FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201408<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201410
朝日バッシングに声あげる~緊急リレートークが開催「いまは朝日の応援が大事」・売国奴のオンパレ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【朝日慰安婦誤報】「朝日バッシング」に声あげる~緊急リレートークが開催「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」

http://www.labornetjp.org/news/2014/0916shasin
「朝日バッシング」に声あげる~緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな」
2014-09-17 20:31、レイバーネット日本
「朝日バッシング」に声あげる~緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな」

9月16日、超党派の国会議員が呼びかけた緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな」は、参議院会館で開かれ各界で活躍する識者15人が登壇した。

焦点は「朝日新聞バッシング」問題。

「売国奴・国賊という言葉が復活し、週刊誌は儲かる嫌韓路線に転換した。戦前と同じ状況」(篠田博之)、

「戦争ファシズムはすぐ来るのではなく初期は反対派の排除から始まる。いまはその段階」(五野井郁夫)、

「誤報はどの社もある。朝日叩きは自分に跳ね返る。全メディアが萎縮し権力が暴走することが心配」(森達也)。

急速な右傾化への危機感が会場を包んだ。

そして異口同音に強調されたのは「いまは朝日を応援することが大事」ということだった。

「慰安婦」問題に詳しい渡辺美奈さんは、世界の世論をつくったのは吉田証言ではなく1991年のキムハクスンさんだったこと、2007年の狭義の強制を否定した安倍発言が現在の国際非難の原因をつくったことなどを指摘し、朝日バッシングの虚偽性を鋭く批判した。(М)

動画(渡辺美奈さんの発言12分)

↓リレートークの面々
「朝日バッシング」に声あげる~緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな」

↓「女たちの戦争と平和資料館」事務局長の渡辺美奈さんが「慰安婦」問題で全面反論
↓「女たちの戦争と平和資料館」事務局長の渡辺美奈さんが「慰安婦」問題で全面反論

*当日の発言者15人は以下のとおり(順不同)

渡辺美奈さん(女たちの戦争と平和資料館〔WAM〕事務局長)
北原みのりさん(ラブピースクラブ主宰)
黒澤いつきさん(明日の自由を守る若手弁護士の会共同代表)
伊藤和子さん(弁護士、ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
永田浩三さん(武蔵大学教授)
前田朗さん(東京造形大学教授)
篠田博之さん(月刊「創」編集長)
新崎盛吾さん(新聞労連委員長)
内田浩さん(出版労連書記次長)
清水雅彦さん(日本体育大学教授)
中野晃一さん(立憲デモクラシーの会呼びかけ人)
森達也さん(映画監督)
海渡雄一さん(弁護士)
五野井郁夫さん(高千穂大学准教授)
佐高信さん(週刊金曜日)

*9.16集会のお問い合わせ・連絡先:
白眞勲事務所(電話03-6550-1116)
有田芳生事務所(03-6550-0416)
神本美恵子事務所(03-6550-1119)
仁比聡平事務所(電話03-6550-0815)
福島みずほ事務所(電話03-6550-1111)



>「慰安婦」問題に詳しい渡辺美奈さんは、世界の世論をつくったのは吉田証言ではなく1991年のキムハクスンさんだったこと、2007年の狭義の強制を否定した安倍発言が現在の国際非難の原因をつくったことなどを指摘し、朝日バッシングの虚偽性を鋭く批判した。


『「慰安婦」問題に詳しい渡辺美奈さん』???

金学順(キムハクスン)は、1991年8月14日の韓国での記者会見や安乗直ソウル大学名誉教授による聞き取り調査において、「母によって14歳の時に40円でキーセンに売られ、3年後に養父によって支那に連れていかれて慰安婦になった」と証言している。
金学順

にもかかわらず、その金学順(キムハクスン)について、1991年8月11日付け朝日新聞朝刊に『「女子挺身隊」の名で日本軍に強制連行された朝鮮人従軍慰安婦が生存している』と捏造記事を書いて虚偽報道したのが、朝日新聞(植村隆)だ。

もし渡辺美奈の言うとおり「世界の世論をつくったのは吉田証言ではなく1991年のキムハクスンさんだった」と言うなら、やはり朝日新聞はバッシングされて当然なのだ。

渡辺美奈は、無知丸出しの大馬鹿だ!






