱する
何故か修学旅行生の大勢のる飛行機へ発熱の申告もせずに日本へ来る
(今後の慰安婦報道の方向性の打合せの為に朝日に行くためか?)
羽田の隠しサーモにより発熱が発覚し羽田職員により捕獲される
マッチポンプ記事のロンダリング仲間の朝日がさっそく捏造して擁護開始へ

NHK
NHK体の不調は訴えず
http://i.imgur.com/w8kE338.jpg
>体の不調は訴えず

朝日
http://www.asahi.com/sp/articles/ASGBW6VHWGBWULBJ01C.html
>27日午後に羽田空港に到着した40代男性が発熱の症状を訴えたため

オオニシがついた2つの嘘
・身体の不調はないと申告したが、サーモグラフィーで熱があることを見抜かれ嘘を見破られた
・エボラ患者と接触はないと申告したが、実際は末期患者や死体の取材をしており、
 何らかの原因でウィルスが付着してもおかしくない危険な状況に身を置いていた


朝日新聞東京本社          ..〒104-8011 東京都中央区築地5丁目3番2号 
東亜日報東京支社           〒104-8011 東京都中央区築地5丁目3番2号 
ニューヨークタイムズ東京支局   ..〒104-8011 東京都中央区築地5丁目3番2号 

ノリミツ・オオニシ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%B7
とんでもねー反日野郎

問い合わせ
ニューヨークタイムズ東京支局
http://www.mapion.co.jp/smp/phonebook/M10016/13102/0335450940-001/
↑電話番号有り
――――――――――





【カナダ人ジャーナリストが日本でエボラ・バイオテロを首謀】
「日本に入国したカナダ人記者ノリミツ・オオニシ(大西哲光)は、狂信的な反日嘘吐きジャーナリストであり、これは明らかにエボラ・バイオテロだ」

cnniReport
http://ireport.cnn.com/docs/DOC-1183588?ref=feeds%2Flatest
Canadian journalist masterminds the bioterrorism of EBOLA in Japan
Canadian journalist masterminds the bioterrorism of EBOLA in Japan
By lapis666 | Posted 2014/10/28 3:50

(前略)
His movement provokes a new question.
Why does he come to Japan?
He is a Canadian journalist, and Japanese medias do not sent their reporters to Liberia.
It means that there is no reason for him to visit to Japan at this timing.
But he came to Japan with the suspicion of Ebola virus.
Who is a Japanese Canadian journalist, 45?

This man is the NY Times reporter, source familiar with the situation said on Monday midnight.
Probably this man who came from the Ebola zone is Norimitsu Onishi.
Onishi had been reporting from Liberia since this August.
Moreover his reporting from Liberia was released October 11, 2014.
This is too much of a coincidence.
It is a safe bet that this man is Norimitsu Onishi.

According to his profile, Onishi is San Francisco bureau chief for The New York Times.
What is the reason, the Canadian gay who works at West Coast came to Japan?
At least, he does not come for the business.
The most suspicious reason is to inflict vengeance on some Japanese.

Onishi is known as a liar and famous anti-Japanese journalist in Japan.
If you want to know why Norimitsu Onishi is a liar, check this web page.
http://ianfu.blogspot.jp/2007/11/norimitsu-onishi-liar.html

(中略)

Onishi is a fanatical anti-Japanese journalist.
The man who feels hostility towards Japan comes to the country with the deadly virus.
This is clearly bioterrorism.

━━━━━━━━━━
http://ireport.cnn.com/docs/DOC-1183588?ref=feeds%2Flatest
▼翻訳▼

カナダ人ジャーナリストが、日本でエボラ・バイオテロを首謀した!
By lapis666 | Posted 2014/10/28 3:50

(前略)
彼の行動については、新たな疑問が発生する。
なぜ、彼は日本に行ったのか?
彼はカナダ人記者であり、日本のメディア(マスコミ各社)はリベリアに記者を送っていない。
つまり、彼がこのタイミングで日本を訪問する理由がないことを意味する。
しかし、彼はエボラウイルスの疑いを持った状態で日本に入国した!
この日系カナダ人ジャーナリスト(45歳)とは、いったい誰なのか?


