FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201306<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201308
「日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立った」高知新聞の嘘・反マスコミデモ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




東京反マスコミデモ20130728
【7/28(日) 東京 反マスコミデモ】

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=305562&nwIW=1&nwVt=knd
小社会
2013年07月27日07時53分、高知新聞

米びつに詰まったお米の中に手を差し入れると夏でもひんやりと感じる。しかし、宮本輝さんの小説「泥の河」に出てくる少女、銀子は「お米、温(ぬく)いんやで」と言う。

舞台は1955(昭和30)年の大阪。川舟の上で母親と弟と暮らす彼女は、米びつに手を入れて温もっているときが一番幸せだと友達に打ち明ける。

この翌年、経済白書は「もはや戦後ではない」と宣言したが、敗戦の影を引きずる庶民の暮らしは貧しかった。食べ物があるというだけで心まで温められる。飽食日本にもそんな時代があったことを、銀子の言葉は思い出させてくれる。

泥の河が描いた貧しさから、日本は高度経済成長を経て大きく変貌する。契機となったのが朝鮮戦争による特需だ。日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立ったものとも言えよう。さかのぼればそれは日本の植民地支配の歴史にもつながる。

53年に朝鮮戦争の休戦協定が結ばれてからきょうで60年。米国には「忘れられた戦争」とする風潮さえあるようだが、戦争は終結していない。分断国家という冷戦の「遺物」をこの先も解消できないのなら、国際社会の敗北と言うしかあるまい。

北朝鮮は朝鮮戦争の勝利を祝う軍事パレードを行うという。独裁国家の愚かしさを見せられるのはやり切れないが、その陰でお米の温もりを求め続ける子どもたちがいる。それも忘れてはならないことだ。


高知新聞本社(高知新聞放送会館)
高知新聞本社(高知新聞放送会館)

>日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立ったものとも言えよう。


ハァ?

高知新聞は、何を言いたい?

高知新聞は、「朝鮮を南北に分断した民族の悲劇」がなければ、日本の繁栄はなかった】と言いたいのか?!

日本や韓国には、【朝鮮戦争(1950年6月25日 - 1953年7月27日休戦)による特需、いわゆる「朝鮮特需」がなかったら、日本は戦後復興できなかった】という主張がある。

本当にそうだろうか?

結論から言うと、日本は朝鮮戦争がなくとも戦後復興を果たせた!

朝鮮戦争が日本の戦後復興を少し加速させたことは事実だが、日本は時間をかけていずれ復興できた。



まず、「朝鮮特需」がどれくらい日本の需要となったかを数字を用いて分析してみよう。

朝鮮戦争が勃発した1950年の日本のGDPは、18兆円超だった。

▼ソース▼
http://www.geocities.jp/kingo_chuunagon/kikaku/kokuryoku.html
「世界経済の成長史1820~1992年」(Angus Maddison)

▼計算式▼
156,546 (単位:100万1990年国際ドル)(1990年国際ドル≒120円)
156,546百万1990年国際ドル=18兆7千8百億円=187,855億円



一方、朝鮮戦争による「朝鮮特需」は、3年間で10億ドルと言われており、当時は1ドル360円だったので円換算で約3600億円となり、1年平均1200億円となる
▼ソース1▼
ウィキペディア
その額は1950年から1952年までの3年間に特需として10億ドル

▼ソース2▼
PDF「朝鮮戦争と日本」芦田茂(P116)
50年(昭和25年)7月~51年(昭和26年)6月の間の特需契約高は、約3億2,900万ドル
→約3億2,900万ドル≒913億8889万円


▼計算式▼
1200億円÷187,855億円=0.0063=0.6%


つまり、朝鮮特需は、日本のGDPが約18兆7800億円だった時代に、年間1200億円の需要を発生させ、GDPを0.6%押し上げたことになる。

日本の経済成長率は、1950年に11.0%、1951年に13.0%、1952年に11.7%だった。(ソース:総務省統計局)

したがって、2ケタ成長だった当時の日本は、朝鮮特需による0.6%のGDP押し上げ効果がなければ戦後復興できなかったということはない。

念のため言っておくが、南朝鮮への支援物資の代金を日本に払ったのは、南朝鮮ではなく、アメリカ(連合国)だった。(やはり南朝鮮は、ひたすら支援を受ける一方だった。)

朝鮮特需などなくとも、日本は戦後復興できた!