>渡辺美奈さん(女たちの戦争と平和資料館〔WAM〕事務局長)


上記のとおり、渡辺美奈は、出鱈目を言い触らす無知丸出しの大馬鹿だ。

渡辺美奈が事務局長を務めている「女たちの戦争と平和資料館」は、所在地が【新宿区西早稲田2-3-18 キリスト教視聴覚センター(AVACO)のビル内】であり、日本の従軍慰安婦問題を追及するための「女性国際戦犯法廷」を主導した朝日新聞編集委員の松井やよりの反日活動を継承するため、2005年8月に設立された政治団体だ。

つまり、渡辺美奈は、朝日新聞編集委員の松井やよりの反日活動を継承するための団体の事務局長なのだ!

そんな渡辺美奈が「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」などと、朝日新聞を応援するのはインチキだ!






>北原みのりさん(ラブピースクラブ主宰)


北原みのりの「ラブピースクラブ」というのは、バイブレーターなどの女性向けのアダルトグッズショップだ。

北原みのりは、盛んに反日活動をしている在日韓国人であり、日本人ではない。

http://twitter.com/#!/minorikitahara/status/20755643817
北原みのり@minorikitahara
(2010年8月10日 - 10:45)
性のことを、私に教えてくれたのは、ラブホ経営してた祖母。
小学生の頃、枕もとにコンドーム置くの手伝わせてもらってた。
祖母に、これなに? って聞いたら、おチンチンに着けたら妊娠しないの、とまじめな顔で、教えてくれて。


ラブホテル経営者は、在日朝鮮人の比率が高い。

これだけなら「確率が高い」で終わってしまうが、勿論これだけを根拠に「北原みのりは朝鮮人だ!」と言っているのではない。

http://twitter.com/#!/minorikitahara/statuses/112952784210505728
北原みのり@minorikitahara
(2011年9月12日 - 3:16)
1983年9月1日の大韓航空機撃墜事件で叔母と従姉妹を亡くしました。
旅先に、または故郷へ向かう人たちが、何かの力で一瞬に殺される理不尽。
何が起きたのか本人は知らない。
遺体すら残らない。たまたま、そこにいただけなのに。
10年前の今頃の時間、繰り返される理不尽を呪いました。


北原みのりは、1983年9月1日の大韓航空機撃墜事件で叔母と従姉妹を亡くしている!

だから北原みのりは韓国人だと100%断定出来ないかもしれないが、限りなく100%に近い確率で日本人ではない。


さらに、北原みのりは、辻本清美の友だちでサポーターだ!

―――――――――
「辻本清美」の公式オトモダチより抜粋
私たちも辻元清美をサポートします。
北原みのり(ラブピースクラブ主宰)


web魚拓
―――――――――

北原みのりは、辻本清美のお友達

実際に、北原みのりは、辻本清美とバイブつながりのお友達だった!
またまたアイムソーリー 辻元清美バイブ事件  大人のオモチャに直筆サインしていた 2005年10月7日付東京スポーツ
またまたアイムソーリー 辻元清美バイブ事件
大人のオモチャに直筆サインしていた
2005年10月7日付東京スポーツ


辻元清美バイブ事件




その上、許せないのは、このエロキチ女は、靖国神社の敷地内で醜い裸を晒して写真撮影までやっていた!!

