FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201404<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201406
太田昭宏「平昌五輪協力する」韓国訪問・支那のスパイ・皇居で天皇陛下がお辞儀する前で仁王立ち!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




天皇陛下がお辞儀しているのに仁王立ち。さすが創価学会(朝鮮カルト)です
皇居において、天皇陛下がお辞儀する前で、お辞儀せずに仁王立ちのままの男がいる。画像


http://www.mlit.go.jp/report/interview/daijin140509.html
太田大臣会見要旨

2014年5月9日(金) 9:30 ~ 9:54
国土交通省会見室
太田昭宏 大臣


4月26日~30日にかけましてモンゴルと韓国を訪問し、政府要人と会談を行いました。

(以下、大臣の会見より抜粋)

韓国におきましては、文化体育観光部長官、国土交通部長官等と会談を行いました。
会談におきましては、日韓国交正常化50周年を契機として、観光交流拡大実行計画の策定、並びに2018年に平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックがありますけども、この平昌(ピョンチャン)冬季及び東京オリンピック・パラリンピックに向けた日韓共同観光マーケティングの準備の開始、そして国土交通分野での共通な課題を解決するための当局間協議の推進、さらに国際機関における両国の共同歩調の強化、これらについて意見が一致したところです。

今回の出張により、インフラ整備であるとか、あるいは観光交流との面でモンゴル、そして韓国両国との間の相互理解が深まったものと考えております。

太田昭宏 国交相

太田昭宏国土交通相は、韓国の劉震龍文化体育観光相などと会い、観光交流拡大実行計画の策定と、2018年平昌冬季オリンピックへの協力を約束した!

太田昭宏国交相は、ソウルを訪問中の記者会見でも「2018年の平昌冬季五輪に協力し、双方の観光客増加に取り組んでいく」と強調していた。

「勝手なことを言うな!」と言いたい!

韓国は敵国だ!


韓国は、日本を侵略し、多数の日本人漁民を殺傷し、日本の領土(竹島)を不法占拠し、そこに大統領までもが不法上陸し、挙げ句の果てには天皇陛下にまで土下座謝罪要求し、今もなお世界中で異常なまでの反日活動(慰安婦像、旭日旗反対など)を展開するなど、世界で最も日本に敵対している国だ。

そんな敵国との観光客増加計画策定や平昌冬季五輪への協力など売国行為以外の何ものでもない。

昨日の当ブログ記事では、韓国人の9割が「韓日両国が互いに助け合い、協力し合う関係に発展していくべき」と答えている韓国での世論調査について述べた。

しかし、「日韓の助け合い」とか「日韓協力」などというものは現実的には存在せず、それ即ち「日本から韓国への一方的な援助」=「韓国の日本への寄生」を意味する。

今回、太田昭宏国交相の韓国訪問によって、「日韓国交正常化50周年を契機として、観光交流拡大実行計画の策定、並びに平昌冬季及び東京オリンピック・パラリンピックに向けた日韓共同観光マーケティング」の合意が成されたが、特に五輪に関しては東京五輪で日本が韓国から協力される必要など全くなく、結局は日本から韓国への一方的支援となること間違いない。




5月8日付当ブログ記事でも述べたとおり、今年になって韓国では、塩田などで障害者らが、無報酬で強制労働させられていた「奴隷事件」が発覚!

韓国が障害者を奴隷扱いする国であることがが世界中に知れ渡り、世界中から「そんな国でパラリンピックが開けるか!」との批判が巻き起こっている!

