正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201305<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201307
7月3日!韓国経済崩壊の日?日韓スワップ終了で完全崩壊の噂が拡散!隣国を援助する国は滅びる
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




http://www.otonano-kaisha.com/news_5XcxYq5EQ.html
2013年7月3日!韓国経済崩壊の日?】日韓スワップ終了で韓国経済は完全崩壊の噂が拡散!

■2013年7月に「韓国経済崩壊の日」?

韓国経済は崩壊に向かって突き進んでいるのだろうか?
韓国経済は崩壊に向かって突き進んでいるのだろうか?

韓国の有力各紙では韓国経済の先行きが暗いという報道が相次いでいる。

5月22日:中央日報『韓国経済“赤信号”…500大企業の実績が急速悪化 』
5月23日:朝鮮日報『韓国経済:「アジア通貨危機よりも深刻」70%』
5月24日:中央日報『【コラム】円安よりも韓国経済をさらに苦しめる問題は…』
5月27日:中央日報『【社説】韓国経済を襲う世界経済の不安定性』


韓国の大企業500社の業績の悪化が報じられている。そして、韓国経済の状況は、
韓国がIMF管理となった「アジア通貨危機」のときよりも深刻であると考えている韓国人が70%になるという。
外資は韓国から引上げ、経済成長率では日本に抜かれ、アジア諸国でも最低水準になっている。
2013年5月12日記事

ベスト&ワースト

韓国経済の問題は「円安」だけではないという主張も目立ち始めている。

そして、ネットでは2013年7月に韓国経済が崩壊するのではないかという情報が拡散している。

■通貨スワップ終了は2013年7月3日

日本と韓国は現在引出限度額は30億ドルの通貨スワップ協定を締結中である。
この期限が切れるのが2013年7月3日となっている。
この期限が切れるのが2013年7月3日となっている。

既に300億ドルの増額分については2012年10月31日に終了している。
既に300億ドルの増額分については2012年10月31日に終了している。

2013年7月3日には日韓通貨スワップは完全に終了となるわけだ。
この情報により韓国経済は崩壊するのではないかという噂が拡散しているのである。

また、マスコミでは7月3日に日韓通貨スワップが終了するという報道は一切なされていない。
日本国内では竹島問題、歴史認識問題で反韓感情が高まっている。
現状で、日韓スワップ終了の報道を行うのはマイナスであると考えているのかもしれない。
日韓スワップ継続のためには――。

■韓国経済崩壊で「鵜」を失うのは日本にとってもマイナス

韓国経済が完全に崩壊してしまうと、日本にとってもマイナス面は大きい。
韓国と取引している企業は大きなダメージを受けることになる。また、IMF管理下になれば、
「日本のせいだ」と連呼するのであろう。それも非常にウザったい話である。日韓スワップを締結するかどうか、
今後の動向は不明である。韓国に対し強硬な姿勢を見せている自民党政権がどのように動くのか注目であろう。

ただ、日本にとって一番いい韓国経済の状態は「生かさず殺さず」で「鵜飼いの鵜」として貢ぎ続けてくれる状況を維持することではないだろうか。



2013年7月に「韓国経済崩壊の日」?
>韓国経済は崩壊に向かって突き進んでいるのだろうか?



韓国経済は崩壊に向かってはいるが、残念ながら7月にすぐに崩壊するわけではない。

韓国の大企業500社の業績が悪化していると言っても、減益が多く、赤字転落が多いわけではない。





>日本と韓国は現在引出限度額は30億ドルの通貨スワップ協定を締結中である。
>この期限が切れるのが2013年7月3日となっている。
>既に300億ドルの増額分については2012年10月31日に終了している。
>2013年7月3日には日韓通貨スワップは完全に終了となるわけだ。この情報により韓国経済は崩壊するのではないかという噂が拡散しているのである。



日韓通貨スワップも7月3日に2国間協定の30億ドル分は期限を迎えるが、多国間協定「チェンマイイニシアチブ(CMI)」の100億ドルはすぐには終了しない(以前、私は間違って説明してしまったことがある)。

