正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201404<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201406
片山祐輔が反原発妄韓左翼レイバーネットTVに出演、冤罪と決め付け!一転「私が真犯人」再び勾留
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




【PC遠隔操作事件】片山祐輔被告がサヨク組織レイバーネットと繋がっていた件 2014年5月20日

【PC遠隔操作事件】片山祐輔被告がサヨク組織レイバーネットと繋がっていた件 2014年5月20日
反原発、親韓妄韓、占領憲法マンセーの反日左翼「レイバーネット」のTV放送「PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く」(5月14日)では出演者全員が【冤罪】と決め付けていた。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140520/t10014588041000.html
無罪主張が一転「私が真犯人」再び勾留
5月20日 17時56分、NHKニュース
無罪主張が一転「私が真犯人」再び勾留20140520NHK

パソコンの遠隔操作事件で、これまで無罪を主張してきた元会社員、片山祐輔被告が一転して「私が真犯人で、一連の事件はすべて自分の犯行だ」と認めました。
片山被告は保釈を取り消され、20日午後、東京拘置所に勾留されました。

パソコンの遠隔操作事件では、インターネット関連会社の元社員、片山祐輔被告(32)が威力業務妨害などの罪に問われていて、ことし3月に保釈され、裁判では一貫して無罪を主張してきました。
しかし、弁護団によりますと、19日夜、片山被告が一転して「私が真犯人です」と述べて一連の事件はすべて自分の犯行だと認めたということです。
片山被告は保釈を取り消され、20日午後1時すぎ、再び東京拘置所に勾留されました。

弁護を担当している佐藤博史弁護士によりますと、片山被告は今月16日に真犯人を名乗る人物から報道機関などに送られたメールを自分が送ったことも認めているということです。
そして、メール送信に使った携帯電話を河川敷に埋める様子を捜査員に目撃されていたことを知り、これ以上言い逃れできないと考えて、みずからの関与を弁護士に打ち明けたということです。

一連の事件では、無関係の男性4人が誤って警察に逮捕されましたが、片山被告は「大変申し訳ないことをした」と謝罪のことばを口にしたということです。
ただ、そのときの印象について佐藤弁護士は「通りいっぺんのことばで済む話ではなく、どこまで心から反省しているのか分からない。愉快犯的なところがあり、どこまでリアルなものとしてイメージできているか分からない」と話しています。

今後の裁判については「みずからの関与を洗いざらい話すべきだ」と伝えたところ、片山被告は了承したということで、これまでの無罪主張を撤回し、起訴された内容をすべて認める方針だということです。
片山被告の次の裁判は22日に予定されていて、改めて被告に認否の確認が行われる見通しです。
これまで一貫して無罪を主張してきた片山被告がどのようなことばで事件への関わりを説明するのか注目されます。

■弁護士に「自分が犯人でした」

佐藤博史弁護士は会見で片山被告が犯行を認め、再び身柄を拘束をされるまでのいきさつを詳しく説明しました。

片山被告は19日、真犯人を名乗る人物から報道機関などにメールが送られたことを受け、午後2時に弁護団とともに裁判を打ち切るよう求める会見を開く予定でした。
しかし、午前10時すぎにメールを送ったのは被告自身だとみて捜査当局が調べているとの報道を佐藤弁護士から電話で伝えられたあと連絡が取れなくなり、午後2時の会見の場にも現れませんでした。

再び連絡が取れたのは19日午後9時半ごろでした。
片山被告から佐藤弁護士に電話があり、この中で「先生、すみません。自分が犯人でした」と一連の事件が自分の犯行だったと打ち明けたということです。
この電話の中で、片山被告は真犯人を装ったメールを送った携帯電話を河川敷に埋めたのを把握されていることを知り「もうだめだと思い自殺を考えている」と伝えました。
佐藤弁護士は被告が連絡を絶っていた日中に都内の公園や山の中などをさまよい歩き、首をつったり電車に飛び込もうとしたりして死のうとしたが死にきれなかったと話したため思いとどまるよう説得を続けたということです。

