正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
田原総一朗ら7人が朝日新聞慰安婦報道を検証する第三者委員会・仲間ばかりで全く第3者ではない!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






田原総一朗 慰安婦問題で「朝日新聞よ頑張れ」

朝日新聞、慰安婦報道を検証する第三者委員会に田原総一朗ら7人決定
委員長
元名古屋高裁長官で弁護士の中込秀樹(73)
委員
外交評論家の岡本行夫(68)
国際大学学長の北岡伸一(66)
ジャーナリストの田原総一朗(80)
筑波大学名誉教授の波多野澄雄氏(67)
東京大学大学院情報学環教授の林香里(51)
ノンフィクション作家の保阪正康氏(74)

http://www.asahi.com/articles/ASGB24TH3GB2UHBI01T.html
本紙の慰安婦報道、第三者委員会7氏で検証 9日初会合
2014年10月2日17時06分、朝日新聞

朝日新聞社の慰安婦報道について検証する第三者委員会の委員の方々が決まりました。弁護士や研究者、ジャーナリストら有識者7人で構成します。初会合は9日午後、東京都内で開きます。

委員長には、元名古屋高裁長官で弁護士の中込秀樹氏(73)に就任をお願いしました。委員は、外交評論家の岡本行夫氏(68)、国際大学学長の北岡伸一氏(66)、ジャーナリストの田原総一朗氏(80)、筑波大学名誉教授の波多野澄雄氏(67)、東京大学大学院情報学環教授の林香里氏(51)、ノンフィクション作家の保阪正康氏(74)の6人です。


また、朝日新聞が8月5、6日付朝刊に掲載した特集「慰安婦問題を考える」でもコメントを寄せていただいた現代史家の秦郁彦氏(81)のほか、神戸大学教授の木村幹氏(48)ら慰安婦問題に詳しい有識者をはじめ、委員会が必要と認めるテーマについて専門家をお招きし、ご意見やご提言をいただきます。

委員会では、これまでの朝日新聞の慰安婦報道をめぐる記事作成の背景や今回の記事取り消しにいたる経緯のほか、特集「慰安婦問題を考える」の妥当性、日韓関係はじめ国際社会への報道の影響などについて検証し、2カ月程度をめどに具体的な提言を盛り込んだ報告をまとめていただきます。



>朝日新聞社の慰安婦報道について検証する第三者委員会の委員の方々が決まりました。弁護士や研究者、ジャーナリストら有識者7人で構成します。初会合は9日午後、東京都内で開きます。
>委員長には、元名古屋高裁長官で弁護士の中込秀樹氏(73)に就任をお願いしました。委員は、外交評論家の岡本行夫氏(68)、国際大学学長の北岡伸一氏(66)、ジャーナリストの田原総一朗氏(80)、筑波大学名誉教授の波多野澄雄氏(67)、東京大学大学院情報学環教授の林香里氏(51)、ノンフィクション作家の保阪正康氏(74)の6人です。



これは酷い!

7人の殆ど全員が、朝日新聞の身内、「慰安婦強制捏造」の共犯者、そして売国奴だ!

特に、田原総一朗なんて、つい先日も「週刊朝日」で、「週刊誌の朝日新聞叩きはナショナリズムだ!朝日新聞よ頑張れ!」と述べていたじゃないか!

いったい、これのどこが「第三者」なのか?!

「第三者」ではなく、「第三国人」の間違いではないのか??

この7人を以て「第三者委員会」などと述べていること自体が虚偽報道だ!


国民を愚弄するにも程がある。

何人かについて、具体的に説明する。






>外交評論家の岡本行夫(68)


岡本行夫は、超反日組織である「女性のためのアジア平和国民基金」 (アジア女性基金)呼びかけ人だ!

いわば、岡本行夫は、慰安婦強制を捏造した当事者の一人だ!

