FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
アグネス中傷書き込みで発信者情報開示を請求!謝罪した男性が「参考にしたサイト」=幣ブログ記事
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






支那工作員アグネスチャン陳美齡
アグネス中傷書き込み プロバイダーに対して発信者情報開示を請求し、書き込んだ男性を特定!テレビに出た「論客」だった

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141024-00000007-jct-soci&p=1
アグネス中傷書き込みで謝罪した男性 拉致問題でテレビに出た「論客」だった
J-CASTニュース 10月24日(金)19時39分配信

ネット上で批判を受けることも多い香港出身のアグネス・チャンさん(59)をめぐる動きが、新たな局面を迎えつつある。アグネスさんは名誉棄損や著作権侵害とみなした書き込みについて、プロバイダーに対して発信者情報開示を請求し、書き込んだ男性を特定した。

男性は拉致問題に関連してテレビでコメントするほどの「大物」だが、ブログに謝罪文を掲載し「平謝り」だ。この件についてアグネスさん側は告訴を見送ったが、他のプロバイダーにも発信者情報の開示を求めており、影響が広がりそうだ。

■他人のブログ、メルマガ、フェイスブックの書き込みを転載

アグネスさんは2014年10月23日、自らのブログに男性の謝罪文を男性の実名入りで掲載した。男性の謝罪文は9月23日付。アグネスさんのブログに掲載された謝罪文と同じ文章が、男性のブログにも10月3日に掲載されている。

謝罪文によると、男性は他人のブログ、メルマガ、フェイスブックの書き込みを転載し、それに自らの意見を述べる形式でブログを書いていた。問題の書き込みはすでに削除されているが、「アグネスさんと日本ユニセフ協会が募金をピンハネしている」といった事実無根の情報を転載した上で、アグネスさんらを批判したようだ。

問題とされたブログ記事は「楽天ブログ」と産経新聞の「イザ!」ブログに12年11月頃に掲載された。アグネスさん側の名誉棄損の申し立てを受け、楽天ブログは14年1月に楽天の判断で閉鎖された。男性はこのブログを廃止しようと考えていたこともあって、特に閉鎖された理由を楽天側に確認しなかったという。楽天は1月24日に、名誉棄損の申し立てが行われていることを知らせる「照会書」をメールで送っていたが、迷惑メールにまぎれてしまったのか、男性はメールに気付かなかった。7月28日になって「照会書」が郵送されてきて、男性は初めて事態の重大さに気づいたというわけだ。

「イザ!」は産経新聞が14年4月にブログサービスを終了し、自動的に書き込みも消えている。

■プロバイダーに事実無根の書き込みの削除と、発信者情報の開示を要求


男性は「拉致被害者を救う会」と「日本会議」の山口長門支部長を務めている。14年8月3日にフジテレビで放送された「新報道2001」にも登場し、山口県で行われた特定失踪者問題調査会による現地調査についてコメントもしている。保守的な論調には自信を持っているかにも見えたが、謝罪文では、

「(転載元のブログの)驚愕の内容の為に配信をしたのですが、如何に他人様の記事を転載したにしても、 著しく名誉を傷つけた事実には弁解の余地がございません。真に申し訳なく深くお詫び申し上げます」

と平謝りだ。

アグネスさんをめぐっては、10月12日の「新報道2001」で、中国政府寄りの発言をしているもかかわらず中国国籍ではないことが明らかになり「安全地帯から発言をしている」などと批判が殺到したばかり。アグネスさんはブログで、

「引き続き、他のプロバイダーにも、事実無根の書き込みの削除と、発信者情報の開示をお願いしています」
「肖像権や著作権の侵害をはじめ、誹謗中傷や、デマを流し、無責任な文章の書き込みを止めない人物には、今後も徹底して責任を追求し続けて行きます」

と宣言しており、プロバイダーからの問い合わせを受ける人が続出するのは確実だ。書き込みをした人は、法的に争うか、書き込みを削除して謝罪するかを迫られることになる。



>ネット上で批判を受けることも多い香港出身のアグネス・チャンさん(59)をめぐる動きが、新たな局面を迎えつつある。アグネスさんは名誉棄損や著作権侵害とみなした書き込みについて、プロバイダーに対して発信者情報開示を請求し、書き込んだ男性を特定した。


