正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201407<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201409
光復節に出席した国会議員・赤松広隆、白眞勲、中川正春、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






日本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員・赤松広隆、白眞勲、中川正春、額賀福志郎(代理)、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂、高木美智代、魚住裕一郎
笠井亮(共産党)、福島瑞穂(社民党)、白眞勲(民主党)
日本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員


日本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員・赤松広隆、白眞勲、中川正春、額賀福志郎(代理)、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂、高木美智代、魚住裕一郎

日本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員・赤松広隆、白眞勲、中川正春、額賀福志郎(代理)、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂、高木美智代、魚住裕一郎
「戦没者追悼式」より韓国民団の「第69回光復節」に出席した自民党の猪口邦子

本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員・赤松広隆、白眞勲、中川正春、額賀福志郎(代理)、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂、高木美智代、魚住裕一郎
日本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員
赤松広隆、白眞勲、中川正春、額賀福志郎(代理)、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂、高木美智代、魚住裕一郎など



▼国賊議員リスト▼
【日本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員たち】


民主党 赤松広隆
民主党 白眞勲
民主党 中川正春
自民党 額賀福志郎(代理)
自民党 猪口邦子
公明党 高木美智代
公明党 魚住裕一郎
共産党 吉良佳子
共産党 笠井亮
社民党 福島瑞穂





▼人物概要▼

●赤松広隆(民主党)
赤松広隆前農水相
早稲田大学で『社青同解放派』
社青同解放派(社会党社青同解放派、革命的労働者協会)は、熾烈な内ゲバや時限発火装置、爆弾、迫撃砲などの武器を用いた過激な武装闘争を実行することで知られ、警察は「極左暴力集団」と呼称している。

ソース:文芸春秋→池田信夫Twitter Dec 8th, 2009

■在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
2008年1月に民主党内に設置された議員連盟である。在日韓国・朝鮮人など「永住外国人に地方選挙権を付与する法案」を通常国会で提出し、実現させることを目的としている。





●白真勲(民主党)
白眞勲(はく しんくん=ベック・ヂンフン)という奴は、民団(在日韓国人)や韓国のために、日本に帰化して国会議員となった韓国工作員だ。

白眞勲は、帰化して日本国籍を取得した後も、新聞やテレビで公然と「我々韓国人」「我々韓国国民」と発言している。

―――――――――
▼白真勲が帰化した(2003年1月)後に述べたこと▼

「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」(2003年、朝鮮日報)

「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」(2003.11.2 TBS サンデージャポン)

「在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」(民団新聞 2004.7.14.)

「日本で外国人参政権が実現しない理由は日本の一部にある偏狭なナショナリズム」(民団国会議員アンケート)

「韓国は心の中にいつもある国」(2007 聯合ニュース)
―――――――――

白真勲「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」

■在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟 ・(幹事:呼びかけ人)
2008年1月に民主党内に設置された議員連盟である。在日韓国・朝鮮人など「永住外国人に地方選挙権を付与する法案」を通常国会で提出し、実現させることを目的としている。

このように白真勲自身が何度も公言しているとおり、奴は帰化して日本の国会議員になっていても、思考は韓国人のままであることが明白だ。

白真勲は日本の国会議員になって韓国や在日韓国人のために働いているのだから、日本国民は堪ったもんじゃない。

2010年の参院選では次のような出来事があった。

石原都知事が激怒、演説中の白真勲コールに「日本人ならルールを守れ!!」
2010年6月24日14時26分 産経新聞

 「日本人ならルールを守れ!!」

 都内で行われたたちあがれ日本の参院選第一声の際、“応援団長”として演説をしていた石原慎太郎・東京都知事が激怒する場面があった。演説中に近くで民主党比例代表候補の白真勲氏に対する「白真勲コール」を聞かされたためだ。

 新宿駅西口の小田急百貨店前で24日午前11時すぎ、たちあがれが演説を開始した。ところが、与謝野馨共同代表の演説中に、100メートルも離れていない京王百貨店前に白真勲氏の宣伝カーが止まり、鈴木寛文部科学副大臣らが演説を始めた。
(以下略)


公党間の約束守らぬ民主党議員!「日本人ならルールを守れ!!」
■動画
たちあがれ日本VS民主 白真勲@新宿西口
http://www.youtube.com/watch?v=APlyq__le7I


他にも、お地蔵さんに選挙ポスターを貼り付けるなど白真勲の暴挙は留まるところを知らない。
お地蔵さんに選挙ポスターを貼り付けるなど白真勲の暴挙は留まるところを知らない
お地蔵さんに白眞勲ポスター





●中川正春(民主党)
中川正春

外国人への参政権付与に賛成

日朝友好議連

パチンコチェンストア協会・政治分野アドバイザー(2011年2月18日当時)

