正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201305<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201307
韓国がイラン選手を殴る!W杯予選・怒りに震える韓国メディア、イラン代表を酷評「まずマナー学べ」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




ブラジルWCアジア予選\韓国代表スタッフ数人がイラン選手を殴る暴行 ネットの声「FIFAに通報しろ」\img_1141145_37902703_20イラン選手が韓国人陣営に近付いてしまったその瞬間事件が発生!数人の韓国人スタッフ
ブラジルWCアジア予選で韓国代表スタッフ数人がイラン選手を殴る暴行

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-00000004-jct-ent&p=1
韓国に課せられるペナルティーは何か W杯予選で韓国側がイラン選手を「殴打」
J-CASTニュース 6月19日(水)18時42分配信

 2014年のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向けて、アジアでは日本に続いて豪州、イラン、韓国が出場権を手にした。

 イランと韓国は予選突破をかけた直接対決とあって、対戦前から両監督が舌戦を繰り広げた。試合はイランが制したが、終了後に韓国ベンチを挑発気味に駆け寄ったイランの選手に対して、韓国側のスタッフと見られる人物が殴ったように映る動画がインターネット上を賑わせている。

■「FIFAはフェアプレーに反する行為に厳しい」

 「事件」は試合終了後に起きた。2013年6月18日のW杯アジア最終予選で、イランが1-0で韓国を下した。自力でW杯出場を決め、歓喜に沸くイランの選手やスタッフはピッチ上で国旗を掲げ、韓国代表チームやスタンドの韓国ファンに誇示するかのように走り回る。一部は韓国ベンチに迫り、黒いユニホーム姿のイランの選手が急接近すると韓国側スタッフと見られる男性が左腕で押し返す。その勢いでふらついたイラン選手に、別の韓国人男性が左手で顔面をたたいたように見えた。

 その後選手は、審判と思われる男性を呼び寄せて何やら訴えているようだ。味方選手も近づく。一方の韓国側スタッフも「来るなら来い」と言わんばかりの様子だ。両者はそのまま離れ、大きなもめごとには発展しなかった。

 ネット上に出回っている映像がやや不鮮明ではあるが、試合後とはいえもし相手選手を殴ったとなれば問題ではないか。試合中に選手同士が小競り合いという場面は見かけるが、プレーを離れた時間、場所での「暴力行為」となるとあまり例がなさそうだ。

 仮に本当に殴打したなら、国際サッカー連盟(FIFA)はそのままにしておかないだろうと「フットボールレフェリージャーナル」を運営するサッカージャーナリスト、石井紘人氏は指摘する。「FIFAはフェアプレーの精神に反する行為に厳しくなっています。殴っていたとすれば、何かしらのペナルティーが科せられる可能性は高いでしょう」。

 では、どのような処分があり得るか。石井氏はひとつの例として「次回、韓国の主催試合が『中立地』で実施されるかもしれません」と話す。思い出すのが2006年のW杯ドイツ大会のアジア最終予選だ。今回のケースとは違うが、北朝鮮代表がホームゲームの際、サポーターが暴徒化して客席からモノをピッチに投げ込んだり、相手国選手を取り囲んだりと危険にさらした。その「罰」として、次のホーム開催権利がはく奪され、該当試合だった対日本戦はタイ・バンコクでの無観客試合が命じられたのだ。

■口火を切ったのは韓国監督「イランにひどい待遇受けた」

 韓国側にも言い分はあるようだ。実は試合終了直後、イランチームの監督が韓国ベンチに向かって腕を掲げ、挑発するかのようなポーズをとっていたようなのだ。そして、これ見よがしの「ウイニングラン」で勝利を誇示し続けた。対戦相手に敬意を払わないのはスポーツマン精神とは言えず、あまりほめられた行為ではない。とはいえ、これに「暴力」で応戦したところで許されるはずはない。

 両国は対戦前からピリピリしていた。口火を切ったのは韓国の崔康煕監督。2012年10月にイランのホームで行われた試合で「ひどい待遇を受けた」と発言したのだ。入国手続きが遅れ、現地での練習場の環境も劣悪だったと憤る。韓国の主要紙「中央日報」電子版(日本語)も6月14日付で大きく報じ、韓国メディアも「いやがらせ」を受けた、イラン代表の選手のマナーも良くなかったと崔監督を「援護射撃」した。