日本と韓国の通貨スワップは、もともと多国間通貨交換協定「チェンマイ・イニシアチブ(CMI)」に基づく100億ドルと、2国間通貨スワップ協定「日韓通貨スワップ協定」に基づくウォン・円通貨スワップ30億ドルの計130億ドル規模だった。

それなのに、平成23年(2011年)10月の日韓首脳会談で、野田佳彦が日本国民には何の相談も説明もないまま韓国の李明博に新たに570億ドルの枠を拡充し、130億ドル(当時1兆円)から700億ドル(当時5.4兆円)へと拡大した。
平成23年(2011年)10月の日韓首脳会談で、野田佳彦が日本国民には何の相談も説明もないまま韓国の李明博に提案し、新たに570億ドルの枠を拡充し、130億ドル(当時1兆円)から700億ドル(当時5.

130億ドルから700億ドルへと拡大したうち、570億ドルの拡大分だけは、既に平成24年(2012年)10月末に期限が切れた。


「チェンマイ・イニシアチブ」の130億ドル(現在1兆3千億円)の日韓通貨スワップ枠は、今も尚そのまま残っている。
「日韓通貨スワップの今後」(2012年時点の図)


しかし、多国間協定である「チェンマイ・イニシアチブ」(ドル・ウォン)の100憶ドル(現在のレートで約1兆円)と2国間協定である「日韓通貨スワップ協定」(円・ウォン)の30億ドル(現在のレートで約3千億円)の合計130憶ドルの日韓通貨スワップ枠は、今も尚そのまま残っている。

そのうち2国間協定の「日韓通貨スワップ協定」30億ドルの期限が今年(2013年)7月3日までということになっており、日本政府は延長などせず、打ち切らなければならない。

しかし、多国間協定の「チェンマイ・イニシアチブ」に基づく100億ドル分の韓国への融通枠は、すぐには打ち切ることができないようだ。

CMIマルチ化後
「チェンマイ・イニシアチブ(CMI)」のマルチ化(多国間協定化)


また、日本が韓国の国債を購入するという援助の抜け道も残されている。

いずれは、韓国への外貨融通枠を全て打ち切らなければならないが、とりあえず1カ後(7月3日)に迫った30億ドルの2国間協定「日韓通貨スワップ協定」は延長せずに確実に打ち切らせよう。




もう韓国への援助はやめよう!

マキャベリは「隣国を援助する国は滅びる」と述べた。

援助された隣国は力をつけながら、援助した国を憎む。

日本は韓国が力を失う(崩壊、滅亡する)ように導かなければならない。


ニッコロ・マキャヴェッリ
マキャべリ
隣国を援助する国は滅びる。
忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない。
報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない。 



シャルル・ド・ゴール
国家間に真の友人はいない。

バーナード・ショー
愚か者でないかぎり、誠実であることは危険である。



平成22年(2010年)外国人参政権反対国民集会で外国人参政権付与の阻止を訴える呉善花拓殖大学国際学部教授
平成22年「外国人参政権反対国民集会」で外国人参政権の阻止を訴える呉善花拓殖大学教授(動画
呉善花(元韓国人)
一般の韓国人は日本人をお金としかみていない。
ゆえに無条件に「こちらを助けてくれるでしょう」というスタンスでくる。
しかも、助ければ感謝の気持ちをもたれるかというと、そうでもない。
逆に、小さな援助では「私の価値はこれしかないのか」と、さらに怒ってくるほどだ。

日本人は、汗も流さないでタダで助けてもらうことはみっともないと感じる。
だが韓国人は、汗をかかないでタダで助けてもらえれば、それは自分に力があるからだと考える。
これは政治も同じで、韓国人は、日本が韓国を助ければ「助けるほどの価値がこちらにある」「助けないとあなたが困るからだ」と考える。
だから助けたとしても絶対に感謝を表明しない。
謝罪も同じで、心を込めて謝るといったことは通用せず、「では、その気持ちを金で表せ」と言ってくる。
そしていったん助けたら一生、お金を出し続けなければいけない。



