正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201302<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201304
韓国がWBC1次Rで敗退!「台湾の食事、ルール悪い」・五輪からレスリング追放する韓国の卑怯技
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




2013WBC
2013WBC
WBC2013で優勝を目指していた韓国だが、1次ラウンドで敗退となった。

台湾 0 0 1  1 0 0  0 0 0  2
韓国 0 0 0  0 0 0  0 3 x  3

バッテリー
韓国:張元準 、盧景銀 、朴熙洙、孫勝洛、張ウォン三、呉昇桓 ― 姜珉鎬
台湾:陽耀勲 、王鏡銘、羅錦龍、郭泓志 ― 高志綱

本塁打
台湾:
韓国:姜正浩1号(8回)

http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130306-00000500-sanspo/
韓国が逆転勝ちも得失点差で第1次R敗退/WBC
(サンケイスポーツ)2013/3/6 0:09

 WBC1次ラウンドB組(5日、韓国3-2台湾、台中)韓国が八回に姜正浩の2点本塁打で逆転勝ちをおさめたが、得失点差で台湾を上回ることができず、前回大会準優勝チームがまさかの第1次ラウンド敗退となった。

 先発・張元準は三回二死二塁から林智勝に中前適時打を許し1点を先制されると、四回にも二死から郭厳文に右翼線二塁打を浴びて降板。リリーフした2番手・盧景銀が陽岱鋼(日本ハム)の中前適時打で2点目を失った。

 七回まで5安打に抑えられていた打線は、八回に元巨人の李承ヨプの左中間越え二塁打などで作った無死三塁の好機で李大浩(オリックス)が左前適時打を放ち1点を返すと、二死一塁から姜正浩が左翼席へ2ランを放ち逆転に成功した。

 B組は2勝1敗でオランダ、台湾、韓国が並んだが、韓国は得失点差で両チームを上回ることが出来ず、第1次ラウンドでの敗退が決まった。



>B組は2勝1敗でオランダ、台湾、韓国が並んだが、韓国は得失点差で両チームを上回ることが出来ず、第1次ラウンドでの敗退が決まった。


試合前の時点で韓国が第2ラウンド(東京)に進む条件は、最低でも5点差以上で台湾に勝たなければならなかった。

韓国が台湾に敗北         → オランダ・台湾が第2ラウンド進出
韓国が台湾に4点差以下で勝利 → オランダ・台湾が第2ラウンド進出

韓国が台湾に6点差以上で勝利 → オランダ・韓国が第2ラウンド進出
韓国が台湾に5点差で勝利    → 「(非自責点でない得点/攻撃イニング)-(自責点/守備イニング)」で順位を決める。これも同じ場合、チーム打率が順位を決める



結果は1点差で韓国の勝利だったため、B組の第2ラウンド進出チームはオランダと台湾の2チームとなり、韓国は第1ラウンド敗退となった。

8回裏の韓国の攻撃が3点差止まりとなった時点で決定した。

■動画
WBC 韓国、1次ラウンド敗退が決まった瞬間 vs台湾 8回裏
https://www.youtube.com/watch?v=LYv8_OfqXrk



韓国は、初戦でオランダに負けた後、2戦目でオーストラリアに勝利したが、3戦目の台湾戦の前から、「台湾の食事の濃い味付けが悪い」とか「気候、観客のせい」などと意味不明な責任転嫁をしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00000024-scn-spo
韓国WBC敗戦の弁「食べ物や気候、観客のせい」…台湾人失笑
サーチナ 3月5日(火)11時28分配信

 WBC第1ラウンドB組の韓国は2日、オランダと対戦し、0-5で完封負けを喫した。第1ラウンドB組は台湾で行われているが、韓国メディアはオランダ戦での敗因について、「台湾は寒いから」、「台湾の食事は味が濃いから」、「台湾人の観客のヤジがうるさかったから」などと報じており、台湾のネットユーザーからは失笑の声があがった。台湾の自由日報が4日付で報じた。

 5日時点で台湾は2勝0敗、韓国は1勝1敗となった。韓国は第2ラウンドへの自力進出の可能性はなくなり、残る1戦と他国の結果および得失点率に進出の望みをかけることになる。

 韓国メディアは「韓国代表が力を発揮できないのは、環境による疲労が原因」と主張、台湾の気温が例年より低く、強風が吹いているため、「5~6℃の気温下でプレーしているのと同じ」と主張した。しかし、相手チームも同じ気象条件でプレーしているため、気温は言い訳にはならないだろう。