外交評論家 岡本行夫

http://megalodon.jp/2014-1002-2238-07/www.awf.or.jp/2/foundation-01.html
アジア女性基金への拠金を呼びかける呼びかけ文

 戦争が終わってから、50年の歳月が流れました。
 この戦争は、日本国民にも諸外国、とくにアジア諸国の人々にも、甚大な惨禍をもたらしました。なかでも、十代の少女までも含む多くの女性を強制的に「慰安婦」として軍に従わせたことは、女性の根源的な尊厳を踏みにじる残酷な行為でした。こうした女性の方々が心身に負った深い傷は、いかに私たちがお詫びしても癒すことができるものではないでしょう。

(中略)
「従軍慰安婦」をつくりだしたのは過去の日本の国家です。
(略)
この国民基金を通して、一人でも多くの日本の方々が償いの気持ちを示してくださるよう、切に参加と協力をお願い申し上げる次第です。

1995年7月18日

「女性のためのアジア平和国民基金」呼びかけ人
赤松良子  大沼保昭  須之部量三  荻原延壽
芦田甚之助  岡本行夫  高橋祥起  三木睦子
衞藤瀋吉  加藤タキ  鶴見俊輔   宮崎勇
大来寿子 下村満子 野田愛子  山本正
大鷹淑子   鈴木健二 野中邦子  和田春樹



今年4月に、米大統領のオバマは、「歴史を振り返った時、例えば韓国の慰安婦の女性に起きたことは恐ろしくておぞましい人権侵害だと認識されなければならない」、「例え戦争中であっても驚くべきことであり、慰安婦の声を聞き、尊重されなければならない」、「何が起きたのか正確な事実を見極める必要がある」と発言した。(詳細記事
【外交】慰安婦問題「おぞましい人権侵害」=米オバマ大統領、米韓首脳会談後の記者会見で
オバマ「歴史を振り返った時、例えば韓国の慰安婦の女性に起きたことは恐ろしくておぞましい人権侵害だと認識されなければならない」、「例え戦争中であっても驚くべきことであり、慰安婦の声を聞き、尊重されなければならない」、「何が起きたのか正確な事実を見極める必要がある」

4月25日放送のテレビ朝日「報道ステーション」で、上記のオバマ発言について報道した際に、コメンテーターとして出演した岡本行夫は、満面の笑みを浮かべて喜んでいた。
4月25日放送テレ朝「報道ステーション」【オバマ大統領が慰霊の発言・従軍慰安婦「ひどい人権侵害」】に喜びを隠せず満面の笑みで語り合う岡本行夫と古舘伊知郎
4月25日放送テレ朝「報道ステーション」【オバマ大統領が異例の発言・従軍慰安婦「ひどい人権侵害」】に喜びを隠せず満面の笑みで語り合う岡本行夫と古舘伊知郎

元外交官の岡本行夫という奴は、TPPについても大賛成・大推進派であり、まさに売国奴だ。

2010年8月14日放送のNHK「日本の、これから~日韓のこれから~」で岡本行夫は、「朝鮮民族の名前を捨てさせ、言葉を放棄させ、そして文化も捨てさせ、そして日本人にしようとした。民族としてのアイデンティティ、その自立性の抹殺に近いことをやったわけで、それを我々はどんな時でも忘れちゃいけないと思う。」と発言した。

岡本行夫 NHK日本の、これから 日韓のこれから
■動画
日本のこれから  ~岡本行夫の妄言
http://www.youtube.com/watch?v=RFnW6rfhT9s



勿論、岡本行夫の上記の発言内容は大嘘であり、日本は朝鮮人に名前や言葉や文化などを捨てさせた事実は無いし、それどころか逆に朝鮮語の読み書きが出来るように尽力したりしたのが事実だ。(詳細記事1詳細記事2





>国際大学学長の北岡伸一(66)


こいつも、ダメダメ売国奴だ。
国際大学長 北岡伸一

北岡伸一は平成22年(2010年)1月31日に報告書が公表されたいわゆる「日中歴史共同研究」の日本側座長だったが、悉く支那側の反日歴史偽造を認めてしまった。

「日中歴史共同研究」は両国の相互理解を深めることを目的に、平成18年(2006年)10月の日支首脳会談で合意され、同年12月にスタートし、日本側は北岡伸一東大教授、支那側は歩平・社会科学院近代史研究所長が座長を務めた。

その結果、支那事変の原因が基本的に日本側にあり、支那国民に深刻な被害を与えたとの見解で一致させてしまった!

