FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201109<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201111
三星砲、現代砲、造船砲が参戦!ウォン防衛戦は総力戦に!韓国当局が大企業を呼び「輸出代金として受けたドルを持ち続けるな」とドル売りウォン買いを強要!韓銀は外貨枯渇・4日サムスン砲やヒュンダイ砲など発射・9月末外貨準備高
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




三星砲、現代砲、造船砲が参戦!
サムスン砲、ヒュンダイ砲、造船砲が火を噴いた!ウォン防衛戦は総力戦に突入!

【韓国/経済】ウォン安止まらず・・・「輸出代金として受けたドルを持ち続けるな」[10/05]

http://japanese.joins.com/article/335/144335.html?servcode=300§code=310
ウォン安止まらず、一時1ドル=1200ウォン台に
2011年10月05日09時13分、中央日報日本語版

為替レート防御の1次マジノ線である1ドル=1200ウォンを一時越えた。当局の介入で終盤の防御には成功したが、長く持ちこたえるのは難しいという見方が強い。

4日のソウル外国為替市場で、韓国ウォンは対米ドルで前週末比15.9ウォン値下がりした1ドル=1194ウォンで取引を終えた。取引中の変動幅は20ウォンに達した。

専門家は「1ドル=1200ウォンに合わせて投資計画を見直すべき時期」とし「すでに資金が株式市場を離れて、超優良国の債券など‘超安全資産’に移動中」と述べた。

序盤の雰囲気は暗鬱だった。連休期間中に積もった悪材料が市場を押さえつけた。ギリシャのデフォルトが避けられないという見方が強まり、これに驚いた欧米株式市場は2日連続で大幅下落となった。

午前9時、前日比21.9ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1200ウォンで最初の取引が成立した。寄り付き後に国内株式市場にサイドカーが発動され、ウォン安ドル高はさらに進んだ。午前9時47分には1ドル=1208.2ウォンをつけた。

雰囲気は昼12時前後に反転した。午前11時過ぎ、「急激な変動は望ましくない」という当局の立場が伝えられた。市場に「ドル売り」注文が増えると、「当局の介入」という解釈が広まった。外換銀行外国為替運用チームのコ・ギュヨン代理は「表示が出るような介入はなかったが、これ以上のウォン安ドル高は難しいという警戒心が広がった」と伝えた。

午後1時が過ぎると、当局から促された輸出企業のドル売りがあふれた。「三星(サムスン)電子と現代(ヒョンデ)自動車、造船企業から最近見られなかった規模でドル売りが出てきた」いうのが市場関係者らの話だ。当局は先週、主要大企業の為替関係者を呼び、「輸出代金として受けたドルを持ち続けるな」と警告したという。株式市場が下落幅を狭め、国公債を買うためのドル資金が流入したのも好材料として作用した。韓国ウォンは午後2時20分ごろ、1ドル=1188.25ウォンまで反騰した。



>為替レート防御の1次マジノ線である1ドル=1200ウォンを一時越えた。当局の介入で終盤の防御には成功したが、長く持ちこたえるのは難しいという見方が強い。


ウォン安による物価高騰で韓国人の生活が困窮しているため、中央銀行である韓国銀行はドル売りウォン買い介入でウォンの下落を防ぎたいのだが、韓国銀行の外貨が枯渇しており、ウォン下落を食い止めることが出来ない状況が続いている。

韓国銀行は10月5日、9月末の外貨準備高を発表した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000003-yonh-kr

9月の外貨準備高3033億ドル 88億ドル減少
聯合ニュース 10月5日(水)9時41分配信

 【ソウル聯合ニュース】韓国銀行は5日、9月末現在の外貨準備高は3033億8000万ドル(約23兆3056億円)で、前月末より88億1000万ドル減少したと明らかにした。
 減少幅は世界金融危機発生直後の2008年11月(117億5000万ドル減少)に次ぐ規模。
 外貨準備高の内訳は、有価証券が2747億8000万ドルで前月比50億6000万ドル減、預金は215億4000万ドルで同37億ドル減少した。国際通貨基金(IMF)特別引出権(SDR)が35億2000万ドルで同9000万ドル減少した一方、IMFリザーブポジションが22億2000万ドルで同4000万ドル増加した。金は13億2000万ドルで前月と変わらなかった。
 韓国銀行の関係者は、外貨準備高の大幅な減少について、「ユーロ、ポンドなどの大幅下落で、通貨表示資産の米ドル換算額が大きく減少したことに主に起因している」と説明した。
 韓国の外貨準備高は8月末基準で、中国、日本、ロシア、台湾、スイス、ブラジル、インドに続く世界8位となり、8か月ぶりに7位から後退した。