 これに対してイランのケイロス監督は激怒。不当な扱いなどしていないと否定し、「崔監督は恥知らず。イランへの敬意を欠いている」と非難した。以後はお互いがなじり合う展開となり、果ては「イランに血の涙を流させてやる」「復讐はサッカーで。血には汗でこたえる」とエスカレートしていった。

 石井氏は「この両チームなら、何かが起こるかもしれないとの予感はありました」と話す。韓国はラフなプレーが見られることがあり、イランも中東サッカー独特の狡猾さが随所に現れる。W杯の出場権がかかっていたうえ、お互いが敵意むき出してぶつかり合った。韓国とすれば、プライドをかけて必勝を期した地元での決戦に敗れ、イランに好き放題にふるまわれた末にフラストレーションが爆発し、最後は「憎き相手」に思わず手を出したということか。「ナショナリズムが、国際感覚とは違った方向であらわになったのかもしれません。(精神的に)未成熟な代表チームがいまだに存在している、ということでしょう」と石井氏は苦笑する。


ブラジルWCアジア予選\韓国代表スタッフ数人がイラン選手を殴る暴行 ネットの声「FIFAに通報しろ」

ブラジルWCアジア予選\韓国代表スタッフ数人がイラン選手を殴る暴行 ネットの声「FIFAに通報しろ」

ブラジルWCアジア予選\韓国代表スタッフ数人がイラン選手を殴る暴行 ネットの声「FIFAに通報しろ」
■動画1
Korean bench attacking and punching Iranian keeper WCQ2013 Brazil
http://www.youtube.com/watch?v=eZmDMBMxJSc&feature=youtu.be&t=13s

動画2
韓国スタッフがイラン選手に暴行サッカーワールドカップ予選South Korean bench attacking and punching Iranian keeper WCQ2013 Brazil
http://www.youtube.com/watch?v=LiCxBH4VeaQ



韓国代表チームのスタッフ数人が、完全にイラン選手を殴っている!!

韓国人は、試合中に興奮して殴ったのではなく、試合終了後に喜んで走り回っていたイラン選手を複数で殴ったのだから、深刻な事件だ。


これだけではない。

韓国人サポーターがイラン選手及びスタッフをめがけて、中身の入ったビールやペットボトルを投げつけた!!

http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-7216.html
【サッカー】イラン選手、頭にビール缶直撃
選手たちが大喜びでグラウンドを回る群衆の中に水のボトルやビールが入った缶を投げるとはステップが頭の上に缶ビールを迎えて倒れている。(蔚山=聯合ニュース)
選手たちが大喜びでグラウンドを回る群衆の中に水のボトルやビールが入った缶を投げるとはステップが頭の上に缶ビールを迎えて倒れている。(蔚山=聯合ニュース)

選手たちが大喜びでグラウンドを回る群衆の中に水のボトルやビールが入った缶を投げるとはステップが頭の上に缶ビールを迎えて倒れている。(蔚山=聯合ニュース)

選手たちが大喜びでグラウンドを回る群衆の中に水のボトルやビールが入った缶を投げるとはステップが頭の上に缶ビールを迎えて倒れている。(蔚山=聯合ニュース)


――――――――――
613 :名無しさん@恐縮です:2013/06/19(水) 11:36:52.24 ID:ddeH/kCd0
韓国は、もう1つの騒動発覚で勝ち点はく奪か?
http://livedoor.blogimg.jp/fbn_2chfootball/imgs/6/c/6ce19a6f.jpg
↑は参考画像
韓国人サポーターがイラン選手及びスタッフに「ペットボトル」を乱れ打ち。
各報道でもされているので事実だが。
このようなケースは、勝ち点はく奪となるケースがある。
↓事例
http://jp.uefa.com/uefaeuro/news/newsid=1819523.html
EFA規律委員会は13日、ロシア・サッカー協会(RFS)に対し、次回のUEFA欧州選手権の予選について勝ち点6の剥奪処分を科すことを決定した。
ただしこの処分には執行猶予期間が設けられており、その期間は現時点からUEFA EURO 2016本大会に向けたプレーオフまでと定められた。
この処分に加え、RFSには12万ユーロ(約1200万円)の罰金も科された。8日にウロツワフで行われたUEFA EURO 2012グループAのロシア対チェコ戦では、
ロシアのサポーターがピッチに発煙筒を投げ込んだり、不適当な内容の横断幕を掲げたりした。
こうした自国サポーターの不適切行為(集団での騒乱)に関し、RFSは追及を受けていた。
この決定については、書面による決定通知の発送から3日以内であれば上訴が可能だ。
大人数がペットボトルを投げ込むのは、ロシアよりやばいんじゃ?