どうやら、アグネス・チャンは、自分に都合の悪いことを書いたブログのプロバイダーに対して片っ端から【発信者情報開示】を請求しているようだ。

いかにも支那の工作員らしい言論弾圧だ。

そういえば、今年1月に、私に対しても、ヤフーからメールにて、アグネス・チャンからの【発信者情報(氏名、住所、電子メールアドレス等、お客様の特定につながる情報)の開示請求】【削除請求】がきたことがある。

私は、主に「FC2ブログ」を利用しているが、『支那では「FC2ブログ」を見ることができない』という読者からの要望で「Yahoo! ブログ」も利用し、毎日1日遅れで記事を更新している。

アグネス・チャンからヤフー経由で私に届いた【発信者情報の開示請求】(メール)の一部を掲載しよう。

━━━━━━━━━━
deliciousicecoffee様

こちらはヤフー株式会社です。

お客様がYahoo! JAPAN ID「deliciousicecoffee」を利用して発信した下記情報の流通により、権利が侵害されたと主張する方から、お客様の発信者情報(氏名、住所、電子メールアドレス等、お客様の特定につながる情報)の開示請求を受けました。

つきましては、プロバイダ責任制限法(※)に基づき、ヤフー株式会社が開示請求に応じることについて、お客様のご意見を照会いたします。

(※)プロバイダ責任制限法とは、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」のことで、ウェブページや電子掲示板に掲載された情報によって権利を侵害された場合についての事項を定める法律です。

お手数ですが、下記「■開示請求者からのご申告内容」をご確認のうえ、本メールを受信された日から1週間以内に、最下部の「■回答書」に必要項目をご入力いただき、返信してくださいますようお願いいたします。

1週間以内にご回答いただけない場合には、開示には「不同意」であると判断させていただきます。

なお、お客様のご意見はできるだけ尊重いたしますが、開示に不同意である場合でも、同法の要件を満たしている場合、ヤフー株式会社はお客様の発信者情報を開示せざるをえませんので、あわせてご理解ください。

=========================
■開示請求者からのご申告内容
=========================
【開示請求者】
アグネス・チャン

(以下略)

━━━━━━━━━━


上記の【発信者情報の開示請求】【削除請求】に対し、私はすぐにヤフー株式会社にメールで返信し、拒否(不同意)することを伝えた。

その際の[理由]について、私は、次のように述べたと思う。

――――――――――
「権利が侵害されたと。」との主張ですが、虚偽があるならば誠実に訂正または削除いたします。
どこが虚偽で、どのように訂正(削除)すべきかをご指示ください。
できる限りの対応をいたします。
発信者情報開示には同意しません。
――――――――――


その後、アグネス・チャンからもヤフーからも、私に対して何の連絡も来なかった。





>アグネスさんは2014年10月23日、自らのブログに男性の謝罪文を男性の実名入りで掲載した。男性の謝罪文は9月23日付。アグネスさんのブログに掲載された謝罪文と同じ文章が、男性のブログにも10月3日に掲載されている。
>謝罪文によると、男性は他人のブログ、メルマガ、フェイスブックの書き込みを転載し、それに自らの意見を述べる形式でブログを書いていた。問題の書き込みはすでに削除されているが、「アグネスさんと日本ユニセフ協会が募金をピンハネしている」といった事実無根の情報を転載した上で、アグネスさんらを批判したようだ。



「アグネスさんと日本ユニセフ協会が募金をピンハネしている」といった情報は、事実無根なのか?

概ね事実だろ!

正確には、「日本ユニセフ協会は、募金をピンハネし、講演会などのマネーロンダリングによってアグネス・チャンに募金を横流ししている」と表現するべきだろう。


それでだ。

拉致問題に関連してテレビでコメントするほどの「大物」である男性とやらがブログで「平謝り」したという謝罪文を見て、驚いた!

「参考にしたサイト」として、私のブログ記事のURLを掲載しているのだ!