――――――――――
<2011年9月末の外貨準備高の内訳>

●外貨準備高 3033億8000万ドル
(前月比 -88億1000万ドル)


【有価証券 2747億8000万ドル(90.6%)】
(前月比-50億6000万ドル)

【預貯金(預金)  215億4000万ドル(7.1%)】
(前月比-37億ドル)

【その他(SDR、IMFポジション、金など)70億6000万ドル(2.3%)】

・国際通貨基金(IMF)特別引出権(SDR) 35億2000万ドル
(前月比-9000万ドル)
・IMFリザーブポジション 22億2000万ドル
(前月比+4000万ドル)
・金 13億2000万ドル
(前月比 変わらず)
――――――――――


韓国の外貨準備高は、飽くまで参考に過ぎず、2008年2月18日付『日本経済新聞』によれば、他国から借りて積み上げた外貨が約4割で、「真水」は約6割しかないという。

今も、同じような比率で他国から借りて積み上げた外貨が4割も含まれているとすると、韓国の外貨準備高の「真水」は6割の1820億ドル程度しかないことになる。

また、日本など多くの国は外貨準備高の多くを米国債(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES)で保有(運用)するが、韓国の場合、有価証券のうち米国債の比率が少なく、米国債以外のハイリスク有価証券が含まれている可能性が高いので額面通りに評価できない。




民主党の大久保勉政調副会長
このような状況において、民主党の大久保勉政調副会長は、日本の外貨準備の運用先について、支那人民元や韓国ウォンなど新興国通貨にも拡大すべきだと主張した。

【政治】 外貨準備の運用先、人民元や韓国ウォンなど新興国通貨にも拡大すべき…民主・大久保政調副会★2

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a85I0_PKTFcA
2011/10/05 11:24 JST、Bloomberg.co.jp

 10月4日(ブルームバーグ):民主党の大久保勉政調副会長は、世界第2位の規模を持つ日本の外貨準備の運用先について、中国・人民元や韓国ウォンなど新興国通貨にも拡大すべきだとの考えを示した。
(以下略)



どうしてわざわざ日本国の外貨準備を不安定でいつ紙くず同然になってもおかしくない敵国通貨にしなければならないのか全く理解できない。

大久保勉は、韓国の工作員と見て間違いない。

大久保勉政調副会長がこのタイミングでマジキチ発言をし、韓国人から違法献金を受け取っていた前原誠司政調会長が10月9日から韓国を訪問するのだから、民主党は韓国のウォン安危機を何とかして救済しようとしているのだろう。

『国土交通大臣室で撮った2ショット写真』
韓国人から違法献金を受け取っていた前原誠司がその韓国人と『国土交通大臣室で撮った2ショット写真』

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111005k0000m010017000c.html
前原政調会長:9日から韓国訪問 外交通商相と会談へ
2011年10月4日 18時37分、毎日新聞
(本文略)



10月5日付当ブログ記事で詳しく説明したように、韓国は11月のG20での「グローバル通貨スワップ」の合意を懸命に推進している。

おそらく民主党は、韓国が推進する「グローバル通貨スワップ」を全力で支援するのだろう。

しかし、「グローバル通貨スワップ」に失敗した時のために、日本が外貨準備でウォンを大量購入(保有)したり、2国間の新たな通貨スワップ協定を締結したりする可能性がある。

縁を持ったら法則発動
縁を持ったら法則発動

●韓国の経済危機に関する迷言集
―――――――
>97年韓国が破綻、その時IMFの支援以外に日本が個別の支援をした時、
後に立ち直ってから、韓國高官は「IMFはありがたかったが、日本から
のは迷惑だった
」と発言しています。この国には心底あきれ果てます。
中韓を知りすぎた男より
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-702.html

民死党のみなさーん、迷惑だそうですよーーー。
日本の助けはいらないそうですよーー。
分かってますかー?

