FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
KOBANにハングル看板・グアムで日本企業が寄贈→韓国人がハングル看板→在留邦人の抗議で撤去
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






日本企業が寄贈した「KOBAN(交番)」にハングルの大看板、地元の韓国人が費用捻出…米領グアム、在留邦人の抗議で撤去

http://www.sankei.com/west/news/141011/wst1410110022-n1.html
日本企業寄贈「KOBAN」にハングルの大看板 米領グアム、在留邦人の抗議で撤去
2014.10.11 10:01、産経新聞

「POLICE」と同じ大きさで「トゥモン警察署」と書かれたハングルの看板=今年3月、米領グアム(読者提供)
「POLICE」と同じ大きさで「トゥモン警察署」と書かれたハングルの看板=今年3月、米領グアム(読者提供)

日本企業の支援によって米領グアム島に建設された交番にハングルの看板が掲げられ、在留邦人の抗議で取り外されていたことが分かった。JTBなどの日本企業が1991年、「日本には交番という優れた制度がある」(JTB)として、防犯と地域交流を目的にグアム中心部3カ所に寄贈した交番だった。

関係者によると、ハングルの看板が設置されたのは、日本人観光客ら3人が死亡した昨年2月の無差別連続殺傷事件の現場に近いグアム中心部・タモン地区にあるタモン交番。地元でも「KOBAN」と呼ばれて親しまれ、地図や案内にも「KOBAN」と表記されている。

3月初旬に「トゥモン(タモン)警察」とハングルで書かれた看板が設置された。地元でレンタカー店を営む韓国人オーナーが費用を捻出したという。

在留邦人らがレイ・テノリオ副知事に撤去を求めると、韓国系米国人の秘書から「日本企業が寄付すればもっと大きな文字を表示できる。韓国の観光客が増えているから設置したのでは」との回答があった。「交番3カ所と数台のパトカーは日本企業が寄贈したものだ」と訴え、撤去されることになった。

看板設置に抗議した在留邦人は産経新聞の取材に、「日本人は資金を出してもあえて公表しないのを美徳としているが、ハングルの看板はあまりに公平さに欠けていた」と話した。



>日本企業の支援によって米領グアム島に建設された交番にハングルの看板が掲げられ、在留邦人の抗議で取り外されていたことが分かった。


日本企業が寄贈したグアムの交番から、ハングル看板が取り外されて、本当に良かった!





>3月初旬に「トゥモン(タモン)警察」とハングルで書かれた看板が設置された。地元でレンタカー店を営む韓国人オーナーが費用を捻出したという。


日本企業が【交番】【パトカー】を寄贈しているのだから、韓国人のレンタカー屋が少し費用を出したからと言って、その交番にハングルの大看板を設置するなよ!





>在留邦人らがレイ・テノリオ副知事に撤去を求めると、韓国系米国人の秘書から「日本企業が寄付すればもっと大きな文字を表示できる。韓国の観光客が増えているから設置したのでは」との回答があった。「交番3カ所と数台のパトカーは日本企業が寄贈したものだ」と訴え、撤去されることになった。


グアムにも、「韓国系米国人の秘書」などという者が住み着いているようだ。

しかも、この副知事の韓国系米国人の秘書とやらは、ハングル看板の撤去要求に対して頓珍漢な回答をしている。






>看板設置に抗議した在留邦人は産経新聞の取材に、「日本人は資金を出してもあえて公表しないのを美徳としているが、ハングルの看板はあまりに公平さに欠けていた」と話した。


そのとおりだ。

在留邦人
Good Job!






さて、この問題については、当ブログでも、7月11日に取り上げていた。

7月11日付当ブログ記事より一部抜粋して再掲載する。


━━━━━━━━━━
●関連記事
信用できない国TBS調査に韓国ランク外!日本寄贈のグアムの交番にハングル・平昌五輪開催ピンチ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5507.html

(一部抜粋)


既に当ブログでも2回に亘って詳しく説明してきたとおり、韓国は、日本の支援で建設されたフィリピンの学校に描かれていた日の丸を塗り潰し、勝手に大清国属旗=太極旗(韓国国旗)を描いた。

こんな「信用できない国」は、世界中どこを探しても無い。

●詳細記事1
日の丸から太極旗に!日本の支援で作られたフィリピンの小学校・韓国軍が補修の補助をして塗り替え
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5502.html
●詳細記事2
続報!日の丸が太極旗に!日本支援で建設の比校舎・外務省も把握・補修前に塗り替え!大韓仏教曹渓宗
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5506.html


日本の支援で作られたフィリピンの小学校から「日の丸」が消され「太極旗」が描かれる(塗り替え前と塗り替え後)
上:塗り替え前
下:塗り替え後

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1404569321/
【韓国】日本の支援で作られたフィリピンの小学校から「日の丸」が消され「太極旗」が描かれる


日本支援で建設の比校舎、日の丸が韓国国旗に 台風支援の韓国軍が塗り替える
韓国軍は、屋根などを修復する前に、既に壁に大清国属旗=太極旗(韓国国旗)を描いていた!
(韓国メディアは「屋根や窓を修理した後、太極旗を描いた」と報道していた)

また、この韓国軍部隊「アラウ部隊」のスポンサーは、超反日宗教団体の「大韓仏教曹渓宗」だった!





