正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
支那人と日本人の見分け方 by 外国人・日本人は清潔で礼儀正しく謙虚だが、支那人は不潔で無礼で怒鳴り合う・支那人「西洋人にとって、日本人が過去にアジアにもたらした厄災や、いまだに謝ろうとしないことは関係ない」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120116-00000013-rcdc-cn

<レコチャ広場>中国人と日本人、外国人はどうやって見分ける?
Record China 1月16日(月)12時8分配信

13日、中国人ブロガーが「外国人は中国人と日本人をどうやって見分けるか?」と題した記事を、中国のブログサイトに掲載した。写真はフランス・プロバンス地方の観光地。
13日、中国人ブロガーが「外国人は中国人と日本人をどうやって見分けるか?」と題した記事を、中国のブログサイトに掲載した。写真はフランス・プロバンス地方の観光地。

2012年1月13日、中国人ブロガーが「外国人は中国人と日本人をどうやって見分けるか?」と題した記事を中国のブログサイト・新浪博客に掲載した。以下はその内容。

フランス人の友人が「もしパリの街角でアジア人を見かけたら、その人が中国人か日本人なのかは見ただけでわかる」と私に言いきった。その見分け方には3つのポイントがあるという。1つは服装と印象。エレガントな印象なら日本人、だらしない印象なら中国人。日本人はたとえノーブランドの服を着ていても清潔で、肌も白く、ヘアスタイルも決まっている。中国人はスーツを好んで着用しているが、ピシッとした感じがしない。ヘアスタイルや身だしなみに全く無関心で、だらだらと疲れた感じで歩き、とにかくだらしない。

礼儀正しく、謙虚で、話し声が小さいのが日本人。ところかまわず座り込み、歩きながらつばや痰を吐き、怒鳴り声で話すのが中国人。日本人はすすんで他人に道を譲り、信号を守り、礼儀正しく忍耐強い。目が合うと優しく微笑んでくれる。中国人は他人を押しのけて我先に歩き、マナーやエチケットなど完全に無視。目が合えば、にらみ返してくる。

眼前にある芸術品をしっかり鑑賞し、写真撮影も遠慮がちに行い、その土地の文化や環境を尊重するのが日本人。芸術品の前で大騒ぎするだけで鑑賞もせず、写真を撮ったらすぐに去るのが中国人。日本人は芸術を理解しているが、中国人は「見た」事実だけが大事。芸術そのものには何の関心もない。

国民のイメージは国や民族の価値を決定する重要なポイントだ。友人の話で私はそれを痛感した。西洋人にとって、かつて日本人が過去にアジアにもたらした厄災や、それをいまだに謝ろうとしないことなどは関係ないのだ。このままではわれわれ中国人は不利になるばかり。中国人のイメージアップを真剣に考えなければならない。



>1つは服装と印象。エレガントな印象なら日本人、だらしない印象なら中国人。日本人はたとえノーブランドの服を着ていても清潔で、肌も白く、ヘアスタイルも決まっている。
>礼儀正しく、謙虚で、話し声が小さいのが日本人。ところかまわず座り込み、歩きながらつばや痰を吐き、怒鳴り声で話すのが中国人。
>日本人はすすんで他人に道を譲り、信号を守り、礼儀正しく忍耐強い。目が合うと優しく微笑んでくれる。中国人は他人を押しのけて我先に歩き、マナーやエチケットなど完全に無視。目が合えば、にらみ返してくる。
>日本人は芸術を理解しているが、中国人は「見た」事実だけが大事。芸術そのものには何の関心もない。



まず、このフランス人の的確な観察力と分析力、そして分かり易いまとめに感心した。

私が上記フランス人による「日本人と支那人の見分け方」を読んで思い出したのは、約80年前にアメリカ人によって書かれた『暗黒大陸中国の真実』の中にある「日本人と支那人の違い」についての記述だ。

━━━━━━━━━━
日本人と中国人

(略)
 短い旅行でも違いが分かる。
他人に対する態度が大きく違う。儲け話となると腰が低くなるのが中国人。
日本は違う。自然に腰が低くなり、礼をもって接すること自体に喜びを見出している。例えば、通りを歩いていて、何かを落としたら誰かがサッと拾ってくれる。
中国には、スラム街よりひどく、鵜の目鷹の目の連中が多い。例えば、人力車同士がぶつかったとする。両方の車夫が「何やってんだ、この野郎」と怒鳴りあいになる。
日本人はどうするか。アメリカ人の手本になるよう行動を示してくれるのである。

