FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201202<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201204
「言うだけ番長」前原誠司政調会長、産経記者の会見出席拒否も「言うだけ」に終わる・「事実に基づかない悪口、事実に基づいて報道してもらいたい」と述べたが、言うだけ番長(口だけ番長、口先番長」は事実だ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




怒りの前原番長、産経新聞に殴り込みか!?
怒りの前原番長、産経新聞に殴り込みか!?

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220228066.html
産経記者の会見出席を黙認 民主・前原政調会長
(02/28 21:12)
テレビ朝日ニュース

民主党の前原政調会長は、自らの記者会見に産経新聞社の記者の出席を拒否していた問題で、今回、出席を事実上、黙認しました。そのうえで、改めて一連の記事に対する社としての回答を文書で求めました。

 前原政調会長:「(Q.出席できなかった理由は)事実と異なることについて書かれていて、それについての回答を文書で求めるということで頂いていませんでした。そのことで、私はお断りしたということでございます。その大方針については変更ありません」

 前原氏は、23日の記者会見で自らに対する産経新聞の一連の報道が「事実に基づかない悪口の類で、受容の限度を超える」として、産経新聞記者の出席を拒否していました。しかし、今回の会見については、出席を黙認しました。前原氏は、産経新聞記者からの前回は出席が認められなかったとの抗議に対し、「マスコミには報道する自由や権利があり、制限するつもりは毛頭ない。しかし、事実に基づいて報道してもらいたい」と述べました。



2月23日夕方、民主党の前原誠司政調会長は、国会内で開いた定例記者会見で産経新聞記者の出席を拒否した。

前原誠司は、産経新聞が2月23日午前、前原のことを「言うだけ番長」と記載したことに抗議し、産経記者を排除したのだ。


2月23日昼、産経記者は人事異動のあいさつをしようと、前原と国会内で接触した。

すると前原は「君に話があるんだ」と話し、産経記者を衆院議員会館の自室に連れて行き(番長みたいだ)、次のように話した。
「ことあるごとに『言うだけ番長』と書くのはなぜか。本社の会長の名前で正式に文書で回答してほしい。それがなければ今後、産経には政策調査会の取材を認めない」
「記事を読むだけで暗い気分になる。これは子供のいじめやペンの暴力の次元だ。回答が来るまでは記者会見も取材も認めない」



産経記者は、上司に相談した後、再度前原に接触し、どういう内容の回答を求めるのか、文書で提示するよう求めた。

この時、前原は「考える」と述べるにとどめていたという。

そして、前原は会見場所を別な場所に移した。

そこでは民主党の職員は、出席者に対して普段は求めない名刺提出を求め、産経新聞記者に対して「産経新聞はお断りしています」と述べ、前原政調会長の定例記者会見から排除した。

産経記者が理由を尋ねると、民主党職員は「詳細は承知していない」と返答したという。


ところが、その後、前原が産経記者を会見から排除したことが報道され、産経新聞以外のマスメディアなどからも前原に対する非難の声が上がった。

すると、2月28日になって、前原は、産経新聞記者の出席を黙認した。

結局、産経新聞記者の排除も「言うだけ」に終わり、前原の「言うだけ番長」(口だけ番長)に新たな実績が加わっただけとなった。


これが口だけ番長だ!学ラン姿の前原を見よ!
口だけ番長参上!



前原は、産経新聞が前原を「言うだけ番長」と書いたことについて「事実に基づかない悪口」とか「事実に基づいて報道してもらいたい」と述べたが、前原の「言うだけ番長」は本当に事実ではないのだろうか?