━━━━━━━━━━
http://mshks1318.blog.fc2.com/blog-entry-2158.html
ながと忠恕
苟(まこと)に日に新たなり、日々に新たなり、又日々に新たなり

【ブログ掲載記事に関する謝罪】
2014/10/03  21:38

【ブログ掲載記事に関する謝罪】

一昨年十一月に楽天ブログに掲載した記事及び添付写真に関して、この場をお借りして謝罪致します。

私は山口県長門市在住の渡邉雅春と申します。実は、楽天ブログで配信した私の記事が、名誉毀損に当たるとして楽天から情報開示を求められている者でございます。

私のブログ記事配信で、アグネスチャン様と日本ユニセフ協会様に大変なご迷惑と名誉を傷つけた事に対して、申し訳なく心底より謝罪致します。

今回の記事については、本年1月に楽天ブログが突然閉鎖され不思議に思っていました。楽天側からは、1月24日に「照会書」を発信された由ですが、メール配信は恐らく迷惑メールとして削除されたらしく、私は確認をしておりません。

また、楽天ブログは読者数も少ないので以前から廃止しようかと考えていた時分と重なり、敢えて閉鎖の理由を楽天側に確認をしませんでした。

すると、7月28日に再度楽天から「照会書」が郵送されて来ましたので、初めてブログが閉鎖された理由と、「名誉毀損」の事情を知った次第でございます。と同時に大変驚いているのが偽らざる心情でございます。

私のブログは他の方のホームページ、メールマガジン、FB等の記事を転載して、意見を述べる方法で発信しています。その為に文章の初めに転載元の記事名を記載しています。今回の記事もその方法で配信しました。参考にしたサイトは下記のサイトでございます。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5261.html


この記事は1昨年11月頃に、「楽天ブログ」と「産経IZAブログ」に配信致しました。その後、楽天は本年1月に閉鎖、IZAは昨年12月に廃止、そして過去の記事を引き継いだ「FC2ブログ」は私が記事を削除しましたので、現在では見る事が出来ない状況です。

私は山口県長門市で、「拉致被害者を救う会山口長門支部長」「日本会議山口長門支部長」を務めている関係上、ブログの読者は殆どが会の関係者です。記事の内容に驚いた為に配信しましたが、閲覧している人は上記の会の関係者と思われます。

驚愕の内容の為に配信をしたのですが、如何に他人様の記事を転載したにしても、著しく名誉を傷つけた事実には弁解の余地がございません。真に申し訳なく深くお詫び申し上げます。

今後は、誹謗、中傷記事に関しては、一切記事の配信をしない覚悟でございます。既に7月の楽天からの照会以降は、そのような記事や写真の投稿を止めております。自分の軽率な行為が、ネット上では不特定多数の方にご迷惑、心痛をお掛けする事を心に刻み、他人様を傷つける行為は絶対にしない事を誓います。

今一度、アグネスチャン様と日本ユニセフ協会様に心底よりお詫び申し上げます。
   平成26年9月23日      渡邉雅春

━━━━━━━━━━


渡邉雅春という「拉致被害者を救う会山口長門支部長」「日本会議山口長門支部長」を務め、テレビでコメントするほどの「大物」が、アグネス・チャンに謝罪するのは勝手だが、何でわざわざ「参考にしたサイト」として、私のブログ記事を掲載する必要があるのだろうか?

渡邉雅春は、私のブログを参考にして、最終的には自分の判断でアグネス・チャンを批判したはずだ。

それなのに、私に責任を転嫁したいのだろうか?

とにかく、【立つ鳥跡を濁す】、「大物」らしからぬ対応だ。

しかも、謝罪文を読むと、私のブログ記事がアグネス・チャンを誹謗・中傷した記事であるかのように述べている。

渡邉雅春には、参考にしたという私の記事のいったいどこが「誹謗・中傷」なのか、きちんと説明して頂きたい!

さらに、10月23日、アグネス・チャンは、自身のブログ「アグネスちゃんこ鍋」で、この渡邉雅春の謝罪文を勝ち誇ったように全文掲載した!

http://ameblo.jp/agneschan/entry-11942781444.html
2014-10-23 09:12:31
私に対して誹謗中傷を行なった方の謝罪文の掲載に当って

