正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201302<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201304
TPP問題で西田砲炸裂!テロ朝「ビートたけしのTVタックル」動画あり・メリットは殆ど無し
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




西田昌司議員

3月4日放送のテロ朝「ビートたけしのTVタックル」は、西田昌司議員が初めて出演し、TPP問題と日韓関係を中心に討論が行われた。

日韓関係については、
1.自民党が公約に掲げていた「竹島の日」の政府主催の記念式典を韓国への配慮によって開催しなかったこと、
2.それでも南朝鮮人は火病を発症して日本製品の不買運動を展開していること。
3.「3・1独立運動」記念式典では、朴槿恵(パク・クネ)大統領が 「日本は歴史を直視せよ。加害者と被害者の立場は、1000年経っても変わらない」と演説したこと、
4.韓国の裁判所が、韓国人による対馬の大仏の窃盗を正当化したこと、

など、最近、当ブログで既に詳しく取り上げてきた韓国に係る問題点のオンパレードだったので、ここでは省略する。


さて、TPP問題!

TPP問題については、「TVタックル」のことを紹介する前に、どうしても言っておきたいことがある。

日米首脳会談の後、私は2月25日付当ブログ記事でTPPのことについて述べた。

●該当記事
TPP参加と日銀総裁黒田は本当か?
TPPは実際に前のめり
支那工作員の黒田東彦が日銀総裁?
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4977.html



その際に、その記事に次のようなコメントが寄せられた。
――――――――――
安倍首相叩きはシナ朝鮮の思うつぼ。

coffeeさん、またまた批判記事を書きましたよ。

マスゴミのインチキにダマされないでくださいね?

そもそもオバマにはTPP参加を決定する権限自体も無いのですよ?

マスゴミが日本国内世論の分断を謀って安倍政権叩きを進めようとしているだけです。

まともな日本人であれば、安倍首相を支えて参院選では自民党を大勝させねばなりません。

それからです。
全ては。

マスゴミにcoffeeさんともあろう人が踊らされないでくださいね。

2013/02/25(月) 18:22:54 | URL | れおん #eBcs6aYE [ 編集 ]
――――――――――

相変わらずのマジキチ保守もどきブログ

安倍さんはTPPに参加するような発言は一切していない。
いい加減保守分裂を図るような記事のせるのやめてくれないかなぁ、、、

ほかの保守ブログはちゃんとわかってるのにねぇ、、、

2013/02/26(火) 12:52:56 | URL | あきちゃ #XmVp7pSo [ 編集 ]
――――――――――

マスコミの飛ばし記事に対して過剰に反応され、怒りも顕な記事を度々upされる事は、管理者様のようなランキング上位のブログでは、やはり少なからず影響力があり保守分裂をまねきます。日本を思われるなら、まず深呼吸して大局を見極めてから記されるか、穏やかな推察論で記されたほうが宜しいのでは、と思います。…と言いますかそうお願いします。

2013/02/26(火) 17:29:24 | URL | YUKI #- [ 編集 ]
――――――――――

いつもは捏造だなんだとマスゴミの報道を批判するのに、安倍さん絡みの報道は鵜呑みにするんですね。
残念です。

2013/02/26(火) 20:34:15 | URL | 通りすがり #- [ 編集 ]
――――――――――



上記のコメントは、いずれも、私のブログ記事の内容を良く読まずに、私を誹謗中傷している。

私は「安倍首相がTPPの交渉参加に前のめりになっている」とは述べたが、その根拠はマスコミ報道などではなかった。

私が「安倍首相がTPPの交渉参加に前のめりになっている」と述べた根拠は、次の3つだった。


1つは、日米首脳会談後の安倍首相の記者会見。

2つ目は、2月24日の自民党の塩崎恭久政調会長代理の発言

3つ目は、同じく24日の菅義偉官房長官の発言。

私は以上の3つを根拠に「安倍首相がTPPの交渉参加に前のめりになっている」と述べたのだが、上述したコメントでは私がマスコミ報道を根拠に「安倍首相がTPPの交渉参加に前のめりになっている」と述べたことにされている。