高知新聞の「日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立った」との記述は、悪質な虚偽だ。


日本の場合、明治維新の後、僅か数十年で日清・日露戦争で勝利する近代国家に変貌したように、経済成長(富国強兵)に必要となる高度な学識や技術力や勤勉さを備えた人材(国民)が豊富に存在した。

日本は、明治維新前の江戸時代から、国民の学識や技術力がアジア最高で世界でトップクラスだった。

数学の分野では、関孝和とその弟子たちは、ドイツのライブニッツや英国のニュートンと同時期に微積分の概念に達していた。

日本は鎖国していたにもかかわらず、世界の最先端を走っていた分野が多かったのだ。

田中久重作の「弓曳童子」、「茶運び人形」「弓曳人形」などのからくり、和時計の「調速機」や「天符(おもり)」などの江戸のハイテク技術
田中久重作の「弓曳童子」(画像)、「茶運び人形」「弓曳人形」などのからくり、和時計の「調速機」や「天符(おもり)」などの江戸のハイテク技術

そして、寺子屋などによって、読み書き算盤は、広く下々の者にまで習得されていた。

江戸時代当時の日本人の識字率は世界でも最高水準だったが、支那人や朝鮮人に読み書き算盤が出来た者など殆どいなかった。

江戸時代から日本が支那や朝鮮よりも発展していたことは、史料でも裏付けられている。

■朝鮮通信使、金仁謙(Kim In Kyeom)の著書『日東壮遊歌』
※1761年に来日

●1764年1月22日 大阪
100万軒はあると思われる家の全ては「瓦の屋根」だ。
凄い。
大阪の富豪の家は「朝鮮の最大の豪邸」の10倍以上の広さで、銅の屋根で、黄金の内装である。
この贅沢さは異常だ。
都市の大きさは約40kmもあり、その全てが繁栄している。
信じられない。
中国の伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
世界に、このように素晴らしい都市が他にあるとは思えない。
ソウルの繁華街の10000倍の発展だ。
北京を見た通訳が通信使にいるが、「北京の繁栄も大阪には負ける」と言っている。

(以下略)

●1764年1月28日 京都
(略)

●1764年2月3日 名古屋
街の繁栄、美しさは大阪と同じだ。
凄い。
自然の美しさ、人口の多さ、土地の豊かさ、家屋の贅沢さ…この旅で最高だ。
中原(中国の中心地)にも無い風景だ。
朝鮮の都も立派だが、名古屋と比べると、とても寂しい。

人々の美しさも最高だ。
特に女性が美しい。
美しすぎる。
あれが人間だろうか?
「楊貴妃が最高の美人だ」と言われているが、名古屋の女性と比べれば、美しさを失うだろう。
(以下略)

●1764年2月16日 江戸(東京)
(略)



要するに、日本は、古代から江戸時代、明治、大正、昭和と、常に国民の学識や技術力や勤勉が世界トップクラスだった。

そのため、日本の復興は時間の問題だった。

「日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立った」という高知新聞の主張は、真実とは異なる。

ドイツも、戦後、朝鮮戦争の特需がなくとも復興している。

ドイツも、日本と同様に、国民の学識や技術力や勤勉さが世界トップクラスだからだ。






>日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立ったものとも言えよう。
>さかのぼればそれは日本の植民地支配の歴史にもつながる。



2つ目の「さかのぼればそれは日本の植民地支配の歴史にもつながる。」とは、何を意味するのか?

意味不明だ。

昨年の8月、李明博の天皇陛下への土下座謝罪要求の後に、「朝鮮日報」の李河遠(イ・ハウォン)政治部記者が、【天皇への謝罪要求、何が間違っているのか】と題した記事を書いた際に、次のとおり述べていた。
李河遠(イ・ハウォン)政治部記者
「朝鮮日報」の李河遠(イ・ハウォン)政治部記者