これは靖国神社に対する冒涜であるし、そもそもこんなのは公然わいせつ罪だ。


▼北原みのり達の醜い裸による靖国神社冒涜事件▼
http://tokiy.jugem.jp/?eid=896



●分析
――――――――
北原みのりの祖母は、在日朝鮮人の代表的商売の一つであるラブホテル経営者。

北原みのりは、1983年の大韓航空機撃墜事件で叔母と従姉妹を亡くしている。

北原みのり自身が、在日朝鮮人の代表的商売の一つであるアダルトショップの代表。

北原みのりは、外見偏重ですぐに整形をしてしまえという普通の日本人にはない朝鮮人特有の発想の持ち主。

北原みのりは、「夫妻の国籍別にみた婚姻件数」などの現実を無視して、「日本の女が韓国人に行く」という嘘出鱈目を述べて韓国男を礼讃して日本人男性を貶めている。

北原みのりは、辻本清美とバイブつながりのお友達。

北原みのりは、靖国神社で醜い裸を晒して写真撮影をした犯罪者。
――――――――


以上の状況証拠から、北原みのりは99.9%の確率で日本人ではない在日韓国人と認定して良い。

在日のエロキチ女が日本人に成り済まして、韓流を礼讃したり、日本人男性を貶したり、朝日新聞を応援したりしているだけだ。

騙されてはいけない!

朝鮮人が日本人に成りすまして「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」などと、朝日新聞を応援するのはインチキだ!






>黒澤いつきさん(明日の自由を守る若手弁護士の会共同代表)


黒澤いつきは、朝日新聞と並ぶ「従軍慰安婦強制連行」を捏造した主犯格の福島瑞穂の仲間だ。
0憲法シリーズ6 黒澤いつきさん:「紙芝居でよく分かる、憲法改悪」
■動画
憲法シリーズ6 黒澤いつきさん:「紙芝居でよく分かる、憲法改悪」
https://www.youtube.com/watch?v=acH_Q2DsI7E



福島瑞穂は、朝日新聞と同じ歴史偽造の張本人(主犯格)だ。

歴史偽造の犯人の仲間が「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」などと、朝日新聞を応援するのはインチキだ!






>前田朗さん(東京造形大学教授)


前田朗は、朝鮮大学校の講師であり、北朝鮮や朝鮮総連の工作員だ!(詳細記事
「軍隊のない国がこんなにあることを自分自身も知らなかった」と振り返る前田朗

朝鮮大学校の講師で、北朝鮮や朝鮮総連の工作員が「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」などと、朝日新聞を応援するのはインチキだ!





>海渡雄一さん(弁護士)


ふざけんな!

海渡雄一は、福島瑞穂の夫だ!
海渡雄一は、福島瑞穂の夫だ!

海渡雄一は、朝日新聞と並ぶ「従軍慰安婦強制連行」を捏造した主犯格の福島瑞穂と夫婦関係(夫婦別姓を実行するため婚姻届を提出しない事実婚関係)にある。

福島瑞穂は、朝日新聞と同じ歴史偽造の張本人(主犯格)だ。

歴史偽造の犯人の夫が「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」などと、朝日新聞を応援するのはインチキだ!






>五野井郁夫さん(高千穂大学准教授)


高千穂大学の五野井郁夫という奴は、“国交を断絶しろ”という主張も「差別的表現(ヘイトスピーチ)」というマジキチ野郎だ。関連記事
差別撤廃 東京大行進 五野井郁夫(高千穂大学)
五野井郁夫(高千穂大学)





>白眞勲事務所(電話03-6550-1116)


●白真勲(民主党)
白眞勲(はく しんくん=ベック・ヂンフン)という奴は、民団(在日韓国人)や韓国のために、日本に帰化して国会議員となった韓国工作員だ。

白眞勲は、帰化して日本国籍を取得した後も、新聞やテレビで公然と「我々韓国人」「我々韓国国民」と発言している。

―――――――――
▼白真勲が帰化した(2003年1月)後に述べたこと▼

「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」(2003年、朝鮮日報)

「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」(2003.11.2 TBS サンデージャポン)

「在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」(民団新聞 2004.7.14.)

「日本で外国人参政権が実現しない理由は日本の一部にある偏狭なナショナリズム」(民団国会議員アンケート)

「韓国は心の中にいつもある国」(2007 聯合ニュース)
―――――――――

白真勲「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」

■在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟 ・(幹事:呼びかけ人)
2008年1月に民主党内に設置された議員連盟である。在日韓国・朝鮮人など「永住外国人に地方選挙権を付与する法案」を通常国会で提出し、実現させることを目的としている。