(略)

 上流階級の日本人は、「武士に二言はない」というサムライである。サムライとは名誉を重んじ、自らの言動に責任を持つ伝統を重んじる特権階級である。
(略)
 中国は全く逆で、言葉の意味はころころ変わる。昔から、嘘つき呼ばわりされても誰もぶじょくだと思わない。そういえば、嘘とか嘘つきという言葉がない。

 日本人は誰もがきれい好きである。一目でわかる。労働者でも毎日風呂に入る。きれい好きで、玄関では靴を脱ぐし、床でも柱でも拭いてきれいにする。不潔を極端に嫌う日本人に対して、中国人は全く逆で、不潔に親近感を持っている。

 先ほど、ちょっとだけ付き合うと中国人が好きになる人が多いと言ったが、長らく付き合うと、圧倒的に日本人が好きになる。アメリカ人と比べると仕事が遅いが、中国人とは比較にならないくらい、信頼できるし、真面目なお付き合いができる、という人がほとんどである。違うという人はいない。
ただし「なくて七癖」、スパイマニアである。

 ちょっと滞在して中国人が好きになるのは、中国がどん底の国だからである。アメリカ人は可哀想な人に愛着を持つのである。もう一つの理由は、日本がアメリカの安全を脅かす存在だからである。

(P250~251)
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)、田中秀雄・先田賢紀智共訳

『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)、田中秀雄・先田賢紀智共訳
━━━━━━━━━━


1.日本人は清潔だが、支那人は不潔だ。

2.日本人は礼儀正しく謙虚だが、支那人は無礼ですぐに怒鳴り合う。



上記2つの点に関しては、約80年前のアメリカ人による説明と現在のフランス人による説明は、完全に一致している。

おそらく、支那人が、不潔で、無礼で、拝金主義で、嘘吐きで、すぐに怒鳴ることは、百年後も千年後も未来永劫変わることはないだろう。






>西洋人にとって、かつて日本人が過去にアジアにもたらした厄災や、それをいまだに謝ろうとしないことなどは関係ないのだ。


ここは短い文章の中にツッコミ所が多い。

まず、アジアとは何か?

アジアには約50の国があり、「日本人が過去にアジアに厄災をもたらした」とか言っているのは、その約50カ国のうちたった2~3カ国の礼儀知らずの嘘吐き国家だけだ

「特ア」と呼ばれる礼儀知らずの嘘吐き国家(支那と南北朝鮮の2~3カ国)を除く約50カ国のアジア諸国は「日本人が過去にアジアに厄災をもたらした」とは言っていない。

次に、事実を述べると、過去にアジアに厄災をもたらしたのは戦前は西洋人であり、戦後は支那人だ

戦前、長年に亘りアジア約50カ国の大半は、イギリス、フランス、オランダなどの西洋人によって植民地支配されていた。

1941年、日本は、米国と英国とオランダによって石油を1滴も買えなくなったため、オランダ領東インド(インドネシア)の石油を獲得しようとして大東亜戦争を開始した。

その結果アジア諸国は西洋人による植民地支配から解放された。

また、戦後になってアジアに厄災をもたらしたのは支那人だ。

最後に、「(日本が過去を)いまだに謝ろうとしない」というのも事実に反する

日本は、謝罪する必要が全くないのに、何度も謝罪している。

アジアの人々は、謝罪する必要がないのに謝罪している日本政府に対して、苦言を呈したほどだ


以下に、補足説明となる資料を掲載しよう。


━━━━━━━━━━
マレーシア ガザリー・シャフェ外相

謝罪する日本の政治家に対して
とくに私(ガザリー・シャフェ外相)が惜しいと思うのは、日本くらいアジアのために尽くした国はないのに、それを日本の政治家が否定することだ、責任感をもった政治家だったら、次のように言うだろう。
『その頃、アジア諸国はほとんど欧米の植民地になっていて、独立国はないに等しかった。日本軍は、その欧米の勢力を追い払ったのだ。それに対して、ゲリラやテロで歯向かってきたら、治安を守るために弾圧するのは当然でないか。諸君らは何十年何百年にわたって彼らからどんなひどい仕打ちを受けたか忘れたのか?日本軍が進撃した時にはあんなに歓呼して迎えながら、負けたら自分のことは棚に上げて責任をすべて日本にかぶせてしまう。そのアジア人のことなかれ主義が、欧米の植民地から脱却できなかった原因ではないか。』