>今なお韓国民族を苦しめる南北分断も、昭和天皇が統治していた日帝時代の統治が原因になっている。(関連記事

「高知新聞」も、おそらく同様のことを言いたいのではないだろうか。

だとしたら、お門違いも甚だしい。

朝鮮半島の南北分断は、アメリカとソ連がしたことであり、日本のせいではない。

韓国は第2次世界大戦の戦勝国だと主張しているようだが、どうして戦勝国がアメリカとソ連によって分断されたのか考えろ。

しかも、その後に朝鮮戦争までしたのだから、分断は完全に日本のせいではない。

終戦当時の朝鮮には、呂運亨(ヨ・ウニョン)という人物が居た。
呂運亨

1945年9月6日、呂運亨率いる建準は「朝鮮人民共和国」(人民共和国)の樹立を宣言した。

しかし、樹立宣言の翌日(9月7日)、アメリカ占領軍が上陸した。

9月11日、アメリカ占領軍は軍政を布くことを宣言し、「朝鮮人民共和国」(人民共和国)及び建準を否認したため、独立は失敗に終わった。

一方、この頃、既に朝鮮半島の北部にはソ連が進駐を始めており、ソ連軍大尉だった金成柱(金聖柱、キム・ソンジュ)が米国進駐軍による半島の国家基盤が定まらないうちに、ソ連と共同で北朝鮮臨時人民委員会を設立した。

後継人のソ連軍司令官ロマネンコ小将と金日成
後継人のソ連軍司令官ロマネンコ小将と金日成(ソ連軍大尉・金成柱)

既にこの頃から南北分断の布石は出来上がっていた。

ソ連軍大尉だった金成柱(金聖柱、キム・ソンジュ)は、抗日パルチザンの伝説の英雄・金日成将軍に成り済まそうと考えた。

すなわち、金正日の親父の金日成は、本当の抗日パルチザンの伝説の英雄・金日成将軍ではなく偽者だった。

ちなみに、ソ連軍大尉キム・ソンジュの息子で、後に「金正日」と名乗った奴の当時の名前は「ユーラ」だった。

――――――――――
JOG
金日成~スターリンのあやつり人形
スターリンは、朝鮮人のソ連軍大尉を伝説の英雄・金日成に仕立て上げ、朝鮮戦争を仕掛けた。
(一部抜粋)

1.「にせものだ!」
1945年10月14日、平壌市北部の牡丹峰のふもとの運動場。7万人の群衆が集まっていた。伝説の老将軍・金日成が帰ってくるという噂に、人びとはつめかけたのだった。伝説が生まれてからすでに20年。人びとは白髪の老将軍の姿を心に描いていた。やがてその金日成将軍が登場すると、人びとは唖然とした。老将軍とは似ても似つかぬ若者だったのだ。
この集会に参加していた呉泳鎮はこう書き記している。
にせものだ!
金日成の演説が始まると、その朝鮮語はたどたどしかった。
 「ありゃ子どもじゃないか。なにが金日成将軍なもんか」
 「ロスケの手先だ」
と人びとは口々に言い出した。

2.ソ連軍大尉キム・ソンジュ
1945年8月9日、ソ連は降伏間際の日本に宣戦布告し、そのわずか1週間後に終戦、キム・ソンジュの出番は一度もないまま、対日戦争は終わってしまった。8月26日にはソ連軍は平壌を占拠し、軍政を敷いた。その上でソ連軍司令部はキム・ソンジュを新生朝鮮の首班に選び、伝説の英雄・金日成役を演じさせたのである。

3.秘密警察国家
キム・ソンジュがニセの金日成だとは誰も公言できなかった。
ソ連軍は北朝鮮を占領すると、すぐに本国と同様の秘密警察を組織し、密告を奨励した。
ある34歳の牧師が信徒への説教の中で「解放されたというが、北朝鮮のどこがよいのか。いろいろいうけど倭政(日本統治)時代は金さえだせば寝ながら旅行ができた」と言った。この牧師は反動宣伝罪で5年の懲役となった。このように逮捕された人数は、1946年11月までの1年間に4万4千人以上にのぼったというデータがある。
――――――――――


このように、金日成、(本当は、金成柱、金聖柱、キム・ソンジュ)は、ソ連のあやつり人形として北で圧政を行った。

一方の南では、独立を目指した呂運亨に替わり、李承晩がアメリカのあやつり人形として圧政を行った。

李承晩
南朝鮮の李承晩

そして、1950年6月25日、南北分断を決定づける朝鮮戦争に至る。

【結論】
朝鮮の南北分断は、日本のせいではない!
朝鮮特需がなくとも、日本は戦後復興した!
高知新聞は、反日嘘吐き新聞だ!



