正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201105
24時間マラソンは徳光和夫・日テレ『24時間テレビ』・マラソンでもなく、普通に歩くより遅い超スローウォーキング・制作費は約10億円で出演タレントには高額ギャラ・チャリティーを騙る詐欺番組だ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




24時間テレビ\121423司会者から最年長ランナーへ! 徳光和夫が『24時間テレビ』マラソンランナーに決定『24時間テレビ』史上最年長マラソンランナーに選出された徳光和夫
『24時間テレビ』史上最年長ウォーカーに選出された徳光和夫

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110422-00000348-oric-ent

司会者から最年長ランナーへ! 徳光和夫が『24時間テレビ』マラソンランナーに決定
オリコン 4月24日(日)21時43分配信

 フリーアナウンサーの徳光和夫(70)が、毎年恒例の日本テレビ系『24時間テレビ34 愛は地球を救う』(8月20日~21日)のチャリティーマラソンランナーに挑戦することが24日夜、同局のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』の生放送で発表された。突如スタジオに登場した徳光に出演者は呆然。これまで33年にわたり24時間テレビの司会を務めてきた徳光は「司会をしてきて、こなしていくことが多くなり、取り組むことがなかった。人の姿を見て泣いてきたけど、自分自身に泣いたことはない」と現状に燻っていた心境を語り「このランナーが、自分がチャレンジできる最後の仕事」と、2007年にランナーを務めた萩本欽一(当時66歳)を上回る“史上最年長ランナー”として挑戦する決意を固めた。

『24時間テレビ』チャリティーマラソン 歴代走者一覧

 一昨年のイモトアヤコ、昨年のはるな愛をはじめ、過去に間寛平やTOKIOの山口達也、萩本欽一らが名を連ねている同チャリティーマラソンに、“24時間テレビの顔”として番組の舵を取ってきた徳光が挑む。今年1月、徳光の元へマラソンランナーのオファーが届き「『きたか…』という気持ちと『とても無理だ』という気持ちがあった」と葛藤したことを明かしたが、「俺にとっての“最後の取り組み”として、自分の中で熱い思いがこみ上げてきた」と決断した。

 番組出演者の中からランナーが発表されると思い込んでいた東野幸治、磯野貴理らは、徳光の突然の登場に「まじで!?」と驚愕。番組司会者の島田紳助は「ずっと司会をやってきて、年齢的に走ることが難しくなってきた。だから、無理になる前に『最後にどうですか?」って、日本テレビにやられたんやろ」と“ランナー抜擢”の真相を探りつつ「みんなで応援して! 年齢もあるから、完走しようなんて思わず、無理せんように」とねぎらいの言葉をかけた。

 2001年には急性心筋梗塞を患うなど、身体的に不安要素も残っている徳光だが、妻・早苗さんの反対も押し切り今回の参加を決意。最初は負荷にならない程度のウォーキングから取り組み、徐々に体づくりをおこなっていく予定で、走行距離についてはまだ正式に決定していないが、これまでの涙の代わりに“汗”を流し、今年の24時間テレビを盛り上げる。

 今年の24時間テレビは、人気グループ・関ジャニ∞を初のメインパーソナリティーに迎える。東日本大震災があった今年、同番組に対する注目度が高いなか、メンバーの横山裕と村上信五は、1995年の阪神・淡路大震災を経験しており、「今度は僕らが(阪神・淡路の)お返しをする番」と強い決意を口にしている。



>フリーアナウンサーの徳光和夫(70)が、毎年恒例の日本テレビ系『24時間テレビ34 愛は地球を救う』(8月20日~21日)のチャリティーマラソンランナーに挑戦することが24日夜、同局のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』の生放送で発表された。


上の記事では「チャリティーマラソンランナー」と述べているが、実際には「チャリティー」でもなければ「マラソンランナー」でもない。

この記事では「走行距離についてはまだ正式に決定していない…」と述べているが、別の報道では徳光は「70歳だから70キロかな?」と目標を掲げたという。

人間は普通に歩くと、1時間に4km歩く。

大地震があった3月11日の夜、私は約13kmの距離を約3時間歩いて帰宅した。

あの日首都圏では、私よりも遥かに長い距離を徒歩で帰宅したも多いはずだが、皆が似たようなペースで歩いていた。

2011年3月11日東北太平洋沖大地震徒歩帰宅
2011年3月11日東北太平洋沖大地震徒歩帰宅


徳光和夫が70kmを昨年と同じ時間(25時間40分)をかけて移動する場合、1時間あたりたったの2.8km未満しか進まないということだから、普通に歩くよりもかなり遅いペースとなる。

