FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201110<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201112


電通成田豊死去!抗議デモの日に!韓国から最高勲章を授与された売国奴の巨魁・【11.20電通・朝日新聞抗議デモ】悪の権化「電通」と捏造と電波記事に王者「朝日新聞」にへの抗議デモに300人!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




電通の成田豊は、韓国が遅れて招致に乗り出した2002年のサッカー・ワールドカップで日本の単独開催を妨害して日韓共同開催を主導した韓国の功労者として韓国から外国人に与えられる勲章としては最高位の勲章(修交勲
2009年3月24日、電通の成田豊(左)は、韓国が遅れて招致に乗り出した2002年のサッカー・ワールドカップで日本の単独開催を妨害して日韓共同開催を主導した韓国の功労者として韓国から外国人に与えられる勲章としては最高位の勲章(修交勲章光化章)を授与された。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E2E2E3848DE0E2E3E3E0E2E3E39F9FEAE2E2E2
成田豊・元電通社長が死去
2011年11月21日2:16、日本経済新聞

 電通の元社長で、日本広告業協会会長などを務めた成田豊(なりた・ゆたか)氏が20日午前0時57分、肺炎のため東京都文京区の病院で死去した。82歳だった。

 日本統治下にあった現在の韓国・天安市で生まれ、1953年電通入社。新聞担当の営業が長く、新聞やテレビ各社だけでなく、各国の要人・首脳と幅広い人脈を築いた。93年に社長就任、2001年11月に東証1部に株式上場を果たし、仏広告大手との提携を決めた。

 02年の会長就任後は海外事業を主に担当、中国や韓国などとの交流を深めた。04年最高顧問、10年名誉相談役。日本広告業協会の会長なども歴任した。

 08年8月、日本経済新聞に「私の履歴書」を執筆した。



元電通社長の成田豊が11月20日未明に死去した。

11月20日は電通への抗議デモがあった日で、私も参加したので少し驚いている。

成田豊は、当ブログで過去に何度か説明したとおり、日本を韓国のために食い物した売国奴の巨魁だった。

テレビがK-POPや韓流ドラマをごり押しする理由の一つは、韓国政府が国策として、韓国の文化や芸術を輸出品として海外へ売り込もうとし、テレビや出版などのメディアに対して絶大な支配力を持つ電通に巨額の工作資金を渡しているためだ。

広告費によって経営が成り立っている日本のメディアは電通の飼い犬状態。

電通は、雑誌や映画や音楽業界に幅広く影響力を持ち、「番組制作会社」「芸能プロダクション」「レコード会社」までその影響下に置いている。

さらに、電通にはNHKが出資した営利企業が20数社もあり、NHK職員の天下り先にもなっているため、電通は広告がないNHKにまで強い影響力を行使している。

このように電通はテレビや出版などのメディアに対して絶大な支配力を持っている。

そして、電通会長の成田豊は韓国の工作員だった。


ソウルで生まれ育った電通の成田豊は、韓国が遅れて招致に乗り出した2002年のサッカー・ワールドカップで日本の単独開催を妨害して日韓共同開催を主導した韓国の功労者として韓国から外国人に与えられる勲章としては最高位の勲章(修交勲章光化章)を授与された。

電通会長の成田豊
2009年、電通会長の成田豊は、サッカーWC(2002年)の日本単独開催を阻止した功績により韓国から最高勲章を授与された!
――――――
(参考)
韓国の勲章

修交勲章
1等級:
光化大章 森喜朗
光化章 成田豊、扇千影、清水信次

2等級: 興仁章
3等級: 崇禮章 岸昌、中川和雄
4等級: 彰義章
5等級: 肅靖章
――――――


「電通」というバケモノ代理店が日本を破壊する!
「電通」というバケモノ代理店が日本を破壊する!