(コピペ)
――――――――――
今一番神に近い新聞   : 東海新報
神々しいまでに      :北國新聞
神のお膝元にある新聞 : 伊勢新聞
+++++++++++++【 神の壁 】+++++++++++++++
割と安定してる       :産経新聞 ( *・ー・)
最近空気読んでる     :読売新聞 ミ ■Å■彡y━~~
出来不出来が激しい   :静岡新聞、山陰中央新報
やれば出来る子      :朝鮮日報<;@Д@>、大紀元時報
コンスタントにだめぽ   :神奈川新聞、中国新聞
                新潟日報、盛岡タイムス
逝ってよし          : 日本海新聞
---------【 あなたの知りたくない世界 】--------
意外とまとも        : 赤旗(医療・増税・サラ金関連)
(゜∀゜)            : 東奥日報、岩手日報、時事通信
(´Д`)              : 神戸新聞
('A`)             : 琉球新報、京都新聞
m9(´Д`)         : 河北新報
---------【 早く消えて欲しいあの世 】----------
誤惨家           :沖縄タイムス、信濃毎日、西日本新聞
諸悪の元凶        :共同通信(;`凶´)、朝日新聞(#@Д@)
何か             :愛媛新聞
また大西か         :ニューヨークタイムズ東京支局
--------------【 ネタ 】---------------------
チラシの裏         : 北海道新聞、日本経済新聞(;Θ-Θ)
不治の病          : 東京新聞、中日新聞、高知新聞
-------------【 同人誌 】--------------------
毒電波            : 赤旗(憲法・外交関連)
ペットのトイレ        : 聖教新聞
-----【サイレント魔女☆リティ】------------
(*^ー゜)/~~ふーびっくりした☆ :毎日 (li´m`)●~*
――――――――――




7月28日、東京の銀座、新橋、汐留(電通)、築地(朝日新聞)で、【7/28(日) 東京 反マスコミデモ】が行われた。

http://netdemo.wiki.fc2.com/
7/28(日) 東京 反マスコミデモ
開催日:2013年(平成25年)7月28日(日曜日)
集合場所:東京都中央区・水谷橋公園
集合時間 14:00
出発時間 14:30
※デモ行進終了後は、朝日新聞本社前において、
朝日新聞の過去の歴史問題報道について訴えるアピールを行います。


東京反マスコミデモ20130728
銀座一丁目

東京反マスコミデモ20130728
銀座数寄屋橋交差点

東京反マスコミデモ20130728

東京反マスコミデモ20130728

東京反マスコミデモ20130728

東京反マスコミデモ20130728
電通を通過した【7/28(日) 東京 反マスコミデモ】

東京反マスコミデモ20130728
朝日新聞を通過する【7/28(日) 東京 反マスコミデモ】


「ふざけんな!高知新聞!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

通州事件・日本人を大虐殺!デマ放送で支那保安隊が支那軍に寝返るため日本人居留民約260人惨殺
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




通州事件


明日7月29日は、「通州事件」の日だ。

76年前の1937年7月29日、北支の通州で「通州事件」が起こった。

私は、悪獣も及ばぬ猟奇の惨殺劇「通州事件」を日本の教科書に記述して、支那人の残虐性を日本の子供たちに教えておくべきだと考えている。


1937年7月29日、支那の保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した!

犯人は、支那の国民党軍でも共産党軍でもなく、事件前までは親日的だった「冀東防共自治政府」の保安隊だった。

しかし、支那保安隊が日本人居留民を大虐殺した最大の原因が支那国民党の南京政府の御用放送局(南京放送)によるデマ放送であり、保安隊が国民党軍(支那軍)に寝返るための日本人大虐殺だったので、支那軍による大虐殺といって良い。


【7月27日頃、北京特務機関がキャッチした南京放送ニュース】

日本軍は盧溝橋の戦場に於いて、我が優勢な29軍と交戦の結果、支離滅裂の敗戦に陥り、豊台と郎坊とは完全に我が手に奪還してしまった。
(略)
なお、最近北京における軍事会議の結果、蒋委員長は近く29軍を提げて、大挙冀東を攻撃し、偽都通州を屠り、逆賊殷汝耕を血祭りにして、満州失地恢復の第一声を挙げる事を決議した。



日本軍を撃破した支那軍(宋哲元軍=29軍)が、冀東防共自治政府(通州)に攻め込んで来れば、今まで親日だった支那保安隊は漢奸として処刑される。

そこでの支那保安隊の連中は、日本人を大虐殺し、親日の冀東防共自治政府の殷長官を捕らえ、これを手土産にして北京の宋哲元へ馳せ参ずることを決意した。

通州大虐殺事件の原因については、事件の2日前にあった日本軍による保安隊への誤爆や、事前に国民党と保安隊に密約があった計画的犯行など、今でもいろんな説があるが、最大で直接の原因が支那の蒋介石政府の南京放送によるデマ報道だったことは間違いない。

