FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201106
マスコミも卸業者の証拠をやっと報道・ユッケ食中毒事件で食肉卸売業者「大和屋商店」の責任示す証拠をようやくマスコミも報道開始・「100%使用可能」とメールで提案・ユッケにも使える生肉をインターネットで通信販売も
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




このメールは、焼肉チェーン店を運営する「フーズ・フォーラス」が東京の卸売会社「大和屋商店」から契約の約2カ月前に受け取ったとしています。メールには「ユッケ用のサンプルが出来ました」と書かれています。
「フーズ・フォーラス」が卸売会社「大和屋商店」から契約の約2カ月前に受け取ったとしているメール。
「ユッケ用のサンプルが出来ました」、「100%使用可能」などと書かれている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000006-mai-soci

<生肉食中毒>卸業者「100%使用可能」…メールで提案
毎日新聞 5月9日(月)2時33分配信

 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」をめぐる集団食中毒事件で、卸売業者「大和屋商店」(東京都板橋区)が09年5月、チェーン店を経営する「フーズ・フォーラス」社(金沢市)にメールでユッケ用生肉の販売を提案し、「歩止り(使用可能な部分の割合)約100%」と伝えていたことが8日、分かった。フーズ社側は、仕入れ肉は表面を削り取る「トリミング」が不要と判断、2カ月後に取引を開始していた。富山県警などの合同捜査本部は、肉の納入経緯や契約内容を調べている。

 ◇「えびす」表面削り不要と判断

 毎日新聞が入手した大和屋からのメールは09年5月20日に送信され、「国産牛 和牛経産(出産したことがある牛)モモ赤身100% ユッケ用のサンプルが出来ました。社員とサンプルテストしましたが、どの部位を食べてももんだいは無く感じました」と安全性を伝えていた。また肉質は「和牛の血統でその上雌なので味があります」とし、「歩止り約100%で、無駄がありません」としていた。

 フーズ社幹部は「『歩止り約100%』なのでトリミングは大和屋側で行い、そのまま調理し提供できると思った」という。

 大阪府内の食肉関係者は「歩留まり約100%と提案されれば、トリミング処理は済んでいると判断するのではないか」と話す。大和屋側は板橋区保健所に「加熱用なのでトリミングせずに出荷した」と説明している。

 一方、大和屋の役員とみられる男性が、ユッケにも使える生肉をインターネットで通信販売していたことも分かった。サイトによると、通信販売していた業者の所在地とファクス番号は大和屋と同じ。男性名は、大和屋の登記簿に記された取締役と同じだった。

 サイトでは「交雑種/外モモ/B2です。赤身率が高くユッケやロースで使用できます」と説明していた。毎日新聞の取材に対し、通信販売業者も大和屋も電話に出なかった。

 合同捜査本部は8日、富山市の富山山室店も業務上過失致死容疑で家宅捜索した。



> 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」をめぐる集団食中毒事件で、卸売業者「大和屋商店」(東京都板橋区)が09年5月、チェーン店を経営する「フーズ・フォーラス」社(金沢市)にメールでユッケ用生肉の販売を提案し、「歩止り(使用可能な部分の割合)約100%」と伝えていたことが8日、分かった。


この毎日新聞の記事では「5月8日に分かった」としているが、当ブログでは5月5日付記事で既にこのメールの画像を掲載していた。

このメールは、焼肉チェーン店を運営する「フーズ・フォーラス」が東京の卸売会社「大和屋商店」から契約の約2カ月前に受け取ったとしています。メールには「ユッケ用のサンプルが出来ました」と書かれています。
ユッケ用の肉の見積もりについて大和屋商店からフーズ・フォーラスが受信した電子メール

私は、少なくとも5月4日以前に当該メールの画像が2ちゃんねるに掲載されていたのを知っている。

当時マスコミなどは全くこのメールについて報道していなかったため、私も本物かどうか確信が持てず、【ネット上では、「フーズ・フォーラス」がその食肉卸売業者である株式会社「大和屋商店」から受信したとされる電子メールの画像が掲載されている。】と前置きしてメールの画像を掲載していたが、メールは本物だった可能性が高そうだ。

この電子メールは、「焼肉酒家えびす」を経営する株式会社「フーズ・フォーラス」(勘坂康弘社長)の責任を軽減する証拠となるため、フーズ・フォーラスの関係者がネット上に掲載していた可能性がある。

いずれにせよ、この電子メールが本物だった可能性が高くなっており、そうなると卸売業者「大和屋商店」(代表者:長田長治)にもかなり重い責任があることになる。

「大和屋商店」は「焼肉酒家えびす」に出荷した牛肉について「生食用は出していない」と説明していたが、真っ赤なウソだったということになる

「大和屋商店」は2年前に送信したメールなど残っていないことに期待したのかもしれないが、「フーズ・フォーラス」側はしっかり残していて早々とネット上に画像を掲載していたようだ。





