正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
平清盛ワースト3視聴率!NHK大河ドラマの初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」!放映で「王家」を連呼!7世紀から「天皇」号が成立、平清盛の12世紀には「天皇」と「皇室」「皇家」が普通・NHKの悪意は明白
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




平清盛ワースト3視聴率!NHK大河ドラマの初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」!放映で「王家」を連呼!
「王家」が100回以上連呼されたNHK大河ドラマ「平清盛」初回放送の白河法皇と璋子(待賢門院)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000001-jct-ent

NHK「平清盛」、初回視聴率が歴代ワースト3 「惨敗」は昨夏から決まっていた!
J-CASTニュース 1月10日(火)18時12分配信

 NHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が、大河ドラマ歴代ワースト3の17.3%だったことがビデオリサーチの調べで分かった。前作の、評判が芳しくなかった「江」の初回よりも4.4%下回った。

 ネットでこの原因について検証が行われていて、「低視聴率は始めから分かっていた」という意見が多く出ている。

■「王家」連呼はNHKがやってはならないこと

 初回(2012年1月8日放送)が放送されると、ネット上には「やっぱり『王家』が連呼されている!」などと騒ぎになった。

 実は11年8月にNHKホームページに掲載されたドラマ「平清盛」の紹介が間違っている、などと騒ぎになり、NHKに抗議が殺到した。

 ドラマに登場する鳥羽天皇、上皇、後白河天皇などの「天皇家」を「王家」と表示し、「この国最強の王になった」などと解説していたからだ。皇室は王家ではないし、皇帝は王よりも位が上。日本の天皇を「王」と呼ぶ韓国などの国も存在するが、それは権威を貶めたいためであり、NHKがやってはいけないことだ、という批判だった。

 NHKはこうした批判を受け、「王家」の表示を「朝廷」に変更したが、実際のドラマではそのまま「王家」が使われていた。ネットでは、

  「日本の皇室を王家と辱めた番組なんて誰が見るんだよwww」

などと批判が続いた。

 NHKは、最近の「平清盛」の番組宣伝でも再び「王家」の表現を使っており、番組開始前から、そのことに対してネットで批判の声が再燃していた。

■主役が登場してから論じようという意見も

 初回視聴率が歴代ワースト3だったことがわかると、「王家」使用が大きな失点となり、日本の歴史ドラマファンを敵に回していたのだから当然、といった意見が多く出た。

 また、「江」が独自の歴史観や、登場人物の奔放な振る舞いが仇となって人気が低迷したことを反省せず、「平清盛」でも「王家」騒動によって似たような展開になると感じた視聴者が観るのを避けたし、大河ドラマ離れをした人が増えたはず、と発言している人もいる。

 他の意見では

  「世相が暗い時に平家没落みたいな悲劇は見たくもないよ。太閤記みたいな華々しい話じゃないと」
  「日本人は基本的に平清盛が嫌いだと思う」

などという意見もある。

 とはいっても、初回放送では平清盛の誕生と子供時代の「平太」の生活が描かれただけで、主役の松山ケンイチさんの出演はほとんどなかった。2話以降に松山さんが演じる平清盛が登場し、ドラマの本格展開が行われるため、視聴率は上昇するだろう、と見ている人もいる。



>NHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が、大河ドラマ歴代ワースト3の17.3%だったことがビデオリサーチの調べで分かった。


これは、酷い!

NHK大河ドラマの初回は20%を超えることが普通なのだが、初回で17.3%というのはかなり嫌われている。


▼大河初回ワースト5▼
14.3 春日局 1989年
16.5 花神 1977年
17.3 平清盛  2012年  
17.3 新・平家物語 1972年
17.9 花の乱 1994年



(参考)
●大河初回視聴率2000~2012年
22.6|葵徳川三代
19.6|北条時宗
26.1|利家とまつ
21.7|武蔵
26.3|新選組
24.2|義径
19.8|功名が辻
21.0|風林火山
20.3|篤姫
24.7|天地人
23.2|龍馬伝
21.7|江~姫たちの戦国
17.3|平清盛



このように、大河ドラマの初回で17.3%という視聴率は、かなり酷い。
平清盛ワースト3視聴率!NHK大河ドラマの初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」!放映で「王家」を連呼!

