正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201407<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201409
朝日記者の国会招致で意見割れる・次世代の党は要求・東京新聞と毎日新聞は「報道の自由」で反対
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






━━━━━━━━━━
8月6日
フジテレビ
めざましテレビ

8月6日フジテレビめざましテレビ
加藤アナ
朝日新聞が過去のいわゆる従軍慰安婦に関する報道の一部を取り消した事について
自民党の石破幹事長は昨日、国会で検証する必要性に言及しました

8月6日フジテレビめざましテレビ

8月6日フジテレビめざましテレビ

8月6日フジテレビめざましテレビ

8月6日フジテレビめざましテレビ
石破氏は、なぜ十分な裏付けがない記事を今日に至るまで、ずっと正しいものとしてきたのか

8月6日フジテレビめざましテレビ

8月6日フジテレビめざましテレビ
日本の国益の為にも、地域の友好の為にも検証は極めて重要だと述べ、朝日新聞の対応について、国会で議論する可能性に言及しました。

朝日新聞は、昨日付けの朝刊で韓国のチェジュ島で慰安婦を強制連行したとする男性の証言を虚偽だと判断し、記事を取り消すなどとする、検証記事を掲載しました。

━━━━━━━━━━
メイド・イン・ジャパン!



昨日も紹介したが、自民党幹事長の石破茂は、朝日新聞の「従軍慰安婦強制連行」虚偽報道について、朝日関係者を国会招致し、国会で検証することに言及した。(関連記事

朝日関係者の国会招致し、国会で検証することについて、「次世代の党」の山田宏幹事長は、関与した元記者の衆参予算委員会への参考人招致を要求した!

野党幹部「朝日の罪大きい」=元記者の国会招致要求
http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140806/Jiji_20140806X722.html
野党幹部「朝日の罪大きい」=元記者の国会招致要求
時事通信社2014年8月6日 17時51分(2014年8月6日 23時54分 更新)

 日本維新の会の橋下徹代表は6日、朝日新聞が旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる報道に一部誤りがあったと認めた検証記事を掲載したことについて、「強制連行の事実は少なくとも朝鮮半島においてはなかった」と主張した上で、「朝日新聞(の報道)は大問題。罪が大きすぎる」と批判した。大阪市役所で記者団の質問に答えた。

 その一方で、「(検証記事で)保守の政治家が鬼の首を取ったかのように日本を正当化したら完全に誤る」とも指摘した。

 次世代の党の山田宏幹事長も衆院議員会館で記者団に「わが国が負っている国際的非難の原点になった報道だ。韓国国民に感情的な反発心を植え付けた朝日新聞の罪は大きい」と強調。関与した元記者の衆参予算委員会への参考人招致を求める考えを示した。 




「次世代の党」の山田宏幹事長が関与した元記者の衆参予算委員会への参考人招致を要求した一方、民主党の松原仁国対委員長は、国会での検証について否定的な考えを示した。

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140806/Jiji_20140806X700.html
国会検証、コメントせず=朝日誤報問題、民主は否定的―菅官房長官
時事通信社2014年8月6日 12時30分(2014年8月6日 23時53分 更新)

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、朝日新聞が旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる報道の一部に誤りがあったことを認めたのを受け、自民党の石破茂幹事長が国会で報道を検証する可能性に言及したことに関し、「国会で判断することだ。政府としていちいちコメントすることは控える」と言及を避けた。その上で「客観的事実に基づく正しい歴史認識が形成されることを望んでいる」と強調した。

 国会での検証について、民主党の松原仁国対委員長は記者会見で「非常に難しい問題だ。報道の自由は守られるべきだ」と否定的な考えを示した。松原氏は「事実と異なる報道を放置してきた責任は重大」とも指摘した。

 

それに先立ち、東京新聞と毎日新聞も、反対意見をしている。

東京新聞と毎日新聞は、「虚偽報道や捏造報道の自由を侵害するな!」、「虚偽報道や捏造報道の自由を保障しろ!」と主張している!