━━━━━━━━━━

インドネシア サンバス長官

「日本の戦争目的は植民地主義の打倒であった。その目的の大半は達成したが、南アフリカ、アジアにまだ残っている。そんな時に行った村山演説は、植民地主義打倒の悲願を放棄したことになる。村山さんは日本の果たしてきた歴史を踏まえ、A・A(アジア・アフリカ)の悲願を代表して、まだ残る植民地主義を攻撃すべきであった。かつての日本は、スカルノ、ハッタ、バー・モウ(アウンサン)、ラウレル、アキノ、汪兆銘、チャンドラ・ボース等を応援したのに、たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは遺憾である」


━━━━━━━━━━

日本への感謝を綴った「日本人よありがとう」という書物の序文に書かれた一編の詩
マレーシア元上院議員 ラジャー・ダト・ノンチック
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/6646/vol4.html

かつて 日本人は 清らかで美しかった
かつて 日本人は 親切で心豊かだった
アジアの国の誰にでも 自分のことのように
一生懸命つくしてくれた

日本への感謝を綴った「日本人よありがとう」という書物の序文に書かれた一編の詩 マレーシア元上院議員 ラジャー・ダト・ノンチック

何千万人もの 人の中には
少しは変な人もいたし 
おこりんぼや 我が儘な人もいた 
自分の考えを 押しつけて
威張ってばかりいる人だって 
いなかったわけじゃない

でも、その頃の日本人は 
そんな少しの嫌なことや 不愉快さを越えて
大らかで 真面目で 希望に満ちて明るかった

戦後の日本人は 自分達日本人のことを
悪者だと思い込まされた 
学校でも ジャーナリズムも
そうだとしか教えなかったから 
真面目に 自分達の父祖や先輩は
悪いことばかりした 残酷無情な
ひどい人達だったと 思っているようだ

だから アジアの国に行ったら ひたすら ペコペコ謝って
私達はそんなことはしませんと 言えばよいと思っている

そのくせ 経済力がついてきて 技術が向上してくると
自分の国や 自分までが 偉いと思うようになってきて
うわべや 口先だけでは 済まなかった 悪かったと言いながら 
独りよがりの 自分本位の 偉そうな態度をする
そんな 今の日本人が 心配だ

日本への感謝を綴った「日本人よありがとう」という書物の序文に書かれた一編の詩 マレーシア元上院議員 ラジャー・ダト・ノンチック

本当に どうなっちまったんだろう
日本人は そんなはずじゃなかったのに
本当の日本人を 知っている 私達には
今はいつも 歯がゆくて 悔しい思いがする

自分のことや 自分の会社の利益ばかりを考えて
こせこせと 身勝手な行動ばかりしている
ヒョロヒョロの日本人は これが本当の日本人なのだろうか

自分達だけでは 集まって
自分達だけの 楽しみや 贅沢に耽りながら
自分がお世話になって住んでいる
自分の会社が仕事をしている
その国と 国民のことを 蔑んだ眼でみたり バカにしたりする

こんな 人達と 本当に仲良くしてゆけるだろうか
どうして どうして日本人は こんなになってしまったんだ

マレーシア元上院議員 ラジャー・ダト・ノンチック

━━━━━━━━━━



また、戦後になってアジアに厄災をもたらしたのは支那人だ。

戦後、支那は、満州国だった満州と南モンゴルを支配したが、南モンゴルは今でも支那からの独立を望んでいる。

さらに、共産支那は、1949年に東トルキスタン共和国を侵略し、1955年に東トルキスタンを「新疆ウイグル自治区」と改称した。

そして、共産支那は、1951年には、チベットに侵攻(侵略)、現地民数百万人を大虐殺し、それまで一度も、支那(漢民族)に支配されたことのなかったチベットを併呑した。