――――――――――
▼日本から韓国への経済援助▼
・8億ドル+α(経済協力金)1965年
・40億ドル(特別経済協力金)1983年
・100億ドル(通貨危機救済金、その他にIMFや世銀経由で援助)1997年
・200億ドル(ウォン高救済基金)2006年
・300億ドル(ウォン安対策で300憶ドルの「日韓通貨スワップ」融通枠拡大)2008年
・570億ドル(ウォン安対策で570憶ドルの「日韓通貨スワップ」融通枠拡大)2011年


その他、韓国は、ODAの有利子負債の利子を払わず、2002日韓ワールドカップのスタジアム建設費で日本から融資された300億円を未返済だし、日本が出資しているIMF援助などについても返済していない。
――――――――――


以上のとおり、日本は、1965年の国交正常化に伴う莫大な支援によって世界の最貧国たった韓国に『漢江の奇跡』をもたらした他、1997年~2012年の僅か15年間に3回も国家破綻しそうになった韓国を救済した。

しかし、韓国は、現在に至るまで、日本に恩を仇で返し続けている。



もう韓国への援助をやめ、韓国との国交を断絶しよう!

日韓通貨スワップ延長粉砕カウンター街宣2012.10.13
日韓通貨スワップを完全破棄せよ!
韓国は日本の敵だ

画像は「日韓通貨スワップ延長粉砕カウンター街宣」(2012年10月13日東京フォーラム)



官邸などへのメールは、内容などより数が重要!

2~3行で良いから、「日韓通貨スワップ」を延長せずに終わらせるように訴えよう!


首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、財務省、内閣官房、内閣府、金融庁など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

自民党に対するご意見・ご質問
http://www.jimin.jp/voice/

■参考例文1■

━━━━━━━━━━
7月3日に期限を迎える30億ドル日韓通貨スワップ協定を打ち切れ!

7月3日で期限切れとなる30億ドルの「日韓通貨スワップ協定」を打ち切れ。
そして、多国間通貨交換協定「チェンマイ・イニシアチブ(CMI)」に基づく100億ドルの韓国への融通枠も廃止しろ。
その他、「韓国国債の購入」など韓国への経済援助の全てをやめろ。
━━━━━━━━━━


■参考例文2■
━━━━━━━━━━
日韓通貨スワップと韓国国債購入をやめ、韓国と断交し、竹島に自衛隊を派遣しろ!

「日韓通貨スワップ」と「ウォン建て韓国国債の購入」をやめてください。

現在、日本と韓国の外貨融通枠は、「チェンマイ・イニシアチブ」の100億ドルと「日韓通貨スワップ協定」の30億ドルの合計130億ドルが残っています。

韓国が外貨不足となって日韓通貨スワップを使って130億ドル(約1兆3千億円)を日本から受け取る場合、日本には韓国ウォンが残るものの、その後に韓国ウォンの価値が紙屑同然に暴落すれば日本は最大130億ドル(約1兆3千億円)の大損害を被ることになります。

また、日本が「ウォン建て韓国国債の購入」をすれば、日本は韓国の国家破綻によって損害を受けることになります。

韓国の経済的混乱で困るのは、日本ではごく一部の企業だけです。
ごく一部の企業のためだけに、巨額の日本国民の血税を韓国救済に使い、日本全体を危機に陥れるようなことはやめてください。

韓国は日本の領土である竹島を不法占拠している上、韓国の前大統領が勝手に竹島に上陸しましたし、現在のパククネ大統領も以前、竹島に不法上陸し、日本での訴訟が受理されています。

「日韓通貨スワップ」と「韓国国債購入」のような韓国への経済援助を続けることに、日本国民は大反対です。

日本は韓国と国交を断絶しなければおかしいです。

そして、期限を区切って韓国に竹島からの撤退を要求し、期限になっても韓国が竹島から撤退しない場合には、自衛隊を竹島に派遣して自衛行動を開始してください。
━━━━━━━━━━



「韓国への援助は、もうやめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.