FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201110<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201112


外務省ビックリ!「全品目が交渉対象」?!・日米首脳会談で野田「昨年11月策定の『包括的経済連携に関する基本方針』に基づいて…」・それに「すべての品目を自由化…」と記載・野田にTPPの知識も交渉力もなし!・バンキシャ!井沢満の正論
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




日米首脳会談でオバマ米大統領と握手をする野田佳彦首相(左)=12日、ホノルル
日米首脳会談でオバマ米大統領と握手をする野田佳彦首相(左)=12日、ホノルル

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111113/plc11111317580026-n1.htm
日米首脳会談の米側発表に外務省ビックリ! その真相とは…
2011.11.13 17:57、産経新聞

 12日昼(日本時間13日朝)にホノルル市内で行われた日米首脳会談の米側の報道発表をめぐり、とんだハプニングが起きた。

 米側の報道発表資料には環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「野田佳彦首相が『すべての物品およびサービスを自由化交渉のテーブルに載せる』と述べた」と書かれていた。

 これに対し、外務省は「そのような発言を首相が行った事実はない」として、米側の報道発表を否定する報道発表をして火消しに躍起となった。外務省によると、首相は「昨年11月に策定した『包括的経済連携に関する基本方針』に基づいて高いレベルでの経済連携を進める」と述べただけだという。

 外務省が米側に説明を求めたところ、米側は同基本方針に「センシティブ品目(自由化に慎重な品目)について配慮を行いつつ、すべての品目を自由化交渉対象とし…」と書かれていたことを踏まえ、報道発表したと説明。誤解を認めたという。

 とはいえ、この基本方針は菅直人政権が閣議決定したもので、民主党政権のあいまいな姿勢が今回のような誤解を招いたともいえそうだ。



>外務省によると、首相は「昨年11月に策定した『包括的経済連携に関する基本方針』に基づいて高いレベルでの経済連携を進める」と述べただけだという。
>外務省が米側に説明を求めたところ、米側は同基本方針に「センシティブ品目(自由化に慎重な品目)について配慮を行いつつ、すべての品目を自由化交渉対象とし…」と書かれていたことを踏まえ、報道発表したと説明。



昨年11月に菅政権が閣議決定した『包括的経済連携に関する基本方針』には、確かに「すべての品目を自由化交渉対象とし、交渉を通じて、高いレベルの経済連携を目指す。」と記載されている。

日本国の首相が「その基本方針に基づいて高いレベルでの経済連携を進める」と言えば誤解を招いても仕方ない。

包括的経済連携に関する基本方針
[平成2 2 年1 1 月9 日 閣 議 決 定]
http://www.npu.go.jp/pdf/20101109/20101109.pdf
(一部抜粋)
2 包括的経済連携強化に向けての具体的取組
我が国を取り巻く国際的・地域的環境を踏まえ、我が国として主要な貿易相手国・地域との包括的経済連携強化のために以下のような具体的取組を行う。特に、政治的・経済的に重要で、我が国に特に大きな利益をもたらすEPAや広域経済連携については、センシティブ品目について配慮を行いつつ、すべての品目を自由化交渉対象とし、交渉を通じて、高いレベルの経済連携を目指す。



どうして1年前に菅政権が閣議決定した基本方針を今頃APECでの日米首脳会談で述べているのか?

おそらく野田は、ISD条項のことやTPPなどの条約が国内法に優先することなども知らなかったくらいだから、TPPなどの経済連携に関することは殆ど何も知らないのだろう(関連記事)。

だから、1年前に菅政権が策定した経済連携に関する基本方針を今頃APECでの日米首脳会談で持ち出して「これのとおりにやろうと思う」などと言うしかなかったのだろう。

野田には、TPPの基本知識も、戦略も、交渉能力も何も無い。

ただただ、オバマ大統領のご機嫌を取ることしか考えていない。

TPP:アメリカは怖くない。野田民主党が怖い!
TPP:アメリカは怖くない。野田民主党が怖い!

哀れ、野田!TPP参加も米の歓迎、今ひとつ!
哀れ、野田!TPP参加も米の歓迎、今ひとつ!







11月13日(日)放送の「バンキシャ!」で井沢満が良いことを言った!

井沢満は、「日韓通貨スワップ」や「朝鮮王室儀軌」引渡しを批判し、野田の交渉力の無さを問題点として指摘した!