>毎日新聞が入手した大和屋からのメールは09年5月20日に送信され、「国産牛 和牛経産(出産したことがある牛)モモ赤身100% ユッケ用のサンプルが出来ました。社員とサンプルテストしましたが、どの部位を食べてももんだいは無く感じました」と安全性を伝えていた。また肉質は「和牛の血統でその上雌なので味があります」とし、「歩止り約100%で、無駄がありません」としていた。


毎日新聞などのマスコミは、2ちゃんねる探偵クラブや私のブログより3日~4日以上も入手するのが遅かった。




>フーズ社幹部は「『歩止り約100%』なのでトリミングは大和屋側で行い、そのまま調理し提供できると思った」という。


確かに「大和屋商店」からのメールからはそのように解釈できるが、最終的に調理して客に出した「フーズ・フォーラス」にも責任はある。

ただ、2年前に受信していた「大和屋商店」からのメールが物的証拠として認知されてきたので、責任の所在は全てが「フーズ・フォーラス」にあるのではなく、卸売業者「大和屋商店」の方により多くある可能性が高まってきた。

そもそも、富山、福井、神奈川など多くの店舗でO111食中毒が発生していたので、食肉卸売業者が納入した時点でO111大腸菌が付着していた可能性が高った。

マスコミもそのことを察知していて、当初から同和利権が絡む今回の事件を控え目に報道していたのだろう。

食肉卸売業者は主に部落民(同和関係者)の利権となっており、マスコミのタブーとされている(荊タブー)。





>大阪府内の食肉関係者は「歩留まり約100%と提案されれば、トリミング処理は済んでいると判断するのではないか」と話す。大和屋側は板橋区保健所に「加熱用なのでトリミングせずに出荷した」と説明している。


「大和屋商店」は、様々な方面にいろんな嘘を吐きまくっているようだ。




>一方、大和屋の役員とみられる男性が、ユッケにも使える生肉をインターネットで通信販売していたことも分かった。サイトによると、通信販売していた業者の所在地とファクス番号は大和屋と同じ。男性名は、大和屋の登記簿に記された取締役と同じだった。
>サイトでは「交雑種/外モモ/B2です。赤身率が高くユッケやロースで使用できます」と説明していた。



「大和屋商店」の長田忠士という役員が「ユッケにも使える生肉をインターネットで通信販売していた」ことも、5月7日以前から2ちゃんねるなどでは掲載されて知られていた。

現在はサイトを閉鎖されてしまったが、既に画像として保存しているので次に掲載しよう。

「大和屋商店」の長田忠士という役員が「ユッケにも使える生肉をインターネットで通信販売していた」
――――――
■交雑種/外モモ/B2【品切れ中】
[別画像を見る]

交雑種/外モモ/B2です。
どこにでもある商品ですが価格で勝負します。
赤身率が高くユッケやロースで使用できます。

ご希望があれば、スペック(小割り)いたします。
スペックはkg/¥50です。

取扱社名:ミートラボラトリィ

単価:1350円/kg(税込)
サンプル販売:12150円/1本/約9kgで暫定計算してます。(税込)
不定貫商品(重量は個体によって違います)
通常販売最小ロット:1本/約9kgで暫定計算してます。
サンプル最小ロット:1本/約9kgで暫定計算してます。
生(原)産地:日本
加工地:日本
形態:真空パック
荷姿:箱
サイズ:1本/約9kg
賞味期限:加工日より40日(冷蔵)
納期/発送体制:受注日より3日以内にクール便で発送します。(休業日を省く)
運送費:送料別

納入実績:スーパー 小売店 焼肉店 レストラン
参考メニュー:コマ材
備考:
原材料、食品添加物:牛肉
■買い手様からの品質評価点
(5点満点・過去の全商品取引が対象の評価です) この商品の評価:評価が3件未満です
当該企業過去出品全品評価自動集計: (4.1)
評価総件数:348件
お客様の声

この商品の出品社情報 
●ミートラボラトリィ
●担当 長田 忠士
担当 長田 忠士
――――――



また、「大和屋商店」は自社HPも閉鎖したが、こちらも魚拓がとられている上、画像も保存されているので紹介しよう。

(株)大和屋商店のHPの魚拓
http://megalodon.jp/2011-0504-1311-33/www.yamatoya-co.jp/company.html


食肉卸売業 株式会社「大和屋商店」のHP
画像は、閉鎖前の「大和屋商店」HP


上に示した「魚拓」や「画像」を見れば分かるように、「大和屋商店」はパチンコ屋(朝鮮玉入れ屋)の隣(敷地内?)に在る。


「大和屋商店」は、2年前に「フーズ・フォーラス」に送信した電子メールと、「ユッケにも使える生肉をインターネットで通信販売していた」事実により、逃げ切れなくなった。

