FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201111<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201201
NHK「坂の上の雲」最終回・制作費250億円だが、第1部で反日シーンを捏造してから低視聴率・「たかじんのそこまで言って委員会」でも同じ現象・「坂の上の雲」舞台が“ボッタクリ巣窟”に!・支那人なら当たり前
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




坂の上の雲第3部
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20111222/enn1112221240005-n1.htm
「坂の上の雲」舞台が“ボッタクリ巣窟”に!
2011.12.22、ZAKZAK

 「まことに小さな国が…」のナレーションで足かけ3年にわたり放送してきたNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」は25日の「日本海海戦」で最終回を迎える。今年の第3部で話題となったのが「203高地」をめぐる攻防戦だ。数多の日本兵が敢闘むなしく倒れゆくシーンに心打たれ、「203高地に行ってみたい」と思った視聴者も多いはず。だが、実際に行くと、ボッタクリ中国人の巣窟と化していた。

 日本から旅順へ直行便はなく、大連から向かう。公共バスの発着場を探すのに一苦労。ようやく見つけても長蛇の列。「もっと早いワゴン車があるよ」の呼び込みにつられ乗り込んだ。

 定員の10人が集まった20分後に出発。運賃はバスの3倍で20元(245円)だ。30分ほどで到着した「203高地」の入場料は40元(500円)と、中国の物価水準ではものすごく高い。遊歩道では、「お兄さん、頂上まで歩くと1時間はかかるよ。見られない所も案内するから」と流暢な日本語ガイドの女性。100元(1225円)を払って、またワゴン車に。

 案内役の運転手は日本語ができず、「カメラ、カメラ」と、撮影ポイントを指差すが、どう見ても普通の山や茂みにしか見えない。唯一、日本軍の第3回総攻撃で戦死した乃木希典の次男、保典の慰霊碑は確認できたが、石で削ったような酷い落書きが…。ロシア軍の塹壕が100年以上経った現在も残っていたのには驚かされるが、草だらけで手入れがされていない。10分ほどで頂上に到着。「1時間かかる」「見られない所も案内する」というのは真っ赤なウソで、余裕で歩ける距離だった。

 乃木希典が戦死者を弔うために建立した「爾霊山」慰霊碑には、第二次大戦後に進駐したロシア人の落書き、さらに文化大革命で一部が破壊された跡が残る。

 立て看板には日本語で〈今はこの爾霊三(ママ)は日本軍国主義による対外侵略の罪の証拠と恥の柱になった〉と誤字混じりで、書き殴られていた。さらに旅順攻略の要となった「28サンチ榴弾砲」(※「サンチ」は戦時中表記で、センチのフランス語読み)の砲身にはタバコの吸殻やテッシュが…。なんということか、中国人のゴミ箱になっていた。

 慰霊碑で英霊に祈りをささげていると、これまた日本語の流暢なオヤジが登場。「無料ですから…」と攻防戦をひととおり解説して恩を売る。そして「こちらへどうぞ。乃木ゆかりの風水の珍しいものです」と、土産物店へ誘導し、法外な値段(1万円以上)のアクセサリーを押し売り。どうにか断って下山するにも、郊外ゆえ足がない。タクシーは「100元」とふっかける。日暮れも近づき、来たときの5倍払って、ようやく市内へ。どこに行ってもボッタクリ。原作者、司馬遼太郎さんの嘆きが聞えそうだ。



>「まことに小さな国が…」のナレーションで足かけ3年にわたり放送してきたNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」は25日の「日本海海戦」で最終回を迎える。今年の第3部で話題となったのが「203高地」をめぐる攻防戦だ。数多の日本兵が敢闘むなしく倒れゆくシーンに心打たれ、「203高地に行ってみたい」と思った視聴者も多いはず。