私に対して誹謗中傷を行なった方の謝罪文の掲載に当って

ここ数年、インターネット上では、私に対する事実無根の誹謗中傷が続いていました。
ヘイトスピーチ的な書き込み、名誉を毀損する嘘の情報、肖像写真の無断使用、日本ユニセフ協会に対するデマなども含めて、皆さんには、ご心配をおかけしています。
弁護士さんからアドバイスを頂き、これまでプロバイダーに、名誉毀損や著作権侵害にあたる書き込みをした人物の情報開示をお願いしてきました。
この度、誹謗中傷の書き込みをした人物が明らかになり、本人から謝罪の手紙が届きました。
山口県に住む渡邉雅春氏です。
同氏の謝罪文は、すでに本人のブログに掲載されています。
心からの謝罪をしている渡邉氏の気持ちを大事にして、今回は告訴を取りやめることにしました。
その手紙の全文をここに掲載します。
どのような人物が誹謗中傷の書き込みをしているのか、その内容がいかに事実無根であるかという事を分かって頂ければ幸いです。
引き続き、他のプロバイダーにも、事実無根の書き込みの削除と、発信者情報の開示をお願いしています。
誹謗中傷やデマ、無責任な文章を書き込むということは、インターネットを人を傷つける道具として使うということです。
肖像権や著作権の侵害をはじめ、誹謗中傷や、デマを流し、無責任な文章の書き込みを止めない人物には、今後も徹底して責任を追求し続けて行きます。
報告出来る事があるたびに、ブログやホームページでご報告させて頂きます。

以下全文



私は山口県長門市在住の渡邉雅春と申します。突然の手紙を失礼致します。実は、楽天ブログで配信した私の記事が、名誉毀損に当たるとして楽天から情報開示を求められている者でございます。
私のブログ記事配信で、アグネスチャン様と日本ユニセフ協会様に大変なご迷惑と名誉を傷つけた事に対して、申し訳なく心底より謝罪致します。
今回の記事については、本年1月に楽天ブログが突然閉鎖され不思議に思っていました。楽天側からは、1月24日に「照会書」を発信された由ですが、メール配信は恐らく迷惑メールとして削除されたらしく、私は確認をしておりません。
また、楽天ブログは読者数も少ないので以前から廃止しようかと考えていた時分と重なり、敢えて閉鎖の理由を楽天側に確認をしませんでした。
すると、7月28日に再度楽天から「照会書」が郵送されて来ましたので、初めてブログが閉鎖された理由と、「名誉毀損」の事情を知った次第でございます。と同時に大変驚いているのが偽らざる心情でございます。
私のブログは他の方のホームページ、メールマガジン、FB等の記事を転載して、意見を述べる方法で発信しています。その為に文章の初めに転載元の記事名を記載しています。今回の記事もその方法で配信しました。参考にしたサイトは下記のサイトでございます。

「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5261.html


この記事は1昨年11月頃に、「楽天ブログ」と「産経IZAブログ」に配信致しました。その後、楽天は本年1月に閉鎖、IZAは昨年12月に廃止、そして過去の記事を引き継いだ「FC2ブログ」は私が記事を削除しましたので、現在では見る事が出来ない状況です。
私は山口県長門市で、「拉致被害者を救う会山口長門支部長」「日本会議山口長門支部長」を務めている関係上、ブログの読者は殆どが会の関係者です。記事の内容に驚いた為に配信しましたが、閲覧している人は上記の会の関係者と思われます。
驚愕の内容の為に配信をしたのですが、如何に他人様の記事を転載したにしても、著しく名誉を傷つけた事実には弁解の余地がございません。真に申し訳なく深くお詫び申し上げます。
今後は、誹謗、中傷記事に関しては、一切記事の配信をしない覚悟でございます。既に7月の楽天からの照会以降は、そのような記事や写真の投稿を止めております。自分の軽率な行為が、ネット上では不特定多数の方にご迷惑、心痛をお掛けする事を心に刻み、他人様を傷つける行為は絶対にしない事を誓います。
今一度、アグネスチャン様と日本ユニセフ協会様に心底よりお詫び申し上げます。
   平成26年9月23日      渡邉雅春



もしも、私の記事の内容に「虚偽」(誹謗・中傷)があると言うなら、アグネス・チャンや渡邉雅春には私の記事のどこが虚偽でどのように訂正(削除)すべきかを指示してほしい。

私は、記事の中に虚偽があることを知れば、誠実に訂正または削除をする。


これまでも、私は、当ブログの内容について、コメントなどで虚偽や間違いを指摘されれば、誠実に訂正または削除してきた。

つい最近も、読売テレビアナウンサー・森武史のことを「眼鏡コメンテーター」などと記述したところ、複数の読者から「眼鏡コメンテーターではなく、読売テレビの森アナウンサーですよ」というようなコメントを頂戴したので、「眼鏡コメンテーター」を打ち消して、「読売テレビアナウンサー・森武史」と訂正したりした。

アグネス・チャンでも渡邉雅春でも良いから、私の記事に虚偽や間違いがあるというなら、きちんと虚偽や間違いを指摘し、どのように訂正(又は削除)するべきかを指示してほしい。