 また、韓国代表の不振は、台湾の食事が口に合わず、「台湾の濃い味付けは外国人にとって受け入れがたいもの」と報じる韓国メディアもあり、「3週間も台湾で食事を摂り続けたことで選手たちは食欲不振になった」と主張した。

 そのほか、台湾人の観客のヤジが韓国代表に深刻な影響を与えていると主張する韓国メディアもあるという。

 自由日報によれば、韓国メディアが敗戦の「言い訳」を探していることについて、台湾のネットユーザーからは「台湾よりも気温の低い国の人間が、台湾を寒いと言うとはどういうことだ?」、「台湾の食事が口にあわないなら、シェフを帯同させるべき」などと失笑や反論の声が挙がっているという。(編集担当:及川源十郎)


2013WBC韓国
初戦でオランダに敗れたWBC韓国チーム


韓国のファンは、台湾戦が終わり、結局韓国の第1ラウンド敗退が決定した後も、ルールに疑問符をつけた。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/116955/
【WBC】自国敗退で韓国ファンがルールに疑問符
東スポ 2013年3月6日(水)0時38分配信

 野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組最終日は5日、台湾で行われ、韓国が台湾を3-2で下したものの点差により台湾の2次ラウンド進出が決定。第2回大会の準優勝国は1次ラウンドで姿を消すことになったが、韓国ファンの中にはWBCのルールに疑問を呈する声も上がっている。

(中略)
 
 また、事前に2次ラウンド進出に必要な点差が分かってしまうことに対し「WBCもサッカーW杯予選の最終試合のように2試合同時進行で試合をすべき」「そもそも野球に点差、得点差で順位を決めることが正しいのだろうか」と現在のルールに疑問符をつけるファンも見られた。


条件は皆同じだし、ルールに文句があるなら、やる前に言うべきだった。




この【台湾vs韓国】戦で目に付いたのは、スタンドで応援する台湾人たちの韓国に対する敵意むき出しのプラカードの数々だった。
韓国がWBC1次Rで敗退!「台湾の食事、ルール悪い」・五輪からレスリング追放する韓国の卑怯技
WBC1次ラウンドB組韓国-台湾のスタンドの台湾応援者(3月5日、台中

【台湾vs韓国】戦で目に付いたのは、スタンドで応援する台湾人たちの韓国に対する敵意むき出しのプラカードの数々だった

【台湾vs韓国】戦で目に付いたのは、スタンドで応援する台湾人たちの韓国に対する敵意むき出しのプラカードの数々だった

【台湾vs韓国】戦で目に付いたのは、スタンドで応援する台湾人たちの韓国に対する敵意むき出しのプラカードの数々だった

【台湾vs韓国】戦で目に付いたのは、スタンドで応援する台湾人たちの韓国に対する敵意むき出しのプラカードの数々だった

【台湾vs韓国】戦で目に付いたのは、スタンドで応援する台湾人たちの韓国に対する敵意むき出しのプラカードの数々だった

【台湾vs韓国】戦で目に付いたのは、スタンドで応援する台湾人たちの韓国に対する敵意むき出しのプラカードの数々だった
國仇家恨
殺韓仔

國仇家恨=国家を侵略され家庭を壊された恨み
殺韓仔=韓国の犬畜生を殺せ



かなり過激だ!

韓国・韓国人は世界中で嫌われているが、台湾人の韓国嫌いは特に凄まじい!

台湾で走るタクシーの窓に、韓国人の乗車を拒否する張り紙が貼られていることもある。
台湾で走るタクシーの窓に、韓国人の乗車を拒否する張り紙が貼られている

台湾国民が韓国を嫌いになった決定的きっかけは、1992年の国交断絶のせいだという。

この時韓国政府は、現在のソウル明洞の街にあった台湾大使館を閉鎖して、そのまま支那大使館として使うようにしたのだが、これをテレビで見ていた台湾国民は血の涙をこぼしながら、刀を研いだという。