実際に、例えば、毎年「行橋 - 別府100キロウォーク」というイベントが開催されているが、参加者の多くは100Kmを26時間以内に「完歩」している。

そして、100Kmを26時間以内に移動するこの大会では、大会規約で走ることが禁止されている。

100kmを26時間以内に移動するイベントで「歩く」、「ウォーク」、「完歩」などという言葉が使用され、大会規約で「走ることが禁止」されているのに、24時間テレビでそれ以下の距離を25時間40分かけてかなりゆっくり移動することを「マラソン」とか「完走」と呼ぶのは詐欺行為だ。

また、日本各地で「100キロマラソン大会」が開催されているが、「100キロマラソン」の場合には、13時間以内か14時間以内にゴールしなければ「完走」とされない。

そして、65歳の女性が9時間台で100キロを完走したり、73歳の男性が12時間台で100キロを完走したりしている。

100キロチャレンジマラソン秋田
http://www.kumagera.ne.jp/a100km/

100キロ 完走者

宮城県 女 65 田中 ゆり子 9:19:46

山形県 男 73 川野部 満  12:42:01

昨年の完走者725人(54.80%)
http://www.kumagera.ne.jp/a100km/kiroku/2009_kiroku/100-kansou2009.htm




昨年のはるな愛(大西賢示)のチャリティーマラソンに関しても、大会規約で走ることが禁止されている「行橋~別府100キロウォーク」よりも遅かった。

相当ゆっくり歩かないと85kmに25時間40分もかけることは不可能だ。
放送終了直前のゴールを演出するため、実際にはるな愛の歩きはかなりゆっくりだったし、3~4km毎に休憩を入れた上、さらに夜中の02:35からは2時間以上の大休憩まで取っていた。
普通の人の歩行速度が4km/hであり、はるな愛はそれよりも遥かにゆっくり歩いていたのだから「マラソン」と称しての募金集めは、詐欺行為となる。

しかも、毎年、この24時間チャリティーマラソン(詐欺徒歩)のランナー(超ゆっくり歩行者)には、平均的サラリーマンの年収2年分のギャラが支払われている。
24時間テレビ70kmマラソン 萩本欽一
―――――――――
●有名マラソン大会 賞金、ギャラ ランキング
2000万円余(推定) 24時間テレビ70kmマラソン 萩本欽一(ギャラは募金したらしい)
1500万円 世界陸上マラソン 優勝&世界新ボーナス
1400万円 ボストンマラソン 優勝賞金
1300万円 高橋尚子ベルリンマラソン優勝&世界新ボーナス
1250万円 ニューヨークシティマラソン 優勝賞金
1200万円(推定) 24時間テレビ100kmマラソン 杉田かおる
1000万円(推定) 24時間テレビ100kmマラソン 西村知美 ※残り20km世界記録ペース(非公式記録)
1000万円(推定) 24時間テレビ113kmマラソン エド・はるみ

 800万円 東京マラソン2009 優勝賞金
 600万円 世界陸上マラソン 優勝賞金
500万円(推定) 24時間テレビ85kmマラソン はるな愛(大西賢示)
 400万円 ホノルルマラソン 優勝賞金
  80万円 ゴールドコーストマラソン 優勝賞金
――――――――





いわゆる「チャリティーマラソン」が、実は欺瞞、詐欺だと言われながらも、毎年行われる理由は、やはり視聴率にあるらしい。

★★24時間テレビの平均視聴率 年順
回目 . 年 . 昭/平
────────────────―
01   1978   53  .  15.6 %
02   1979   54  .  11.5 %
03   1980   55  .  10.8 %
04   1981   56  .  11.3 %
05   1982   57     8.2 %
06   1983   58  .  10.5 %
07   1984   59     8.0 %
08   1985   60  .  10.7 %
09   1986   61     8.9 %
10   1987   62     7.7 %
11   1988   63     7.8 %
12   1989   01  .  11.6 %
13   1990   02     8.5 %
14   1991   03     6.6 %  9.8 % マラソンの無い頃の平均(1978~1991年)
――――――――――──────――
15   1992   04  .  17.2 %  ←マラソン開始
16   1993   05  .  15.9 %
17   1994   06  .  14.7 %
18   1995   07  .  16.9 %
19   1996   08  .  14.1 %
20   1997   09  .  15.5 %
21   1998   10  .  12.0 %
22   1999   11  .  13.9 %
23   2000   12  .  14.7 %
24   2001   13  .  15.7 %
25   2002   14  .  15.4 %
26   2003   15  .  15.6 %
27   2004   16  .  11.7 %
28   2005   17  .  19.0 %
29   2006   18  .  17.7 %
30   2007   19  .  18.6 %
31   2008   20  .  18.6 %
32   2009   21  .  16.8 %
33   2010   22  .  15.8 %  15.8 % マラソンの有りの期間の平均(1992~2010年)
34  2011  23  .  ?? 