私は、現時点において、渡邉雅春が「参考にしたサイト」とした当ブログ記事の内容について、自信を持っている。

渡邉雅春がアグネス・チャンへの「誹謗、中傷」「参考にしたサイト」として掲載した2013年11月14日付け当ブログ記事を再掲載し、改めて検証してみる。


▼再掲載開始▼
━━━━━━━━━━
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5261.html
アグネス、ユニセフ協会への中傷に反論・ピンハネし山分けしているのは事実・募金は日本赤十字社へ

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




アグネスチャン(陳美齡)は、恵まれない子供たちのために募金して下さい!
アグネスチャン(陳美齡)は、2軒持っている豪邸のうち、せめて1件は売却して、恵まれない子供たちのために寄付すべきでは?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131113-00000035-dal-ent
アグネス、ユニセフ協会への中傷に反論
デイリースポーツ 11月13日(水)11時48分配信

 日本ユニセフ協会の大使を務めている歌手のアグネス・チャンが13日、ネット上で流れている協会への中傷に公式ブログで反論した。

 アグネスの下へ、フィリピンで援助活動しているユニセフの代表からのメールが転送されてきた。それによると400万人以上の子どもたちが被災したと見られ、救助活動は悪条件のなか必死に行われているという。

 そんな様子をブログで伝えながら、アグネスは「なのに日本ユニセフ協会について無責任なネットの書き込みがあるそうです。悲しいですね。。。」と嘆いた。

 日本ユニセフ協会は国際連合児童基金(ユニセフ)と協力協定を結び日本で寄付募集、広報・啓蒙活動を行う公益財団法人だが、ネット上では、ユニセフ本部とは別団体であることを理由に批判、非難する書き込みが多い。

 アグネスはそんな書き込みに反論する。

 「日本ユニセフ協会はユニセフの為に日本で募金出来る唯一の団体です。デマに惑わされないでくださいね。今一番大事なのは、子供達の為に私たちもできることを考える事です」


 日本ユニセフ協会は目下、フィリピンの被災者のために緊急募金を募るとともに、ユニセフ本部が既に専門家を派遣、支援物資約60トンが13日中に現地に搬入されることを伝えている。



>日本ユニセフ協会は国際連合児童基金(ユニセフ)と協力協定を結び日本で寄付募集、広報・啓蒙活動を行う公益財団法人だが、ネット上では、ユニセフ本部とは別団体であることを理由に批判、非難する書き込みが多い。


日本ユニセフ協会に批判、非難が多い理由は、ユニセフ本部とは別団体であることが最大の理由ではない。

ユニセフ本部と別団体であっても、巨額のピンハネ(中抜き)をせず、被災者のために募金を役立てれば、批判、非難は多くならない。

アグネスチャン(陳美齡)が大使を務めている日本ユニセフ協会に批判、非難が多いのは、募金から巨額のピンハネ(中抜き)をしているためだ。

日本ユニセフ協会は、日本人から集めた寄付金を日本の子供には一切支援せず、海外への支援の他、自分たちがピンハネし、そのピンハネした資金を『マスコミなどへの【広告費】【広報宣伝費】』『アグネスチャンへの講演料など』として支払っている!

日本ユニセフ協会は、毎年、募金の約20%をピンハネして、マネーロンダリングした後、最終的には反日マスコミや支那工作員のアグネスチャン(陳美齡)などで山分けしているのだ。

■日本ユニセフ協会 2003~2009年度年次報告書から計算

        募金収入  本部拠出   中抜き率 中抜き額
2003年  153.2億  115.0億  24.9% (38.2億)
2004年  167.3億  136.0億  18.7% (31.3億)
2005年  164.9億  134.2億  18.6% (30.7億)
2006年  167.8億  136.8億  18.5% (31.0億)
2007年  175.6億  142.0億  19.1% (33.6億)
2008年  180.9億  146.0億  19.3% (34.9億)
2009年  188.3億  152.0億  19.3% (36.3億)
日本ユニセフ協会・ライブラリー


ユニセフハウス
【写真】寄付金の25%までをピンハネできる「日本ユニセフ協会」は、都内一等地の港区高輪に寄附金25億円を使って協会ビル「ユニセフハウス」を建設した(2001年7月)


日本ユニセフ協会は、募金からピンハネした巨額の資金で、アグネスチャンに講演を依頼する

アグネスの講演料は、1回100万円以上だ!