非常に心外であり、「ふざけるな!」と言いたい。






さて、3月4日放送のテロ朝「ビートたけしのTVタックル」だが、ネットでは動画も掲載されているので紹介する。
■動画(You Tube)
3.4 ビートたけしのTVタックル TPP問題で西田砲炸裂!!
1:http://t.co/gwFUE1UJgd
2:http://t.co/Mheyff3jWa
3:http://t.co/vpztiYKJht
4:http://t.co/wirDwDZq3U
http://www.youtube.com/watch?v=AMMEq3uCrH4&list=PLd9RmxFldVgRvVlAWQ5DrgfPFnoXOBBXf

■動画(Dailymotion)
TPP ー TV Tackle 25.3.4
http://www.dailymotion.com/video/xxy3k9_tpp-y-tv-tackle-25-3-4_news?search_algo=2



出演者は、TPP賛成派が4人、TPP反対派が3人だったが、議論の内容はTPP反対派が優勢だった。

TPP反対派の西田昌司や三橋貴明らが「TPPのメリットは?」と質問しても、TPP賛成派は有効な回答が出来なかった。

要するに、日本がTPPに参加してもメリットらしいメリットなど何も無いのだ。

一方、デメリットは多く、損害は甚大だ。


例えば、TPPでアメリカは遺伝子組換農作物について強い要求を提案している。

「遺伝子組み換え作物」とは、非常に強烈な除草剤を撒いても枯れない農作物のことだ。

TPPに参加すれば、強烈な農薬を捲かれたアメリカ産の遺伝子組換農作物が「遺伝子組換作物」の表示なしで、日本で格安の値段で大量に販売されることなる。

また、軽自動車の税制優遇見直しによって軽自動車の保有コストが高くなる。

少なくともアメリカがそれを強く要求していることは間違いない。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/130226/bsa1302260815006-n1.htm
【自動車】TPP、自動車分野で先行協議へ 「軽」優遇 見直しなど焦点
2013年02月27日 06:01 | 自動車ニュース

 政府は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加に向け、米国が懸案としている自動車分野の協議に着手する。

 安倍晋三首相は週内にも参加表明する見込みだが、米国の承認には大統領が90日前に米議会に通告するルールがあるため正式な参加決定は6月以降になる。そのため交渉を主導する米国と自動車分野で先行して協議し、交渉参加を円滑に進める方針だ。

 米国側はこれまでの事前協議で自動車や保険分野の日本独自のルールなどを「非関税障壁」として改善を求めてきた。日本側は安易なルール見直しには応じない構えだが、交渉参加を前に事務レベルで懸案を解消する姿勢を示すことで米国の参加承認につなげたい考えだ。

 具体的には、軽自動車の税制優遇見直しや安全基準審査の簡素化などが焦点になる。自動車税では普通車は年2万9500円以上なのに対し、軽自動車は年7200円(軽トラックは4000円)と割安。

 米自動車団体などはこの税制優遇が大型中心の米国車の販売不振につながっているとして、見直しを要望していた。

 また、安全基準の認証審査では「輸入車特別取扱制度」の適用拡大が検討されている。同制度は書類審査のみで、通常のサンプル車両の審査を免除するため、審査期間を2カ月から1カ月程度に短縮できる。ただ、日本への輸入が年2000台以下の車種に限られているため、米国側はこの台数を引き上げるよう求めている。

 自動車分野では米国が普通車に2.5%、トラックに25%の関税をかけているのに対し、日本は関税ゼロ。このため米自動車団体にとっては関税撤廃による日本車の流入増に警戒心が強く、日本のTPP交渉参加に反対してきた。