日本にすり寄ってくるな。こっちも迷惑だ。

2011/10/05(水) 10:01:44 | URL | ペペロで鼻でもほじってろ #- [ 編集 ]
―――――――


先日も説明したように、1997年に韓国は国家破綻の危機に見舞われて、IMFや日本などから総額570億ドルの援助を受けた。

総額570億ドルの援助の内訳は、IMFが210億ドル、日本が100億ドル、世銀が100億ドル、米国が50億ドル、アジア開発銀行が40億ドルなどだが、日本はアジア開発銀行の最大の出資者であり世銀の第2の資金供与国なので、最大の支援国は日本だった。



尹増鉉企画財政相
尹増鉉企画財政相
2009年7月
尹増鉉企画財政相
「外貨融通は、日本が最後だった…日本は出し惜しみしている…日本にふがいなさを感じる…」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-1648.html



2010年4月
尹増鉉企画財政部長官
「IMFが過去に韓国に対して間違った政策を強要し、韓国人に与えた苦痛を忘れず反省しなくてはならない」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1272463493/



2010年5月
【中央日報】
ギリシャは韓国から学べ!
それでも通貨危機当時に韓国に目も向けなかった日本・中国に比べると、ギリシャには思いやりのある隣国がいる

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3837.html






>午後1時が過ぎると、当局から促された輸出企業のドル売りがあふれた。「三星(サムスン)電子と現代(ヒョンデ)自動車、造船企業から最近見られなかった規模でドル売りが出てきた」いうのが市場関係者らの話だ。


サムスン砲、ヒュンダイ砲、造船砲、キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!!
サムスン砲、ヒュンダイ砲、造船砲

私は2011年10月4日付当ブログ記事において、韓国政府が、ウォンが急落すれば強力な措置を講じると警告したことを伝え、もしかするとドルを保有している民間輸出企業に2008年にも行ったようにドル売りウォン買い介入させるのかもしれないと述べた。

その民間企業によるドル売りウォン買い介入(サムスン砲、ヒュンダイ砲、造船砲)が10月4日に既に実施されていた。





>当局は先週、主要大企業の為替関係者を呼び、「輸出代金として受けたドルを持ち続けるな」と警告したという。


外為市場への市場介入は普通の国では中央銀行の役割なのだが、韓国では中央銀行である韓国銀行のドル(外貨)が枯渇しているため、ドルを保有している民間企業に事実上強制的にドル売りウォン買いの市場介入をさせることがある。

逆に言えば、韓国政府が民間企業にドル売りウォン買い介入を強要したということは、韓国銀行のドルは既に枯渇している裏付けともなる。

韓国銀行が外貨を十分に保有しているなら、わざわざ民間企業の為替担当者を呼びつけて「輸出代金として受け取ったドルをすぐに売れ」なんて言い付けるわけがない。

サムスン砲やヒュンダイ砲や造船砲の参戦は、韓銀の外貨が枯渇した証拠だ。


2008年の韓国金融危機の際にも、韓国銀行の外貨が枯渇するとドルを持っている民間企業にドル売りウォン買い介入を実施させた。

2008年10月9日、最初にサムスン電子や現代自動車などの輸出企業が数億ドル規模のウォン買いドル売りを実施(サムスン砲、ヒュンダイ砲)した。

また、2008年10月8日~10月10日には、日本における韓国系銀行の窓口に、両替や韓国へ送金する在日同胞らが殺到(在日砲・在日同砲)した。

さらに、2008年10月10日、ウォンが再び急落すると、ポスコが保有する1億ドルを市場で売却した(ポスコ砲)。

サムスン砲、ヒュンダイ砲、ポスコ砲が火を噴く事態に発展
サムスン砲、ヒュンダイ砲、ポスコ砲が火を噴く事態に発展

その後2008年10月18日、ロッテデパート富平店は、ドルを持って来た客にだけ商品を大安売りする販売イベントの開催を表明(ロッテ砲?)した。

このように韓国では2008年に、国を挙げてのまさに「総力戦」によってウォン防衛戦を戦った実績がある。

その後韓国は2008年10月30日に「米韓通貨スワップ協定」締結で翌2009年4月30日まで300億ドルの調達が可能になり、さらに12月13日には日韓首脳会談で、日韓通貨スワップ協定の資金枠を2.3倍に拡大することで合意し、円ウォン交換を200億ドル相当に拡大し、ドル供給100億ドルと合わせて300億ドルとし、当面の危機を乗り切った。