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014080602000134.html
朝日国会招致「あり得る」 自民・石破氏 報道の自由侵害の恐れ
2014年8月6日 東京新聞朝刊

 自民党の石破茂幹事長は五日、朝日新聞が過去の従軍慰安婦報道を一部訂正したことについて「地域の平和と安定、隣国との友好、国民の感情に大きな影響を与えてきたことだから、議会の場での検証も必要かもしれない」と指摘。同社関係者の国会招致に関し「地域の新しい関係を構築していくために有効であるとすれば、そういうこともあり得る」と述べた。

 報道内容をめぐり、記者らを証人や参考人として国会に招致するのは、極めて異例。政府や与党に都合の悪い報道をするマスコミをけん制する手段として悪用されれば、「報道の自由」が侵害される恐れがあるためだ。党本部で記者団の質問に答えた。

 石破氏は「なぜ十分な裏付けが取れない記事を、ずっと正しいものとしてきたのか」と同社を批判。記事の検証は「報道に基づいて日本に怒りや悲しみを持っている国、特に韓国に対する責任だ」と主張したものの、関係者の国会招致は「私が(招致を)するべきだと言っているのではなく、わが党の現場の担当者がどのように判断するかにかかっている」と、慎重に対応する考えを示した。



http://mainichi.jp/select/news/20140806k0000m040132000c.html
慰安婦問題:国会での朝日記事検証…何を検証するのか
毎日新聞 2014年08月06日 00時25分(最終更新 08月06日 01時36分)
慰安婦問題 国会での朝日記事検証…何を検証するの

 自民党の石破茂幹事長が従軍慰安婦に関する報道の誤りを認めた朝日新聞の記事を受けて、国会での検証や報道の責任に言及したことは、報道の自由と政治の関係を巡って論議を呼びそうだ。

 石破氏は従軍慰安婦について「国民も非常に苦しみ、そしてまた国際的な問題ともなっている」と述べた。当時の慰安婦報道全体に問題があったかのような言い方だが、そもそも政府は6月、慰安婦への旧日本軍の関与を認めた1993年の「河野談話」について、有識者を集めた検証の結果、談話の継承を確認したばかりだ。

 さらに記事を読んだ感想として「真実を明らかにしなければ、この先の平和も友好も築けない」「社会の木鐸(ぼくたく)、公器たる新聞が十分な裏づけも取れないままこういうことをやったのかについて、疑問が氷解したわけではない」とまで踏み込んで、国会による報道の検証の必要性を示唆した。

 だが本来、報道の内容には、報道機関自身が責任を持つべきだ。ジャーナリズム論を専攻する小黒純・同志社大大学院教授は「今回の報道について国会で検証するようなことがあるとは思えない。政治的に利用しようとしているのを感じる」と話す。

 安倍政権が発足してから、地方紙の報道に対して防衛省が監督権限のない日本新聞協会に申し入れをするなど、報道に対して政治が口を出す場面が目につく。

 民主主義社会で、報道の自由が保障されなければならないのは言うまでもない。【青島顕】



>東京新聞
>報道内容をめぐり、記者らを証人や参考人として国会に招致するのは、極めて異例。政府や与党に都合の悪い報道をするマスコミをけん制する手段として悪用されれば、「報道の自由」が侵害される恐れがあるためだ。

>毎日新聞
>自民党の石破茂幹事長が従軍慰安婦に関する報道の誤りを認めた朝日新聞の記事を受けて、国会での検証や報道の責任に言及したことは、報道の自由と政治の関係を巡って論議を呼びそうだ。
>…
>民主主義社会で、報道の自由が保障されなければならないのは言うまでもない。



東京新聞や毎日新聞は、「虚偽報道や捏造報道の自由を侵害するな!」、「虚偽報道や捏造報道の自由を保障しろ!」と言っている。

しかし、虚偽報道や捏造報道の自由などあるわけがない。


嘘吐き爺の嘘を「事実」としてそのまま垂れ流し、その後もずっと嘘吐き爺の虚偽の作り話を事実の根拠として繰り返し報道した。


■動画
朝日が作った歴史
https://www.youtube.com/watch?v=EoAmItpLGuE



「朝日関係者を国会招致し検証せよ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.