確かに今年の「第3部」はよく出来ており、私も旅順や「203高地」をめぐる攻防戦には心打たれた。

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部


だた、「坂の上の雲」の制作費は全13話で250億円だから、良いものを作って当たり前と言える

先週、最終回だったTBSの「南極大陸」は散々「大金をかけた!」と言われたが、それでも制作費は全話で20億円だった。
TBS\南極大陸


いかにNHKの「坂の上の雲」の250億円という制作費が凄まじいか、お分かり頂けるだろう。

これで少しは碌なものを作らなければ、どうかしている。

私に言わせれば、第3部は先週まで合格点だが、2009年の第1部は酷い内容で、2010年の第2部も費用対効果でイマイチだった。

第2部はともかく、第1部は絶対に許せない酷さだった。

第1部では、NHKが原作にはない日本軍の悪行を勝手に捏造して放送したから、最悪だった。

例えば2009年12月20日の放送で、NHKは、反日俳優の香川照之が演じる正岡子規が日清戦争に従軍した際、日本軍が支那人から食料などを強奪するシーンを挿入した。

こんなシーンは司馬遼太郎の原作にはなく、NHKによる悪質な反日捏造シーンだった。

日清戦争で日本軍が支那で強奪をしていた事実もなかったから、NHK(反日捏造協会)の強引な偽造だった

坂の上の雲12月20日
坂の上の雲12月20日

また、2009年の第1部の戦闘シーンでは、清軍の砲撃、銃撃により日本兵士がバタバタ倒れるシーンばかりが目立った。

一方、日本軍に追われた清国兵が逃亡したり降伏したりするシーンは皆無だった。

海戦においても、第1部では、秋山真之が乗った艦の乗員が清国砲台の砲撃によって戦死するシーンばかりで、黄海海戦における清国艦隊の撃滅シーンは一切なかった。

さらに秋山真之が「戦争は嫌じゃ」とか、「俺は軍人に向いていない」とか言って悩むシーン、清国住民の反抗シーンなど、原作にはない、反戦色を濃くしたNHKらしいシーンが盛り沢山だった。



さらに、第1部の2009年12月27日の放送では、ナレーションで「朝鮮王妃閔妃が三浦梧楼公使率いる日本人たちによって暗殺された。」と述べた。

これも、原作にはない、悪質な反日捏造だった。

しかも、日清戦争における日本軍による支那人からの食料強奪シーンと同様、史実に反する。

閔妃を暗殺したのは、三浦公使ら日本人ではなく、朝鮮人だった。


首謀者が大院君で、計画が李周會で、実行が禹範善であり、三浦公使ら日本人は少し手を貸しだけだった。

原作にない事を脚色することはドラマ化では良くあるが、完全に史実と異なる反日捏造シーンや虚偽のナレーションを挿入することは許されない。

閔妃
三浦梧楼

●関連記事
NHK「坂の上の雲」で捏造と歴史偽造
12月27日放送で原作にない閔妃暗殺事件を取り上げ、犯人を「三浦梧楼率いる日本人たち」と述べたが、犯人は朝鮮人だ
首謀者は大院君で、実行犯は禹範善
12月20日放送でも原作にない捏造シーンや史実と異なる歴史偽造シーンのオンパレード
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3690.html

NHKに電凸!
反日捏造シーン&ナレーションに抗議!
「坂の上の雲」の日本軍による掠奪シーンと「日本人たちによって閔妃が暗殺」と述べたナレーション
不誠実なNHK男の対応に怒り
抗議文書も郵送し、HPからメール送信も
【ETV特集シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」朝鮮通信使】も酷い!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3691.html




TBSの「南極大陸」も金をかけた割には視聴率が伸びずにバッシングに遭った。

しかし、このNHKの「坂の上の雲」は「南極大陸」の10倍以上の金をかけたのに、視聴率は「南極大陸」より低い。

先週12月18日(日)放送の「坂の上の雲」の視聴率は、11.1%だった。


「坂の上の雲」は、BSで先行放送していることも低視聴率の一因だが、それにしても低過ぎる。

やはり上述したように2009年の第1部で、原作にはなかった、日本を悪者にするための捏造シーンや反戦シーンを散々ドラマで挿入して視聴者の信用を失ったことが、現在の「坂の上の雲」の低視聴率の最大原因だ。






一度信用を失ったテレビ番組の視聴率が急降下し、その後も低迷を続ける現象は、最近「たかじんのそこまで言って委員会」でも顕著に現れている。

私は東京に住んでいるので普段は見ることができない「たかじんのそこまで言って委員会」だが、2011年9月18日(日)放送の読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」は、『韓流ブームの行方は?』と題してフジテレビ抗議デモについて放送した。