■動画
11.13バンキシャ


http://www.youtube.com/watch?v=otDTQ0FDagQ
【井沢満の発言要旨】
TPPにはかなり懐疑的。
今回の一番の懸念点は、日本側の交渉力の無さだ。
普天間における鳩山さん、
尖閣における菅さん、
野田さんがオーラを持って出てきたので少し安心しかけていたが、いきなり【日韓通貨スワップ】なんて物凄い事やらかしてくだすって。
未だに国民は【日韓通貨スワップ】の中身すら知らなくて、キョトンとしている状態だ。
しかも、その時にあちらの文献を「返してくれ」と言われるままに「ハイッ」って返しちゃって。
だったらその時に何故日本から向こうに出ている日本の物を戻してくれっていう交渉が出来ないのかという交渉能力の無さ。
(オバマ大統領が大好きだからプレゼントする)クッキーの問題じゃないと思うんですけど。
―――――――



井沢満はオカマっぽくて印象は良くないが、発言内容はまさに正論だ!

井沢満も、TPPそのものに懐疑的なようだ。

そして、井沢満は、鳩山由紀夫の普天間問題や管直人の尖閣諸島問題を批判した後、野田のいきなりの【日韓通貨スワップ】について「物凄い事をやらかした!」と痛烈に批判した!

野田佳彦首相と李明博大統領は10月19日、韓国で首脳会談を行い、日韓間の通貨スワップをそれまでの130億ドル規模から700億ドル(約5兆3700億円)に拡大することで合意した。
通貨スワップ協定とは?
日韓通貨スワップは、韓国が日本にウォン貨を預けて、日本から円貨やドル貨を調達する。

韓国は期限までに日本から調達した円貨やドル貨を返還しなければならないが、現状では韓国が日本から借りた円貨やドル貨を返済できなくなる可能性が高い。

外貨が枯渇して国家破綻やデフォルトするような国の通貨の価値は紙屑同然に大暴落する。

結局、日本には返済されるべき円貨やドル貨が返済されず、最初の交換で預かっていたウォン貨だけが残るのだが、期限が到来した時にはウォン貨が紙屑同然の価値に大暴落している可能性が高い。

「日韓通貨スワップの限度額拡充」は、韓国の一時的な延命の役に立つだけで、日本にとっては何のメリットもなく、最大700億ドル(5.4兆円)の大損害を被るリスクを増大させただけなのだ。




また、井沢満が言った「あちらの文献」というのは、宮内庁で保管している「朝鮮王室儀軌」のことで、日韓併合時代に朝鮮総督府を経由して皇室(宮内省)に寄贈された「写本」だ。

韓国は韓国にあった原本をなくしてしまったために日本にある写本を欲しがっていたが、日本は返す必要が全くないので今までは返還も引渡しも拒否してきた。

ところが、菅政権はこの「朝鮮王室儀軌」を韓国に引き渡すことにした。

韓国は日本に対して相当感謝しなければならないのだが、韓国人は全く感謝していない。

韓国は、韓国にある日本の文物も返還しようとしていない。


後ろのページに 『大正11年5月朝鮮総督府寄贈』と言う朱印が捺印されている宮内庁保管の「朝鮮王室儀軌」の写本
後ろのページに『大正11年5月朝鮮総督府寄贈』と言う朱印が捺印されている宮内庁保管の「朝鮮王室儀軌」の写本


「朝鮮王室儀軌」の韓国への引渡しについては菅直人に責任の多くがあったとしても、少なくとも野田佳彦には首相になってから僅かな期間に3つの大暴走があったと言えるだろう。

1つは、日韓首脳会談で「日韓通貨スワップの限度額を5兆4千億円まで大拡充したこと。

2つ目は、G20で消費税10%を国際公約にしたこと。

そして3つ目は、今回のAPEC前にTPP参加方針を表明したこと。


野田にきちんとした知識や戦略や交渉力があるなら多少唐突に発言したり外国との取極めをしたりしても良いかもしれないが、野田はTPPが国内法に優先することやTPPにはISD条項があることなども知らないほど知識も戦略も交渉力も持ち合わせていない。


野田内閣の支持率が暴落したのは当然だ!


NNN野田内閣支持率40.0%(-12)不支持34.2%(+8) 政党支持 民28.1自27.1
http://www.ntv.co.jp/yoron/201111/soku-index.html




●アンケート

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111110/trd11111022350028-n1.htm
TPP問題
2011.11.10 22:17 [eアンケート] 産経新聞

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加問題が大詰めを迎えています。交渉参加を求める意見が強まる一方で、依然、反対論も残っています。

そこで

(1)TPP交渉参加は日本に利益をもたらしますか
(2)交渉参加をしても不利になった場合は離脱できると思いますか
(3)政府の説明は十分ですか

について、あなたの意見をお聞かせください。意見は11月15日午前11時までにお願いします。

アンケートはこちら
https://enq3.csview.jp/question/SankeiAk/eank_0426/eank_0426.cgi





「野田には知識も戦略も交渉力もない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.