片山被告は東京・新宿区のホテルに泊まって一夜を過ごし、20日午前7時すぎに迎えに来た佐藤弁護士と落ち合ったということです。
その後、港区内の弁護士事務所に移動して、これまで隠していた一連の犯行の詳細について佐藤弁護士に説明したということです。
そして、午前10時すぎに身柄を拘束するため事務所に来た東京地検の検事に「すみません」と話し、改めて自分が真犯人だと認めたということです。

■捜査員の行動確認が決め手に

今回、片山被告による「真犯人メール」の自作自演が発覚する決め手となったのは、警視庁の捜査員による行動確認でした。
弁護士によりますと、片山被告も荒川の河川敷に携帯電話を埋めたことについて「まさか警察に掌握されていると思わなかった。そのことで犯人と名乗ることになってしまった」と話していたということです。

保釈中の片山被告が不審な行動を取ったのは今月15日。
遠巻きに片山被告を見ていた捜査員が、江東区の自宅から東に4キロほど離れた荒川の河川敷に向かったのを確認しました。
およそ2時間にわたって河川敷に留まり、何かを埋める姿が確認されたということです。
片山被告の不審な行動を把握した警視庁は、通りがかりの人が地面を掘り起こさないように監視する措置を取りました。

翌日の午前11時37分、ちょうど片山被告が裁判に出廷中に報道各社などに真犯人を名乗るメールが届きます。
片山被告が何らかの行動を起こしたと考えた捜査員が、片山被告がいた場所を確認したところ地面に穴が掘られ、透明な袋に入った携帯電話が埋められているのが見つかったということです。
携帯電話を解析したところ、メールと同じ文面が全文残され、送信した形跡もあるのが確認されました。

片山被告は、自分の一連の行動を捜査員が目撃したことなどが報道されたことを知り、「もはや言い逃れができないと思った」と説明しているということです。
警視庁と東京地検もメールを送信したのは片山被告本人と判断し、20日、保釈の取り消しに発展しました。

■「事件全体の検証を」

一連の事件の取材を続けてきたジャーナリストの江川紹子さんは「きょうの展開はびっくりした。片山被告がなぜみずから新たにメールを送るような稚拙な行動に出たのか疑問に思う。被告自身も自分の心がコントロールできていないと思うので、彼の心の状態も含め、今後、しっかりと解明してほしい。また、被告が有罪になっても警察によって誤って逮捕された人が出た事件であることは変わらないので、今後、一連の事件全体を検証してほしい」と話しました。
さらに「私は有罪と無罪の両方の情報が必要だと考え、これまで意識的に片山被告の無罪につながるような情報も発信していたが、バランスを欠いていた部分があったかどうか今後考えたい」と話しました。



片山祐輔が行った一連の事件では、無実の4人が誤って警察に逮捕された。

警察にも問題があったが、真犯人の片山祐輔は厳罰に処されなければならない!

先週、この一連の卑劣な犯行に及んだ極悪人・片山祐輔について、なぜか「冤罪」と決め付けて、警察や検察などをボロクソに批判していた集団があった。

反原発、親韓・妄韓、占領軍の押付憲法マンセー、反日左翼の「レイバーネット」だ。

レイバーネット

http://www.labornetjp.org/news/2014/0514shasin
写真速報 : レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く
2014年5月14日、レイバーネット
写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

PC遠隔操作事件の被告として裁判中の片山祐輔さんが、5月14日レイバーネットTVに出演し、自らの潔白を語った。2013年3月の突然の家宅捜査・逮捕。「警察がどかどかっと入ってきた。寝耳に水だった。警察官に“会いたかったよ”と言われ驚いた」「マスコミはひどかった。尾行や盗撮までされた。一人で回転寿しを食べただけで“孤独で鬱屈したオタク”と書かれた」「拘置所の一年は長かった。早く出たい、早く出たいという気持ちだけだった」。

警察・検察・マスコミに追いつめられた片山さんだったが、佐藤博史弁護士らの強力な後押しもあって、検察の主張を押し返している。事件の核心について片山さんは「私はプログラマーだが、事件に使われた遠隔操作ウィルスをつくるプログラミング言語のC#(シーシャープ)は使っていない。派遣会社のPCでウィルスをつくったことになっているが、仕事中にやれるはずもない」と明確に否定した。

