正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
マスゴミの増税支援は異常・内閣改造翌日の1月14日に消費増税支援の社説をいっせいに掲載し、テレビも増税にエール・消費増税先にありき 国民無視し 政権後押し・野田首相は財界の応援とメディアの後押しが命綱(赤旗)
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




2011年12月4日付の各新聞消費税増税の広告が掲載された。費用は3億円だったという。
2011年12月4日付の各新に消費税増税の広告が掲載された。
費用は3億円だったという。(画像


翌日2011年12月5日付朝日新聞「社説」は「消費税増税は避けられない」と積極的に消費税増税を後押し。
翌日(2011年12月5日)付朝日新聞の「社説」は「消費税増税は避けられない」と積極的に消費税増税を後押し。


異常な大手メディア!
野田内閣改造の翌日2012年1月14日付で全国5紙が消費増税支援の「社説」をいっせいに掲載!!

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-15/2012011501_01_1.html
大手紙社説 この異常
消費増税先にありき
国民無視し 政権後押し

2012年1月15日(日)、しんぶん赤旗

 消費税増税と比例定数削減の強行に向けて「最強の布陣」とした野田佳彦首相の内閣改造(13日)を受け、大手メディアは14日、いっせいに増税支援の社説を掲載しました。自民、公明両党には「協議から逃げるな」と“3党体制”=事実上の大連立政治の構築を迫っています。消費税増税反対の国民多数の声を無視した“はじめに増税ありき”の横並び社説に、メディアの見識を厳しく問う声があがっています。
―――
(写真)増税世論をあおる全国5紙の14日付「社説」
(写真)増税世論をあおる全国5紙の14日付「社説」

 「読売」は「一体改革実現へ総力を挙げよ 自公は『消費税』から逃げるな」との見出しで大型社説を掲載。消費税率引き上げが持論の岡田克也民主党元代表の副首相への起用を評価し、「問題は、この難局でどう結果を出すかである」と断行を求める一方、「与野党で政治を動かせ」と自公両党に協議参加を求めました。

 「毎日」は、野田首相が自ら説明の先頭に立ち、「火の玉のような熱意をもって局面を打開しなければならない」と激励。「朝日」は「(岡田氏が)改革の先頭に立てるかどうかが改造内閣の命運を左右する」と岡田氏の奮起をあおっています。「日経」も「岡田副総理をテコに一体改革を進めよ」としています。

 異常なのは、どの世論調査でも消費税増税に「反対」が多数となる中で、これらのメディアが国民の声を一顧だにせず一方的に増税をあおる姿勢です。

 八ツ場ダムの工事再開に見られるムダの継続、社会保障と税の「一体改革」といいながら社会保障は切り捨て・改悪メニューばかり、低迷する経済をさらにどん底に落とし込むのでは、という国民の当然の疑問を検証する姿勢も全くありません。これではジャーナリズム本来の役割である「権力の監視」どころか、権力のお先棒を担ぐものだといわれても仕方ありません。

 実際、野田首相にとって、財界の応援とメディアの後押しが命綱です。14日に出演したテレビ番組で「政治生命をかけて『一体改革』は貫いてやりぬく」と発言すると、司会のジャーナリストから「政治生命だけでなく、命を捨てる覚悟でやれば必ず国民に通じる」とエールを送られる一幕もありました。



>消費税増税と比例定数削減の強行に向けて「最強の布陣」とした野田佳彦首相の内閣改造(13日)を受け、大手メディアは14日、いっせいに増税支援の社説を掲載しました。…(略)…消費税増税反対の国民多数の声を無視した“はじめに増税ありき”の横並び社説に、メディアの見識を厳しく問う声があがっています。


「しんぶん赤旗」のくせに、マトモなことを述べている。

国民世論を無視した大手メディアによる「はじめに増税ありき」(消費税増税ごり押し)は本当に酷い。

赤旗は殺人テロ集団「日本共産党」の機関紙であり、マジキチ記事も多いが、この記事は正論だ。

大手メディアによる消費税率引き上げ「ごり押し」は異常であり、このような場合には日本のためではなく、大手メディア自身のメリットのために、ごり押しやステマなどをしていると考えるべきだ。