支那は、戦後すぐに南モンゴルや東トルキスタンやチベットを侵略した後も、インドやベトナムなどへの侵略戦争を繰り返し行っている。

――――――――――
1959年、インドと国境紛争を起こしてカシミール地方を武力占領した。

1969年、支那は珍宝島でソビエト軍と衝突。

1979年、支那はベトナムの武力侵略を試みたが、東トルキスタンやチベットのように侵略できなかった。

1987年と1988年、チベットのラサでデモが続発したら、1988年12月に胡錦濤がチベット自治区の書記(総督)に就任し、その後4年間で約20万人のチベット人大虐殺を指揮した。

1988年、支那軍は南沙諸島でベトナム海軍を攻撃(赤瓜礁海戦)して南沙諸島を支配した。

2008年3月、支那は独立や高度な自治を求めて抗議したチベット人を弾圧し大虐殺した。

2009年7月、支那政府は東トルキスタン(ウイグル自治区)で平和的なデモ行進をしていた人々を武力弾圧して大虐殺した。
――――――――――




━━━━━━━━━━
[特集]「アジアの『嫌われ者』は中国だ」

『週刊新潮』'05年9月29日号
日本ルネッサンス 拡大版 第183回
櫻井よしこ

(一部抜粋)

日本人は、自分たちはアジアで嫌われている、歴史の加害者だから常に肩身の狭い想いをしなければならない、と思い込んでいないか。

9月15日から3日間にわたって台北で開催された「アジア民主化のための世界フォーラム」(WFDA)の第1回ビエンナーレでは、そのような感じ方を根底から覆す発言が相次いだ。

WFDAは非政府組織(NGO)であり、同会議には、東南アジア諸国連合(ASEAN)の代表をはじめインド、中国、韓国、米国、カナダ、ドイツ、フランスなど、計39カ国の代表が集った。各国の代表は、政府系研究機関からNGOまでさまざまな人々だった。

彼らが一様に指摘したのは、"アジアの民主化を潰し"、幾千万の人々を"不幸に陥れている"元凶は中国政府だということだった。彼らの中国政府に対する批判は驚くほど強く、反対に日本に対しては、インドやASEAN諸国と共に、より積極的にアジアに関与すべきだという。嫌われているどころか、日本は大いに期待されているのだ。

21世紀の植民地主義

中国の野望はアジアのみならず世界に覇権を確立することである。その方法は対外的には、アジア各国の代表たちが指摘したように物言わせぬ力による恫喝と支配であり、現代の植民地政策と非難されても仕方のないものだ。民主主義の促進を論じた台北での会議では、そのような政策で中国は一体誰を幸福にしたのかとの疑問も出された。

通常の民主主義国家では想像出来ない大悲劇を生み出し続けてきた中国は、現在も中国共産党の面子と権威を守るために、国民を犠牲にしたことを覆い隠す。そのような政府が、国民を幸福に出来るはずはない。その国に他国を幸福に導くことなど出来ない。

こうした長い議論のなかで、アジアの人々は言うのだ。日本にもっと、前面に出てほしい、日本こそが先頭に立って、インド、ASEAN諸国と共に、アジアのために働いてほしいと。

(略)

第一歩は中国の横暴と恫喝と無法に対して日本の立場を冷静に主張していくことである。東シナ海の海底資源、教科書問題、靖国参拝問題などにおいて、筋の通らない妥協は一ミリたりともしないことが、アジア諸国の期待に応えることにつながる。

━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━
http://www.melma.com/backnumber_45206_4541708/
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成21年(2009年)7月13日(月曜日)
通巻第2661号(臨時増刊号)

