FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201212<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201302
荻原博子「アベノミクスで庶民にお金は回らない。インフレにはならない。財布のひもを一層きつく締めていかなければならない」・「2002~’07年と同じ」と言うが、インフレターゲットと財政支出増大の2つの違い
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




荻原博子
荻原博子

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121231-00000302-jisin-pol
「安倍新政権でもインフレにはならない」荻原博子が断言
女性自身 2012年12月31日(月)7時51分配信

「安倍氏のインフレ目標では庶民にお金は回ってこない」と、経済ジャーナリストの荻原博子さんは断言する。政権交代で家計はどうなるのか、荻原さんに聞いた。

「自民党が衆院選で勝利し、アベノミクスなどといわれ盛り上がっています。円安株高が進み、金融緩和でインフレがくるとの見方がありますが、これで景気が回復するかというと、お金が庶民までは回らないのが現実。小泉・安倍政権の2002~’07年のときもそうでした。景気はよくなっても収入は減り続けたのです」

その二の舞になる可能性を考えて、’13年は財布のひもを一層きつく締めていかなければならない、と荻原さんは言う。


「安倍政権がさまざまな金融政策を打ち出してもデフレは解消されず、庶民の給料は一向に上がらない事態が想定できます。もともと企業がグローバル化の流れに対処するべく、大幅な人件費のカットを行ったために給料が上がらず、買い控えが続いていることがデフレの一因だからです。これを解消する雇用対策を打ち出さない限り、デフレ脱却は難しいでしょう」

’13年は所得税、住民税や、法人税に対して、復興特別税が課されることも忘れてはならない。

「所得が減るなかで現金の価値は増すので、ムダを省いてお金をためる習慣をより強化していくことが大切です。中学生以下のお子さんがいる家庭では、年少扶養控除もすでに廃止になっていますので家計は厳しくなるでしょう。デフレ下では現金を抱えているだけで価値が上がることを考え、お金を抱えたまま増やす方法を考えていくことを心がけましょう」



>「自民党が衆院選で勝利し、アベノミクスなどといわれ盛り上がっています。円安株高が進み、金融緩和でインフレがくるとの見方がありますが、これで景気が回復するかというと、お金が庶民までは回らないのが現実。小泉・安倍政権の2002~’07年のときもそうでした。景気はよくなっても収入は減り続けたのです」


この荻原博子というオバサンは、自称「経済ジャーナリスト」という肩書きで良くテレビに出ているが、経済学のことなど何も分かっていない。

いい加減なことばかり言って、何が何でも民主党を応援しているだけのインチキ婆だ。

2009年8月には次の発言をしていた。

http://megalodon.jp/2009-1124-1650-45/gendai.net/?m=view&g=syakai&c=020&no=42613
2009年8月26日 掲載
民主圧勝 株価は上がるのか下がるのか
(一部抜粋)
「麻生首相は政権交代で日本は不安定になると言ってますが、民主大勝で国会のねじれも解消するわけですから、政局はむしろ安定します。株式市場はすでに政権交代を織り込み始めているので、投開票翌日から急騰することはないにしろ、当面は上昇を続けるでしょう。とくに、外国人投資家は“変化”を好感して買いに動くはずです。最悪なのは麻生さんのちょい勝ち。株価は急落します」(経済ジャーナリスト・荻原博子氏)



現実としては、民主党政権に交代してから株価は大幅に値下がりした。

この期に及んで恥かしげも無く、「アベノミクスでは景気は良くならない。お金が庶民までは回らない」などと言っても全く説得力がない。

荻原博子は「小泉・安倍政権の2002~’07年のときもそうでした」と言っているが、2001年から2006年の量的緩和期には円相場は安定していたし、株価は2003年から2007年まで大きく上昇した。

2006年にゼロ金利政策と量的緩和を解除した後に、デフレと円高と株安が酷くなったのだから、2001年から2006年までの量的緩和に効果があったことは間違いない。

しかしながら、当時はゼロ金利政策で量的緩和と言っても、インフレターゲットの導入まではしなかった。

また、当時は小泉構造改革によって、公共事業を大幅に削減していたから、庶民にはお金が回り難かった。


ところが、今回の「アベノミクス」では2%というインフレターゲットを設定している上に、公共事業にも大胆に支出するため、荻原博子が否定している【2002~’07年のとき】とは大きく異なる。