台湾国民は、蒋介石総統時代、自分の日本陸軍の3年後輩だった故・朴正煕大統領を助けるために多大な援助をしたにもかかわらず、韓国が自分たちを裏切って共産支那と手を握ったことに対し、かなりの深い恨みを持っているという。
――――――――――
(参考)
●冷戦時代に反共である台湾と韓国は友好国だった。
●台湾は1963年に韓国に経済開発五ヵ年計画を資金援助していた。
●台湾は韓国が1992年に中国と国交樹立する際に、韓国が台湾と断交するのではないかと察し、韓国と幾度となく交渉を行ってきたが、韓国側の答えは「断交などあり得ない」というものだった。
●韓国は断交を阻止したい台湾に国際市場で売れない韓国車を売り付けた。
 にもかかわらず、韓国は台湾との断交に踏み切り、断交した。
 その日のうちに韓国の台湾大使館の保有資産を中国名義に変更した。
 この時、韓国メディアは「我が国(韓国)の見事な作戦により台湾にその意図を察知されずに断交が行われた」「台湾を捨て、中国と友好関係を結ぶことは我が国(韓国)に絶大なる利益をもたらす」という記事を掲載した。
 この為、台湾人の対韓感情は著しく悪化した。
●さらに韓国は台湾の国連加盟やIMF加盟に反対した。
●韓国は台湾にアジア通貨危機の資金援助を要請ではなく命令しており、「通貨危機に陥っていない台湾は韓国に援助する義務がある」といった理解不能な高飛車な物言いをした。

――――――――――

その後も、最近に至るまで、台湾と韓国の間のトラブルは絶えない。

http://news.livedoor.com/article/detail/6541026/
台湾で広がる嫌韓感情、韓国「日本には寛大なのに」と不快感
韓フルタイム 2012年05月09日11時00分

台湾で嫌韓感情が高まっているという。韓国メディアは「韓国に対しては嫌韓感情を見せるのに日本には寛大」などと伝えており、台湾人に不快感を示している。

台湾人の嫌韓感情とはどのようなものなのだろうか? 報道によると、昨年末にはこんな出来事があったという。ある台湾のコメディアンが韓国を訪問した時のこと、宿泊先のホテルでコーヒーポットが故障しており、そのせいで火傷を負ってしまった。その後、コメディアンは台湾に戻るとすぐさま空港で記者会見を開き、「客が火傷を負ったのに韓国のホテルは責任をとらなかった」と発言。高級ホテルとは思えない対応だったと不満を述べ、「韓国はレベルが低い国」と嫌韓感情を露にした。

当然、多くの台湾のメディアはコメディアンの発言を取り上げ、2008年に北京五輪でテコンドーの判定をめぐって両国がもめた問題を絡めながら、韓国を批判的に報じた。

今年3月には、台湾の女優が韓国で番組撮影中に、韓国人スタッフから差別的な扱いをされたと発言。台湾のネット上では「韓国人に礼儀がないのは知っていたがここまでとは…」「韓国芸能人が台湾に来たら同じことをしてあげるよ」「韓国ドラマを見るな」などといったコメントが書き込まれた。

また、台湾で走るタクシーの窓に、韓国人の乗車を拒否する張り紙が貼られていることが判明し、韓国で物議を呼んだりもした。

韓国はこのような嫌韓感情の高まりに警戒感を示す一方、台湾の親日ぶりには不満を感じているようだ。今年2月、台湾で芸能活動をしている日台ハーフのタレントMakiyo(川島茉樹代)が、タクシー運転手を暴行し、逮捕されるという事件があった。Makiyoはその後、台湾で強い非難を浴びたのだが、韓国メディアは「これが韓国人だったら外交問題になっていただろう」と伝え、台湾は日本人に対しては優しい対応を取る傾向があるとの見方を示した。

ある在台韓国人は台湾で広がる嫌韓感情について、「92年に国交断絶してから関係が悪化した。最近では、台湾企業がライバル関係にある韓国企業に押されていることや、韓流がアジアでブームになっていることから韓国に嫉妬しているのかもしれない」と考察した。



上の記事によれば、台湾の嫌韓の原因の一つには、2008年に北京五輪でテコンドーの判定をめぐって両国がもめた問題もあるようだ。

最後に「週刊文春」2月28日号に掲載されていた【レスリングを五輪から追い出した韓国テコンドーの卑怯な決め技】という記事を書き写して紹介しよう。

韓国がIOC委員やFIFA委員や競技審判などを買収することは非常に有名であり、当ブログでも過去に何度も紹介してきた。

ごく最近でも、アルペン競技に必要な雪や長距離滑走コースの無い平昌で冬季五輪を招致したこと、キムヨナの異常な高得点、ロンドン五輪男子サッカーの3位決定戦後に韓国代表の朴鍾佑が「独島セレモニー」をしても銅メダルがはく奪されなかったことなどでも良く分かる。(関連記事