さて、11月20日(日)に行われた【電通・朝日新聞 抗議デモ】について報告する。

【11.20 電通・朝日新聞 抗議デモ】

日時    11月20日(日) 
集合場所  水谷橋公園
集合時間  12時30分 
出発時間  12時45分 雨天決行
ルート : 水谷橋公園→外堀通り→新橋駅前→電通をぐるっと廻って朝日前を通過→市場橋公園解散
約3キロ
主催  2ch大規模off フジデモwith朝日新聞・電通抗議デモ 実行委員会
公式ブログ
http://asahidemo2011.blog.fc2.com/




集合場所となった銀座1丁目にある「水谷橋公園」に着くと、またいつもの愛国犬を発見した!
電通・朝日新聞抗議デモ

電通・朝日新聞抗議デモ
愛国犬


人数は250人くらいだろうか?

天候にも恵まれたが、それほど多くはなかった。

2011.11.20フジテレビ抗議デモwith電通・朝日新聞抗議デモ
アカが書き、ヤクザが売って
バカが読む。朝日新聞



2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
競争なき広告業界はメディア腐敗の元凶
私たちは「一業種一社制」の導入を求めます



予定通り、12:45にデモ行進が出発!

地下鉄「銀座1丁目」駅を進む。

2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
地下鉄「銀座1丁目」駅を通過するデモ隊


日曜日の銀座は多くの人出で賑わっており、デモ行進は注目を浴びた。
2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ

歩道では6人くらいでチラシ配りをしていた。




2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
銀座数寄屋橋交差点の「不二家」前を通過するデモ行進



2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
新橋駅に向かうデモ隊



2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
「竹島は日本」(新橋駅前)



2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
新橋駅から電通がある汐留へ向かうデモ隊



2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
諸悪の根源
電通

朝鮮半島に叩き出せ!




2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
汐留の電通ビル



2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
電通前を通過するデモ隊


電通前を通過するときには、抗議のシュプレヒコールも一段とボルテージが上がる!
2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
電通前で猛抗議!!

■動画
【11.20】電通・朝日新聞抗議デモ【電通本社前】
http://www.youtube.com/watch?v=ER-4TGf6IQg
■動画
2011年11月20日東京・銀座、2ちゃんねる発、電通・朝日新聞抗議デモ
http://www.youtube.com/watch?v=8wBE79aFXGk
■動画
【11月20日】電通・朝日新聞抗議デモ【定点】
http://www.youtube.com/watch?v=iAMAvRJlcv4
12:15~
電通横~電通前
16:53~
朝日新聞本社前

―――――――
シュプレヒコール!!
売国テレビ局と売国企業を結びつける電通を叩き潰せーー!!
電通は韓流ブーム捏造商法をやめろーーー!!
電通は幹部の40億円巨額流用事件を誤魔化すなーーー!!
政府は電通への30億円もの巨額な広告費用を事業仕分けしてみろーー!!
電通は独占禁止法違反のメディア支配をやめろーー!!
公正取引委員会は電通を何度でも指導しろーー!
公正取引委員会は全力で電通を解体しろーー!!
巨大な亡国企業、電通を叩き潰せーー!
電通の分身、反日通信社、共同通信は、いつでも次の標的になることを覚悟しておけーーーー!!
震災を食い物にする反日企業、日本侮辱CMのソフトバンクは、いつでも次の標的になることを覚悟しておけーー!!
―――――――






電通の前でデモ行進をしていたら、前方に築地の朝日新聞本社が見えてきた!
2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ



11.20 電通・朝日新聞 抗議デモ

2011.11.20電通・朝日新聞抗議デモ
電通・朝日新聞 抗議デモ(11月20日、築地の朝日新聞前)

●関連記事

朝日新聞の凋落
最近日本で民度が低くなった事例は、震災後緊急停車新幹線で「降ろせ」と恫喝した朝日新聞御一行
『朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ』金漢一(朝日記者)
「尖閣を護れ!国民大集会」殿岡昭郎基調講演
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4243.html

新聞が一斉にフジデモ批判開始!
朝日新聞「偏向批判の前に自分らが偏向してないか自問を。韓国嫌いの暇人」
四国新聞「韓国びいき批判のヤな感じ。関東大震災後の朝鮮人虐殺。似てる!」
高岡蒼甫の代役の斎藤工は反日丸出し俳優
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4361.html





「電通を解体せよ!」
「朝日新聞は潰れろ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:死亡記事 - ジャンル:ニュース

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.