私は、2011年2月13日付ブログ記事で、【「竜頭蛇尾」の生きた見本、前原誠司の「口だけ番長」実績】と題して、前原の「口だけ番長」の実績を掲載した。



▼▼「竜頭蛇尾」の生きた見本、前原誠司の「口だけ番長」実績▼▼


2006年
●「永田偽メール事件」
(堀江メール問題、前原偽メール事件)で「期待しておいてください」発言


2006年2月16日、民主党の永田寿康議員は、「証券取引法違反で起訴されたライブドア元社長の堀江貴文被告が、2005年8月26日付の社内電子メールで、自らの衆院選出馬に関して、武部勤自民党幹事長の次男に対し、選挙コンサルタント費用として3000万円の振込みを指示した」などと指摘。

2月21日の会見で、民主党の前原誠司代表は翌22日の党首討論で新たな証拠を提示する旨の発言。
「期待しておいてください」と疑惑解明に期待感を持たせる発言をした。

上記のように、前原は2月22日の党首討論の前にマスコミに疑惑追及に期待を持たせる発言をしていたが、新たな証拠を開示できなかった(その後永田は議員辞職、2009年に自殺)。

永田偽メール事件,民主党の永田寿康議員
永田寿康議員





2009年9月
●八ッ場ダム中止宣言


2009年9月17日未明、前原は国土交通大臣に就任直後、記者団の取材に対して、国が進めていた八ッ場ダム(群馬県)と川辺川ダム(熊本県)の建設事業について「マニフェストに書いてあることなので中止します」と明言。

しかし、関係自治体などが猛反発すると、ウヤムヤにした。

前原大臣VS6人の知事
前原大臣vs6人の知事





2009年9月
●「JAL再生タスクフォース」(チーム前原)


2009年9月17日、前原国交相は、「日本航空が破綻する事態は絶対あってはならない」と明言!

2009年9月25日、前原誠司国土交通相は、日本航空再建のため専門家らによる大臣直轄の特別チーム「JAL再生タスクフォース」(チーム前原)を設置、同社の再建は政治主導で進めることとした。

前原は主力取引行と共に私的整理の方策を探っていた。

ところが、JALが支援を要請した企業再生支援機構が会社更生法の適用による事前調整型の法的整理の意向を示したため、前原はこれに押し切られる形でJALの法的整理を容認した。


結局、日航は22年1月に会社更生法の適用を申請し経営破綻となった。
日本航空(JAL)の再建問題で、前原誠司国土交通相(47)直属の専門家チーム「JAL再生タスクフォース」は成果らしい成果がないまま、10月末にその役割を終えた。
JAL再建問題で、前原国土交通相直属の専門家チーム「JAL再生タスクフォース」は成果がないまま役割を終えた。





2010年2月
●トヨタ批判「トヨタはユーザーの視点欠如」


トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相
「トヨタは顧客の視点が欠如している」

2010年2月5日夜、前原誠司国交相は、閣議後会見で、トヨタ新型『プリウス』のブレーキ不具合の対応について、「顧客の視点がいささか欠如しているではないか」とトヨタを非難した!

アメリカで荒唐無稽な「トヨタ叩き」が吹き荒れる中、日本の国交省がトヨタを庇うどころか、「長いものには巻かれろ」と言わんばかりにアメリカの「荒唐無稽なトヨタたたき」「誹謗中傷」「風説の流布」に便乗した。

その後2011年2月、米運輸省がトヨタ自動車の急加速問題で「電子制御システムに欠陥なし」との最終報告をまとめたが、当時「トヨタは顧客の視点が欠如している」と批判した前原は知らんぷりをしている。







2010年9月
●「中国の軍事力増強は『現実的脅威』か?」の質問に明言を避けた!

2005年12月8日に当時野党民主党の代表だった前原は、米ワシントンのシンクタンク、米戦略国際問題研究所(CSIS)で行った講演で、中国は経済発展を背景にして、20年近くも軍事費は毎年10%以上の伸び率を確保し、軍事力の増強、近代化を進めています。実際には中国政府が公表している2倍から3倍の軍事費が使われているのではないかとの指摘もあります。これは現実的脅威ですと発言した。

ところが、2010年9月17日夜外務大臣に就任した前原誠司は、記者会見で、支那が【現実的脅威】かとの質問に対して明言を避けた。

●北方領土や竹島をロシアや韓国の不法占拠と回答せず
また、同じく2010年9月17日夜外務大臣に就任した記者会見で、前原は竹島について韓国による【不法占拠】という言葉の使用の是非を質問されたが、回答を避けた。