私は、やはり、財政再建のために金を取る矛先が大手メディアやその利害関係者に向かうことを恐れているのだと考えている。

例えば、直接テレビ局に大打撃を与える「電波利用料」の大幅引上げや「電波オークション」の導入や広告税導入、あるいは大手メディアの大スポンサーであり同胞が多い朝鮮玉入れ屋に打撃を与える朝鮮玉入れ税(パチンコ税)の導入、在日朝鮮商工人の脱税特権の廃止、営利ビジネスを展開している創価学会など宗教法人への課税などだ。

大手メディアが消費税率の引き上げに「賛成」「必要」の論調を展開しているのは、大手メディアに打撃を与える上記の電波利用料大幅引上げや電波オークション導入や広告税導入、パチンコ税導入や在日の脱税特権廃止や創価学会への課税を阻止するためだ

一つずつ簡単に説明しよう。



1.「電波利用料」の大幅引上げや「電波オークション」の導入

日本のテレビ局は、超格安の電波利用料で放送事業を営んできたため、これまでに巨額の暴利を貪ってきた。

国(総務省)がテレビ局に割り当てている電波利用料は、諸外国と比較しても信じられない程安い。

━━━━━━━━━━
各国の電波利用料およびオークションなどによる国の収入
米国 5000億円
英国 2500億円
韓国  350億円(広告収入の一部)
日本   40億円弱(総額650億円だが、80%を携帯電話会社が負担。TV局は40億円以下)

━━━━━━━━━━

もっと電波利用料をテレビ局に払わせ、大手メディアのスポンサーに広告税を払わせれば、国民の税負担は軽減され、消費税率を上げる必要など全くなくなる。
━━━━━━━━━━━━━
週刊ポスト2011年2月18日号・儲かるのは天下り官僚とテレビ局ばかり・2兆円財源の「電波オークション」が密かに潰されていた!
P37-39
週刊ポスト2011年2月18日号


<内部文書入手>
2兆円財源の「電波オークション」が密かに潰されていた!

政府や企業、さらに国民にも「改革」を求めるのが好きなテレビ・新聞。彼らが、ただひとつ躍起になって反対するのが、「電波利権」の改革である。
本誌が入手した電波法改正案からは、重要な「改革案」が外されていた。
その裏には、総務省とテレビ局という「電波利権コンビ」による、必死の抵抗があった。


儲かるのは天下り官僚とテレビ局ばかり

「これでは完全なゼロ回答ですよ。法案から電波オークションの要素が完全になくなっていたのですから」

こう嘆くのは、民主党の情報通信議員連盟のメンバーとして電波オークションの導入を唱えてきた岸本周平・衆議院議員である。今国会に提出される予定の電波法改正案から、入っているはずの「電波オークション」が抜け落ちてしまったというのだ。

これまで日本では、政府が公共の財産である電波を恣意的に割り当て、テレビ局などに無料で免許を与えてきた。電波オークションとは、この電波を競売にかけることで有効利用し、かつ、新規事業者にも電波を開放する制度である。

電波行政に詳しい山田肇・東洋大学教授は以下のように解説する。

「電波オークションでは、電波を国有地と考えて、利用したい事業者が入札し、一番高い値段をつけた事業者が落札する。そうすれば新たな財源として活用できるうえ、公正な競争原理が働くことで新規参入が増え、意欲のある企業に電波が割り当てられます。だからOECD加盟国の大半では、日本のような国による電波の配給制をやめて、電波オークションに切り替えているのです」

民主党は、09年のマニフェストで電波オークションの導入を掲げ、昨年9月10日には、「電波の有効利用のため、周波数再編に要するコスト負担についてオークション制度の考え方も取り入れる」と閣議決定した。欧米では周波数の再編などに伴い、定期的に政府がオークションを行い電波の割り当てを決めるが、民主党はそうした本格的なオークション導入に先立ち、まず電波の利用者が変わる場合の「引っ越し費用」について、オークションの手法を取り入れようとした。それがここでいう「周波数再編に要するコスト負担」である。

そして昨年12月14日には、総務省政務三役が電波法改正案について、「移行コストの負担に関し、オークションの考え方を取り入れた制度を創設する」と発表。当然、今国会には電波オークションを盛り込んだ法案が提出されることになる、との期待が高まっていたのだが……。

今回、本誌が入手した「改革案」には、どこを探してもオークションの文言が見あたらないのである。

前出・山田教授も首を傾げる。

「今回の電波法改正案では、すべては総務大臣が決めるという従来通りの方針が堅持されています。総務省が、業者の選定から引っ越し費用まで勝手に決めるということです」

この「骨抜き」法案は、すでに法制局を通過し、各省折衝も終わっている以上、2月8日に閣議決定し、このまま国会に提出されることになる。総務省は「法案はまだ検討中」と答えているが、電波オークションは事実上、潰されたのだ。