今回も、2011年10月4日にサムスン砲、ヒュンダイ砲、造船砲が火を噴き、ウォン防衛戦が国を挙げての総力戦の様相を呈してきたということだ。

また、2011年11月3日と4日にフランスで開催されるG20で韓国が切り札として推進している「グローバル通貨スワップ」の合意を目指しており、もしも韓国がこれを成功させれば2008年とほぼ同じ展開となり、今回の目先の危機を乗り越え、あと数年は延命する可能性が高くなる。

2008年~2009年に起こった韓国金融危機と今回2011年のウォン安物価高危機の経緯を見比べると結構似ていたりする。

ただ、2008年の韓国金融危機の時には海外で盛んに報道されたが、今回の韓国経済危機に関する海外の報道は少ない。

おそらく世界中が危機に陥っているからだろう。



●2008年、韓国金融危機の時系列表
━━━━━━━━━━
2008年
【8月13日】
◎英経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が、「韓国の対外債務が4000億ドル(約40兆円)を超えるなど、アジア通貨危機当時と似た状況にある」と報道

【9月1日】
◎英タイムズが韓国の経済危機を報道

【10月3日】
▼李明博大統領が経済状況点検会議を開き、日支韓財務相会談を開催すべきだとの考えを表明

【10月6日】
◎英FTが、「韓国はアジアで金融危機が伝染する可能性が最も高い国だ」と報道

【10月8日】
▼韓国の大手銀、企業銀行が「ドル集め」キャンペーンを開始
◎仏インターナショナル・ヘラルド・トリビューンが韓国の経済危機を報道
◎米ダウ・ジョーンズ通信が、「韓国系金融機関に債務不履行の兆候がある」と報道

【10月9日】
▼与党ハンナラ党代表が、国民に対して、「金庫やたんすの中にあるドルを差し出すことが、愛国心の発揮につながる」としてドルの供出を要求(国家総動員砲
▼ウォン相場が1ドル=1485ウォン(約10年7ヶ月ぶりの安値)、サムスン電子や現代自動車などの輸出企業が数億ドル規模のウォン買いドル売りを実施(サムスン砲、ヒュンダイ砲
●ブルームバーグ通信は、「日本が韓国のウォン安問題に手を差し伸べるようだ」と報道

【10月8日~10月10日】
▼日本における韓国系銀行の窓口に、両替や韓国へ送金する在日同胞らが殺到(在日砲・在日同砲

【10月10日】
▼ウォンが再び1ドル1445ウォンに急落、ポスコが保有する1億ドルを市場で売却し(ポスコ砲
▼李相得前国会副議長(李大統領の実兄)が森喜朗と会談し、「こういう時こそ日韓が協力し合い、国民に安心感を与えることが大事だ。李明博大統領も同じ気持ちなので、麻生太郎首相に伝えてほしい」と強調。

【10月12日】
▼フジテレビの「新報道2001」でサムソン経済研究所のクォン・ウーが、「韓国の金融システム自体には問題ありません。」「私は韓国より日本の方が危険だと思っています。…」と豪語

【10月14日】
◎英FTが、「沈みつつある感覚」という1ページ全面の記事で多額の対外債務などによる韓国経済の危機について報道

【10月16日】
◎英FTがコラムで、「韓国はほかのアジア諸国より金融危機の恐怖におののいている」と報道

【10月17日】
◎英FTが、韓国には“アジアで最初のスケープゴートになるかもしれない”という恐怖が韓国にある」と報道

【10月18日】
◎支那「環球時報」は、韓国が破産の瀬戸際に立たされており、韓国政府が金融危機を回避するため、支那政府と日本政府に支援を要請していると報道
▼ロッテデパート富平店は、ドルを持って来た客にだけ商品を大安売りする販売イベントの開催を表明(ロッテ砲?