平清盛ワースト3視聴率!NHK大河ドラマの初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」!放映で「王家」を連呼!

平清盛ワースト3視聴率!NHK大河ドラマの初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」!放映で「王家」を連呼!

平清盛ワースト3視聴率!NHK大河ドラマの初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」!放映で「王家」を連呼!
NHK大河ドラマ「平清盛」の初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」! 放映で「王家」を連呼!





>初回(2012年1月8日放送)が放送されると、ネット上には「やっぱり『王家』が連呼されている!」などと騒ぎになった。
>実は11年8月にNHKホームページに掲載されたドラマ「平清盛」の紹介が間違っている、などと騒ぎになり、NHKに抗議が殺到した。
>ドラマに登場する鳥羽天皇、上皇、後白河天皇などの「天皇家」を「王家」と表示し、「この国最強の王になった」などと解説していたからだ。皇室は王家ではないし、皇帝は王よりも位が上。日本の天皇を「王」と呼ぶ韓国などの国も存在するが、それは権威を貶めたいためであり、NHKがやってはいけないことだ、という批判だった。
>NHKはこうした批判を受け、「王家」の表示を「朝廷」に変更したが、実際のドラマではそのまま「王家」が使われていた。



この辺の経緯については、1月9日付当ブログ記事でも述べたとおりだ。

●一部再掲載

昨年、NHK大河ドラマ「平清盛」の番組HPで「王家」表記だったので多数の批判が寄せられ、NHKは番組HPを「朝廷」に訂正していた。
NHK大河ドラマ「平清盛」で天皇家を王家、天皇を王
「王家」

NHK大河ドラマ「平清盛」で天皇家を王家、天皇を王
「王になるはずのない男が、この国最強の王になった」
(以下略)


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

NHK大河ドラマ「平清盛」で天皇家を王家、天皇を王。「王家」を「朝廷」に訂正
「王家」を「朝廷」に訂正

NHK大河ドラマ「平清盛」で天皇家を王家、天皇を王。「王」を適当に訂正
「王」を「この国の頂点」に変更し、「後白河天皇」を何故か「雅仁親王/後白河法皇」に変更した。

◆現在のNHK大河ドラマ「平清盛」HP
登場人物(相関図)
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/cast/index.html



いずれにせよ、1月8日に実際に放送されたドラマの中の台詞では、一貫して「皇室」のことを「王家」呼ばわりしていた。

●関連記事
NHKが天皇家を「王家」、天皇を「王」と表記
天皇陛下を「日王」と呼ぶ韓国と同じ
NHK来年の大河ドラマ「平清盛」公式サイト
「皇室」(天皇家)を「王家」と呼ぶな!
朝鮮で「王」は支那皇帝から授かる支那「皇帝」より遥かに低い地位
征韓論の背景
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4356.html






NHKなどは【当時「天皇」や「皇室」のことを「王」や「王家」と使われていた】と説明しているが、そんなことはない。

当時でも「王」「王家」の使用は極めて稀であり、当時も普通は「天皇」「皇室」「皇家」が使用されていた


近年の研究では「天皇」号が成立したのは大宝律令で「天皇」号が法制化される直前の天武天皇ないしは持統天皇の時代(7世紀後半)とされている。

したがって、平清盛の時代(12世紀)より500年くらい前から「天皇」は使用されて定着していき、白川法皇や平清盛の時代に「天皇」が「王」と言われることは殆ど無かった。

放映で連呼された「王家」についても、白河法皇当時には「皇室」「皇家」という名称が普通にあり、わざわざ「王家」と呼ぶ必要性は全くない。


昨年、「頑張れ日本!全国行動委員会」がNHK会長宛に出した抗議文に対するNHKからの回答には、「王」や「王家」について「当時の文献でも見受けられ」と述べていたように、当時も「王」や「王家」が主流ではなかったことを認めている。

■動画
【大河ドラマ・平清盛】「王家」についてのNHKからの回答[桜H23/9/15]
http://www.youtube.com/watch?v=UNj-bvaKOKM

【要旨】(チャンネル桜・水島総社長 )
――――――――――
NHKが、教科書などにも記載されてきた「朝廷」という言葉を止めて、「王家」という言葉を使ったのは何故か?
現在世界で皇帝という立場は唯一「天皇」だけだが、それを「王族」という立場に落とそうとしている。