まず、9月18日(日)放送前の9月16日(金)発行の「辛坊治郎メールマガジン」第31号で、「ある意味デモ参加者はエライ」と題して辛坊治郎は、公安警察が「フジテレビ抗議デモ」の主要メンバーのリストを作成済みだなどと「アホ丸出し」の出鱈目を書いてデモ参加者を脅迫した

民団(在日韓国人)と癒着があり、日本の国士を貶め、愛国者を脅迫する読売テレビの辛坊治郎
民団(在日韓国人)と癒着があり、日本の国士を貶め、愛国者を脅迫する読売テレビの辛坊治郎


そして、フジテレビ抗議デモを取り上げた9月18日放送の読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」『韓流ブームの行方は?』の内容も酷かった!!

9月18日放送の読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」韓流ブームの行方は?
9月18日放送の読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」韓流ブームの行方は?

結局、9月18日の「たかじんのそこまで言って委員会」では、「K-POPや韓流ドラマの人気はある」と決め付け、ブーム捏造について追及することはなかった。

さらに、フジテレビの抗議デモの原因が、韓流ドラマやK-POPの放送が多いことへの不満であるかのように伝えていた。

韓国人選手のキムヨナを出鱈目に礼賛して日本人選手の浅田真央をひたすら貶して虐める所謂「キムage、真央sage」問題や、フィギュアスケート世界選手権でキムヨナが優勝した時だけ表彰式での韓国国歌をノーカットで放送して日本人選手が優勝すると表彰式での君が代をカットした問題や、日本対韓国戦のことを「韓日戦」と表記したりアナウンスしたりした問題や、「笑っていいとも」などでの捏造ランキング問題や、韓国人犯罪を隠蔽した問題「JAP18」問題などについては無視した。

読売テレビや出演者どもに教えてやるが、「フジテレビ抗議デモ」の根本原因は「韓流ドラマやK-POPの放送が多いこと」というより反日親韓の偏向虚偽放送だ。

9月18日の「たかじんのそこまで言って委員会」は、フジテレビ抗議デモの事態の本質に全く触れなかった。

そして、現在フジテレビの大スポンサーの花王が不買運動されたり、抗議デモをされたりしていることに関しても、全く触れることはなかった。




9月18日に「フジテレビ抗議デモ」について頓珍漢な放送をする以前の「たかじんのそこまで言って委員会」の視聴率は、毎回16%以上だった。

ところが、9月18日に「フジテレビ抗議デモ」について頓珍漢な放送をした後は、視聴率が毎回15%を下回っている。


「400回目前記念!8年間の名珍場面大放出SP」と題したスペシャル番組でも、400回の記念番組でも視聴率は15%未満だった。

――――――――――
「たかじんのそこまで言って委員会」
◆第391回:2011/8/28 放送視聴率:19.9%
◆第392回:2011/9/4 放送視聴率:16.1%
◆第393回:2011/9/11 放送視聴率:17.1%
◆第394回:2011/9/18 放送視聴率:16.1%←フジテレビ抗議デモを取り上げる
◆第395回:2011/9/25 放送視聴率:14.4%
◆第396回:2011/10/2 放送視聴率:12.6%
◆第397回:2011/10/9 放送視聴率:13.1 %
◆第398回:2011/10/16 放送視聴率:10.8 %
◆第399回:2011/10/30 放送視聴率:13.5 %
◆第400回:2011/11/6 放送視聴率:14.2 %
◆第401回:2011/11/13 放送視聴率:11.9 %
◆第402回:2011/11/20 放送視聴率:13.0 %
◆第403回:2011/11/27 放送視聴率:12.2 %

――――――――――






>乃木希典が戦死者を弔うために建立した「爾霊山」慰霊碑には、第二次大戦後に進駐したロシア人の落書き、さらに文化大革命で一部が破壊された跡が残る。
>立て看板には日本語で〈今はこの爾霊三(ママ)は日本軍国主義による対外侵略の罪の証拠と恥の柱になった〉と誤字混じりで、書き殴られていた。さらに旅順攻略の要となった「28サンチ榴弾砲」(※「サンチ」は戦時中表記で、センチのフランス語読み)の砲身にはタバコの吸殻やテッシュが…。なんということか、中国人のゴミ箱になっていた。