――――――――――


ところが、韓国は、反省とか謝罪をするどころか、逆切れ!

何と、殴った側の韓国は、逆にイランをFIFAに提訴した!

http://news.livedoor.com/article/detail/7779124/
W杯最終予選:イラン監督、韓国ベンチに向かって勝利の雄叫び 韓国「FIFAに報告!」
韓フルタイム
2013年06月19日03時00分
(本文略)


――――――――――
29 :名無しさん@恐縮です:2013/06/19(水) 10:34:04.54 ID:9jIbRcutP
今までの流れ
韓国の監督「イランホームの試合ではビザの発給や練習場の選定で冷遇された。それもあって試合に負けた。イランは嫌いだ」

イラン監督「冷遇してない。最善の待遇だった。イランと韓国のサッカーファンの前でその発言を恥じるべきだ」

韓国の監督「イランが憎い。必ず苦痛を味あわせてやる。ブラジルにはウズベクと行きたい」

イラン監督「ウズベクのユニフォーム買ってやるから着ろよ」

韓国の監督「ユニフォームならチーム分買えよ。イラン監督はとんでもない。
        まあ俺たちが勝つからあいつはブラジル行けなくなって故郷のポルトガルで観戦することになるけどな」
韓国の選手「イランのキャプテンに血の涙ながさせる!」

イラン監督「復しゅうはサッカーでする。血には汗で応える」

1-0でイラン勝利。
試合後

イラン監督、韓国陣営に向かってガッツポーズ

イラン選手、韓国陣営前をウィニングラン

韓国スタッフ2人が続けざまにイランGKを殴打
(*゜∀゜)っそして謎の提訴へ
≫ 【意味不明】イランGKを殴った韓国、なぜかイランを提訴へ

――――――――――


人類の常識では考えられない韓国人の行動だ!

やはり朝鮮人は人類ではない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-00000033-scn-spo
怒りに震える韓国メディア、イラン代表を酷評「まずマナー学べ」
サーチナ 6月19日(水)13時20分配信

 18日、韓国・蔚山で行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の韓国-イラン戦後、韓国メディアがイラン代表を非難する記事を相次ぎ掲載した。「サッカーよりマナーを学べ」、「礼儀も配慮もない」などと不快感を露わにした。

 試合では韓国はイランに0-1で敗れ、勝ち点でウズベキスタンと並んだが得失点差で上回り、A組2位でW杯本大会進出を決めた。

 しかし試合後、韓国メディアが報じた記事は、W杯進出をよろこぶどころか、イラン代表を非難する言葉のオンパレードだった。

 韓国メディアの報道によると、イラン代表は試合中にファールやベットサッカー(倒れて時間を稼ぐ行為)を繰り返し、後半に先制点を決めるとマナーのない行動は一層増えた。試合後はイランのGKが韓国のベンチに駆け寄りセレモニーをしようとしたことから韓国コーチスタッフらと小競り合いになった。このGKは、観客席を埋め尽くす韓国人サポーターに向けて舌を出し、観客をばかにしたりした。

 カルロス・ケイロス監督もマナーのない行動をみせた。試合中は中国出身の審判の判定に繰り返し抗議し、試合終了後は韓国のベンチに向かってガッツポーズを決め、「相手を冒涜(ぼうとく)する行動」をした。

 韓国メディアは、これらの行動を「韓国のサッカーを軽蔑し、無視する行為」と指摘。「フェアプレーの精神もスポーツマンシップもなかった。サッカーが上手い選手だというだけで、紳士のスポーツであるサッカーの世界最高舞台の本戦に出場する資格はない」、「イランは最小限の礼儀も配慮もなかった。スポーツマンシップとはイランにとって関係のないことだった」、「最後まで卑劣だった」などと伝えた。(編集担当:新川悠)



>18日、韓国・蔚山で行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の韓国-イラン戦後、韓国メディアがイラン代表を非難する記事を相次ぎ掲載した。「サッカーよりマナーを学べ」、「礼儀も配慮もない」などと不快感を露わにした。


アホだ!