また、北岡伸一を座長とした日本側は、有りもしない「南京虐殺事件」を史実と認め、その犠牲者数を2万~20万人と主張するなど、売国行為をやりたい放題やった!(詳細記事

共同研究
日支歴史共同研究委員会の会合後、記者会見する日本側の北岡伸一座長(左)と支那側の歩平座長=09年12月、外務省
北岡伸一を座長とした日本側は、支那事変の原因が日本側にあり、支那国民に深刻な被害を与えたとの見解で一致させ、有りもしない「南京虐殺事件」を史実と認め、その犠牲者数を2万~20万人と主張した!






>ジャーナリストの田原総一朗(80)


こいつは、お馴染み!
【慰安婦問題】朝日新聞に掲載された週刊文春の広告が「A級戦犯●●新聞」と伏せ字に! 伏せ字の部分は「朝日」が入る模様

田原総一朗は、朝日新聞の身内と言っても過言ではない。

常日頃から朝日新聞の系列会社であるテレビ朝日に出演しまくっている。

つい先日も、つい先日も「週刊朝日」で、「週刊誌の朝日新聞叩きはナショナリズムだ!朝日新聞よ頑張れ」と述べ、身内である朝日新聞を思いっきり庇っていた。(関連記事

田原総一朗 慰安婦問題で「朝日新聞よ頑張れ」
【週刊朝日】田原総一朗「週刊誌の朝日新聞叩きはナショナリズムだ!朝日新聞よ頑張れ」

http://dot.asahi.com/news/domestic/2014082700005.html
田原総一朗「朝日新聞批判記事にみるナショナリズムの影」
(更新 2014/8/27 16:00) 週刊朝日

朝日新聞が従軍慰安婦問題を巡る記事の誤りを認め、一部撤回した。大きな波紋を呼んだ今回の総括だが、ジャーナリスト田原総一朗は、さらに注文をつける。

* * *
朝日新聞の8月5日の「慰安婦問題」に対する総括報道に対して、各週刊誌が次のような見出しを掲げ、一斉に激しい批判記事を掲載した。

「世界中に『日本の恥』を喧伝した『従軍慰安婦』大誤報 全国民をはずかしめた『朝日新聞』七つの大罪」(週刊新潮)

「朝日新聞よ、恥を知れ! 『慰安婦誤報』木村伊量社長が謝罪を拒んだ夜」(週刊文春)

「世界がこの大嘘を根拠に『日本を性奴隷国家』と決めつけた 朝日新聞『慰安婦虚報』の『本当の罪』を暴く」(週刊ポスト)

「『従軍慰安婦』記事を30年たって取り消し 日本人を貶めた朝日新聞の大罪」(週刊現代)

「『慰安婦誤報』32年間放置の果てに『大特集遺言』を残して逝った『国賊メディア』朝日新聞への弔辞」(アサヒ芸能)


朝日新聞は総括報道を行った以上、こうした批判は当然、予測していたであろう。

32年もたっての総括というのは、誰だって遅すぎると思うだろうし、また明らかに誤報だったことを認めながら謝罪の言葉がなかったのは違和感がある。「女子挺身(ていしん)隊」の記事を書いた植村隆記者に「意図的な事実のねじ曲げなどはなかった」としているのも納得しにくい。

だが、こうした問題はありながら、今回の各週刊誌の朝日新聞たたきには、見逃すわけにはいかない共通点がある。

それは、朝日新聞が「世界中に『日本の恥』を喧伝した」「国賊メディア」で、いわば「売国的」なメディアだと決めつけていることだ。言ってみれば、現在の朝日新聞批判は、いずれも強いナショナリズムがバネとなっているのである。

私は、わずかではあるが第2次世界大戦中の世論を知っている。戦争への批判はもちろん、食べものが少なくなること、空襲が激しくなること、男の先生が出征して授業が埋まらないことなど、いかなる批判も許されなかった。ナショナリズムに裏打ちされた愛国心を散々強要されたあげくの敗戦であった。