まー、支那人がやることだから仕方がない。
旅順港を臨む「28サンチ榴弾砲」の砲身はゴミが散乱していた=中国・旅順
旅順港を臨む「28サンチ榴弾砲」の砲身はゴミが散乱していた・旅順

「28サンチ榴弾砲」の砲身はゴミが散乱していた
「28サンチ榴弾砲」の砲身はゴミが散乱していた

乃木保典慰霊碑の土台には落書きが
乃木保典慰霊碑の土台には落書きが





>だが、実際に行くと、ボッタクリ中国人の巣窟と化していた。
>…
>タクシーは「100元」とふっかける。日暮れも近づき、来たときの5倍払って、ようやく市内へ。どこに行ってもボッタクリ。



このようなボッタクリは支那人なら当たり前のことで、この夕刊フジの記者は支那人のことを殆ど分かっていなかったようだ。

しかし、支那人の実態を知らない日本人は多いので、記事にして日本人に周知することは良いことだ。

古今東西、支那人のやることは同じで、昔から全く変わっていない。

━━━━━━━━━━
チップを多く渡してはいけない

車夫は見るからに哀れな姿をしている(もちろん演技が上手だからである)。
そこでつい、チップを弾むことになる。
すると逆に、「騙された」と大声を上げられる。
また「この客は上海語がわからないな」と思うと、周りで見ている苦人仲間のウケを狙って怒鳴り散らす。
「余分に払うとは金勘定もできない間抜けだ」と思って怒鳴ったり泣きついたりして、さらにふんだくる。
情け無用の世界である。

ある日の夕方、山歩きからの帰り、田んぼで道に迷ってしまった。
道は仕切り石でできているのだが四方八方に伸び、しかも稲が大きくなっていたので道がわからなくなったのである。
仕方なく、近くで遊んでいた農家の子供に道を聞いた。
この子はしばらく一緒に歩いて教えてくれた。
お礼に1ドル銀貨をやった。
子供が1週間働いても貰えない金額である。
この子はさっとポケットにしまってからこう言ってのけた。
「当地の道案内の基本料金は2ドルとなっています」。
これにはさすがの私も呆れて、「お兄ちゃん、それは言 いすぎだろう」とたしなめたが、聞く耳を持たない。
例の手を使って「2ドルくれよぉ」と大声を上げ、身悶えし、泣きついて、3キロもくっついて離れないのだ。

買い物ではお釣りを誤魔化される

初めて買い物をする時はお釣りを誤魔化される。
「お釣りが足りないよ」と抗議すると「本日、交換率が変りましたので」と切り返される。
「そんなことはないでしょ。隣の両替屋へ行って確かめてくるよ」と言うと「ちょっと待って下さい」と言って、少しよこす。
「まだ足りないよ」と問い詰めると、「端数まできっちり計算するとこうなりますか」と言ってちゃんとしたお釣りを渡す。
「小銭が全くなくって困りますね」等と嫌味を言う。
「小銭じゃなくていいからちゃんとお釣りを出せ」ときつく迫ると「もともとそのつもりでいました」というような 顔をして金庫を開ける。
中には小銭がぎっしりある。
こうした時でも礼儀正しく笑顔は絶やさない。
ただし目だけは合わさない。
「またのご来店をお待ちいたします」と言って出口まで見送ってくれる。

イライラしてはいけない。
そういう国なのだ。
すでに合わせ目の一部が変色している生地を手にしながら、「この生地は絶対色落ちしません」と言ったり、1925年創業の会社の商標がついている壷を「正真正銘、明(1369~1644)の壷です」と平気で言ってのける。
どだい言葉には何の意味もないのである。

P33~35(抜粋)
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)、田中秀雄・先田賢紀智共訳

━━━━━━━━━━




「NHKによる第1部の反日捏造シーンを許さない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:坂の上の雲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.