FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
李忠成の発言問題が韓国でも複数のメディアによって報道・「日本人FWが海外で活躍した歴史がない」「日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃ…」・日本人の自覚なし!・日本国籍の安売りやめろ!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




李忠成の移籍会見の発言「日本人FWが海外で活躍した歴史がない」「日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある」2012年1月16日
李忠成「日本人FWが海外で活躍した歴史がない」「日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある」(2012年1月16日の移籍会見で)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120119-00000014-scn-spo

李忠成の移籍会見の発言が物議「日本のネットユーザーが非難」=韓国
サーチナ 1月19日(木)10時32分配信

 サンフレッチェ広島からイングランドのチャンピオンシップに所属するサウサンプトンへの移籍が決まった、日本代表のFW李忠成選手が16日、広島市内で行った記者会見での発言が物議を醸している。複数の韓国メディアが、李選手の発言が日本で問題になっていると報じた。

 サウサンプトンと2年6ヶ月の契約を結んだ李選手は、記者会見で「サッカー人生の集大成を懸ける」「第2の朴智星を目指す」「プレミアリーグで活躍したい」などと抱負を語り、具体的にはチームの期待するゴールを早いうちに決め、チームの1部リーグ昇格に貢献したいと語った。

 その中で李選手は朴智星選手のプレミアリーグでの活躍を例に「日本人FWが海外で活躍した歴史がない」「日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある」と発言した。

 韓国メディアは、李選手の発言を紹介しつつ「在日韓国人4世のFW李忠成がイングランド進出の抱負を堂々と表明したが、むしろ日本のネットユーザーの非難を浴びた」「在日出身のFW、李忠成が日本蔑視の発言で論争に」「李忠成が韓国より日本の(サッカー)レベルが低いと発言」「日本のサッカーファンたちのプライドを刺激した」などと相次いで取り上げた。

 また、2ちゃんねるなど日本のネット上では「日本の(サッカー)レベルが韓国より低いと評価した」「兵役逃れで日本人になったくせに…」「日本に帰ってくるな」「やはり韓国人は信頼できない」などの書き込みがあるとし、同発言が日本のネット上で非難を浴びていると伝えた。(編集担当:金志秀)


李忠成「日本人FWが海外で活躍した歴史がない」「日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある」(2012年1月16日の移籍会見で)

>その中で李選手は朴智星選手のプレミアリーグでの活躍を例に「日本人FWが海外で活躍した歴史がない」「日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある」と発言した。


1月16日に行われた李忠成による移籍会見での発言には、今まで海外でプレーした日本人FW選手への敬意の欠片もなかった。

しかも李忠成は、その際に朴智星の活躍を挙げて「第2の朴智星を目指す」と発言している。

日本人ならこれらの発言はしない。

やはり李忠成は役所の書類上だけの日本人であり、本当は朝鮮人・韓国人のままなのだ。

李忠成は同じような言動を何年も前から繰り返しており、今後も変わる事はないと思われる。



李は、2004年にU-19韓国代表候補に招集されたが、半島人による在日韓国人に対する激しい差別や虐めに遭い、更にAFCユース選手権2004に挑むU-19韓国代表からも外されたため、オリンピック日本代表を目指して2006年9月に日本への帰化を申請し、2007年2月に帰化が認められ、日本国籍を取得した。
(参考)
■動画
南朝鮮人による在日差別
李忠成「韓国で【半チョッパル】と言われたり凄まじい差別を受けてショックだった。」
http://www.youtube.com/watch?v=CCI8T_DcIo0

―――――
李忠成
「U-19韓国代表チーム候補になってキャンプ入りした時、『何で在日の奴が来たんだ!』と言われました。」
「心が痛くなるくらいショックでした。『半チョッパル』とか…そういう言葉をまさか言われるとは思っていなかった。」
「日本の人よりも、韓国の人の方が僕の味方をしてくれる、と思っていた。なのに真逆のことを言われたショックだったり、自分の思い込みが違っていたと知った時、自分の世界観が壊れました。自分の世界観が一気に変わってしまった出来事でした。」
―――――



忠成は、日本国籍を取得する前は「大山忠成」と通名を使用していたが、帰化したら逆に「李忠成」を使用するようになった。

日本代表に選ばれるようになった後も、日本人としての自覚はなく、朝鮮人・韓国人としての言動を丸出しにしている。本来、こういう奴に日本国籍を与えてはいけない。

ちなみに、李忠成の父親で在日3世の李鉄泰は、今でもコテコテの朝鮮人のようだ。

――――――――――
「日本にはまだ、在日同胞がなぜ日本に残っているのかという歴史自体を分からない人が多い。分かるといっても『在日同胞=貧困、暴力』と同じ否定的な偏見一色でしょう。こういう偏見を破るのに少しでも助けになったようで幸いです」(2011年2月2日サーチナ
――――――――――
「韓日戦があると、忠成が幼稚園のころから、一緒に東京の国立競技場に行っていました。そして、二人でのどが張り裂けんばかりに『大韓民国』と叫びました。今は忠成が日の丸を付けてプレーするようになったので…」
「忠成は日本代表チームで唯一の韓国系日本人として『李』という姓をユニホームに付けています。これは日本のサッカーの新たな歴史です」(2011年8月11日付朝鮮日報)
李忠成(り・ただなり、25)=広島=の父・鉄泰さん(53)
――――――――――