警察がどんな手口で「自白」をとるのか、佐藤博史弁護士が今回の事件で実際にあったことを話した。最初に誤認逮捕された人は、警察の言うことを信じてしまった父親が容疑者の息子を説得して「自白」させている。その後、それがまったくの誤認であることがわかり、親子の信頼関係が完全に崩れてしまったという。

また片山さんの場合も、母親に検事が「マスコミから守ってやるから」と近づき、家の鍵まで預かった。また「もし息子が犯人なら世間にお詫びし、親子の縁を切ります」という調書を持ってきてサインするよう迫ったという。どんな汚い手を使っても、一度犯人と疑えば、徹底的に追いつめる警察のやり方が浮かび上がってきた。


↓特集「PC遠隔操作事件~ズバリ!片山祐輔さんに聞く」
写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

↓図解でわかりやすく事件を説明
写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

↓PCに詳しいレイバーネット技術部・安田幸弘さんもコメント
写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

↓ツイッターコメントも多かった
写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

↓ジョニーと乱のほっとスポット。ジョニーHの歌「或る日突然逮捕」
写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

↓乱鬼龍のきょうの一句
写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く

(反原発)写真速報 レイバーネットTV放送~PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く


■You Tube動画
レイバーネットTV第69号「PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く」
https://www.youtube.com/watch?v=g2BFdxhOI1o
■ustream動画
レイバーネットTV第69号「PC遠隔操作事件 ズバリ!片山祐輔さんに聞く」
http://www.ustream.tv/recorded/47557320



【PC遠隔操作事件】片山祐輔被告がサヨク組織レイバーネットと繋がっていた件 2014年5月20日

↓2日後↓

http://www.labornetjp.org/news/2014/0516enkaku
PC遠隔操作事件「真犯人」を名乗る人物が各社にメール~レイバーネットTVがきっかけ
2014年5月16日、レイバーネット
PC遠隔操作事件「真犯人」を名乗る人物が各社にメール~レイバーネットTVがきっかけ

5月16日、PC遠隔操作事件にからみ「真犯人・小保方銃蔵」を名乗る人物からマスコミ関係者25名にメールが届いた。内容を落合洋司弁護士がブログ(写真)で明らかにしたが、冒頭はこうだ。「あ。真犯人です。お久しぶりですね^^何でこのタイミングで登場かというと、片山氏が報道ステーションやレイバーネットに出てるのを見てかわいそうになったからです。特にレイバーネット、片山氏のサイト閲覧傾向を見てるとよくいるネラーのネトウヨだと思ってたんですが、あんな赤くて香ばしい、ハングルハチマキの人たちに祭り上げられているとは…本人も相当不本意だろうなーって。有罪判決が出たら、誤判した地裁をm9(^Д^)プギャーした上で助けてあげる予定だったんですが、保釈されてしまった上に、弁護団が最強っぽいので無罪出そうな空気…地裁は保釈却下して高裁でひっくり返されるという恥をかいたみたいですし、もういいかな、と」。メールの真偽は不明だが、われわれとしても事態を注視していきたい。(レイバーネットTVプロジェクト)

*追記 : 「読売新聞」によれば、弁護団は「真犯人からのメールに間違いなく、被告の無罪は明らかだ」とし、記者会見した片山被告は「自分がメールを出すことはできず、自作自演はあり得ない」と述べた。







「レイバーネット」は、反原発、親韓・妄韓、占領軍の押付憲法マンセー、反日左翼の労働運動情報提供サイト▼

http://www.labornetjp.org/news/2014/1398008327079staff01
写真速報:「なかよくしよう!」は街の声~日韓友好東京パレード

4月20日、日曜日の午後、東京・新宿の街に「なかよくしよう!」「日韓友好!」の声が、日本語・韓国語で響きました。
写真速報:「なかよくしよう!」は街の声~日韓友好東京パレード

