正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201106
韓国ユッケ事情・食中毒が頻発!東京新聞「韓国ではユッケや生肉のまじった料理を食べた集団食中毒がほぼ毎年発生」・NHKと産経新聞「韓国ではユッケの食中毒発生の報告例はない」・韓国への修学旅行で高校生が0-111集団感染
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




韓国ソウル
韓国ソウル


5月10日、同じ日の朝の新聞報道なのに、東京新聞と産経新聞の報道内容は、完全に食い違っていた。

まずは東京新聞から。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011051002000021.html
韓国ユッケ事情
2011年5月10日 東京新聞朝刊

 【ソウル=辻渕智之】客四人が死亡した焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、原因となったユッケ用の生肉は本場韓国でどう管理されているか。ソウル中心部で食堂や屋台がひしめく広蔵市場そばの専門店を九日訪ねた。

 店先のガラスの冷蔵ケースには赤身のユッケや生レバーが山盛りで並ぶ。店の隅では女性従業員が牛の前足の肉のかたまりをユッケ用に刻んでいた。

 手は素手。「手作りだから手はよく洗う。切ったり、あえたりする手の技も味の決め手」と金英三社長(62)。日本では衛生面から求められる肉の表面を削るトリミングだが、店では「味のため」だ。

 金社長は「生肉だから菌はいるが、人間には免疫力もある。特別神経質にせずとも普通に扱えば問題ない」と言うが、まな板や包丁は粗塩で洗い、ふきんの煮洗いも毎日欠かさない。「専門店や職人だから守れる味や調理法がある。なぜ肉で人が死んでしまうのか」とも付け加えた。

 韓国ではユッケや生肉のまじった料理を食べた集団食中毒がほぼ毎年発生。生食用食肉に特化した衛生管理の規定はないが、警戒する行政は抜き打ち検査や違反業者の公開を行う。ソウル市は基準以上の菌が検出されると営業停止や最高三千万ウォン(約二百二十五万円)の罰金を科す。昨年二、三月の検査では全国千四百二十六店のうち四十五店を大腸菌(種類は非公開)検出などで摘発、行政処分し、店名や住所をネットで公開した。



>金社長は「生肉だから菌はいるが、人間には免疫力もある。特別神経質にせずとも普通に扱えば問題ない」…


流石だ!

如何にも朝鮮人らしいコメントだ!





>韓国ではユッケや生肉のまじった料理を食べた集団食中毒がほぼ毎年発生。


そうだろうな。

韓国では食堂も屋台も見るからに汚く不潔だ。

私も、病院にも行かず保健所にも申し出ず、自然と自力で回復したが、韓国に出張して数日間酷い下痢に苦しんだことがあった。

この東京新聞の「韓国ではユッケや生肉のまじった料理を食べた集団食中毒がほぼ毎年発生」という記事に対して、私も購読している産経新聞の記事は完全に食い違う内容の記事を書いた。

次がその産経新聞の記事だ。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110510/kor11051007490001-n1.htm
本場韓国、仕入れた肉をその日に提供 食中毒報告例なし
2011.5.10 07:46、産経新聞


広蔵市場のユッケ専門店「チャメチッ」で仕入れた牛肉を切る金玉姫さん(左)ら=8日、ソウル(共同)
広蔵市場のユッケ専門店「チャメチッ」で仕入れた牛肉を切る金玉姫さん(左)ら=8日、ソウル(共同)


(一部抜粋)

 共同通信によると、金さんは解体されたばかりの肉が入る近くの「馬場畜産市場」から、その日に仕入れた肉を出す。冷凍ものは扱わず、包丁やまな板の消毒も毎日欠かさないという。日本の事件は韓国でも報じられ、金さんは「信じられない話。同業者として残念で仕方ない」と顔を曇らせた。

 韓国では生肉を提供する際の特別な衛生基準はないが、年に数回、食品医薬品安全庁が抜き打ち検査を行う。庁によると、昨年4月は全国1426店のうち45店が肉から細菌が見つかるなどしたため営業停止や罰金処分などに。一方で、これまでユッケの食中毒発生の報告例はないという。



>一方で、これまでユッケの食中毒発生の報告例はないという。


(゜Д゜)ハァ?

何を以って「報告例」と言うのか明確ではないが、韓国でユッケの食中毒がないということはない。

おそらく、韓国ではあまりにも日常的に頻繁に食中毒が発生しているので、私と同様に特に届け出ていないのだと思う。

食品医薬品安全庁には報告されていないかもしれないが、上述の東京新聞の記事のとおり、実際には韓国ではユッケの食中毒が頻繁に発生している。

韓国の食品医薬品安全庁は大嘘吐きだ。

当ブログの5月8日付記事でも取り上げたように、NHKが5月7日に産経新聞とソックリなニュースを報じていた。

「韓国国内でユッケを食べたことによる集団食中毒の報告は、これまでに一度も受けていない」という5月7日朝のNHKニュースを次に再掲載しよう。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110507/k10015738931000.html
韓国 ユッケ提供店は衛生管理徹底
5月7日 4時13分、NHKニュース
01韓国 ユッケ提供店は衛生管理徹底とNHKが虚偽報道