「インフレターゲット」と導入した金融緩和と同時に「公共事業増大」という大きな2つの違いを無視している時点で荻原博子のインチキぶりは明白だ。

そもそも、経済対策(景気刺激策)として政府が行うべきことは、主に金融政策(金融緩和)財政政策(政府支出=公共事業の大幅増加、あるいは減税)の2つだ。

デフレに陥ってから約20年経つが、歴代政権は一度たりとも教科書通りに腰を据えて大胆な金融政策(金融緩和)と財政政策(政府支出=公共事業の大幅増加、あるいは減税)の2つを同時に行った例がない。

今度の安倍政権が初めて大胆な金融緩和と政府支出拡大を同時に行うことになるが、実はこの「アベノミクス」というのは、教科書通りの基本中の基本政策に過ぎないのだ。

過去20年間、どの政府も教科書通りのことをしなかった事が異常だったのだ。


日銀が必要な金融政策(金融緩和)を怠ってきたから、過去20年間もデフレが続き、経済が停滞し、日本国民が苦しみ続けている。

ちなみに、デフレで苦しんでいる国は、世界でたった1カ国「日本」だけだ。

デフレであれば、貨幣供給(通貨供給量)を増やしてインフレにするという金融政策(金融調整)は、日銀に課せられた当然の責務なのだ。

ネットにある「金融用語辞典」でも、次のように説明されている。

よくわかる!金融用語辞典

インフレとデフレ

◆金融調整


需給ギャップは、世の中に出回っている商品(供給量)に対して、通貨量(需要量)にアンバランスが生じている状態です。市場に必要以上にお金が供給されると、物価が高騰するインフレ現象を起こします。逆に、市場に供給されるお金が不足すると、物価が下落するデフレ現象を起こします。

どちらの現象も、経済活動を衰退させてしまいます。そのため、日本銀行では、市中に出回る通貨量が常に適量となるように調整し、極端なインフレやデフレが起こらないように通貨供給量の動向を監視しています。

景気が過熱ぎみのときには、世の中のお金の量(通貨量)を減少させて買い手(需要量)を減らし、需要量と供給量を均衡させて物価の安定を図ります。

不景気の時には、世の中のお金の量(通貨量)を増加させて買い手(需要量)を増やし、需要量と供給量を均衡させて物価の安定を図ります。



デフレならば貨幣供給を増やしてインフレにすることが、日銀として当然行うべき金融政策なのに、それを長年にわたって怠ってきたは犯罪に等しかった。

日本経済の名目成長率は、他の先進諸国と同様に約4%は十分可能であり、その4%の名目成長率を実現するためには、2%のインフレが必要なのだ。

したがって、日銀はインフレ率が2%になるまで貨幣供給を増やし続けるという金融緩和政策は、教科書通りだし、正しい。

日銀が、教科書どおりにちゃんと貨幣供給を増やして年率2%の適正インフレ率にし、日本政府が公共事業を大幅に増大すれば、日本経済は潜在成長率の名目4%が達成され、雇用が確保され、給料も上昇し、株価も上昇し、国民の生活が豊かになるのだ。





>その二の舞になる可能性を考えて、’13年は財布のひもを一層きつく締めていかなければならない、と荻原さんは言う。


日本のGDPの約60%が個人消費支出が占めており、財布のひもをきつく締めれば、日本経済にとっては大きなマイナス影響となる。

荻原博子は、そうして安倍政権での経済浮揚を阻止したいのだろうが、そうはならない。

公共事業を大幅に増やし、金融緩和も行えば、自ずと庶民に金が回り、消費は拡大する。

一方で、株価も上昇するので、資産効果からも消費が刺激される。




「荻原博子のド素人は黙ってろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:マクロ経済学 ミクロ経済学 - ジャンル:政治・経済

新年明けましておめでとうございます。平成25年の日程・第23回参議院議員通常選挙など。野球の第3回WBC、サッカーWCアジア最終予選・今年もよろしくお願い申し上げます。
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




2013年、富士山と日の出、かわいいへびの年賀状

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

平成25年 元旦 



今年の主な日程を調べたので掲載します。
2013カレンダー.
1月
通常国会(第183回国会)召集。
株式会社東京証券取引所グループと株式会社大阪証券取引所が合併し、株式会社日本取引所グループ(仮称)に商号変更。
1月6日、NHK大河ドラマ『八重の桜』放送開始。
1月14日、成人の日。
1月20日、アメリカ合衆国大統領就任式。

2月
2月7日、北方領土の日
2月11日、紀元節(建国記念の日)。政府主催で式典予定。
2月22日、竹島の日。政府主催の式典?
2月24日、東京マラソン
2月25日、韓国大統領就任式。2012年12月の選挙の結果により、朴槿恵が同国初の女性大統領として就任する予定。