薬事法違反、霊感商法詐欺などやっても講演料は1回100万円以上アグネス・チャン陳美麗
「週刊新潮」2010年9月16日号 薬事法 景品表示法 学校教育法 特集 遵法精神が不足する「アグネス・チャン」でも講演料100万円

アグネスチャンの講演料は100万円以上
人口基金親善大使の有森裕子さんに講演を頼んだら無料でした。
ハビタット親善大使のマリ・クリスティーヌさんは交通費のみだった。
しかしユニセフ親善大使のアグネス・チャンの講演は100万円と言われた。
おかしいと思いませんか?
本当に子どもたちを助けたいと思っているの?



日本ユニセフ協会が募金で集めたカネを日本の子供には一切支援せず、海外への支援の他、自分たちがピンハネし、そのピンハネした資金を『マスコミなどへの【広告費】【広報宣伝費】』『アグネスチャンへの講演料など』として支払っていることは、デマではなく、事実だ!

だから、マスコミも日本ユニセフ協会やアグネスチャンの詐欺行為を全く非難しない。


日本ユニセフ協会が他人から集めた金を使ってアグネスチャン(陳美齡)に依頼する講演の料金は最低でも1回100万円で、しかも日本ユニセフ協会は予算を超えてまでも「アグネス・チャン講演会」を開催し、アグネスに講演料を支払っている。

日本ユニセフ協会岩手県支部 2007 年度収支決算報告
http://unicef-iwate.jp/about/03_kesaikansa.pdf
2.支出の部
(1)事業費
(ア)催事費は予算比148.5%の執行です。アグネス・チャン講演会は実行委員会を組織しチケット販売をしましたが、予算を大幅に上回る経費支出となりました。その他ユニセフ写真展会場費などです。


    ┌───超高額講演料───┐
    │                  ↓
 - - - - - - - - - - -裏- - - - - - - - - - - -
┌──────┐        ┌──────┐
│日本ユニセフ │←寄付―│  アグネス  │
└──────┘        └───┬──┘
      ↑                         │
    寄付              寄付呼びかけ
      │                         ↓
┌──┴───────────────┐
│           平   民             │
└──────────────────┘


――――――――――
▼金の流れ▼

日ユ二は集めた募金から25%をピンハネ


代理店、任意団体へ広告や講演を依頼。募金から支払われる

広告費を得た広告代理店は日ユニ幹部へ《接待》を、任意団体はアグネスに《講演》を依頼

アグネスの講演料金は1回100万円を超える

広尾や横浜にある豪邸。贅沢過ぎるイタリア製の家具や椅子や壁になど貼った純金の板など

――――――――――

アグネスチャンの豪邸

アグネスチャンの豪邸

アグネスは広尾と横浜に2軒の豪邸を持っている

2軒も豪邸を持つ必要はないのだから、アグネスは豪邸2件のうち1件を直ちに売却して寄付するべきだ。




――――――――――
87 :名無しさん@13周年:2013/11/13(水) 23:40:02.75 ID:6PrSjGNn0
日本ユニセフ協会の収支を見て気になったところを抜粋
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/pdf/syusi_yosan2013.pdf

役員報酬計    18,479,000円
給与手当計   238,555,000円
福利厚生計    58,645,000円
退職給付計    18,280,000円
雑費計       17,883,000円
業務委託費計 1,099,569,000円

職員数は66名らしいので給与総額はこんなもんだろうが
それにしても雑費と福利厚生が多すぎるし
福利厚生は66名のスタッフ数で割ると1人当りおよそ90万円
そもそも役員に報酬なんか渡す必要あるか?
あと業務委託費って何?10億円以上も業務を委託するなんてありえる?
これって関連会社に資金を迂回してるんじゃないかと邪推してしまわないか
あと、名誉職なのに役員にわざわざ報酬払う必要ってあると思う?
ボランティアで喜んでやってもらえる人に役員をしていただくのが筋では?