さらに、似たようなことは、グラムでも起こっていた。

http://getnews.jp/archives/617545
日本が寄贈したグアムの交番に現地韓国人がハングルの看板を掲げる
2014.07.08 18:45、ガジェット通信

日本が寄贈したグアムの交番に現地韓国人がハングルの看板を掲げる

昨日報じた、フィリピンの学校に書かれていた日の丸が韓国アラウ部隊により太極旗に書き換えられた件はご存じだろうか。日本の環境改善事業の一環として改装して建てられたフィリピン学校が昨年の台風により8校舎が倒壊。
それを修繕する際に韓国アラウ部隊はフィリピンの方が善意で書いてくれた日の丸を塗りつぶし、自ら太極旗に書き換えたのだ。この件に関しては過去の記事をご覧になってほしい(下記URL参照)。
それに似た事例が今回はグアムで起きている。日本企業が交番やパトカーを寄贈したグアムの交番にいつの間にかハングルが表記されているのだ。その表記は「タモン/トゥモン交番」と書かれたそうだ。

それを表記したのは在米韓国人だと言うことが判明。さてここからが少しややこしくて、日本語表記はしないのか? という疑問が湧いてくる。それに対しての返事は「金を出せば日本語も表記してあげる」という物だった。しかしそもそもこの交番もパトカーも日本が寄贈したもの。
しかし日本企業は寄贈者を表記しないので、現地の人達はその事実を知らないのである。このタモン交番は22年前に日本が2万5000ドルの寄付により建設された。
ソース:http://www.kuam.com/story/24200177/2013/12/12/tumon-police-koban-reopens-after-renovation

ここにきて出てくるのが、レイ・テノリオ副知事。副知事に抗議を申し出ると、同様に日本企業が寄贈した事実を知らなかったようだ。副知事を説得してみるも、「関係個所に問い合わせないといけない」と言われたそうだ。

しかし1時間後に副知事から連絡があり、「交番を見てみろ」と言われて見てみるとハングルの看板が取り外されていたそうだ。

ここまでの副知事とのやりとりはケン芳賀氏が行ったもの。

昨日のフィリピンの国旗の書き換えといい、今回のハングルの表記といい、世界各国で韓国の小さなロビー活動が行われているようだ。ハングルを放置していたら今度は何の銅像を造られるのかおおよその想像は付きそうである。

関連:フィリピンの学校に描かれていた日の丸が韓国により太極旗に書き換えられる
http://getnews.jp/archives/616206


日本が寄贈したグアムの交番に現地韓国人がハングルの看板を掲げる

■動画
韓国人、図書館の洋書地図にある日本海の上に東海のシールを貼る
https://www.youtube.com/watch?v=kfm3wQnZFPI



なお、上の「ガジェット通信」の記事には、一部間違いが含まれている。


>日本の環境改善事業の一環として改装して建てられたフィリピン学校が昨年の台風により8校舎が倒壊。


日本の支援で新装されたフィリピンの学校は昨年の台風により「倒壊」はしていない。

日本が建設した学校には、大きな被害はなかった。

http://www2.jica.go.jp/hotangle/asia/philippine/001200.html
JICAの支援で建設された小学校の強靭(きょうじん)性を実感-台風ヨランダの被害から-
2014年6月 3日 伊月温子(職員、千葉県出身)

2013年11月8日、観測史上最大級の台風30号「ハイヤン」(フィリピン名ヨランダ)がフィリピンを襲いました。中でもレイテ島、サマール島が属する東ビサヤ地域は、強風や高潮により甚大な被害を受けました。

JICAは東ビサヤ地域で長年にわたって学校建設を支援しており、無償資金協力(注)で建設された小学校は約100校に上ります。これらの学校の校舎は1980年代に多発した台風による被害を踏まえて、台風にも耐えうる構造として建てられたものです。台風ヨランダ発生直後の11月末、JICAフィリピン事務所はこれらの学校の被害状況を調査するため、レイテ島やサマール島で約20校の現地視察を行いました。

視察の結果、強風の被害を受けた地域では、屋根が吹き飛び、建物の壁が崩れるなど、大きな損傷を受けている校舎が多くあったにもかかわらず、JICAの無償資金協力で建設された校舎は、ドアノブやよろい戸、天井仕上げ材などに損傷を受けているだけで、壁や屋根など建物そのものへの被害は、ほとんど確認されませんでした。災害直後は一時的に地域住民が寝泊まりするなど、避難所としても重宝された、敷地内で唯一屋根が残った校舎は、JICAが支援したものでした。