支那保安隊の連中は、日本人大虐殺を手土産にして意気揚々と支那軍(宋哲元軍=29軍)が居ると思い込んでいた北京へと向かった。

ところが、そこにいたのは支那軍(宋哲元軍=29軍)ではなく、実際には日本軍だった。

日本軍による誤爆が原因なら、支那保安隊が日本人を大虐殺した後に日本軍の居る北京に向かうわけがない。

北京に居るのが支那軍(宋哲元軍=29軍)ではなく日本軍だと知った支那保安隊の連中は慌てて逃げたが、日本軍に捕まった。

中島顧問は「機関銃をくれ、仇をとってやる」と息まいた。

しかし、「それでは暴に酬ゆるに暴を以ってするだけだ。」と止められ、結局、支那保安隊の連中は収容もされず城外に放置されただけとなった。

理由は「収容すると飯を食わさにゃならん。本当は鉛の弾を食わしたいくらいなのに、飯などもったいない。」という事だったが、支那保安隊の連中は後に移動して支那軍に加わった。

これが当時の日本軍であり、お人好しぶりは今の日本人と変わらない。

支那保安隊の連中が通州で大虐殺した日本人を手土産に北京に行ったことは、事件の直接の原因が【支那国民政府の南京放送のデマ報道】だったことを裏付ける。


通州事件地図

通州事件地図

通州事件では当時日本の外務省が公式声明を発しており、東京裁判で弁護団は通州事件に関する外務省公式声明を証拠として提出しようとしたが、ウェッブ裁判長が却下。

ただ、通州事件の目撃者3人の宣誓口供書は受理された。

その宣誓口供書の一部は次の通り。


「守備隊の東門を出ると、数間ごとに居留民男女の死体が横たわっていた。
某飲食店では、一家ことごとく首と両手を切断され、婦人は14、5歳以上は全部強姦されていた。
旭軒という飲食店に入ると、7、8名の女が全部裸体にされ、強姦射殺され、陰部にほうきを押しこんであるある者、口中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者など見るに耐えなかった。
東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合せて、それに八番線を通し、一家6人数珠つなぎにして引き廻した形跡歴然たる死体が浮かんで居り、池の水は真っ赤になっていた。
夜半まで生存者の収容に当たり、『日本人はいないか』と叫んで各戸ごとに調査すると、鼻に牛の如く針金を通された子供、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦などが、そこそこの塵箱の中やら塀の蔭から出て来た」

支那駐屯歩兵第2連隊小隊長として7月30日、連隊主力と共に救援に赴いた桜井文雄証人

消された「通州事件」



 当時、天津歩兵隊長及び支那駐屯歩兵第2連隊長で、7月28日の南苑戦闘に参加した後、30日午後通州に急行して邦人救援に当たった萱島高証人は凡(およ)そ次の如く証言した。

 「旭軒(飲食店)では40から17~8歳までの女7、8名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されており、その中4、5名は陰部を銃剣で刺殺されていた。商館や役所に残された日本人男子の死体はほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に散布し、言語に絶したものだった。」

 まさになぶり殺しではないか。

 中でも悲惨を極めた旅館・近水楼での惨劇について通州救援の第2連隊歩兵隊長代理を務めた桂鎮雄証人の供述は次の通り。


 「近水楼入口で女将らしき人の死体を見た。足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た上で剥(は)がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、4つ5つ銃剣で突き刺した跡があったと記憶する。陰部は刃物でえぐられたらしく、血痕が散乱していた。
帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、略奪の跡をまざまざと示していた。
女中部屋に女中らしき日本婦人の4つの死体があり、全部もがいて死んだようだった。折り重なって死んでいたが、1名だけは局部を露出し上向きになっていた。
帳場配膳室では男1人、女2人が横倒れ、或(ある)いはうつ伏し或いは上向いて死んでおり、闘った跡は明瞭で、男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。女2人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。
階下座敷に女の死体2つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を見た。
1年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の死体があった。
その裏の日本人の家では親子 2人が惨殺されていた。子供は手の指を揃(そろ)えて切断されていた。
南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内臓が散乱していた」