【10月24日】
◎米国ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の電子版は、「IMFが、短期流動性に問題のある国に資金を支援する計画を推進しており、支援対象国の中に韓国が含まれている」と報道

【10月27日】
▼李明博大統領が、通貨ウォンは安定しており、同国経済は10年前のアジア金融危機の再来を招くような状態ではないと豪語

【10月30日】
■米韓通貨スワップ協定締結で来年4月30日まで300億ドル調達可能に


【11月24日】
▼ウォン終値で1ドル1500ウォンのマジノ線(防衛ライン)を突破。

【12月3日】
▼11月末の外貨準備高、2005億1000万ドル、前月比117億4000万ドル減少

【12月13日】
■日韓首脳会談、日韓通貨スワップ協定の資金枠を2.3倍に拡大することで合意。
円ウォン交換200億ドル相当に拡大し、ドル供給100億ドルと合わせて300億ドルへ

━━━━━━━━━━





●2011年、韓国ウォン安物価高地獄の時系列表
━━━━━━━━━━
2011年
【6月19日】
▼韓国で消費者物価が急騰し、卵は昨年比30%上昇、三枚肉も最高70%アップ。
(コピペ)
――――――
韓国の偉大な物価 (2011.06)

トイレットペーパ(12ロール) - 22000ウォン/1540円
カラオケ - 20000ウォン/1400円
おにぎり - 1300ウォン/91円
ビックマックセット - 6000ウォン/420円
コカコーラ500ml - 1800ウォン/126円
ガソリン1L - 2500ウォン/175円
ヴォルビック1.5L - 3000ウォン/210円

マックバイト料 1h/ 4500ウォン/320円
――――――


【7月13日】
▼来年度最低賃金が発表。今年より6%上がり、時給が4580ウォン(約342円)になったが、「物価上昇率を反映していない」、「来年1時間仕事をしてもビッグマックセットも買えない」と批判噴出。
関連記事

【8月22日】
▼「韓国の信用度に赤信号…“周辺国の悲哀”」と中央日報が報道。
▼家計負債が900兆ウォン(約64兆円)に肉迫し史上最高を記録。

【8月23日】
▼韓国の対外債務が4000億ドルに迫り、過去最高額を相次いで更新。

【8月25日】
▼国家不渡り危険を表す韓国CDSプレミアムが急騰して1年3ヶ月目に最高値を記録。

【9月16日】
▼韓国の上場企業の10社に3社が利益で借入金の利子すら賄えない状況に陥っていることが分かった。

【9月18日】
▼韓国金融委員会は、トマト貯蓄銀行など貯蓄銀行7行を経営不振で営業停止にした。

【9月19日】
▼2011年6月末時点で、韓国の金融負債は過去最大を記録し、負債償還能力も2007年の過去最低よりも悪化し最低値を記録していることが判明。
関連記事

【9月21日】
◎(英現地時間)、英フィナンシャル・タイムズ紙が「新興国の通貨価値が急落、特に韓国が危険だ」と警告。
関連記事
●日経新聞編集委員の中山淳史が【韓国が唱え始めた「日韓経済は1つ」】と題した論説を掲載。
―――――
韓国が唱え始めた「日韓経済は1つ」  編集委員 中山淳史
2011年9月21日、日経新聞
「日韓は1つの経済圏へ」。最近、東京にある韓国大使館がこんな資料を作成し、企業やメディアなどに説明を試みている。(略)最終的には日韓自由貿易協定(FTA)を締結し、米国とカナダ、あるいは欧州連合(EU)のような1つの経済圏を実現すべきだ、と唱えている。
(略)
「経済のグローバル化と円高を考えれば、両国を1つの経済圏と考え、関係を深めていくのが日本、そしてお互いの利益にならないだろうか」
(略)
韓国がFTAに積極的ということなら、思い切りよく議論に乗ってみてはどうか。もちろん、胸を借りるつもりで、である。
―――――