中川正春





●額賀福志郎(代理)(自民党)
「北京オリンピックを支援する議員の会」

社会保障費で「日本経済は沈没」=消費税率の引き上げを-額賀財務相

社会保障費で「日本経済は沈没」=消費税率の引き上げを-額賀財務相
2008年6月29日15時0分配信 時事通信

 額賀福志郎財務相は29日、NHKの番組に出演し、増大する社会保障費について「働く世代にすべて負担を任せたら、日本の経済は沈没する」と述べ、高齢者も含め国民が幅広く負担する消費税率の引き上げで賄うべきだとの考えを示した。その上で「北欧やドイツも消費税は20%前後になっている。その一方で所得税や法人税を下げているのが世界の姿だ」と指摘した。


日韓議員連盟の幹事長

2013年1月、安倍晋三首相の特使として韓国を訪問





●猪口邦子(自民党)
猪口邦子
「北京オリンピックを支援する議員の会」

【外国人材交流推進議員連盟】
町村派(旧森派)を中心とする自民党国会議員80名で構成する議連で、今後50年間で約1000万人の移民受け入れを目指している


2011年4月14日、東日本大震災の復興補正予算が議論される中、復興予算捻出のためのODA削減に反対する超党派の議員連盟のメンバーに名を連ねる。





●吉良佳子(共産党)

8.2 ファシズム潰せ!安倍政権打倒 怒りのブルドーザーデモ
ブルドーザーデモ 共産党、吉良よし子、民主党、有田

凶器準備集合罪 2人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って集合した場合に成立する(刑法208条の3第1項)





●笠井亮(共産党)
笠井亮

「日朝国交正常化推進議員連盟」副会長

北京オリンピックを支援する議員の会
クラスター爆弾禁止推進議員連盟(発起人)
日韓議員連盟
原発ゼロの会(世話人)


【受賞】
朝鮮王朝儀軌還収功労記念品―韓国の団体「朝鮮王朝還収委員会」より






●福島瑞穂(社民党)
福島瑞穂

「日朝国交正常化推進議員連盟」顧問

1991年、12/06にアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件として、35人が慰安婦に対する賠償を求めて日本政府を告訴
原告団長は粱順任(ヤン・スニム)、原告代理人は、福島瑞穂、高木健一、林和男など(関連記事

ワールドウォッチング(従軍慰安婦) 福島瑞穂弁護士
■動画
ワールドウォッチング(従軍慰安婦) 福島瑞穂弁護士
https://www.youtube.com/watch?v=oTqFF0GJKQ8



【政治】福島瑞穂氏「集団的自衛権の行使を認めるということは、政府が、日本の若者に対して、『他国で、人を殺せ』と命ずることです」

http://yukan-news.ameba.jp/20140817-13179/
福島瑞穂氏「戦後ではなく、戦前を迎えている」と憂慮
2014年08月17日 13時21分:アメーバニュース

 社民党副党首の福島瑞穂参議院議員は8月15日、「終戦記念日の決意」というタイトルでブログを更新し、安倍内閣が閣議決定した集団的自衛権の行使容認について、強く批判している。

 戦後69年の間、一切の戦争に参加していない日本だが、福島氏は「日本国憲法9条があったからこそ、自衛隊は、海外で直接人を殺さず、殺されもしなかったのです」と、戦争放棄を宣言した憲法9条の重要性を説いている。

 しかし、安倍政権によって集団的自衛権の行使が容認されたことについて、

「集団的自衛権の行使とは、自国が攻められていないにもかかわらず、戦争をすることです。売られていないケンカを買って、他国で戦争をすることです。集団的自衛権の行使を認めるということは、政府が、日本の若者に対して、『他国で、人を殺せ』と命ずることです。政府が、人を殺せと命じない国から、人を殺せと命ずる国へ。戦争をしない国から、戦争をする国へ」

 と、かなり強いトーンで批判。さらに、「今、私たちは、戦後ではなく、戦前を迎えているのではないか」と、近い内に戦争が起きてしまうのではないかと、警鐘を鳴らす福島氏。

「これ以上戦争犠牲者を生まないように、政治の場面で、国会の内外で、あらゆる場面で、全力を尽くします。できるだけ多くの人と力を合わせます。そのことをすべての戦争犠牲者のみなさんに、お誓いしたいと思います」

 と、日本が戦争に参加しないために尽力すると、その決意を表明している。






●高木美智代(公明党)
朝鮮カルト【創価学会】が支持

●魚住裕一郎(公明党)
朝鮮カルト【創価学会】が支持

本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員・赤松広隆、白眞勲、中川正春、額賀福志郎(代理)、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂、高木美智代、魚住裕一郎
日本の戦没者追悼式より韓国民団の第69回光復節に出席した国会議員
赤松広隆、白眞勲、中川正春、額賀福志郎(代理)、猪口邦子、吉良佳子、笠井亮、福島瑞穂、高木美智代、魚住裕一郎など




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『マスコミ堕落論-反日マスコミが常識知らずで図々しく、愚行を繰り返すのはなぜか』西村幸祐著(2014/7/15)
『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』 山際澄夫著(2014/1/15)



「売国議員を許すな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.