このように白真勲自身が何度も公言しているとおり、奴は帰化して日本の国会議員になっていても、思考は韓国人のままであることが明白だ。

白真勲は日本の国会議員になって韓国や在日韓国人のために働いているのだから、日本国民は堪ったもんじゃない。


他にも、お地蔵さんに選挙ポスターを貼り付けるなど白真勲の暴挙は留まるところを知らない。
お地蔵さんに選挙ポスターを貼り付けるなど白真勲の暴挙は留まるところを知らない
お地蔵さんに白眞勲ポスター





>有田芳生事務所(03-6550-0416)


有田芳生

有田芳生

有田芳生は、在日韓国人やしばき隊などを散々利用しておいて、その手下が罪を犯して逮捕されると「知らない奴」と切り捨てるのだから、薄情だ。





>神本美恵子事務所(03-6550-1119)


神本美恵子は、岡崎トミ子の友達だ。

神本美恵子は、「戦後補償を考える議員連盟」の副会長を務め、「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」などの法整備を推進しており、慰安婦問題については岡崎トミ子と共に完全に朝日新聞の仲間だ。

神本美恵子

▼神本美恵子▼

2004年12月3日、「被害者とともに『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の早期成立を求める集い」に参加[14]。
2004年12月3日、岡崎トミ子と共にに李容洙を参議院副議長の角田義一や官房長官の細田博之に引き合わせ、李に対する謝罪を実現させた[15]。
2010年4月21日、姜日出を招いた「戦時性的強制被害者問題解決促進法案提出」提出十周年記念集会に参加し、戦時性的強制被害者問題解決促進法案の成立を目指す強い思いを語った[19]。
2013年12月18日、「未来に向けて戦後補償を考える議員連盟」の韓国訪問団の副団長として韓国を訪問(団長は江田五月)。韓国政府女性家族部の趙允旋(チョ・ユンソン)長官と面会し、慰安婦問題について協議した。
2008年8月11日、福岡で開催された集会「アメリカ議会決議1周年を迎えて『慰安婦』問題の解決へ向けいま私たちができること」に参加し、「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」への賛同を訴えた[20]。
2013年12月18日~20日 戦後補償を考える議員連盟の事務局長として岡崎トミ子らと訪韓。韓国女性家族部の趙允旋(チョ・ユンソン)長官と面談し、「河野談話」「村山談話」には根拠があるとの見方を提示した[21][22]。






>福島みずほ事務所(電話03-6550-1111)


福島みずほは、朝日新聞と並ぶ「従軍慰安婦強制連行」を捏造した犯人であり、朝日新聞と同じ歴史偽造の張本人(主犯格)だ。

歴史偽造の犯人が「もの言えぬ社会つくるな」「いまは朝日の応援が大事」などと、朝日新聞を応援するのはインチキだ!


▼1991年8月11日【朝日新聞】植村隆が『「女子挺身隊」の名で日本軍に強制連行された朝鮮人従軍慰安婦が生存している』とスクープ記事▼

朝日新聞・植村隆記事
1991年8月11日【朝日新聞】
日中戦争や第二次大戦の際、「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり
女性は「思い出すと今でも身の毛がよだつ」と語っている。…
女性の話によると、中国東北部で生まれ、十七歳の時、だまされて慰安婦にされた。ニ、三百人の部隊がいる中国南部の慰安所に連れて行かれた。…

植村隆は、義母「梁順任」を日本政府相手の訴訟で勝たせるために、捏造記事を乱発した!

↓ ↓3日後↓ ↓

1991年8月14日、金学順が韓国で実名・顔出し会見【真実を証言】
91年8月14日の実名・顔出し会見

1991年8月15日「ハンギョレ新聞」
(一部抜粋)

生活が苦しくなった母親によって14歳の時に平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)に売られていった。三年間の検番生活を終えた金さんが初めての就職だと思って、検番の義父に連れていかれた所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった

△真実△

1991年12月に補償を請求して提訴。裁判所に提出した略歴。
――――――――――
1924年:吉林省(満州)に生まれる。
1926年(2歳):母と共に平壌(現在の北朝鮮)へ移住 。
1939年(15歳):40円で妓生を養成する学校の養女に、そこから妓生巻番(妓生養成学校)に通う
1941年(17歳):卒業するが年齢が足りず妓生になれず、養父に中国ならお金が稼げるだろうと、養父に連れられ平壌から中国へ汽車で行く。
北京に到着町中で日本軍将校に呼び止められ「朝鮮人だろ、スパイではないか?」と姉さんとトラックに乗せられる。夜中ついた空き家で将校に犯される。翌日、お姉さん共々慰安所に。
――――――――――