月曜深夜には事情通の情報によって、この男がニューヨークタイムズの記者だと分かった。
おそらくエボラ地域から日本に入国した男は、ノリミツ・オオニシだ。
ノリミツ・オオニシは、8月からリベリアから報道していた。
さらに、2014年10月11日にも、リベリアから彼の報道が送られている。
これほど多くの状況証拠から、この男がノリミツ・オオニシであることは間違いない。


プロフィールによると、ノリミツ・オオニシは、ニューヨークタイムズの三フラン支局長だ。
アメリカ西海岸で働くカナダ人のゲイが日本に入国した理由は、いったい何なのか?!
少なくとも、ノリミツ・オオニシは仕事で日本に行ったのではない!
最も疑わしい理由は、日本への復讐だ!

ノリミツ・オオニシ(大西哲光)は、日本では嘘吐きとして知られており、反日ジャーナリストとしても有名だ。
なぜ、ノリミツ・オオニシが嘘吐きかを知りたかったら、このウェブページをクリックしてくだい。

http://ianfu.blogspot.jp/2007/11/norimitsu-onishi-liar.html

(中略)

ノリミツ・オオニシ(大西哲光)は、狂信的な反日ジャーナリストだ!
日本に敵意を持っているからこそ、致死性ウイルスを保有して日本へ入国するのだ!
これは、明らかに、バイオテロだ!

━━━━━━━━━━

なお、「なぜ、ノリミツ・オオニシが嘘吐きかを知りたかったら、このウェブページをクリックしてくだい。」と紹介したwebページには、池田信夫氏の【Norimitsu Onishi, a liar 】(ノリミツ・オオニシ、大ウソ吐き)と題した記事が掲載されている。




ノリミツ・オオニシ(大西哲光)という超反日の元在日朝鮮人は、2003年から2009年まで東京支局長を務め、売国政策が多い日本の外務省も抗議するほど酷い反日工作を展開していた。
ノリミツ・オオニシ(大西哲光)

変見自在 「似非日本人」
帝京大学教授 高山正之
(一部抜粋)
帰化韓国人の織原城二がルーシーさんを殺害した事件で、NYタイムズが「日本人は白人女性に変態的な欲望をもつ」と濡れ衣を着せてきたときもそうだ。
もっと問題なのは同紙東京特派員N・オオニシのようにマスコミ界にも帰化人がいて、日本人の名を使って日本を非難する。
こんな賢(さか)しい輩を排除するには米国と同じにその出自を明らかにし、発言させるべきではないか。
週刊新潮 2006/07/13 146P


例えば、2005年に行われた総選挙で自民党が大勝すると、ノリミツ・オオニシは「自民党長期政権を独裁国家の支那や北朝鮮の共産党と同様だ」とする記事を掲載した。

これには、日本の外務省も、ニューヨークタイムズに対して、「不公正な記事である」との正式な抗議を行った。

2005年9月30日にノリミツ・オオニシは、「日支関係の悪化や摩擦の責任は、全て日本側にあり、日本は支那の言いなりになり、支那が違法行為を行っても情報を公開するな」という驚くべき記事を掲載した。

2006年12月 、ノリミツ・オオニシは「北朝鮮による日本人拉致問題について、本来の拉致問題解決に焦点を絞らず、北朝鮮や支那に対する日本国民の嫌悪感を煽り、そうした世論を憲法改正問題などの政治的問題にも利用しようとしている」とする記事を掲載した。

そのため、日本政府はこの報道を問題視し、中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)の反論文をニューヨーク・タイムズと、その記事を転載したインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に投稿した。

ところが、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは中山補佐官の反論文を掲載したものの、ニューヨーク・タイムズは中山補佐官の反論文の掲載を拒否した。

2007年3月、安倍晋三首相の強制連行否定発言を受け、安倍晋三を「国家主義者」と呼び、日本政府の対応を批判する従軍慰安婦特集記事を一面に掲載した。

超反日のノリミツ・オオニシ(大西哲光)は、2009年に東京支局長を退任し、東南アジア支局長を務めた後、2012年4月からはサンフランシスコ支局長となっている。

ちなみに、ニューヨーク・タイムズは、日本においては朝日新聞と提携しており、東京支局を朝日新聞社東京本社ビル内に設けている。(関連記事




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『NHK亡国論』西村幸祐著 (2014/9/26)



「ふざけんな!ノリミツ・オオニシ(大西哲光)!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.