こうした体験を持ったがゆえの偏見なのかもしれないが、私はナショナリズムには拒否反応を覚えてしまう。そして、朝日新聞批判に強いナショナリズムを感じるがゆえに、「朝日新聞よ、頑張れ」と言いたくなるのである。

その朝日新聞に注文がある。

私は朝日新聞が総括報道を行った翌日から、通常よりも熱心に紙面を読むようになった。

あれだけ大々的に総括報道を行ったのだから、当然ながらさまざまな反応が生じるはずである。そして、そうした反応は電話やメールもあるだろうが、数多くの投書のかたちでも示されているはずである。私自身、テレビ番組をオンエアした後に、電話やツイッターなどの反応を細かく点検している。総括報道に対する週刊誌の反応は、いずれも大批判であったが、投書にはそうでない反応も数多くあるはずである。

そうした投書が読みたいのだが、検証記事の掲載以後、それに対する投書というものが一通も掲載されていない。これはどういうことなのか。当然ながら大量の投書が来ているはずで、総括報道を行ったのだから、朝日新聞としては、できるかぎり多くの投書を掲載することが読者に対する責任だと思うのだが、この点はどうなっているのか。

※週刊朝日 2014年9月5日号



>こうした体験を持ったがゆえの偏見なのかもしれないが、私はナショナリズムには拒否反応を覚えてしまう。そして、朝日新聞批判に強いナショナリズムを感じるがゆえに、「朝日新聞よ、頑張れ」と言いたくなるのである。


何と、「週刊朝日」は、田原総一朗を使い、朝日新聞たたきをしている他の週刊誌を批判させていた!

そして、田原総一朗は、週刊誌による朝日新聞批判に強いナショナリズムを感じるため、「朝日新聞よ、頑張れ」と言いたいそうだ!

もう老い耄れ過ぎて、狂ってきているとしか思えない。



1週間前に放送したテロ朝「朝まで生テレビ」で司会をした時にも、田原総一朗は朝日新聞や植村隆を擁護する発言をし、いつもどおりの偏った司会進行をしていた。
(例)
【田原総一朗】
一番の問題は、今年8月5日の慰安婦記事訂正の総括報道で、植村さんは女子挺身隊と書いた。
朝日新聞はそれは従軍慰安婦だったと。彼は取り間違えたと。そこに意図的なものはなかったと言っている。



何度も言うが、植村隆のスクープ記事は、悪意ある捏造以外の何ものでもない。

▼1991年8月11日【朝日新聞】植村隆が『「女子挺身隊」の名で日本軍に強制連行された朝鮮人従軍慰安婦が生存している』とスクープ記事▼

朝日新聞・植村隆記事
1991年8月11日【朝日新聞】
日中戦争や第二次大戦の際、「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり
女性は「思い出すと今でも身の毛がよだつ」と語っている。…
女性の話によると、中国東北部で生まれ、十七歳の時、だまされて慰安婦にされた。ニ、三百人の部隊がいる中国南部の慰安所に連れて行かれた。…

植村隆は、義母「梁順任」を日本政府相手の訴訟で勝たせるために、捏造記事を乱発した!

↓ ↓3日後↓ ↓

1991年8月14日、金学順が韓国で実名・顔出し会見【真実を証言】
91年8月14日の実名・顔出し会見

1991年8月15日「ハンギョレ新聞」
(一部抜粋)

生活が苦しくなった母親によって14歳の時に平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)に売られていった。三年間の検番生活を終えた金さんが初めての就職だと思って、検番の義父に連れていかれた所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった

△真実△

1991年12月に補償を請求して提訴。裁判所に提出した略歴。
――――――――――
1924年:吉林省(満州)に生まれる。
1926年(2歳):母と共に平壌(現在の北朝鮮)へ移住 。
1939年(15歳):40円で妓生を養成する学校の養女に、そこから妓生巻番(妓生養成学校)に通う
1941年(17歳):卒業するが年齢が足りず妓生になれず、養父に中国ならお金が稼げるだろうと、養父に連れられ平壌から中国へ汽車で行く。
北京に到着町中で日本軍将校に呼び止められ「朝鮮人だろ、スパイではないか?」と姉さんとトラックに乗せられる。夜中ついた空き家で将校に犯される。翌日、お姉さん共々慰安所に。
――――――――――