もし日本に大乗仏教の利他の精神が残っているなら、日本はすぐに核武装すべきです
昨年の春、在日ウイグル人(新疆ウイグル自治区出身者)の行事に参加した時に出会った数人のウイグル人が、こう語った言葉が今も耳にこびりついています。
(略)
日本は政治・経済の大国として、アジアの民衆のために役立とうとする気がありますか? 大乗仏教の自利・利他の精神がありますか? もし利他の精神が残っているなら、日本は一日も早く核武装すべきです
(略)
でも戦後日本は、アメリカ・ソ連・中国によって骨抜きにされた。戦争をしないという大義名分の下、経済力だけを伸ばしてきた。でも、それは利己主義です。利他の精神を忘れたのですか? 少なくとも昔(戦前)の日本は、わが身を殺して、アジア諸国の独立を助けた。それを軍国主義と非難するのは中国・韓国と日本の左翼だけです。しかも日本の左翼は『軍備は無意味だ』などと主張する。それは中国が密かに注入した日本非武装論以外の何ものでもありません」。

もし日本に利他の精神が残っているなら、我々アジアの弱小民族のために、もう一度戦争してくれとは言いません、せめて中国の東から核兵器で中国を牽制してください。そうすれば、我々のように侵略を受け、弾圧・虐待されている民族が立ち上がった時、中国は現在のような身勝手なことをやりにくくなります。米国はあてにならない。いつでもアジアを見放して引き上げることができます。でも、日本はアジアから引っ越すことはできません。だからこそ、東側から強国日本が、中国の人権弾圧を睨みつけ介入して欲しいのです

核兵器が役に立たない、などという議論は、核所有国が広めたもので、本音は自国の武力の優位性を保持するためのもの。そんな議論をまともに受けて広める日本の左翼は、中国の工作員と何も変わらないと思います。中国が最も恐れるのは、日本の核武装です。米軍が日本から引き上げたら、中国は日本が弱いうちに直ちに攻撃をしかけるでしょう。中国とはそんな国です。日本人は、我々と違って、あの国のいやらしさを知らない。だから、日本は一日も早く核武装すべきです。自利・利他のために
 現に中共で、弾圧され、虐殺され、投獄されている少数民族の人々は、中国人の残虐さを肌身で知っています。それだけに、日本人に対する期待は、日本人の想像以上なのです。
 しかし、一方で、こんな現実も知っています。
日本人は自分の民族の誇るべき歴史や英雄を、子供にきちんと教えません。過去の日本は悪かったとばかり教えます。なぜでしょう? 我々の国では、学校の教師は漢族ばかり。漢族が私たちの子供を人質に取り、子供たちにわが民族の歴史を『悪』だったと教え込むので、我々の父母や我々自身が家庭で、子供に民族の誇りを教えています。こうして細々とながら民族の誇りを語り継いできたのです。なのに、日本はなぜ、恵まれた環境があるのに、子供たちの精神を損なうようなことばかりするのでしょうか? いまだに米国と中国の洗脳・呪縛に囚われている大人が多いのでしょうか? それとも工作員ばかりなのでしょうか? 漢族の教師が漢族の生徒にそんなことを教えたら、一生牢獄から出られないでしょう

彼らは、少数民族の過酷な現状を知らない日本人が多すぎると嘆きますが、その不満をめったな人には話せないのも事実です。
(以下略)

━━━━━━━━━━




━━━━━━━━━━
ブータン国王夫妻来日「ブータンには寺院、僧院、城砦が点在し何世代ものブータン人の精神性を反映しています」
●日本のマスコミが報道で多くを削除した演説ブ-タン国王陛下の演説の全文
平成23年 2011.11.17 ブ-タン国王陛下の演説 The speech of His Majesty king of Bhutan
http://news.nicovideo.jp/watch/nw147415/2

■動画
11/17 ブータン王国国王ジグミ・ケサル陛下及び同王妃陛下(国賓)歓迎会
http://www.youtube.com/watch?v=GamBapMjbyY


(一部抜粋)

私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてきました。日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます。

 このグローバル化した世界において、日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識してまいりました。これは神話ではなく現実であると謹んで申しあげたいと思います。


文化、伝統および価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。


偉大な決断と業績を成し遂げつつも、静かな尊厳と謙虚さとを兼ね備えた日本国民。他の国々の模範となるこの国から、世界は大きな恩恵を受けるでしょう。日本がアジアと世界を導き、また世界情勢における日本の存在が、日本国民の偉大な業績と歴史を反映するにつけ、ブータンは皆様を応援し支持してまいります。

━━━━━━━━━━




「支那人は自分の立場をわきまえよ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:歴史認識 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.