さらに、北方領土について、ロシアによる【不法占拠】と言い続けるべきか質問されたが、回答を避けた。

―――――――
■動画
前原外務大臣会見(平成22年9月17日)
http://www.youtube.com/watch?v=PVoVxjxXVr4


3:45~6:10、11:00~12:13
記者
前原さんが民主党代表時代に「中国は【現実的脅威】である」と発言したが、現在でも【現実的脅威】なんでしょうか?
これに対して、前原外相は明言を避けた。

24:00~24:45
記者
政府の見解では「竹島は韓国によって【不法占拠】されている」ということになっていますが、岡田前外相は【不法占拠】という言葉を使わなかった。
前原大臣はどう考えていますか?
前原は、明確な回答を避けた。

28:25~29:50
記者
前原大臣は去年、国土交通相、沖縄・北方担当相の時「ロシアが北方領土を【不法占拠】しているということを言い続けていかなければならない」と発言していたが、今後も言い続けていかなければならないと考えているか?
前原は明確な回答を避けた。

―――――――
前原外務大臣会見(平成22年9月17日)






2005年~2010年
●「東シナ海ガス田問題」でも口だけ番長
前原は、民主党代表時代の2005年10月19日に党首討論で、支那が東シナ海の日支中間線付近でガス田開発を強行していることを採り上げ、「地下構造が日本につながっているようなところで、中国がガス田開発をしてどんどん吸い上げる状況になっている。春暁では後20日でパイプラインが通じ、吸い上げられる。見て見ぬふりをするのかと小泉純一郎首相に迫った。

さらに、前原は、「試掘するのが本筋。国連海洋法条約では既成事実を積み上げた方が勝つ。日本は中国の顔色を見ているだけではなく、しっかりと試掘して日本の権利だと主張すべきだと訴えた。

しかも、前原は菅改造内閣が発足した2010年9月17日夜の記者会見で、東シナ海のガス田「白樺」にある支那側の施設に、掘削用のドリルとみられる機材が搬入されていた問題について、「(掘削開始の)何らかの証拠が確認されたら、しかるべく措置をとっていくことになると思う」と述べ、対抗措置を明言している。

前原誠司(掘削開始の)何らかの証拠が確認されたら、しかるべく措置をとっていくことになる

●関連記事
支那は謝罪と賠償を要求し、ガス田「白樺」を掘削
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3989.html


ガス田「白樺」掘削の影響か海水が変色=読売機から和田康司撮影2010年9月
2010年9月下旬、ガス田「白樺」掘削の影響か海水が変色=読売機から和田康司撮影

そして、前原が対抗措置を明言してから約10日後、掘削用ドリルが搬入された支那のガス田施設で海水が変色し、支那による掘削が確認されたにもかかわらず、知らんぷりして何ら対抗措置を講じなかった

前原は民主党代表時代の5年前に、散々小泉首相に「中国の顔色を見ているだけではなく、しっかりと試掘しろ」と迫り、さらに2010年9月17日の外相就任記者会見でも「掘削開始が確認されたら、対抗措置をとる」と明言したにもかかわらず、2010年9月下旬には早くも公約を破った。







2010年秋
●尖閣諸島沖で起きた支那漁船による海保巡視船体当たり事件で、公務執行妨害の容疑で逮捕した支那人船長を釈放
2010年9月7日に尖閣諸島沖で起きた支那漁船による海保巡視船体当たり事件で、公務執行妨害の容疑で逮捕した支那人船長を9月24日に釈放したのも、実は那覇地検の判断ではなく、菅直人首相と仙谷由人官房長官と前原誠司外相の3人による判断だったことが判明している。
福建省の福州空港に到着した支那人船長は両手でVサイン

●関連記事
仙谷が支那に釈放を事前通報!
9月20日菅「一刻も早く対応してくれ」
23日深夜仙谷は首相と前原と電話協議
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4068.html