まずは鏡を見ろ!

オマエが言うな!

これまでサッカーでは、日本サッカー協会やFIFAが韓国の悪逆暴虐を甘やかしてきたため、韓国人はサッカーでは何をやっても許されると思っているのだろう。


2011年1月25日、日韓戦でPKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)は、カメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」をした!
奇誠庸は、この人種差別行為が国際問題となった際に、苦し紛れに「観客席にあった旭日旗を見た時は涙が出る思いだった」と嘘を吐いた。

1月の日韓戦の前半22分、PKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)がカメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」
日韓戦でPKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)がカメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」

英最大発行紙「THE Sun」でトップ記事として報道されたサル真似問題「Cheeky monKI」。訳注:(monKIとは、「Monkey」 と Ki Sung-Yeung(キ・ソンヨン)の名字の英語表記「KI」をかけた言葉)

1月の日韓戦の前半22分、PKを決めた奇誠庸(キ・ソンヨン)がカメラの前に走って行き、日本人を人種差別するために左手で顔をかくしぐさの「猿セレモニー」
非難の声が高まると、有りもしない「旭日旗」を見たからだと嘘を吐いた。

しかし、日本サッカー協会(JFA)は、韓国代表の奇誠庸(キ・ソンヨン)や韓国に対して何の制裁も抗議もしなかった。
韓国への過剰な配慮から「FIFAの決定」と嘘まで吐いて日本の伝統文化と表現の自由を弾圧する日本サッカー協会(JFA)の大仁邦弥会長
日本人差別を容認した日本サッカー協会(JFA)の大仁邦弥会長


2012年8月10日、ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦で、パク・ジョンウ(朴従愚)ら韓国代表チームは、五輪憲章に違反してオリンピックエリア内で政治的宣伝活動(独島セレモニー)をした!
[ロンドンフォト]パク・ジョンウ、'独島(ドクト)は私たちの土地!
【독도는 우리땅!】( トクトヌン ウリタン!)=「独島は私たちの土地」

実際に朴鍾佑(パク・ジョンウ)が「独島はわれわれの領土」と書かれた紙をチームメイト達に見せつけた際、韓国選手たちは満面の笑みで出迎えていた。
「独島は我々の領土」と書いた紙を見て満面の笑みで迎える韓国選手たち!

問題のプラカードを韓国国旗の上に載せて皆で運んでる画像
政治的宣伝を書いた紙を韓国国旗の上に載せて皆で運んでる画像(ソース

しかし、日本サッカー協会(JFA)の大仁邦弥会長は8月12日に早々と「韓国の政治的パフォーマンスに抗議する予定無い」と表明した。
韓国への過剰な配慮から「FIFAの決定」と嘘まで吐いて日本の伝統文化と表現の自由を弾圧する日本サッカー協会(JFA)の大仁邦弥会長
五輪会場で「独島は我々の領土」と政治的宣伝活動をした韓国を容認した日本サッカー協会(JFA)の大仁邦弥会長




なお、韓国が居るグループAでは、昨年のW杯予選の開始から終始審判が韓国に有利な判定を下しまくった。

特に、日本の審判スタッフは、韓国から買収されていたとしか思えないような韓国のための判定が多かった。

日本が居ないグループAでは、日本の審判スタッフが担当することが多く、韓国から買収されているとしか思えないように韓国が有利になる判定や、韓国にとって強敵となるウズベキスタンが不利となる判定がくだされ続けた。

グループAでは、当初からウズベキスタンが最強と目されていた。


2012年6月3日
■動画
Thanks Referee Iran Won 1-0 Uzbekistan←題名に注目w
http://www.youtube.com/watch?v=fvBVEp-9MwM