中村粲著『大東亜戦争への道』惨!通州事件



通州事件翌日の通州(1937年7月30日)

1937年7月30日、通州事件翌日の通州。南門から北門方面を見る。
1937年7月30日、通州事件翌日の通州。南門から北門方面を見る。

被害甚大の近水楼
被害甚大の近水楼

通州事件の記録写真

通州事件の記録写真B

通州事件の記録写真C

通州事件の記録写真DE
■動画
通州事件の記録写真と南京大虐殺の捏造.mpg
http://www.youtube.com/watch?v=JZl9wUDt5U4




通州事件については犠牲者名簿があり、当時、日本の外務省も公式声明を発した。

つまり、日本人居留民約260人が大虐殺された通州事件ほどの事件が起これば当たり前のことだが、当時、内外において事件が認知されていた。

一方、所謂「南京大虐殺」の場合、当時、支那政府も日本政府もその他誰も事件の認識がなく、よって当然犠牲者名簿などもなかった。

南京事件というのは当時は加害者側も被害者側も誰も全く認識していなかった不思議な不思議な事件なのだ。

このように通州事件と南京事件の差異を冷静に分析するだけでも、「南京大虐殺」「南京事件」が嘘っぱちのでっち上げであることが明白となる。



◆虐殺事件の証拠(資料)一覧◆

●済南事件
1.日本人犠牲者の名簿 ○あり
2.命令書 ×なし
3.当時の政府の認識 ○あり
(田中外相宛西田領事報告など○)

●通州事件
1.日本人犠牲者の名簿 ○あり
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/tuusyuu00.htm
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/tuusyuu20.htm
2.命令書 ×なし
3.当時の政府の認識 ○あり
(外務省の公式声明など○)


●南京大虐殺事件
1.犠牲者の名簿 ×なし
(日本も×、蒋介石政府も×、汪兆銘政府も×、南京安全区国際委員会も×、南京市民も×、誰も作成せず)
2.命令書その他公式文書 ×なし
3.当時の政府の認識 ×なし
(当時、日本にも×、何応欽にも×、蒋介石にも×、毛沢東にも×、国際連盟にも×、事件の認識×なし)


●カチンの森事件
1.ポーランド人犠牲者の名簿 ○あり
2.命令書その他公式文書 ○あり
(スターリンが命令し、内務人民委員部長官ラヴレンティ・ベリヤが命令書に署名○)
3.当時の政府の認識 ○あり
加害者のソ連 ○あり
被害者のポーランド ○あり
濡れ衣を着せられたドイツ ○あり
(事件3年後、収容所にいた元ポーランド軍将校、公務員、警察協力者、情報部員、憲兵隊員、獄吏等の遺骸を発見○)

●ホロコースト
1.犠牲者の名簿 ○あり
(犠牲者や強制労働者ら1750万人の名簿○)
2.命令書その他公式文書 ○あり
(ナチスの強制収容所などの実態が記述された約5千万件の公文書○)
3.当時の政府の認識 ○あり

●原爆投下
1.犠牲者の名簿 ○あり
2.命令書 ○あり
(7月25日、トルーマンの決定を受けてグローブスが作成した「原爆投下命令書」がワシントンの陸軍戦略航空軍司令官カール・スパーツに手渡され、ポツダムにいる陸軍長官スティムソン、陸軍参謀総長マーシャルが承認し、陸軍参謀総長代理トーマス・T・ハンディがサインした公文書○)
その他、膨大な文書○や記録フィルムなどの資料 ○あり
3.当時の政府の認識 ○あり
(日本にも○、アメリカにも○、世界中の政府にも○、認識あり)

●ソ連による日本人拉致・シベリア強制連行・殺害事件
1.犠牲者の名簿 ○あり
(死亡年月日、死因、埋葬地など全員○。犠牲者は50万人超で、ゴルバチョフ来日の際、名簿の一部のみ渡された)
2.命令書その他公式文書 ○あり
(マリク駐日大使がモロトフ外相に宛てた文書で、「1946年12月時点で、まだ生存している抑留日本人が105万人以上居る」と記載○)
3.当時の政府の認識
被害者の日本 ○あり
加害者のソ連 ○あり
第3国の米国 ○あり




「嘘っぱちのでっち上げである『南京事件』を教科書から削除し、『通州事件』を教科書に記述しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.