――――――――――

上記の書込みには、【広告費】【広告宣伝費】のことについて述べられていないが、日本ユニセフ協会は【広告費】【広告宣伝費】にも何と3億円以上を費やしている!
――――――――――
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/pdf/syusi_yosan2013.pdf
○広告費
232,030,000

○広報宣伝費
102,980,000


◎広告費+広報宣伝費=335,010,000

――――――――――

日本ユニセフ協会は、日本人からカネをかき集め、そのうち1年間に3億3千5百万円【広告費+広報宣伝費】として新聞社やテレビ局などに横流ししているのだ。

日本ユニセフ協会の役員名簿のうち、評議員には大新聞やテレビ局の社長や会長が名を連ねている。

http://megalodon.jp/2011-0325-0054-42/www.unicef.or.jp/about_unicef/about_off.html
日本ユニセフ協会 役員名簿
(一部抜粋)
任期:平成22年11月30日~平成24年11月29日
【日本ユニセフ協会評議員】
秋山 耿太郎 (株)朝日新聞社代表取締役社長
朝比奈 豊  (株)毎日新聞社代表取締役社長
老川 祥一  (株)読売新聞東京本社代表取締役社長・編集主幹
住田 良能  (株)産業経済新聞社代表取締役社長
喜多 恒雄 (株)日本経済新聞社代表取締役社長
日枝 久   (株)フジテレビジョン代表取締役会長
福地 茂雄  日本放送協会会長(NHK)



だから、週刊誌などは時おり日本ユニセフ協会の詐欺行為について批判するが、新聞やテレビなどのマスメディアは決して日本ユニセフ協会を批判することはない。

こうして見ると、日本ユニセフ協会は、【人件費や福利厚生費等】に3億円以上、【広告費+広報宣伝費】に3億3千5百万円、そして謎の【業務委託費】に約11億円を使っている。

私は、支那工作員のアグネスチャン(陳美齡)への高額講演料は、謎の【業務委託費】約11億円から支払われていると推測している。

アグネスチャン(陳美齡)は、平成22年(2010年)に、「危険なソマリアに行く」と遺言を書いて、実は「ソマリア」ではなく、「ソマリランド」に快適旅行したことがある。

おそらく、アグネスが「ソマリランド」に快適旅行した際に使った費用なども、この【業務委託費】から出ていたのではないだろうか。

●関連記事
アグネスチャン今度の詐欺は、ソマリア視察と偽り遺書を書き、実はソマリランドへ観光旅行!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3746.html
日本ユニセフ協会に電凸!
詐欺師アグネスチャンと日本ユニセフ協会の詐欺行為を糾弾!
日本テレビと毎日新聞にも電凸
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3749.html

NHKに電凸!
アグネスチャンがNHKラジオ第一放送「地球ラジオ」 電話中継で生出演
アグネスチャンもアナ2人も「ソマリランド」と一言も言わず、危険性をアピールし援助を要請
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3751.html

再び電凸!日本ユニセフ協会
「ホーム」→「世界の子どもたち」→「ストーリーを読む」→【2010年2月22日 ハルケイザ発】
アグネスチャン関連レポートに重大な虚偽報告あり!
ソマリランド共和国の観光産業が壊滅の恐れ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3754.html
外務省に電凸!
日本ユニセフ協会の嘘出鱈目の徹底追及を要請
日本ユニセフ協会が主張する昨年ソマリランドのハルゲイサ周辺で発生した3件のNGO国際スタッフ誘拐事件は証拠資料が全くなく、具体的状況も全く知らず
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3755.html
日本ユニセフが新潮を脅迫!
「アグネス・チャンが遺書を残してソマリランド快適旅行」と題して掲載した記事に関して新潮社の『週刊新潮』が日本ユニセフ協会に問い合わせたら、逆切れ!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3782.html
アグネスがネットで壮絶バトル!
ソマリランドの間違いだ→アグネス「ソマリアが正しい。ソマリアランドは自称だから使うな」
やくみつる氏が旅行→アグネス「武装警備が付いていた」
どうやったら嘘を真実っぽく伝えられるか?→アグネス「うそは絶対いやです。」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3834.html


アグネス・チャン」が「ソマリアに行く。」と遺書を残して「ソマリランド」快適旅行
ソマリアに行くと遺書を残してソマリランドで快適旅行





>「日本ユニセフ協会はユニセフの為に日本で募金出来る唯一の団体です。デマに惑わされないでくださいね。今一番大事なのは、子供達の為に私たちもできることを考える事です」


そもそも、国際連合児童基金「ユニセフ」も、非常に怪しい。

私は、「国際連合(国連)は共産主義者の巣窟でテロ支援組織だから、日本は国連から脱退する方が良い」と、これまでも訴えており(関連記事)、国連機関である「ユニセフ」についても全く信用していない。(関連記事

ユニセフ東京事務所の黒柳徹子も共産主義者として名高い。

おまけに、ユニセフ東京事務所のHPには、「韓国とユニセフとの関係強化を視野に入れた活動にも力を入れています」などと書かれており、益々怪しくなってきている。

ユニセフ東京事務所
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_org_01.html
ユニセフ東京事務所
(一部抜粋)
また、2006年からは、韓国とユニセフとの関係強化を視野に入れた活動にも力を入れています

東京事務所の職員は、所長を含め現在11名。女優、黒柳徹子さんのユニセフ親善大使としての活動も日本国内でサポートしています。




【結論】
フィリピン台風救援金や義援金などは、日本赤十字社に寄付しよう!