━━━━━━━━━━
▼李忠成(在日朝鮮人出身系帰化人)の代表に関する発言▼

「五輪がなければ国籍変更していない。人生を変える大きな決断だった。」
「韓国代表で出たかったが選ばれなかったので、日本代表でもいいかなと。」
「在日同胞のためにがんばる。」
「大舞台で得点し、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい。」

「韓国人、日本人ではなく、サッカー選手としてここにいる。」(2011年1月29日アジア杯決勝後)
「日本で生まれたが、母と父に韓国の文化を学び、朝鮮学校に通った。体の中に韓国人の血が流れているという事実を忘れてはいない。今は、日本の国家代表選手として活躍しているが、韓国人だという自負心をいつも胸に抱いている」2011年2月2日サーチナ)  
「日本代表として北朝鮮に乗り込むという複雑なことになったが、こうやって北朝鮮の地を踏めるのは光栄なこと。」2011年11月14日
「日本人FWが海外で活躍した歴史がない」「朴智星さんとかは活躍している。日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある。」 ←NEW
平壌でW杯予選…李忠成「北朝鮮の地を踏めるのは光栄」
━━━━━━━━━━


これら李忠成の言動を見ると、残念ながら李は誠心誠意「日本人」になろうとは考えていないことが判る。

また、今でも韓国代表にあこがれを持ち、スパイクの色は韓国カラーのレッドにしているともいう。

自分を日本人と考えていない者が日本代表になっているのだから、非常に忌々しき問題だ。


―――――――――
●李忠成以外の帰化サッカー選手の日本代表に関する発言


ラモス瑠偉(ブラジル系日本人)
日の丸の付いたユニフォームを着るなんて本当に夢のようだった。嬉しくて涙がこぼれたよ。
ラモス瑠偉


三渡洲アデミール(ブラジル系日本人)
帰化するならその国に骨を埋めてもよいという気持ちで帰化すべき。代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい。
三渡洲アデミール


呂比須ワグナー(ブラジル系日本人)
日本が大好きだから、日本サッカーの役に立てる仕事をしたい。
呂比須ワグナー


田中マルクス闘莉王(ブラジル系日本人)
「僕は日本人になったことを誇りに思うし、こういった仲間とやれたことを神様に感謝しなくてはいけない。」
田中マルクス闘莉王


ハーフナーマイク(オランダ系日本人)
「国歌を聞いてやばかった。鳥肌が立った。」
ハーフナーマイク
――――――――



李忠成以外の帰化サッカー選手に立派な日本人が多いことが、せめてもの救いだ。

上でも述べたように、日本人ではなく、韓国人だということに自負心を持ち続ける奴には、日本国籍を与えるべきではない。




日本の帰化審査は甘いことで有名だ。

反日朝鮮人や反日韓国人でも、犯罪者でさえなければ書類を揃えて手続きすると漏れなく日本国籍をゲットしてしまう。

私は、自分を日本人と考えていない者に日本国籍を与えることにはこれまでも強く反対してきたが、ましてや日本代表になるなんて以ての外だと思う。

同様に、自分を日本人と考えていないくせに国会議員になっている者まで居るのだから正気の沙汰ではない。

白真勲なんて帰化しても、形式だけであり、思考はコテコテの韓国人のままだ。


―――――――――
▼白真勲が帰化した(2003年1月)後に述べたこと▼

「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」(2003年、朝鮮日報)

「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」(2003.11.2 TBS サンデージャポン)

「在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」(民団新聞 2004.7.14.)

「日本で外国人参政権が実現しない理由は日本の一部にある偏狭なナショナリズム」(民団国会議員アンケート)

「韓国は心の中にいつもある国」(2007 聯合ニュース)
―――――――――

白真勲「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」


このように白真勲自身が何度も公言しているとおり、奴は帰化して日本の国会議員になっていても、思考は韓国人であることが明白だ。

日本のために働かなければならない国会議員なのに、韓国や在日韓国人のために働かれているのだから、堪ったもんじゃない。

保守と称される人の中にも、「外国人参政権を認めない代わりに、帰化条件を緩和すべき。」などと言っている人が一部に居るが、お門違いも甚だしい。

日本国籍は、外国人参政権と交換条件とするべきものでは全くない。

帰化条件を緩和したら、思考が外国人のまま日本国籍を取得し、その日本国籍を悪用する白眞勲のような不逞外国人が増加するだけだ。

したがって、外国人参政権付与は当然認めてはならないが、帰化条件も今後は厳格化しなければならない。

帰化に関しては、2010年4月17日に日本武道館で開催された「外国人参政権に反対する国民大会」(一万人大会)におけるアメリカ・メリーランド大学講師のエドワーズ博美さんの「アメリカでは国防の義務と参政権はセットとして考え、国籍の安売りは絶対にしません。国籍取得のハードルをもっと高くし、国籍の安売りを絶対に阻止しましょう!」という提言が素晴らしかった!