この日のパレードは、韓国のソウルで同時刻に開催された「NO!RACISM 韓日友好ソウルパレード」に連帯して行われました。韓国の「日韓なかよくしようぜ会」からは「日本の反韓デモなどの人種差別に反対し、隣国同士の友好と親善を心から願う市民たちの声を伝えるために行う」ことが伝えられていました。
写真速報:「なかよくしよう!」は街の声~日韓友好東京パレード

写真速報:「なかよくしよう!」は街の声~日韓友好東京パレード

「在日特権」というありもしないデマをながし、民族差別をあおる人々。憎悪をかきたて人の心を傷つけるヘイトスピーチ。パレードを主催した「差別反対東京アクション」は、毎週月曜日午後7時から都庁前で、ヘイトスピーチをやらせないよう行政の対応を求める アピール行動をおこなっているとのことです。(尾澤邦子)

写真速報:「なかよくしよう!」は街の声~日韓友好東京パレード

写真速報:「なかよくしよう!」は街の声~日韓友好東京パレード



http://www.labornetjp.org/news/2014/0516takahata
「原子力ストップ」グッズを掲げて~5.16官邸前抗議に参加した「よそものネット・フランス」
2014年5月16日、レイバーネット
(本文略)

「原子力ストップ」グッズを掲げて~5.16官邸前抗議に参加した「よそものネット・フランス」

「原子力ストップ」グッズを掲げて~5.16官邸前抗議に参加した「よそものネット・フランス」



http://www.labornetjp.org/news/2014/1400202834661staff01
「週刊金曜日」ニュース~続・浜通りエコツアーガイドブック
2014年5月16日、レイバーネット

<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2014.5.16
『週刊金曜日』

(一部抜粋)

★愛国者の憂鬱
坂本龍一・鈴木邦男 、1470円、 四六版並装 336頁
ISBN: 978-4-906605-95-8
http://www.kinyobi.co.jp/publish/publish_detail.php?no=3074

「世界のサカモト」と新右翼の論客が激突!!

脱原発から「日の丸・君が代」、ヘイトスピーチ、憲法問題、天皇制。
あるいは三島由紀夫、高橋和巳、小田実などの文豪。
そして音楽の起源まで、2人は徹底的に語り尽くした。
本誌掲載時から大きな反響を呼んだ対談に大幅加筆しての単行本化。



━━━━━━━━━━
●当ブログ関連記事
NHKが反日集会で右翼語る
『プロジェクトJAPAN』の鎌倉英也ディレクターが反日左翼団体「レイバーネット」の会に出席し「右翼の圧力の実態」??について語る
(゜Д゜)ハァ?
いい加減にしろ!犬HK!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/40259512.html
(一部抜粋)

番右(短足)がNHKの反日極左ディレクター鎌倉英也。ノモンハン戦争、アウシュビッツ、南京大虐殺、在日朝鮮人など人権関係の番組を制作。2008年11月7日第8回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞贈呈式
番右(短足)がNHKの反日極左ディレクター鎌倉英也。ノモンハン戦争、アウシュビッツ、南京大虐殺、在日朝鮮人など人権関係の番組を制作。2008年11月7日第8回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞贈呈式
一番右(短足)がNHKの反日極左ディレクター鎌倉英也。ノモンハン戦争、アウシュビッツ、南京大虐殺、在日朝鮮人など人権関係の番組を制作。2008年11月7日第8回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞贈呈式

(略)

このようにNHKは、私の抗議文書には返事を寄越さず、「日本李登輝友の会」からの公開討論会の申し入れは拒否したにもかかわらず、反日左翼団体「レイバーネット」主催の会には出席して「右翼の圧力の実態」??について語る。

これは明らかに公正・中立を確保すべき公共放送NHKにあるまじき行為だ!

━━━━━━━━━━


以上のとおり、一連の卑劣な犯行に及んだ極悪人・片山祐輔は、反原発、親韓・妄韓、占領軍の押付憲法マンセー、反日左翼「レイバーネット」とつながり、冤罪と決め付けて祝杯をあげていた。


「妄韓左翼のレイバーネット、赤恥ザマァ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.