日本赤十字社
2013年フィリピン台風救援金
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004046.html

2013年フィリピン台風救援金
http://www.jrc.or.jp/l2/Vcms2_00002320.html
日本赤十字社
義援金は ”全額” 被災された方々へ

お寄せいただいた義援金は、全額が被災された方々のお手元に届けられ、手数料などを日本赤十字社が取ることは一切ありません。



「アグネスに騙されるな!」
「寄付をするならユニセフ協会ではなく、日本赤十字社へ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)


2013/11/14(木) 08:23:00|
━━━━━━━━━━
▲再掲載完了▲



▼以下、検証▼

>アグネスチャン(陳美齡)は、2軒持っている豪邸のうち、せめて1件は売却して、恵まれない子供たちのために寄付すべきでは?

アグネスが2軒の豪邸を持っていることは事実であり、「せめて1件は売却して、恵まれない子供たちのために寄付すべきでは?」は私の意見なので言論の自由の範疇だ。
問題なし!



>日本ユニセフ協会は、日本人から集めた寄付金を日本の子供には一切支援せず、海外への支援の他、自分たちがピンハネし、そのピンハネした資金を『マスコミなどへの【広告費】【広報宣伝費】』や『アグネスチャンへの講演料など』として支払っている!

これも事実だ。
私は、日本ユニセフ協会がピンハネ(中抜き)した金額もきちんと示している。



>日本ユニセフ協会は、募金からピンハネした巨額の資金で、アグネスチャンに講演を依頼する。
>アグネスの講演料は、1回100万円以上だ!


これも事実だ。
日本ユニセフ協会でも、アグネス・チャンでも、渡邉雅春でも、その他の幣ブログの一般読者の方々でも構わないから、もしも虚偽や間違いがあるというなら指摘して頂きたい。



>日本ユニセフ協会は、日本人からカネをかき集め、そのうち1年間に3億3千5百万円を【広告費+広報宣伝費】として新聞社やテレビ局などに横流ししているのだ。
>日本ユニセフ協会の役員名簿のうち、評議員には大新聞やテレビ局の社長や会長が名を連ねている。


私は、これについてもきちんとソースを示しており、揺るぎない事実だ!


>こうして見ると、日本ユニセフ協会は、【人件費や福利厚生費等】に3億円以上、【広告費+広報宣伝費】に3億3千5百万円、そして謎の【業務委託費】に約11億円を使っている。
>私は、支那工作員のアグネスチャン(陳美齡)への高額講演料は、謎の【業務委託費】約11億円から支払われていると推測している。


この部分については、私の推測も含まれている。
推測については、「推測」ときちんと述べている。
もしも、私の推測に誤りが認められれば、私は誠実に訂正するので、ご指摘頂きたい。



>アグネスチャン(陳美齡)は、平成22年(2010年)に、「危険なソマリアに行く」と遺言を書いて、実は「ソマリア」ではなく、「ソマリランド」に快適旅行したことがある。
>おそらく、アグネスが「ソマリランド」に快適旅行した際に使った費用なども、この【業務委託費】から出ていたのではないだろうか。


アグネスが「ソマリランド」に快適旅行した際の費用なども【業務委託費】から出ているのではないだろうか、というのは私の推測なので間違いならご指摘頂きたい。
しかし、【アグネスが「危険なソマリアに行く」と遺言を書いて、実は「ソマリア」ではなく、「ソマリランド」に快適旅行した】ことは紛れもない事実だ。



以上、今改めて検証してみても、渡邉雅春のアグネス・チャンへの謝罪文の中で「参考にしたサイト」として晒された私の記事には、虚偽(誹謗・中傷)などないものと確信している。



『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『NHK亡国論』西村幸祐著 (2014/9/26)



「アグネスは言論弾圧やめろ!」
「虚偽があると言うなら、きちんと指摘せよ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.