生の牛肉を使ったユッケの本場・韓国では、国民的な人気メニューであるユッケを提供する店を対象に毎年、抜き打ち検査を行うなど、衛生管理を徹底するための対策がとられています。

(中略)
日本で起きた食中毒について、客の間からは「40年以上食べているが、韓国ではありえないことだ」といった声が聞かれました。一方、韓国政府は、ユッケを提供する店を対象に毎年全国で抜き打ち検査を実施しており、去年は、1400余りの店舗のうち16の店で、生の牛肉から大腸菌が検出され、業務停止処分などを命じました。また、食肉を加工したり出荷したりする業者にも、処理の手順を定めた規則が厳しく適用されているということで、韓国の食品医薬品安全庁は、韓国国内でユッケを食べたことによる集団食中毒の報告は、これまでに一度も受けていないとしています。



>韓国の食品医薬品安全庁は、韓国国内でユッケを食べたことによる集団食中毒の報告は、これまでに一度も受けていないとしています。


産経新聞の記事と同じように、やはり韓国の食品医薬品安全庁は、「ユッケを食べたことによる集団食中毒の報告は、これまでに一度も受けていない」と言っている。

しかし、実際には東京新聞の記事のとおり、韓国ではユッケや生肉のまじった料理を食べた集団食中毒がほぼ毎年発生している。

産経新聞とNHKは、韓国の食品医薬品安全庁がそう言っているから虚偽報道ではないと言い張るかもしれないが、裏付けも取らずに嘘吐き朝鮮人の嘘出鱈目をそのまま報道するのはジャーナリストとして許されざることだ。

このままでは、NHKや産経新聞の報道を真に受けて「韓国ではユッケなどの生肉で食中毒にならない」と勘違いした日本人が、韓国に行ってユッケなどの生肉を食べてしまい、取り返しのつかないことになり兼ねない。

NHKと産経新聞は、急いで虚偽報道を訂正し、「韓国では衛生管理がズサンであり、ユッケなどの生肉を食べるのは日本よりも遥かに危険だ」と、東京新聞のように事実を報道しなければならない。


既に当ブログの5月8日付記事でも述べたように、私は5月8日にNHKに電凸し、修学旅行で韓国に行ってO111大腸菌の集団食中毒に罹った石川県の高校生などの例を挙げて訂正を要求したが、NHKは未だに虚偽報道を訂正していないため、再度私はNHK(0570-066-066)に電凸した。

━━━━━━━━━━

NHKニュースのHPには5月7日4時13分のニュースとして今でも掲載されていますが、「韓国 ユッケ提供店は衛生管理徹底」というタイトルのニュースがありました。
そのニュースでは、「韓国の食品医薬品安全庁は、韓国国内でユッケを食べたことによる集団食中毒の報告は、これまでに一度も受けていないとしています」と報じていますが、実際には韓国ではユッケなどの生肉を食べた食中毒が頻繁に発生しています。

NHK
はい、そのニュースに関しては、他のお客様からも多くのご意見を頂いています。
石川県のHPにも、韓国に修学旅行した高校生が0111の集団食中毒になったことが掲載されているということなどの報告も受けています。
ただ、石川県の高校生が韓国に修学旅行して集団食中毒を起こしたことについては、原因がユッケと特定できていないという報告を受けています



石川県のHPの他に、「IDSC」感染症情報センターのHPに月報「IASR」というのが掲載されていて、そこには「旅行中の喫食調査から、韓国料理に代表される焼肉などの食事内容が多く、中には肉が生焼けであったり、生肉をつけてあったタレをそのままご飯にかけるという食べ方もあった。」という報告があります。
もともとO-111大腸菌は加熱すれば死滅しますから、O-111に感染したということはユッケのような生肉を食べたことが原因であることは間違いないんです。

NHK
IDSCのHPでしょうか?



はい、「IDSC」といって「感染症情報センター」のことです。
そのIDSCのHPに「IASR」という月報、報告書が掲載されているんです。
そっちに、「韓国修学旅行が原因と考えられる腸管出血性大腸菌O111などによる高校での集団感染事例-金沢市」というタイトルで、より詳しく掲載されています。

NHK
IDSC感染症情報センターのIASRで「韓国修学旅行が原因と考えられる~」という報告ですね



はい、そうです。
それに、5月10日付東京新聞の朝刊の記事にはっきりと「韓国ではユッケや生肉のまじった料理を食べた集団食中毒がほぼ毎年発生。」と書かれています。
私も韓国には出張などで良く行きましたが、韓国では食品の衛生管理なんてマトモにやっていませんから集団食中毒なんて日常茶飯事です。

NHK
ここでは、韓国に修学旅行に行った石川県の高校生の集団食中毒について担当から報告があり、それでも原因がユッケと特定できていないということしか報告を受けていません



ですから、「IDSC」感染症情報センターのHPの「IASR」という月報で、韓国に修学旅行した石川県の高校生の集団食中毒の原因が生肉だった可能性が高いことを述べていますし、5月10日付東京新聞朝刊の記事に「韓国ではユッケや生肉のまじった料理を食べた集団食中毒がほぼ毎年発生。」と書かれていたことも報告してください。