NHKも「当時の文献でも<天皇>と<王>をほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ」述べているとおり、NHKも<王>が主流ではなかったことを認めている。
「見受けられ」と言っているように「王家」は一部でしかなく、「朝廷」が主流である。

「天皇制」なんて言葉は左翼用語であり、「天皇制」と書いてきたこと自体がマルクス主義歴史観になっている。

「法皇・上皇を中心とする一族」とNHKは述べており、皇室を一族呼ばわりしている。「一族」という言葉は許せない。

所功氏・・・「王家」というのは、白川伯王家を王家という(神祇官)

一部の少数意見を以って、NHKは「自分達が選んだ」と言っているが、何様か?
「用いることにした」と言うが、MHKは何の権利があって「皇室」「朝廷」という言葉を「王家」と変えなければならないのか?
理由は何なんだと、改めて言わなければならない。
勝手に 「皇室」の呼び名を「王家」だとか「一族」と言っていいのか。

公共の電波を使って、国民からお金を強制的にふんだくって、テレビ局が、それをやっている。許さない。
「一族」とは何なんだ?!
全く、敬意も尊崇の念も畏れも、全く持っていない。
許したら、NHKはもっとだダメになるし、皇室攻撃は、日本を解体する国民への攻撃だ。
日本を解体する、国柄、国体まで変えようとする。

――――――――――


これら多くの抗議がNHKに寄せられた結果、NHKも「王家」を不適切と認め、昨年HPで「王家」を削除している。

それなのに、実際の放映では「王家」を連呼したのだから、結局NHKは故意に「天皇陛下」や「皇室」の権威を落とすための洗脳工作をしているとしか考えられない。



NHKには朝鮮人が多く蔓延っているため、悪意を以って「皇室」や「天皇」のことを「王家」や「王」と呼んでいるのだ。

韓国では今でも天皇陛下のことを「日王」などと呼んでいる

朝鮮人にとっては、「王」は支那の皇帝からその地域を治めて良いと授かる地位であり、支那「皇帝」より遥かに下の地位となる。

例えば、

支那の役人>>>>>>>>朝鮮王

「土下座碑」支那の使いに対して土下座する朝鮮国王の碑
「土下座碑」
ホンタイジの使いに対して土下座する仁祖(朝鮮国王)の碑



ここで朝鮮王は、9回頭を地面に叩きつけて、ひれ伏し、清の使者を迎えました
迎恩門
清皇帝から受けた恩に、感謝して迎えるために作った門
ここで朝鮮王は、9回頭を地面に叩きつけて、ひれ伏し、清の使者を迎えた。




しかし、日本の場合は、聖徳太子の時代から、天皇陛下と支那皇帝は対等の地位だった。

天皇≒皇帝

織田豊臣徳川 ≒大王

大名≒王


明治になって征韓論が唱えられるようになった背景はいろいろあるが、李氏朝鮮特有の小中華主義と日本蔑視観・侮日観も大きな一因だった。

明治維新直後、当時の日本は独力で欧米の侵略から身を護る自信がなかった。
だから、日本は、清国・朝鮮と手を組み、独立を維持しようと考えていた。
そこで、日本は、朝鮮に対して日本の政権交代(明治新政府樹立)の通告を兼ね、国交と通商を求める国書を出した。
ところが、朝鮮は「こんな物は受け取れん」と突き返した。
当初、日本は、どうして朝鮮が日本の国書の受取を拒否するのか理解できなかった。

やがて、朝鮮が日本の国書を受け取りを拒否した原因が判明した。
国書は天皇の書簡なので『皇』の字が入っていたのだ。
朝鮮が清国の属領だったため、朝鮮にとって『皇』とは清国の皇帝のことであって、朝鮮王はこの字を使えない。
そのような状態で、『皇』の字が入った日本の国書を受け取れば、自動的に日本の属国になるというのだ。
日本には、そのつもりはないから説明しようとするが、朝鮮は頑として受け付けなかった。

このようなこと(書契問題)もあったため征韓論が出て来た。
結局、8年経っても埒があかなかったため、業を煮やした日本は軍艦を使って江華島で大砲をぶっ放し、ようやく朝鮮に国交を結ばせた。




「NHKは『皇室』のことを『王家』と呼ぶな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:大河ドラマ 平清盛 - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.