総務省・テレビ局の結託

それにしても、閣議や政務三役の決定を経たはずが、なぜこんなにあっさり覆ってしまったのか。

そこには、総務官僚たちの猛烈な反対があった。

(略)

政治主導の改革を役人が阻む――本来ならば新聞・テレビがもっとも批判すべき構図である。しかし、こと「電波オークション」について、大手メディアが言及することはほとんどない。

なぜなら、その恩恵をもっとも受けてきたのが、他ならぬテレビ局だからだ。テレビ局は、政府から電波を無料で割り当てられている。しかも、年ごとの利用料も「格安」なのだ。

本誌は、昨年末、テレビ局の電波利用料に関する資料を入手、その料金がいかに格安であるかを報じた(10年11月12日号)。

全国128局のテレビ局の事業収入が2兆9676億円にのぼるのに対し 、電波利用料はわずか42億4641万円(数字はすべて08年)。テレビ局がいかに格安で電波を使用し、それで荒稼ぎしているかがわかろう。

また、携帯電話会社(5社)が支払う利用料が約545億円であることを考えても、 テレビ局の優遇ぶりは際立っている。

ところが、電波オークションは、テレビ局にとって「無料割り当て」と「格安利用料」という優遇制度を崩壊させる恐れがある。

テレビ局は地デジ移行にあたっても、無料で電波帯を割り当てられた。その電波帯の価値を海外の事例をもとに試算すると、総額2兆4000億円に相当するという(池田信夫著『新・電波利権』参照)。

だが、電波オークションが広まっていけば、テレビの電波帯についてもオークションしろという声があがってこよう。

しかし、格安の電波利用料で稼いできたテレビ局が値上げにすんなり頷くはずがない。なるほど、総務省もテレビ局も、既得権益を守るために「電波オークション反対」で思惑が一致するわけだ。

今回の「消えた電波オークション」は、官僚や企業は一切損しない仕組みになっていたのである。

その代わり失われたのは、オークションによって得られるはずだった「公平な競争」と「多額な国庫収入」である。
つまり、損をしたのは国民だ。


落札総額は2兆円以上か

(略)

民主党の電波行政改革は、当初の計画通り実行されたなら、自民党政権が温存してきた総務省とテレビ局の癒着を断ち切る大きな意味を持つ。
「皆が近づきたくないのはわかるが、誰かがやらなければならない」(岸本議員)

テレビや新聞は、今日も「消費税増税」や「TPP参加」などの目玉改革を後押しする。だが、その裏で「本当の改革」を潰しているのは、誰なのだろうか。

━━━━━━━━━━━━━


(参考)
――――――――――
【マスコミ】 テレビ局社員の給料が高い フジテレビ1452万円、TBS1358万円、日本テレビ1263万円、テレビ朝日1213万円、テレビ東京1050万円(年収)

テレビ局の社員の給料が高いのは知られていることだが、なかでも年収で高いのはどこの放送局なのか。
「週刊ダイヤモンド」(2010年8月7日号)の特集「上場3309社 給料全比較」でデータ公開している。

最も高いのはTBSで1358万円(平均年齢49・7歳)。
2位以下は大阪の朝日放送1319万円(40・9歳)、日本テレビ1263万円(40・7歳)、テレビ朝日1213万円(41・4歳)、名古屋の中部日本放送1166万円(40・5歳)、福岡のRKB毎日放送1154万円(41・6歳)、テレビ東京1050万円(38・9歳)、WOWOW1018万円(39・8歳)と続く。

フジテレビが登場しないのは放送単体で上場していないからでフジ・メディア・ホールディングスとしては、平均年齢43・9歳で1452万円とダントツである。

NHKは大卒モデル年収で、30歳596万円、35歳738万円。管理職になるとグッと上がって、課長クラス1015万円、部長クラス1314万円、局長クラス1314万円だが、これは基本年俸のみ。
総年俸はもっと多い。
――――――――――