「週刊文春」2月28日号に掲載されていた【レスリングを五輪から追い出した韓国テコンドーの卑怯な決め技】という記事の優れているところは、買収した韓国人や買収されたIOC委員の実名などの他、「ミス・コリア」(美容整形)のデリバリーなど買収の具体的方法などについても紹介されている点だ。

週刊文春
「週刊文春」2月28日号(2月21日発売)
━━━━━━━━━━
レスリングを五輪から追い出した韓国テコンドーの卑怯な決め技

古代オリンピックから3千年の歴史を持つ「人類最古の競技」が危機にある。

「レスリング落選は、国際オリンピック委員会(IOC)が説明責任を果たせていない、矛盾だけらの決定。いかに人脈、権力がモノを言うかがバレてしまったということ」
(スポーツジャーナリスト谷口源太郎氏)

当初はテコンドーが落選候補に挙げられていたが、それを覆したのが韓国サイドのロビー活動である。

今月1日、李明博大統領はIOCのジャック・ロゲ会長に体育勲章「青竜賞」を授与。同日、朴槿惠次期大統領とロゲ会長の会議がセットされ、朴次期大統領はテコンドーについて「技術より礼節を尊重するため、スポーツ精神や青少年教育と合致する」とPR。

IOC理事への食い込みも凄まじい。韓国紙文化日報は〈IOC理事会の半数が親韓派〉と報じた(14日)。カルトシュミット理事(グアテマラ)は世界テコンドー連盟(WTF)の倫理委員を務める。エル・ムータワキル副会長(モロッコ)は仁荷大学から、リーディー副会長(イギリス)は建国大、ファゼル理事(スイス)は漢陽大からそれぞれ名誉博士号を受けてる。他にも4名が韓国側からの働きかけにより「親韓派」だとされている。

伊藤公氏(オリンピック評論家)は日本体育協会国際部参事として勤務する頃からテコンドーの怪しさを注視していた。

「IOCの冊子に『テコンドーは世界140カ国で普及』とあるが、これはテコンドー連盟の嘘。中南米では空手道場に乗り込み、買収してテコンドー道場に変えさせていた。ソウル五輪ではサマランチ会長(当時)と昵懇だった金雲龍委員(同)が強引に採用させた」

金雲龍は招致活動での買収行為が発覚。その後韓国国内で横領など実刑が確定、IOCを追放された。

そもそも88年五輪は99%「名古屋で決定」が下馬評だった。

それをソウルが逆転したのはIOC総会直後の「サンダーバード作戦」だった。委員への派手なプレゼント攻勢に加え、宿舎には「ミス・コリア」がデリバリーされた。

「韓国側はIOC委員の素行を調べ上げて脅すため、KCIAも使ったといわれています。こうした活動はいまも行われている」(前出・谷口氏)

日本が単独開催するはずだった02年W杯を土壇場で共催にされたのも、鄭夢準韓国協会会長が旗を振った接待攻勢の賜物、女性との「現場」写真を撮られて脅された委員もおり、まるで国家的美人局だ

現在、韓国のIOC委員は2人。IOCのスポンサーでもあるサムスン会長李健熙は、背任行為など3度の有罪判決を受けるも、平昌五輪招致で恩赦された。テコンドー金メダリストの文大成は博士論文の盗作疑惑で出身大学が調査中だ。

不思議なほど「潔白」の人がいない韓国五輪関係者。彼らがテコンドー死守のために跋扈する一方、IOCのヒッキー理事は「レスリングのロビー活動は全く無かった。ゼロだった」と明かした。レスリング落選は、むしろ名誉なことだったのかもしれない。

━━━━━━━━━━


ロンドン五輪男子サッカーの3位決定戦後に韓国代表の朴鍾佑(パク・ジョンウ)は、サッカー大韓協会(KFA)のマークをつけた男から「独島はわれわれの領土」と書いた、韓国による竹島不法占拠を正当化する紙を受け取
ロンドン五輪男子サッカーの3位決定戦後に韓国代表の朴鍾佑(パク・ジョンウ)は、サッカー大韓協会(KFA)のマークをつけた男から「独島はわれわれの領土」と書いた、韓国による竹島不法占拠を正当化する紙を受け取り、掲げる政治的宣伝活動(オリンピック憲章違反)を行ったにもかかわらず、銅メダルをはく奪されなかったのも、同様にFIFAの賞罰委員たちが韓国によって買収されたからだ。(関連記事




「韓国が敗退し、清々しい!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.