前原誠司

前原誠司






2011年2月
●北方領土問題に政治生命をかけて訪露したが、失敗。


北方領土問題の解決に「政治生命をかける」と意気込んで初のロシア訪問に臨んだ前原誠司外相だが、失敗。

ロシアのナルイシキン大統領府長官と会談したが、領土問題の交渉打ち切りを警告されて終わった。

当初は今回の前原外相の訪露によって菅直人首相の年内訪露の道筋を描こうとしていたが、難しい情勢となった。

ロシアのラブロフ外相(手前)と会談する前原外相(左)=11日、モスクワ
北方領土問題の解決に「政治生命をかける」と意気込んで初のロシア訪問に臨んだ前原誠司外相

会談後、記者会見する前原外相。手前はロシアのラブロフ外相=11日、モスクワ(ロイター)
会談後、記者会見する前原外相。手前はロシアのラブロフ外相=11日、モスクワ

「最初は威勢いいが…」前原流対露外交、言行不一致に
産経新聞 2月12日(土)21時53分配信

 北方領土問題の解決に「政治生命をかける」と意気込んで初のロシア訪問に臨んだ前原誠司外相は、「ポスト菅」を印象付ける絶好のチャンスを生かせなかった。前原氏には「最初は威勢がいいが、後が続かない」という評価が定着しつつあるが、今回も言行不一致に終わった。
(以下略)




言うだけ番長 前原誠司政調会長
言うだけ番長 前原誠司政調会長






その後、2011年秋頃になると、夕刊フジや産経新聞も、前原の「言うだけ」リストを掲載するようになった。

前原氏の「言うだけ番長」伝説
前原氏の「言うだけ番長」伝説(2011.08.24、ZAKZAK)


前原誠司政調会長の「言うだけ」リスト
前原誠司政調会長の「言うだけ」リスト(2011年9月29日、産経新聞)
「」が前原の発言内容→『』がその後の経過。

「【中国驚異論】中国が公表している2倍から3倍の軍事費が使われているのではないかとの指摘もある。現実的脅威だ(民主党代表時の平成17年12月8日、ワシントン市内での講演)」
↓ ↓ ↓
『対中認識に関する党見解まとめられず。その後、偽メール問題で18年4月に代表を辞任』

「【八ツ場ダム建設工事】中止する。関係自治体の話の中でまとめ、マニフェストを実施する(国土交通相時の21年9月17日、国交省で記者団に)」
↓ ↓ ↓
『国交省関東地方整備局が今年9月13日に建設が望ましいとする検証結果まとめる』

「【日本航空の再建問題】破綻する事態は絶対あってはならない(国交相時の21年9月17日記者会見)」
↓ ↓ ↓
『日航は22年1月に会社更生法の適用を申請し経営破綻』

「【北方領土】終戦のどさくさに紛れて(旧ソ連が)不法占拠した。そのことは言い続けなくてはならない(国交相時の21年10月17日、北海道羅臼町内で記者団に)」
↓ ↓ ↓
『外相就任後、「不法占拠」との表現を封印し、「法的根拠のない形で支配されている」 と言い換える』

「【武器輸出三原則】見直すべきだ。防衛産業が国際共同開発に参加して先端技術に
アクセスできる(政調会長就任後の11年9月7日ワシントン市内での講演)」
↓ ↓ ↓
『野田佳彦首相は9月14日の参院本会議で「三原則は平和国家の基本理念に基づくものであり堅持する」と慎重姿勢』

「【復興増税】増税部分は9.2兆円だ(11年9月27日、記者会見)」
↓ ↓ ↓
『藤村修官房長官が9月29日の記者会見で「スタート時点では11.2兆円だ」と表明』


口だけ番長の前原誠司




結局、前原誠司は「言うだけ番長」「口だけ番長」なのだ。

前原は産経新聞に対して「事実に基づかない悪口」とか「事実に基づいて報道してもらいたい」と言って産経記者を政調会長の定例会見から排除したが、「言うだけ番長」は事実だ

朝鮮人は自分に都合の悪い事実を言われると火病が発症する。

今回、前原が産経新聞記者を自分の定例記者会見から排除したのは、まるで朝鮮人の火病のようだった。




「前原が『言うだけ番長』なのは事実だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.