先日は、次のようなコメントも頂戴した。
――――――――――
日本の植民地化以外の何物でもない TPP

TPP24項目の米国のペーパーを読んで見る
農業や金融自由化だけの問題じゃない。 移民まである。

たとえば、10-公共事業では事業書類はすべて英語で書かなければいけない。 外国企業が参入できるため。

20-労働の移民促進では、外国人が職業移民できるよう、医療関連資格試験などを英語で受けられるようにしろと命令してる。日本語ができなくても移民して働けるようにするって言うこと。
米国によれば、日本市場の「非関税障壁」の中心は、日本語や日本文化そのものだ。
つまり病気になったら患者は、医者や看護士の喋るフィリピン訛りや中国訛りの英語を覚えなくてははいけない。
2013/03/03(日) 23:46:57 | URL | のすり #- [ 編集 ]
――――――――――



とにかく、TPPには、こんな理不尽な要求が山ほどある。

3月4日放送のテロ朝「ビートたけしのTVタックル」では、この辺についても議論されていたので、一部紹介する。

西田昌司議員2013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々
画像と書き起こしは、ブログ銀色の侍魂より
【感想】ビートたけしのTVタックル…TPPに日韓問題等々西田昌司議員も参加して討論!TPPで日本の雇用が守れるか?自由化というのは自由貿易というのはいいのだというふうに思い込んじゃってる!?日韓外交、クネノミクスはいつもの対日たかり外交、歴史を知らぬは韓国人!日本は事実と違うことは飲めない
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1898.html

2013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」
201303050444414482013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々

TVタックル」よりTPP

201303050444414482013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々

201303050444414482013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々

201303050444414482013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々

201303050444414482013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々

201303050444414482013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々

201303050444414482013年3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」よりTPPに日韓問題等々

メディアではしきりに関税についてばかり取り上げているけど
TPPで問題視されているのはそこだけじゃない

メディアではしきりに関税についてばかり取り上げているけど

メディアではしきりに関税についてばかり取り上げているけど
メディアではしきりに関税についてばかり取り上げているけど


西田昌司自由民主党参議院議員
西田昌司自由民主党参議院議員
「問題は問題だと、与党・野党変わらずですね、やっぱり問題点は国民に指摘して行かないと・・
TPPの一番の問題はですね、要するにあの世論が、6割から7割ほど賛成しているでしょう
なんだか分からないんけど、何か自由化というのは自由貿易というのはいいのだというふうに思い込んじゃってるんですね。
だからそうじゃないと、そもそも自由貿易という言葉の裏にですね、いろんな刺があるし
それだけじゃなくてね、僕が一番言いたいのは
要するに、戦後日本は貿易で大きくなってきたというふうに思ってますがね。
この20年間、もう日本が貿易するのはですよ、現地生産で物を売るという方式に変わっているんですよ。
TPPをいくらやって言っても自由化やっていっても結局は国内の雇用は増えないと。
で、海外で雇用が増えちゃう。
企業が儲かるけれども国民の所得は増えない。
これが一番大きな問題で、安倍総理が一番気にされている、いわゆるデフレから脱却するというのはね、まさにこの問題が一番大きな問題なんです。
だから雇用をどうやるか・・・。」



勝谷誠彦氏
勝谷誠彦氏
「結局・・ほとんど、ほとんどちっちゃな国がね、自分達らの事を考えて、単品しか売れる物がないような国がこうしてやろうとしていたものを
アメリカという巨大なものが参入してきたことで完全変質してるんですよ。」


三橋貴明氏
三橋貴明氏
「あとはですね、日本だと物の貿易しか言わないじゃないですか?
そうじゃないんですよ、サービスの制度統一とか、投資の自由化とかですね、結構・・・
(阿川さん「サービスとは例えばどんなこと?」)
例えばですね、弁護士さん、建設サービス、あるいは医療サービス、運送・流通とかですね、会計サービスとかうわーっとものすごい広いんですね範囲が。
それを一気にやろうという話だから結構無茶苦茶。」