平昌冬季五輪なんて論外 奴隷売買も発覚で猛バッシングの朴槿恵政権
【国際】2018年に韓国で行われる平昌冬季五輪が、開催の危機に・・・「障害者強制労働国でパラリンピックが開けるか!」と世界中から批判

http://wjn.jp/article/detail/8401203/
平昌冬季五輪なんて論外 奴隷売買も発覚で猛バッシングの朴槿恵政権
掲載日時 2014年04月20日、週刊実話

 '18年に韓国で行われる平昌冬季五輪が、開催の危機に瀕している。同国の塩田などで障害者らが、無報酬で強制労働させられていた「奴隷事件」が発生。世界中から「そんな国でパラリンピックが開けるか!」との批判が巻き起こっているのだ。
 全国紙のソウル特派記者がこう明かす。
 「事件発覚は今年1月。強制労働させられていた視覚障害者の男性が助けを求める手紙を送り、母親が警察に届けて2人が救出された。事態を重く見た朴槿惠大統領が一斉捜査を指示したところ、100人前後の被害者が救出され、19人の事業者が立件されたのです」

 ソウル警察によれば、ホームレスや職業安定所に登録している障害者たちに、「いい仕事がある」などと人買いが言葉巧みに近づき、3万~10万円で塩田の経営者らに人身売買していたというのである。
 「買われた障害者らは食事こそ与えられたものの、無報酬で朝から晩まで睡眠時間5時間程度で強制労働。視覚障害者は『怠けている』と罵倒され、角材や鉄パイプで殴打された。骨折した知的障害者は治療を受けられず足を切断。鞭で打たれ、『逃げたら殺す』と脅された者もいたそうです」(前出の特派記者)

 障害者たちが働かされていた地域は韓国南西部の島で、交通網は船のみ。周囲の眼が届きにくかったのが原因とされるが、この事件発覚で五輪開催が危ぶまれているのである。
 韓国事情通が指摘する。
 「もともと韓国は儒教の国。身分階級の伝統があり、障害者に対する差別意識がいまだに凄まじいのです。例えば、障害者の車イスをわざとひっくり返して嘲笑するような教員もいる。今回の事件はそんな社会風土が生んだ犯罪だが、自ら徹底調査を指示した朴大統領は、事件の暗部が明らかになるにつれ、頭を抱えているという。事件が世界的に報じられたことで、パラリンピックを開催しても、ボイコットする国が続出しそうな雲行きなのです」

 もはや韓国の威信は大崩壊。慰安婦問題を非難する前に、襟を正すべきだ。







公明党の太田昭宏が国土交通大臣に就任していることによって、現在、南シナ海などで発生している領土問題、領海問題及び領空問題などにおいても、大きな支障を来たしている!

例えば、昨年11月23日、支那が全日空や日本航空などに対して、一方的に尖閣諸島上空を含む防空識別圏の設定を通告してきた。
2013年11月支那が設定した防空識別圏

その際に、全日空と日本航空は、翌々日の11月25日に支那当局に対して飛行計画書を通知してしまった。
2013年11月25日、全日空と日本航空は、支那が設定した防空識別圏を通過する台湾行きなどの航空機について、支那当局に飛行計画の提出を始めた

しかし、尖閣諸島は日本の固有の領土であり、その領空を通る日本の民間航空機が、支那の許可を得るのはおかしい。

そのことを知った安倍晋三首相は、航空行政を管轄する太田昭宏国交相に対して、「全日空と日本航空の行為を直ちに止めさせるように!」と指示した

すると、太田昭宏国交相は、「総理、それって一体、何のことでしょうか?」と質問した。

国交相である太田昭宏は、事態を全く把握していなかったのだ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37748?page=7
習近平は本気で日本の航空機を撃墜するスクープレポート すわ、米中開戦か
2013年12月09日 週刊現代
(一部抜粋)
(前略)
■現在の戦局を読む

だが、こうした行為に誰よりも激昂したのが、安倍晋三首相だった。「尖閣諸島は日本の固有の領土であり、その領空を通る日本の民間航空機が、なぜ中国の許可を得なければならないのか」というわけだ。

官邸関係者が明かす。

「中国が防空識別圏の設定を発表した翌24日朝に開かれた閣議で、安倍首相は、航空行政を管轄する太田昭宏国交相に対して、『全日空と日本航空の行為を直ちに止めさせるように』と強い口調で迫りました。すると太田国交相は、『総理、それって一体、何のことでしょうか?』と聞き返したのです」