NHK
分かりました。
東京新聞の記事などについても報告いたします



このままでは、NHKニュースを見て「韓国では衛生管理が徹底されているから、韓国で生肉を食べても大丈夫」と勘違いした日本人が韓国でユッケなどの生肉を食べて取り返しのつかない事態になる可能性があります。
NHKは急いで「韓国では日本よりも遥かに衛生管理がズサンであり、ユッケなど生肉による食中毒が頻発しているので、韓国に行っても絶対にユッケなどの生肉を食べないでください」と訂正して報道しなければなりません。

NHK
はい、ご意見はお伝えします。

━━━━━━━━━━



私がNHKに電凸した中で述べた「IDSC」感染症情報センターのHPに掲載されている月報「IASR」というのは、次の報告のことだ。

iasr「IDSC」感染症情報センターHP月報「IASR」
http://idsc.nih.go.jp/iasr/26/304/dj3044.html
韓国修学旅行が原因と考えられる腸管出血性大腸菌O111などによる高校での集団感染事例-金沢市
(Vol.26 p 141-142)

2004年7月、韓国への修学旅行を行った金沢市内の県立高校の生徒および教職員102人から、腸管出血性大腸菌による集団感染を確認したので報告する。

2004年7月7日、O111(VT1&2)の発生届出があった当保健所近郊のC保健所から、患者の通う高校で同じ修学旅行に参加した複数の生徒が下痢や腹痛を訴えているとの連絡があった。同日、学校への疫学調査を実施したところ、調査当日の欠席者10人、下痢や腹痛などの消化器症状ですでに受診した者が6人、うち2人が入院しているとの情報を得た。修学旅行は6月28日~7月1日にかけて行われ、感染の拡がりを早急に確認する必要があることから、参加した同学年生徒 358人および引率した教職員16人、さらに添乗した旅行会社社員4人を含む計 378人の検便を翌7月8日から開始した。

(略)

しかし、検出された菌型はO111(VT1&2)が72人と最も多いほか、O26、O146、O157、OUT など多種類に及んだ(表1)。最終的に国立感染症研究所の調査により10種類の菌型が判明し、加えて同一菌型におけるパルスフィールド・ゲル電気泳動(PFGE)型が一致していた。

症状についてみれば、発症が早い者や下痢や腹痛などが強く出現している者は、O111(VT1&2)の患者に多く、また、全く無症状である者は38人いたが、その場合OUTであることが比較的多いような感触を得たが、詳細な検証には至っていない。

(略)

今回の事例は国外で飲食した食材による集団感染と考えられたが、旅行中の喫食調査から、韓国料理に代表される焼肉などの食事内容が多く、中には肉が生焼けであったり、生肉をつけてあったタレをそのままご飯にかけるという食べ方もあった。さらに、露天で飲食した生徒もいるなど、感染の危険が十分あると思われる事実が明らかに存在したようであった。他に疑わしい食材はいくつか推測されたが、韓国での出来事であり、国外の食材に起因する食中毒の発生として国へ報告を行ったが、原因を特定することはできなかった。

毎日、異なる型が時間を追って次々と検出される中、本人や学校への連絡、医療機関への情報提供にと対応に追われ、現場では混乱を隠しきれず、騒然とした状況下におかれた1カ月間であった。検便を実施した数は総勢 720人にも及んだが、特に重症化する者もなく、二次感染も1人だったことは幸いであった。海外へも修学旅行に出かけるようになった現代、学校側はもっと感染症予防に対する認識と危機感を持ち、健康危機管理としての対策を講じて計画するべきである。この事例は無防備な意識に対し警鐘を鳴らすものであり、学校に対する感染症の予防啓発に、保健所としても十分こころしてあたるべきであると痛感させられた。

金沢市保健所
加藤一恵 下浦凉子 梨子村絹代 吉藤香代 城下 謙 櫻井 登



事実は、東京新聞の記事のとおりだ。

韓国は、日本よりも遥かに衛生管理がズサンであり、食中毒が日常的に発生している。

当ブログの5月8日付記事でも述べたように、韓国の多くの焼肉屋では汚れた床への肉の叩きつけが行われている。


池袋の「焼肉清江苑」の2人の調理人が「床に肉をたたきつけておいしくする」として、汚れた厨房の床に牛肉の塊を何度もパーン、パーンと力強くたたきつけるシーンが流された。


また、2年以上前、韓国では飲食店の80%が日常的に他の客の食べ残しを使い回していたことが問題となったが、その後も殆ど改善していない。

そもそも、韓国ではトイレの後に手を洗う習慣がなく、殆どの韓国人はトイレの後に手を洗わない。

更に韓国では台所にトイレを設置している家庭も少なくない。


韓国の一般家庭 これなら料理しながら簡単に用を足すことが出来る。
韓国の一般家庭

これなら料理しながら簡単に用を足すことが出来る。



「NHKや産経新聞は、嘘吐き韓国人の出鱈目を垂れ流すな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.