西田昌司議員
西田昌司議員
「だからありとあらゆる物をですね、アメリカが基本としている社会に持っていこうとのがTPPの本質なんですよ。
(阿川さん「アメリカのようになっちゃえと?」)
そうそう。」


この他にも結構いいことを言っていて・・・
全部は紹介しきれないけど一部紹介すると。


西田昌司議員
西田昌司議員
「あのね・・・例え間違いはね
要するにアジアの成長と言うんだけどね、アジアは日本よりも断然所得が低いんですよ。
だから日本に作った物をアジアで売れません。
売ろうと思うと、アジアに行って安い人件費で作らないと売れないんです・・ね、それで・・それはまだいいんです。
問題はユニクロのようにですよ、ああいうように向こうで作って日本にね商品を売ってくる。
そうすると日本人は安く商品をもらって嬉しいかもしれないけれども、また会社も儲かるけどもね。
要は日本の雇用はその分全部外に出て行くんですよ。
だからTPPに限らず、自由貿易協定というのは先進工業国にとてはですよ、雇用の流出につながるね・・
だから諸手を挙げて賛成じゃなくて、それをどういうふうに日本の利益に戻るように、そのことを考えないとね。」



西田昌司議員
西田昌司議員
「あのね、これ(TPPのメリット?経済効果?)を私は国会で聞いた。
で、TPPで例えばGDPがいくら伸びるんですかと?
10年後に0.5%程度ね、出ると。
ところが今アベノミクスでですよ、円高が是正され・・ね、景気回復になってきたと
それだけで今年でですよ、2.5%のGDPが増えると言われてるんですよ。
つまりね、アベノミクスが、ものすごい大きな経済効果を生んでいる。
ところが、それに比べて、あのいわゆるこの・・TPPの経済効果は少ないですよ。
で、しかもね、この僅か0.5%程度だけれども、増えるのは企業の利益で、国民の所得の方は増えないの。
TPPの本質は何かと言うとね、一番は最後・・となってくると経済的には殆どメリット無い。
農業問題も・・・
(東国原氏「いやいやいや・・全体で考えたら」)
(平将明議員「そりゃ違う・・そりゃ違う・・」)
(金恵京「私質問があるんですけども」)

問題は、問題はね、日米関係を強固にすることによってね、日本の安全保障がね、強くなるじゃないかと、本音はみんなそう思ってるんですよ。
だから私はね、だから敢えて言うとね・・そこが一番問題なわけ。
つまり、日本とアメリカとの関係でですよ、強固な関係にしようと思うと。
本当はもっと、防衛力を日本が強固にして、それから防衛費ももちろん増やします。
そのために例えばアメリカがですよ、兵器を輸入すると・・アメリカの輸出は増えるんです、アメリカのね雇用も増える。
日本はその分お金がかかるけども、その結果として日本の防衛力は強固になって、かつですよアメリカは駐留経費が少なくなるんですよ。
アメリカにとってもプラスだし、日本にとってもプラス。
これがホントは一番ね、目指すべき方向なんです。」




米韓FTA
米韓FTA

米韓FTA

米韓FTA

米韓FTA

米韓FTA

米韓FTA
米韓FTAは、韓国にとって大失敗


三橋貴明氏
三橋貴明氏
「逆に言うとね、韓国は米(コメ)意外なね、全部やられちゃたんですよ。
全部やられたんですけど・・
(阿川さん「ど・・どういうこと?」)
医療保険で薬価制限があったんですが、これがねえ・・薬制の価格が低いとなると協議しなくちゃいけない、アメリカの製薬会社と・・とか。
共済官庁というのが韓国にもあるんですが、これは解体・・解体。
そこの保険市場にアメリカが入りたいから解体・・とか。
排ガスの規制とかも、アメリカ側がこれは厳しいと言ったらですね、韓国はかけられなくなるとかですね・・
これって国家の主権の問題だから米韓FTAで主権を失っちゃったんです。
だからコメの関税は守れた。」


(以下略)


「TPPのメリットとデメリットを正しく比較しよう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.