東京会見で号泣演技の金学順91年12月
1991年12月、東京会見で号泣演技する金学順
朝日新聞の植村隆は吉田清治のストーリーにそって「女子挺身隊として強制連行された」と明らかに事実と異なる記事を書いたが、福島瑞穂らは訴状に「養父に連れられ北京に到着後、日本軍に呼び止められトラックに乗せられ連れて行かれた」とストーリーを修正した。
朝日新聞の植村隆は吉田清治のストーリーにそって「女子挺身隊として強制連行された」と明らかに事実と異なる記事を書いたが、福島瑞穂らは訴状に「養父に連れられ北京に到着後、日本軍に呼び止められトラックに乗せられ連れて行かれた」とストーリーを修正した

原告団長は粱順任(ヤン・スニム)、原告代理人は、福島瑞穂、高木健一、林和男など(関連記事
ワールドウォッチング(従軍慰安婦) 福島瑞穂弁護士
■動画
ワールドウォッチング(従軍慰安婦) 福島瑞穂弁護士
https://www.youtube.com/watch?v=oTqFF0GJKQ8



http://houdoumimamoru.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-73c6.html
「証言 強制連行された朝鮮人慰安婦たち」は捏造だった。週刊文春2014,4,10より
(一部抜粋)
これらの証言の信ぴょう性を安教授に問うた。

安乗直氏(ソウル大学名誉教授)
「ありえないことを喋っている、、、、(苦笑)。最初に聞き取り調査をした際、日本軍を悪く言う慰安婦は、実は一人としていませんでした。むしろ日本への憧れの気持ちを感じた」

大高未貴(ジャーナリスト)
最初に従軍慰安婦だと名乗りをあげた金学順さんの証言も肝心の部分でたびたび変遷しています。彼女達の証言は、一体どこまで信ぴょう性があるのですか。

安教授
(中略)
「(慰安婦たちは)挺対協と一緒になってワーワーやっているうちに精神的に汚れてしまったんでしょう。以降、どんどん好きな事ばかりしゃべるようになってしまった。その結果、何が何だか解らなくなってー」



社民党・福島瑞穂と元朝日編集委員の松井やより、慰安婦の聞き取り調査で、スタッフが慰安婦に台詞を言わせて演出していた!

http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/38968295.html
社民党・福島瑞穂と元朝日編集委員の松井やより、慰安婦の聞き取り調査で、スタッフが慰安婦に台詞を言わせて演出していた!「河野談話」を出世の踏み台にした「福島瑞穂」社民党前党首 売国の履歴書
週刊新潮2014.7.3号(p31~33)
今は知らん顔で頬かむり!?
「河野談話」を出世の踏み台にした
「福島瑞穂」社民党前党首 売国の履歴書


元慰安婦の証言は裏付けもなく、聞き取りはセレモニーでしかなかった。先頃公表された「河野談話」の検証報告ではそんな驚きの事実が明らかになったが、その偽りの「儀式」を演出した人こそ、福島瑞穂氏(58)だ。彼女が日韓の間に残した傷はあまりにも深い。

 それにしても、「河野談話」のお陰で日本人はどれほど貶められて来たことだろうか。何しろ、世界中で繰り広げられる反日キャンペーンは、この談話をもってして”日本政府も慰安婦の強制連行を認めているではないか”と正当化されてきたのである。

 そう銘打たれた別行の報告書が公表されたのは6月初日のこと。いわゆる従軍慰安婦の強制性を認めたとされる「河野談話」の作成過程が、政府の検証チームによってようやく明らかにされたのだ。

(略)

 報告書を読んだ拓殖大学の藤岡信勝客員教授が言う。
「報告書のポイントは2つあります。ひとつは慰安婦の強制連行がなかったことがより明白になった点です。すなわち、元慰安婦への聞き取りが単なるセレモニーだったということ。2つ目は強制連行がなかったという認識を、当時の政府が持っていたということです」