東京会見で号泣演技の金学順91年12月
1991年12月、東京会見で号泣演技する金学順
朝日新聞の植村隆は吉田清治のストーリーにそって「女子挺身隊として強制連行された」と明らかに事実と異なる記事を書いたが、福島瑞穂らは訴状に「養父に連れられ北京に到着後、日本軍に呼び止められトラックに乗せられ連れて行かれた」とストーリーを修正した。
朝日新聞の植村隆は吉田清治のストーリーにそって「女子挺身隊として強制連行された」と明らかに事実と異なる記事を書いたが、福島瑞穂らは訴状に「養父に連れられ北京に到着後、日本軍に呼び止められトラックに乗せられ連れて行かれた」とストーリーを修正した

原告団長は粱順任(ヤン・スニム)、原告代理人は、福島瑞穂、高木健一、林和男など(関連記事

そして、原告団長の粱順任(ヤン・スニム)は、1991年8月11日『「女子挺身隊」の名で日本軍に強制連行された朝鮮人従軍慰安婦が生存している』とのスクープ記事を書いた【朝日新聞】植村隆の母親(妻の母)だ!





>筑波大学名誉教授の波多野澄雄氏(67)


こいつも、上述した岡本行夫と同様に、慰安婦強制を捏造した当事者の一人だ!
筑波大名誉教授 波多野澄雄

波多野澄雄は、超反日組織である「女性のためのアジア平和国民基金」 (アジア女性基金)が発行した『慰安婦問題調査報告 1999』の著者に名を連ねる慰安婦強制を偽造した売国奴であり、朝日新聞の共犯者だ。

http://www.peeep.us/bb6e5739
著者紹介

波多野 澄雄

「慰安婦」問題調査報告 1999
発行  女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)







>東京大学大学院情報学環教授の林香里(51)


こいつも、朝鮮学校の無償化を要求している正真正銘の反日売国奴だ。
東大大学院教授 林香里

また、林香里は、『「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国』という本を書いているくらいだから、下手すると在日韓国人か在日朝鮮人の可能性もある。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1273.html
「高校無償化」措置を朝鮮学校に適用することを求める大学教員の要請書に署名した方々

林香里
(東京大学)


『「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国』林香里著
『「冬ソナ」にハマった私たち―純愛、涙、マスコミ…そして韓国』林香里著





>ノンフィクション作家の保阪正康氏(74)


こいつも、反靖国の反日売国奴だ。
ノンフィクション作家 保阪正康

しかも、日経新聞の「富田メモ」に係る虚偽報道事件の主犯の一人だ。(詳細記事

日経新聞の「富田メモ」虚偽報道事件の犯人の一人が、朝日新聞の「従軍慰安婦強制連行」捏造事件の検証委員とは笑止千万だ。

従軍慰安婦問題についても、保阪正康の著書『昭和史の深層 15の争点から読み解く』において、全体像については超反日組織である「女性のためのアジア平和国民基金」 (アジア女性基金)の大沼保昭理事に依拠している。(ソース






以上のとおり、朝日新聞の慰安婦報道を検証する第三者委員会は、身内、仲間、共犯者、反に売国奴(在日?)などのオンパレードだ。

これでは、まともな検証など到底期待できない。



【告知】

http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=565
【朝日の葬式は】『朝日新聞廃刊要求デモ』【國民が出す!】

【日時・集合時間】10月4日(土)15時30分集合〜16時出発
【集合場所】 中央区水谷橋公園(銀座1-12-6)
(有楽町線・銀座一丁目、銀座線京橋、各駅下車)

【主催】朝日新聞廃刊要求デモ実行委員会




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24)
『NHK亡国論』西村幸祐著 (2014/9/26)



「田原総一朗ら7人は、第三者じゃない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.