現在「大和屋商店」と「フーズ・フォーラス」は責任の擦り合いをしているが、両者に責任があるのは間違いなく、今後は被害者に対して全力で補償し、罪を償うべきだ。


ユッケ食中毒死事件を起こし『この2日間 数えきれないほどの「人殺し」というメールをもらった』と逆ギレ会見したフーズフォーラス勘坂康弘社長
フーズフォーラス勘坂康弘社長
画像は愛国画報 from LAより





責任について厳しい言い方をすれば、安物の生肉を食べる客自身にも皆無とは言えない。

また、曖昧な基準しか設けていなかった厚労省の責任も重大だ。

さらに、忘れちゃいけないのは、日本テレビだ。

当ブログの5月5日付記事5月6日付記事で述べたとおり、日本テレビは4月18日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」で島田紳助らが「焼肉酒家えびす」を絶賛する番組を放送していた。

焼肉チェーン店「焼肉酒家えびす」を紹介した番組というよりも、思いっきり「焼肉酒家えびす」を宣伝する内容であり、下手なテレビCMより、宣伝効果は絶大だった。


■動画
人生が変わる深イイ話【殺人焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」】
http://www.youtube.com/watch?v=jYqX3b4VMbY




その上で、O-111食中毒事件が発生すると、番組HPでこの4月18日放送分の情報を何の説明もなしにコッソリと削除したのだ!

以前はHPの「前回の深イイ話」の所には「矢印」が付いていて、過去の放送分から見たい日の放送を選択出来ていた。

この日の放映内容の情報が、日テレの番組HPからいきなり消えたんです。これまでに、何の説明もありません。

↓ ↓ ↓

この日の放映内容の情報が、日テレの番組HPからいきなり消えたんです。これまでに、何の説明もありません。

↓ ↓ ↓

現在のHPの「前回の深イイ話」
http://www.ntv.co.jp/fukaii/episode/index.html


今は前回放送分しか見ることが出来なくされてしまった。


この日テレの隠蔽工作については5月6日付記事で紹介したように「探偵ファイル」が批判していたが、日本テレビを批判する声は他にも多い。


http://news.livedoor.com/article/detail/5540795/
"不快イ話"!? 島田紳助も絶賛! ユッケ食中毒死事件で日本テレビが証拠隠滅?
2011年05月08日08時00分
提供:メンズサイゾー

 4月18日に放送された日本テレビの番組『人生が変わる1分間の深イイ話』で、視聴者からの投稿をもとに、ある激安焼き肉チェーンに関する取材が特集された。その内容は味・サービス共に絶賛の嵐で、司会の島田紳助や出演者たちが全員で"深イイ話"と認定する始末。放送直後から露骨なタイアップ企画ではないのかと指摘する声がネットに挙がった。

 その激安焼き肉チェーンとは、今回富山・福井・神奈川3県で集団食中毒を起こした「焼肉酒家えびす」であった。

 放送直後に起きた食中毒事件であり、犠牲者のうち何人かは『人生が変わる1分間の深イイ話』に影響されて来店した可能性もあり、日本テレビの放送倫理が問われる状態になっている。

 最も問題になっている点は、この取材が本当に一般視聴者の投稿から始まった取材であったのかどうかという部分である。つまり、制作会社と「焼肉酒家えびす」が組んだ露骨な宣伝・タイアップであった可能性が指摘されているのだ。考えてみれば、いち外食企業の営業スタイルを「イイ話」と解釈するのは無理があり、日本テレビや制作会社に何らかのメリットがあったから紹介した可能性があると噂されている。

 この問題に関して、日本テレビサイドは沈黙を守っており、番組と「焼肉酒家えびす」の関係、事件の犠牲者と番組視聴の関連については言及されていない。業界内部では、これだけ社会に犠牲者を出した番組は、早々に打ち切るべきという声も挙がっており、今後の日本テレビの反応が気になるところだが、日本テレビのHP上にあった『人生が変わる1分間の深イイ話』のコーナーから前回放送された「焼肉酒家えびす」の記事は削除されている。

 犠牲者や社会への謝罪なくして、こっそりHP上の記事を削除するのはフェアではない。ニュースの中で東京電力の社会に与えた責任を追及しておきながら、自社の不始末を徹底調査せず、社会や犠牲者への謝罪もできないのは矛盾している。天国の氏家さん(齊一郎・元日本テレビ会長。3月28日没)が泣かないような企業運営をしていただきたい。





「マスコミの調査能力は2ch以下!日テレは姑息だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.