2.広告税の導入

日本ではCM等の広告費は非課税となっているが、広告費には課税するべきだ。

日本の広告費は5兆円以上なので、広告費に10%の広告税を導入すれば約5000億円の税収増が見込める






3.朝鮮玉入れ税(パチンコ税)の導入

朝鮮玉入れ(パチンコ)は換金行為が違法行為だから本来ならすぐに換金行為を取り締まって撲滅させるべきだが、撲滅をソフトランディングさせるならパチンコ税を導入するやり方は一石二鳥で有効だ。
2011.2.26山手線ラリーと在特会の3.1抗議

パチンコ税を導入しろ


しかし、パチンコメーカーやパチンコ屋などのパチンコ産業は、今やテレビ局など大手メディアの大スポンサーとなっている。

だから、大手メディアは、朝鮮玉入れ税(パチンコ税)が導入されないために、消費税率の引き上げを要求しているのだ。






4.在日朝鮮商工人の脱税特権の廃止

社会党の立会いのもとで、国税庁が在日朝鮮人商工連合会と交わした許せない合意は、「五箇条の御誓文」などとも呼ばれる。

■日本国も「公認」の特例税制
――――――
朝鮮総聯と旧大蔵省の間で密約が1976年に交わされた。
要するに、おれたちは税金払いたくないから認めてくれ、って要請が認められたわけ。

1976年10月に国税庁と朝鮮総聯系・在日朝鮮人商工連合会との間で税金の取り扱いに関する「5項目の合意」(五箇条の御誓文)が交わされていて、現在も有効。
民団系にも「5項目の合意」は準用されているよ。
国税庁は合意の存在を否定してるけれど、朝鮮商工連のボス梁守政が「絶対に既得権は守る」と公然と言ってる(笑)。


1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。
3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。
5.裁判中の諸案件は協議して解決する。
――――――



また、伊賀市や桑名市などの自治体では、在日朝鮮・韓国人の住民税を半額程度に減免していた。

しかし、テレビ局などの大手メディアには在日朝鮮・韓国人が多数いるため、大手メディアは在日朝鮮人の脱税特権を非難しない。


【就職】「在日は武器」 在日女子大生、面接で靖国や独島の質問答えてTBSに内定:2007/01/10(水) 民団新聞
■TBSテレビ内定【李民和】さん
李民和
李民和


TBS『みのもんたの朝ズバッ!』で、 毎日新聞の鈴木琢磨が、「メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいる」と暴露した!
毎日新聞の鈴木琢磨「実際、メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいるんですよ。」
■動画
日本のマスコミには、在日朝鮮人が多いんです 【韓流ブームの正体】
http://www.youtube.com/watch?v=IDfEUKhCXps

毎日新聞の鈴木琢磨
「実際、メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいるんですよ。」
━━━━━━━━━━





5.創価学会への課税

創価学会は、全国に1200の会館を保有し、「研修道場」と称する広大な敷地と施設を持ち、さらには全国で43万基に及ぶ墓を会員に販売しまくって荒稼ぎしている。

もともと創価学会の場合、財務(お布施)は会員から半ば強制的に取り立てており、宗教よりも金集めや金儲けを目的としている組織だ。

創価学会の総資産は10兆円超であり、これはトヨタの国内資産やJR東日本の総資産を大きく上回る。

にもかかわらず、日本の異常なまでの宗教法人に対する優遇税制のため、殆ど税金を払っていない。

創価学会は税金逃れのために宗教法人と称しているが、政教分離の日本において宗教施設を選挙活動に利用している。

先進諸国の中で日本ほど宗教法人などの公益法人に税金を優遇している国はない。

例えば、アメリカの場合、まず宗教法人の収益事業所得については日本のような優遇措置はなく、一般の会社と同じ法人税率で課税されている。

さらに、宗教法人であっても、課税当局はその活動の実態を常に調査しており、組織的な政治活動や営利活動をしていることが分かれば個別に宗教団体としての免税特権を剥奪している。

2010.3.6創価学会デモと突撃
【2010年3月6日(土)<創価学会撲滅・課税デモ!>】


しかし、政界には公明党の影響力が強い上、大手メディアや芸能界には創価学会員が多数潜伏しているし、創価学会自体も大手メディアのスポンサーとなっているため、大手メディアが創価学会への課税を唱えることはない。



●フジテレビ(花王、電通)抗議デモ日程
・花王東京 1月20日(金) 11時半集合 12時出発 新宿柏木公園
・電通東京 1月21日(土) 11時半集合 12時出発 水谷橋公園
・名古屋  1月22日(日) 13時集合 13時半出発 栄公園




「大手メディアの消費増税支援は異常だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:財政再建 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.