 この報告書の公開で事実が白目の下に晒されてはならじと思ったのか、韓国が竹島近海で射撃訓練を行うなどの威嚇に及んだのは御存知のとおり。また、朝日新聞も21日に〈もう談話に疑義をはさむのはやめるべきだ〉と逆ギレ調の社説を掲載、河野洋平元官房長官も同日の講演で「強制性はあった」と主張するなど、報告書の公開で立場が悪くなった面々から一斉に反発が起きたのだ。

 ところが、そんな中で、なぜか黙ったままの当事者がいる。慰安婦問題に火をつけ、「談話」にも深く関わった社民党前党首の福島瑞穂氏である。

日韓で”付け火”

 そもそも慰安婦問題が日韓の外交問題になったのは、91年8月、元慰安婦が”挺身隊の名目で連行され従軍慰安婦にさせられた。と名乗り出たことだった。そして12月、日本政府に対し損害賠償訴訟が起こされるのだが、そこに弁護士として参加したのが政治家になる前の福島氏だった。

 「日本の活動家が慰安婦問題に目をつけ、韓国の慰安婦団体を焚き付けた。人権派の高木健一弁護士らがこれに乗り、福島氏も訴状に名前を連ねたのです」

(政治部記者)この問題は、朝日も同年8月11日付で大々的に報じ、 大騒ぎとなる。後に報道はウソだったことが判明するが、それはしばらく経ってからの話。時の宮澤政権は追い込まれ、翌年1月の訪韓では慮泰愚大統領の前で8回も謝罪させられた。さらに92年7月、加藤紘一官房長官が元慰安婦に向けて、
「改めて衷心よりお詫びと反省の気持ちを申し上げたい」
 と談話を発表する。だが、それでも一向に収まる気配がない。福島氏らが日韓をまたいで”付け火”して回ったからだ。彼女はNHKなどに元慰安婦のインタビューを売り込む一方、韓国でも騒ぎまくった。

 だが、その手法は真実を求めるというよりはプロパガンダそのもの。長年、市民運動や女性の人権擁護に関わってきたフリージャーナリストの舘雅子氏が振り返る。

 「私は92年8月にソウルのYMCA 会館で聞かれた『アジア連帯会議』に出席しましたが、それを仕切っていたのが福島さんと元朝日新聞編集委員の松井やよりさん(故人) でした。当日、私は会場内で迷って、ある小部屋に立ち入ってしまったのです」

そこで舘氏は仰天の光景を目撃する。

「お揃いの白いチマチョゴリを着た女性が4、5人いて、日本人と韓国人のスタッフが”ああ言いなさい!こう言いなさい”と一生懸命、振り付けをしているのです。本番の会議でも彼女たちが登壇し、言われた通りに悲劇的な体験と、日本政府に対する怒りを切々と述べているではないですか

 元慰安婦たちは操られている。
舘氏はそう直感したという。

ところが、台湾人の元慰安婦の番になると”日本の兵隊さんは私たちに優しくしてくれました”などと言い出し、ステージの下に控えていた福島氏や松井氏が大慌て。

それ止めて! 止めて!と遮り、それでも止めないとマイクや照明を切ったりして発言を封じ込むのです。タイの女性も”日本の軍隊ばかり叩くな””イギリス兵はもっと悪いことをした” と反発していましたが、福島さんや松井さんが抑え込んでしまいました」(同)


 ハプニング続出出にもかかわらず、会議は日本政府に強制連行の認定と謝罪と補償を求める決議を採択して終わる。そして、具体的なアクションも決められた。

「日本政府への働きかけは2班に分けられ、私たち外部の団体は内閣外政審議室(当時)に対して行い、福島さんや松井さんたちは”河野(洋平)さんのところに持ってゆく!”とはっきり言っていました」(同)

 宮澤改造内閣の立役者として、河野氏が内閣官房長官に就任したのはこの年の12月。そして、翌年7月、政府による元慰安婦の聞き取り調査が開始される。その内容は、昨年同月、産経新聞のスクープで極めて杜撰なものであったことが明らかになっているが、