【9月22日】
▼ウォンの対ドル相場は、一時1ドル=1180ウォンを突破
▼韓国のデフォルトリスク(5年満期クレジット・デフォルト・スワップ・プレミアム)が2年4カ月ぶり最高水準となった。
▼IMFと世銀の年次総会に出席するため米ワシントンを訪問中の企画財政部の朴宰完長官は、急激なウォン安に関して、為替相場の安定に向けて国際的な金融安全ネットワークの拡充や国際協調の必要性を強調。

【9月23日】
▼ウォンの対ドル相場は、一時1ドル=1196.0ウォンまで急落。
▼韓国外国為替当局は、この日の取引量(104億ドル)の約半分の50億ドルを市場に放出したとみられる。
関連記事

【9月25日】
◎欧州銀、韓国の借入金償還延長拒否、同時多発的金融破綻の秒読みか。
▼ソウル市庁前広場で「がんばれ日本! ありがとう韓国!」と題し「韓日祝祭ハンマダン(日韓交流おまつり)」が行われ、「日本は韓国の支援をずっと忘れないように」などと話があった。

【9月26日】
▼韓国の株価が大暴落!
コスダックの190銘柄がストップ下げ、個人投資家が投売りしパニック!
悲鳴が証券会社のロビーなどで個人投資家の悲鳴や怒号飛び交う!
◎フランス、イタリア銀行、韓国の満期債務延長を拒否

【9月27日
▼韓国政府は、通貨ウォンKRW=が海外筋の資本逃避懸念で売られるなか、外国為替市場への介入資金として緊急国債を大量発行すると発表。

【9月29日】
●ソウルで開催された「第43回韓日経済人会議」は、両国が一つの経済圏を形成することが必要との共同声明を採択。
▼韓国の金融当局は、グローバル金融不安に対応し、金融市場対応態勢を「注意」から「警戒」に格上げ。
▼夜、大学の学費半額を求めるデモ隊が道路を占拠し、ソウル市中心部の交通がまひ。警察はデモ隊に水大砲を発射!
▼当局は、主要大企業の為替関係者を呼び、「輸出代金として受けたドルを持ち続けるな」と警告!民間企業に対して事実上のドル売りウォン買い介入を強要(29日前後)。

【10月2日】
▼ブドウ(800グラム)が6500ウォン、バナナ1房(2.5キログラム)が5000ウォンになると報道。(韓国の現在の最低時給は4320ウォン)
関連記事
▼今年末の国家債務が422兆ウォンとなり、前年末と比べて30兆ウォン増えると発表

【10月3日】
▼李明博大統領が韓国の外貨流動性不足の懸念を払拭する方法として、11月3日、4日、フランスカンヌで開かれる主要20カ国(G20)首脳会議で、世界の主要国の中央銀行間の「グローバル通貨スワップ」を推進していることを確認。
英国やフランス、日本、国際通貨基金(IMF)が積極的な協力を約束しているが、自国負担が大きいと思う米国やドイツが懐疑的な見方を示している。
関連記事

【10月4日】
▼韓国の9月消費者物価、前年同月比4.3%上昇。特に「粉トウガラシ」が92.6%も急騰。
▼ウォン相場は一時1ドル=1200ウォンを突破!
▼午後1時が過ぎ、当局から促され、三星(サムスン)電子と現代(ヒョンデ)自動車、造船企業から最近見られなかった規模でドル売りが出てきた(サムスン砲、ヒュンダイ砲、造船砲)!
▼韓国政府は、ウォンが急落すれば強力な措置を講じるとの警告を発した!
関連記事
●民主党の大久保勉政調副会長は、日本の外貨準備の運用先について、中国・人民元や韓国ウォンなど新興国通貨にも拡大すべきだと述べた。

【10月5日】
▼9月末の外貨準備高、3033億ドル、前月比88億ドル減

【11月3日、4日】
フランスでG20開催。
韓国が推進する「グローバル通過スワップ」の合意なるか?
━━━━━━━━━━




「三星砲や現代砲が参戦したのは韓銀の外貨が枯渇した証拠!」
「民主党は、恩を仇で返す韓国に救済の手を差し出すな!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.