つまり、安倍首相に指摘された時点で、担当大臣が事態をまったく把握していなかったのである。外交関係者が続ける。

「この回答に、いよいよ怒りが沸騰した安倍首相は、『もういい、官邸主導でやる!』とブチ切れて、菅義偉官房長官に解決を命じました。そこで菅長官は、米村敏朗内閣危機管理監を通じて、同日午後、全日空と日航の幹部を直接、官邸に呼びつけ、中国当局への計画書提出をストップさせたのです」

この官邸関係者によれば、その後、菅官房長官は国交省幹部から事情聴取したという。

「その結果、国交省幹部は、『中国関係の重要案件を大臣に上げると、すぐにアチラへ筒抜けになるリスクがあります』と説明したというのです。アチラとは、東京・六本木にある中国大使館のことです。

程永華大使は、創価大学の第1期中国人留学生三人のうちの一人で、非公式の場で『池田大作先生が私を育ててくれた』と漏らすような人物です。当然ながら、太田大臣とは、心置きなく話せるポン友です」

周知のように安倍政権は、自民党と公明党の連立政権である。すなわち、中国共産党の友党である公明党が与党内にいることで、そのデメリットが出始めているというのだ。

(以下略)

太田昭宏国土交通大臣

>「中国が防空識別圏の設定を発表した翌24日朝に開かれた閣議で、安倍首相は、航空行政を管轄する太田昭宏国交相に対して、『全日空と日本航空の行為を直ちに止めさせるように』と強い口調で迫りました。すると太田国交相は、『総理、それって一体、何のことでしょうか?』と聞き返したのです」
つまり、安倍首相に指摘された時点で、担当大臣が事態をまったく把握していなかったのである。



これですぐに辞めさせなかったことは、非常に問題だ。




>「その結果、国交省幹部は、『中国関係の重要案件を大臣に上げると、すぐにアチラへ筒抜けになるリスクがあります』と説明したというのです。アチラとは、東京・六本木にある中国大使館のことです。
>程永華大使は、創価大学の第1期中国人留学生三人のうちの一人で、非公式の場で『池田大作先生が私を育ててくれた』と漏らすような人物です。当然ながら、太田大臣とは、心置きなく話せるポン友です」



日本の尖閣諸島について、対日強硬発言を繰り返している支那の程永華駐日大使は、創価大学のOBだ!

程永華は2012年に、創価大学名誉博士にもなっている!
支那の程永華駐日大使は「創価大学」のOB 「池田大作」創価学会名誉会長が中国から貰った「駐日大使」というお年玉(週刊新潮2010年1月21日号)
「池田大作」創価学会名誉会長が中国から貰った「駐日大使」というお年玉(週刊新潮2010年1月21日号)

太田昭宏国交相がこの程永華駐日支那大使に日本の機密情報を漏えいしていることは、想像に難くない。

支那と戦争が始まるかもしれない時に、支那のスパイを国交相にしていてはいけない!

公明党の太田昭宏国交相を急いで辞任させるべき!






さて、冒頭に掲載した画像の【皇居において、天皇陛下がお辞儀する前で、お辞儀せずに仁王立ちのままの男】だが、皆様も「そうか、そうか」と、もうお分かりだろう。

皇居において、天皇陛下がお辞儀する前で、お辞儀せずに仁王立ちのままでいた男は、太田昭宏だ!

朝鮮人の成太作(ソン・テチャク、池田大作)に対しては土下座するが、天皇陛下に対してはふんぞり返るのが、公明党議員(創価学会員)の正体だ!

【twitterの反応】皇居で天皇陛下がお辞儀する中、お辞儀せずに仁王立ちの男くっそワロタwwwちゃんとお辞儀しろw
ブログ「ば韓国いい加減にしろ速報」の詳細記事【twitterの反応】皇居で天皇陛下がお辞儀する中、お辞儀せずに仁王立ちの男くっそワロタwwwちゃんとお辞儀しろw



「中国を捨てよ」石平著, 西村 幸祐著(2014/4/20)


「太田昭宏は国交相失格!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:安倍内閣 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.