無償資金協力で建てられた校舎は「JICAビルディング」の愛称で現地の人々に認識されています。JICA事務所による視察の際も、校長や現地の人々から「JICAビルディングのおかげで避難できた」「とても強い建物だ。本当に驚いた」と声を掛けられ、日本の協力が被災地の住民の助けとなったことを肌で感じました。

耐久性に優れた材料の使用、屋根固定の強化策を講じていることなど、無償資金協力で支援した校舎が高い強靭(きょうじん)性を生んだ技術的な理由は幾つかあります。ただ、一番の理由は、建物を作る際にきちんとモニタリングをし、求められた基準のものを作るという、日本のモノづくりに対する姿勢だと思います。

台風ヨランダ発生後、JICAが支援した学校校舎の強靭性はフィリピン政府内でも高く評価され、日本の技術やモノづくりへの姿勢は改めて評価されています。今後も日本の技術や経験を被災地の復興に役に立てていきたいと感じています。

(注)開発途上国などに対し返済の義務を課さない資金協力のこと。開発途上国の経済社会開発に役立つ計画に必要な資機材、設備などを調達する資金を供与する。

サマール島のバナハオ小学校。強風による被害で跡形もない校舎
サマール島のバナハオ小学校。強風による被害で跡形もない校舎

バナハオ小学校内でも大きな被害がなかった「JICAビルディング」
バナハオ小学校内でも大きな被害がなかった「JICAビルディング」

レイテ島のナガナガ小学校。避難所として活用された校舎
レイテ島のナガナガ小学校。避難所として活用された校舎


━━━━━━━━━━



上記掲載した7月11日付当ブログ記事の一部にも記述されているとおり、同様の問題は今年フィリピンの小学校でも起こっている。
●詳細記事1
2014/07/06(日)
日の丸から太極旗に!日本の支援で作られたフィリピンの小学校・韓国軍が補修の補助をして塗り替え
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5502.html
●詳細記事2
2014/07/10(木)
続報!日の丸が太極旗に!日本支援で建設の比校舎・外務省も把握・補修前に塗り替え!大韓仏教曹渓宗
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5506.html




このフィリピン小学校について、続報があるので、この機会に報告しておく。

小林ふみあきのブログ」より
続 日本政府事業で建設したフィリピン小学校の記載が韓国軍によって塗り替えられた件について
2014-07-14 22:09:02

前回の状況から進展がありましたのでご報告します。

■塗り替えの経緯
フィリピン教育省の説明によれば校舎の外壁の塗り替えは韓国軍ではなく、現地の児童の保護者等がボランティアで実施したもので、その際に記載が消されてしまったとのこと。

その後、韓国側より韓国軍が修復した証を外壁に残したいとの申請があり、もともとの日本の支援を意識せず許可してしまったとのこと。事務的なミスであり、日本国民の心情を傷つけたことへの謝罪があったそうです。

フィリピン政府としては日本の支援の証を何らかの形で復元することを検討すると述べており、外務省からも早期の対応を引き続き申し入れることとなりました。


以上が経緯です。確認いただいた外務省の皆様の早期対応に感謝いたします。

まずは早期の対応を実施していただけるよう引き続きチェックしていく必要があります。
が、そもそもあのように(下記前回記事リンク内)画像を並べた記事が掲載されるということは塗り替える前提であり、悪意があったように感じます。
実際、日本の記述がある写真も被災後の壁の画像ですから、そこに何が書かれていたか認識していたということでしょう。これはフィリピン政府に追及するというより韓国に追及すべきではないでしょうか。



どうやら、改善へ向かっているようだ。


さらに、8月13日に公開された次の動画では、もっと詳しい検証が行われているようだ。

長時間の動画だが、当該問題については最初の8分40秒間だけとなっている。

時間がないので詳しく説明できないが、次の動画の8:40までご覧いただきたい。

■動画
【検証】韓国軍は、本当に日の丸を塗り替えたのかinフィリピン
https://www.youtube.com/watch?v=8hOsr4ACGsI

ハリボテ復興支援
・韓国軍=ペンキ職人軍(30:22
・地元のヤシの実取りのお毒見支援
・建て替えも補修もしないでペンキ塗り
・宗教団体からの復興支援=ペンキ
・炊き出し、、初めだけ
・他国の支援物資で活動する韓国軍
・歓迎ペイント=自作自演
たくましい韓国軍の復興支援は式典とペンキ塗りと撮影会




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『NHK亡国論』西村幸祐著 (2014/9/26)



「Don’t Korea(韓国するな)!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.