以前にも紹介したが、日本人は改めて肝に銘じよう!

2010.4.17武道館外国人参政権に反対する1万人大会

そのエドワーズ博美さんの演説から、彼女の提言の一部を書き起こしたので、是非ご覧頂きたい。


■動画
武道館反対集会 メリーランド大学講師 E.博美氏


http://www.youtube.com/watch?v=I0dx4D9BZ-A
━━━━━━━━
【エドワーズ博美の提言抜粋】

現在アメリカでも残念ながら進歩的学者や民主党議員の一部が外国人参政権を叫んでいて、メリーランド州のごく一部の市町村などでは外国人に参政権が認められています。
しかし、この動きは殆ど広がりを見せていません。
なぜなら、アメリカの世論は圧倒的に外国人参政権に反対だからです。
(会場から拍手)
この世論を後押ししているのが、外国人参政権に反対するシンクタンクで1985年に設立された移民研究センターもその一つです。
このシンクタンクの研究員でもあり、ニューヨーク市立大学大学院のスタンリー・レンション教授は「市民権を持たない者に選挙権を与えることがどうしていけないのか」と題する論文の中で、…

(中略)

更に教授は、外国人はたとえ永住資格を持っていたとしても、帰化申請手続きを通じてアメリカ人としてのアイデンティティーを身に付け、アメリカ国家に愛着心を持ち、忠誠を誓う国民になって初めて参政権を付与されるべきだ。
(会場から大きな拍手)
そして、こうしたアイデンティティーと愛着心は、帰化申請手続きに時間と努力を要するからこそ、培われるものだ、と言っています。

このアメリカ帰化申請には5つの条件があります。

1つ目は、永住資格を取得後5年間居住すること。
これはその国に住まずしてその国の文化は理解できないからです。

2つ目は、道徳的人格を備えた者であること。
日本にも素行が善良であることという規定がありますが、アメリカは徹底しています。

過去5年に遡って、殺人、薬物所持、ギャンブルによる違法収入、売春、重婚といった具体的犯罪歴がないか、FBIが調査するのです。

3つ目は、読み、書き、話し、聴くといった英語能力で、英語能力なくしてアメリカを理解することはできないからです。

4つ目は、国旗に敬意を払い、国歌を歌い、戦没者に…
(話の途中だが会場からかなり大きな拍手が沸き起こる)
戦没者に追悼に意を捧げることを始めとして、アメリカの歴史と文化、そして政府の仕組みに関する知識を取得することです。

これら4つがクリア出来て、最後に5つ目の忠誠宣言が行われます。

この宣言で、帰化申請をする外国人は、母国に対する忠誠を放棄し、もし要請があれば武器を持って合衆国軍の一員として戦うことを誓うのです。
(かなり大きな拍手と賛同の声)

母国とアメリカが一戦を交えることがあっても、アメリカ人として武器を持てるのか!こうした覚悟が無ければアメリカ人としての市民権つまり国籍は与えられない!ということです。
(大きな拍手)

たかだか250年の歴史しかない移民大国のアメリカでさえ、自国の歴史に誇りを持ち、国家への忠誠心、具体的には国防の義務と参政権はセットとして考え、国籍のバーゲンセール、安売りは絶対にしません。
(かなり大きな拍手)

2600年も連綿と続く日本が、日本人としての生活習慣や文化、日本語の能力、日本の歴史や政府の仕組みに関する知識の取得、そして日本に対する忠誠心をなぜ新しく日本人になる人に要求出来ないのでしょうか?
(本日一番とも思える大きな拍手と賛同の声)

日本が今なすべきは、国籍取得のハードルをもっと高くして、
(話の途中だが会場から大きな拍手)
日本に忠誠を尽くすことを誓う外国人にだけ国籍を与えるように法律を改正することです。
(かなり大きな拍手と賛同の声)

歴史と伝統を誇るこの素晴らしい日本を守るために外国人参政権付与法案と国籍の安売りを絶対に阻止しましょう。
(かなり大きな拍手が続く)

━━━━━━━━


素晴らしい正論だ!

多くの人が「参政権がほしければ帰化して日本国籍を取得すれば良い」と言う。

中にはそのために「帰化申請を簡略化したり帰化条件を緩和したりして日本国籍を取得し易くするべきだ」という意見もあるが、私は反対だ。

エドワーズ博美の提言が正論だ。

現在、日本の場合、例えば白真勲のような韓国や在日のために日本国籍を悪用する者や、張景子のような露骨な支那の反日工作員にまで日本国籍を与えている。

しかし、それは馬鹿げたことだ。

商売などのために日本国籍を取得したものの、日本への忠誠心が全くない元在日朝鮮人(韓国人)も非常に多い。

日本に忠誠を誓わない外国人には、「日本国籍」も「参政権」も両方与えなければ良いのであり、外国人参政権を阻止するために日本国籍の取得を容易にするという考え方は本末転倒だ。

外国人参政権付与法案を絶対に阻止し、日本国籍の安売りもやめよう!




「日本人の自覚を持ち、日本に忠誠を尽くす者にだけ日本国籍を与えるべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.