3月
3月2日~19日、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(第3回WBC)が開催予定。
3月7日、新石垣空港(石垣島東部)が開港する。
3月20日、春分の日
3月20日~4月21日、瀬戸内国際芸術祭2013春開催。
3月26日、サッカーWCアジア最終予選(ヨルダンvs日本)
3月29日、プロ野球開幕

3月31日、財務省は日本の国債、借入金、政府短期証券の合計金額(いわゆる「国の借金」)が2012年度末時点(当初予算ベース)でおよそ1085兆円となり、初めて1000兆円の大台を突破すると見込んでいる。
しかし、「国の借金」とは実は「政府の借金」に過ぎず、実際には日本国は「債権大国」だ。
しかも、日本政府の資産が約700兆円(世界最大)あるため、日本政府の資産から日本政府の借金を差っ引いたネットの「政府の借金」は実は小さい。
財務省やマスコミなどがいう「国の借金1000兆円」は消費税率を上げるための嘘出鱈目だ!


東京銀座にて、新・歌舞伎座が春頃落成

4月
4月1日、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』放送開始。
4月4日、千葉県知事の森田健作が任期満了になる。
4月19日~5月12日、ひろしま菓子博2013(第26回全国菓子大博覧会)開催。
4月20日~4月29日、徳島LEDアートフェスティバル2013開催。
4月28日、「主権回復の日」として祝う式典を政府主催で開催予定。
4月29日、昭和の日

5月
島根県出雲市の出雲大社で、御祭神が仮殿から本殿に遷座される「本殿遷座祭」 が行われる(平成の大遷宮)。出雲大社では60年ぶりの遷宮となる。
5月3日、憲法記念日
5月4日、みどりの日
5月5日、こどもの日

5月12日、母の日

6月
横浜みなとみらい地区で最大級となる商業施設(開発:三菱地所)がみなとみらい駅近くの34街区に開業予定。
6月4日、サッカーWCアジア最終予選(日本vsオーストラリア)
6月11日、サッカーWCアジア最終予選(イラクvs日本)

2012年1月にユネスコ日本政府代表部からユネスコ世界遺産センターに提出された「武家の古都・鎌倉」および「富士山」の世界文化遺産登録推薦書に対して、夏(6月~7月頃)開催される第37回世界遺産委員会の審議にて登録の可否が決定される。

7月
7月1日、東京都制施行70周年
7月15日、海の日
7月20日~9月1日、瀬戸内国際芸術祭2013夏開催。
7月28日、第21回参議院議員通常選挙(2007年)により選ばれた参議院議員の任期満了日。この日の前30日以降(国会の状況により満了日以降となる可能性もある)に、第23回参議院議員通常選挙が行われる。
7月29日、この日までに第23回参議院議員通常選挙が投開票予定。

8月
三重県伊勢市の伊勢神宮(内宮・外宮)で、第62回式年遷宮の「お白石持行事」が行われる。
8月10日~18日、第14回目となる世界陸上競技選手権大会がロシア・モスクワで開催。
8月13日、日本時間の午前3時頃にピーク(極大)を迎えるペルセウス座流星群は、天候次第ではあるが眼視・電波観測共に非常に好条件となる。

9月
9月7日、2020年夏季オリンピックの開催地が決定(アルゼンチンで開かれる第125次IOC総会による)。
9月16日、敬老の日
9月23日、秋分の日

9月28日~10月14日、スポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会)開催。
9月30日、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』放送開始。

10月
伊勢神宮の内宮・外宮で、御神体を旧殿から新殿へと遷す「遷御」が行われる。外宮遷御の翌日には、2005年から続いている第62回式年遷宮の関連行事がすべて終了する。
10月5日~11月4日、瀬戸内国際芸術祭2013秋開催。
10月14日、体育の日

11月
11月3日、明治節(文化の日)
11月23日、新嘗祭(勤労感謝の日)

11月22日~12月1日、東京モーターショーが2年ぶりに東京ビッグサイトで開催。

12月
12月23日、天長節(天皇誕生日)

★日付未定
・JRリニア山梨実験線が年度内に全線開通。
実験線全線開通後、L0系を使用した有料試乗(土日の昼間中心)を早ければ年度内にも開始する。試乗の再開は1998年から不定期で行われていた無料試乗会が終了した、2007年4月以来となる。

・ロシアで、第8回目となるG20首脳会合開催。イギリスで、第39回目となるG8首脳会議開催。

・インドネシアのバリ島で、第25回目となるAPEC首脳会議開催。




「良い年になりますように!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.