「聞き取り調査は、ソウル市龍山区にある太平洋戦争犠牲者遺族会の事務所で7月初日から初日まで行なわれました。日本からは内閣外政審議室の審議官らが4人、外務省から1人、そして民聞からも全国人権擁護委員連合会の弁護士と元慰安婦の国家補償を求める訴訟原告団の弁護士も同席したのです」(元ソウル特派員)

 その、同席した原告団弁護士がこれまた福島氏だった。

(略)

今回の報告書にはこう書かれている。

〈河野談話との関係については、聞き取り調査が行われる前から追加調査結果もほぼまとまっており、聞き取り調査終了前に既に談話の原案が作成されていた〉

 93年8月4目、談話が発表されると前出の舘氏は、それを見て驚き、そして合点がいったという。

「私たちが連帯会議の決議を外政審議室に持ち込んだときは、慰安婦の話は全く信憑性がなく身元も不明と門前払いでしたが、『河野談話』には決議そっくりの内容が盛り込まれていたのです。福島・松井チームは官邸に働きかけて主要部分を談話に入れることに成功していたんだ、と改めて感心したものです」

 福島氏は、知名度を買われ、98年の参院選で国政に進出。あれよあれよという聞に、社民党党首にまで上り詰めたのは御存知のとおり。
(以下略)


http://blogos.com/article/45082/
2012年08月17日、池田信夫
慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士

(一部抜粋)

吉田の話に目をつけて日本政府を相手に訴訟を起こそうとしたのが、福島瑞穂氏や高木健一氏などの弁護士で、彼らは韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。そこで見つけたのが金学順で、彼女はNHKにも出演して「親に売られてキーセンになり、義父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と証言した。この話をNHKに売り込んできたのが福島氏で、彼女はスタジオに立ち会って金にせりふを教えていた。目的は、軍票(敗戦で無効になった)で支払われた給与の賠償だった。

しかし朝日新聞の植村記者がこれを(吉田のストーリーにそって)「女子挺身隊として強制連行された」と誤って報じたため、福島氏らは訴状を「軍に連行された」と書き換えた(だから彼女は「強制連行」が嘘であることを知っているはずだ)。その原告団長は植村記者の義母だったが、のちに裁判費用を詐取したとして逮捕され、行方をくらました。



▼「従軍慰安婦強制連行」捏造の犯罪者たち▼

清田治史(9月13日、帝塚山学院大学教授を退職)
北畠清泰(故人)
植村隆(北星学園大学非常勤講師)
市川速水(朝日新聞ゼネラルマネジャー兼東京本社報道局長)

福島瑞穂(社民党の国会議員)
高木健一(弁護士)

_福島瑞穂(社民党の国会議員)、高木健一(弁護士)



【告知】

http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=548
朝日新聞不買デモIN鶯谷
今回実施するのは朝日新聞不買運動のデモです

【日時】
2014年9月20日(土曜日) 
15:30集合16時00分出発

【集合場所】
 鶯谷公園

JR鶯谷を降りて南口改札を出て左折します
降りてまた左折します。
途中、橋から公園が見えます。



■『脱法移民』に日本が壊される
維新政党・新風広島県本部時局講演会

講師:鈴木信行(維新政党・新風 党代表)

日時:平成26年9月21日(日)18:00開始
場所:広島市東区民文化センター(区役所前・広島市東区東蟹屋町10-31)
http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/
【参加費】 無料
【主 催】 維新政党・新風 広島県本部
【問合先】 新風広島県本部事務局(082-556-7810)



http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=582
朝日新聞を許さないデモ!

日時 平成26年9月21日(日) 
集合 12時30分 出発 13時00分

場所 水谷橋公園
東京都中央区銀座1-12-6
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅・銀座線「京橋」駅

問い合わせ 朝日新聞を許さないデモ!実行委員会
prettymaids8@gmail.com

注意事項
旗は日章旗のみでお願いします。




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『マスコミ堕落論-反日マスコミが常識知らずで図々しく、愚行を繰り返すのはなぜか』西村幸祐著(2014/7/15)
『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』 山際澄夫著(2014/1/15)



「物凄い売国奴のオンパレードだ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.