(1:30過ぎから。完全にゴールライン割っていた)


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/06/05/kiji/K20120605003396580.html
西村主審への不満爆発!ウズベク監督「完全にゴールだった…」
2012年6月5日 06:00 スポニチ
W杯アジア最終予選グループA ウズベキスタン0-1イラン (6月3日)

 ウズベキスタンのアブラモフ監督が怒りを爆発させた。後半29分にゴール前の混戦からMFアーメドフが放ったシュートはゴール内の相手DFがはじいてノーゴールの判定。しかし、ビデオ映像ではゴールラインを割っていたようにも見え、指揮官は「審判が見ていなかった」と西村雄一主審ら日本の審判団への不満をぶちまけた。

 地元で相手を圧倒しながら、後半ロスタイムに一瞬の隙を突かれた失点で敗戦。悔やみ切れない結末となったが、最後は「まだ7試合ある。諦めない」と気持ちを切り替えていた。




2013年3月26日
韓国vsカタール
ホームでのカタールとの試合で、普通ならとっくに笛を吹いて引き分けで終わったはずの試合だったが、日本の西村雄一主審は、超長めのアディショナルタイムを取り、韓国が勝ち越し点を入れた直後に試合終了!

カタールの首脳陣から試合後に抗議を受ける西村雄一(Yuichi Nishimura)主審(左、2013年3月26日撮影)
カタールの首脳陣から試合後に抗議を受ける西村雄一(Yuichi Nishimura)主審(左、2013年3月26日撮影)

カタール ファハド・サーニ監督
「後半の追加時間は5分与えられたが(ソン・フンミンがゴールを入れたとき)、私たちが確認した時計では6分を超えていた。終了のホイッスルはその前に吹くべきだった」




2013年6月4日
レバノン vs 韓国

韓国に買収された審判は、韓国がリードされた後半にロスタイムを8分以上も取り、そのロスタイム7分に全くファールでも何でもないレバノン選手の自陣前でのプレーを「ファール」とし、韓国にフリーキックを与えて同点にさせた!
■動画
FKから韓国が同点 レバノン vs 韓国 W杯アジア最終予選 2013年6月4日
http://www.youtube.com/watch?v=xDw8RLeSfvE




2013年06月11日
韓国vs­ウズベキスタン


2013年06月11日にソウルで行なわれた「2014 FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会・アジア最終予選」第9節、韓国代表vs­ウズベキスタン。
審判は、日本の西村雄一主審らに日本人スタッフ。
韓国のFWは、ウズベキスタン前で完全なハンドをした。
本来ウズベキスタンボールになるはずだが、なぜか韓国のハンドが見逃され、韓国のコーナーキックになった。
その流れが切れる事なく韓国がウズベキスタンのゴール前でFKを得て、そのFKからウズベキスタンのオウンゴールとなった。
日本の西村雄一主審が韓国のFWがハンドをきちんと取ってさえいれば、ウズベキスタンボールとなり、この韓国の得点はなかった。

■動画
韓国のハンド見逃される 韓国VSウズベキスタン Korea Uzbekistan ワールドカップ最終予選
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=f9SKNjH41u0

韓国のハンドでウズベキスタンボールのはずが、コーナーキックにその流れが切れずFK→オウンゴールに繋がる。



■その他オマケの動画
韓国選手が相手の顔面にハイキックしてイエローカード 韓国 vs ウズベキスタン South Korea Uzbekistan 2013 06 10
https://www.youtube.com/watch?v=wm9fKpIXM6I
顔を真っ赤にする韓国選手 韓国 vs イラン W杯アジア最終予選 2013 06 18
https://www.youtube.com/watch?v=l24qLeweMWE
イランのカウンター炸裂! 「血の涙を見せてやる」と豪語した韓国、ホームで血の涙を流す 韓国VSイラン South Korea Iran W杯アジア最終予選 2013年6月18日
http://www.youtube.com/watch?v=SZR7nOl3g4A
韓国人スタッフがイランGKに暴行! Korean bench attacking and punching Iranian keeper WCQ2013 Brazil 06/18
http://www.youtube.com/watch?v=KfOuQh4RNT4




「韓国人は恥知らず!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.