──────────────────
   総平均       13.3 %


【24時間テレビ・歴代チャリティーランナー】
1992年 間寛平 / 200km(153kmで棄権)
1993年 間寛平の再挑戦 / 200km
1994年 ダチョウ倶楽部 / 100km
1995年 間寛平の神戸⇒武道館 / 600km(7日間で完走)
1996年 赤井英和 / 100km(日本列島600人リレー)
1997年 山口達也(TOKIO) / 100km
1998年 森田剛(V6) / 100km
1999年 にしきのあきら / 110km
2000年 トミーズ雅 / 150km
2001年 研ナオコ / 85km
2002年 西村知美 / 100km [中井中学校18:55→日本武道館20:47]
2003年 山田花子 / 110km [酒匂中学校18:59→日本武道館22:02]
2004年 杉田かおる / 100km [湘光中学校20:00→日本武道館21:20]
2005年 丸山和也 / 100km [内郷小学校19:00→日本武道館20:42]
2006年 アンガールズ / 100km [岡本中学校18:58→日本武道館20:40]
2007年 萩本欽一 / 70km [相模丘中学校18:58→日本武道館21:05]
2008年 エドはるみ / 113km [初声小学校19:06→日本武道館20:42]
2009年 イモトアヤコ / 126.585km [酒匂川流域下水道酒匂管理センター19:07→東京ビッグサイト21:12]
2010年 はるな愛 / 85km [相模川流域下水道左岸処理場19:05→日本武道館20:45]
2011年 徳光和夫 / 70km??





テレビ局は、売上(スポンサーからの広告料)のだいたい半分を制作費にかけて、更に様々な手数料などが掛かるため、日本テレビの場合には1割弱が営業利益率となっている(2010年3月期連結)。

このことから、おそらく日テレは2010年の「24時間テレビ」によって、スポンサーから20億円の広告料を受け取り、制作費(タレントに支払うギャラを含む)に10億円弱を掛け、残り約10億円から営業手数料(電通などに支払う仲介手数料)やネットワーク手数料を引いて、2億円くらいの営業利益を上げているものと推測される。


━━━━━━━━━━
「週刊新潮」9月9日号(2010年9月2日発売)
実は全部がチャリティーじゃない「24時間テレビ」後始末
感動を押し付けて30余年。番組ではチャリティーを標榜しつつ、出演者にはしっかりギャラが支払われている。それが、先ごろ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)の実情だ。
恒例の番組も、今年ではや33回。さる8月28日から翌日にかけては「史上初のニューハーフランナー」と銘打って、はるな愛が85キロを走破。出演者が涙で迎え、フィナーレは谷村新司と加山雄三の「サライ」合唱と、相も変わらぬスタイルであった。
慈善番組とはいえ、そこはやはりビジネス。それゆえ、まる1日拘束されるパーソナリティからランナーまで、
「通常の出演料よりかなり抑えられてはいますが、基本的に出演した芸能人には『謝礼』を支払っています」
と明かすのは、日本テレビ関係者である。
「番組の趣旨は『障害者への理解と共生を視聴者に喚起する』ことですから、出演者にチャリティーを強制するのではなく、あくまで“仕事”として位置づけています。よって、局では『ギャラが発生して然るべき』と捉えているのです」
番組の制作費は毎年およそ10億円。そこにはもちろんギャラも含まれているものの、今年はスポンサーが思いのほか集まらず、2ケタの大台を割ってしまったのだという。
「総合司会の徳光和夫さんには例年600万円以上支払っていましたが、今回は200万円ダウン。それでも出演者ではトップクラスの数字です」(同)
番組の目玉ともいえる24時間マラソンは、92年から開始された。今年のランナーのはるなも「ギャラは500万円以上」だという。
うまみの数々
「ランナーに決まったタレントは、毎年6月の初め頃からトレーニングに入り、3カ月間カメラが密着します。そしてマラソン当日の前後には、前打ち番組やメイキング番組などが立て続けにオンエアされるので、当日のギャラとは別に出演料が稼げるのです」(同)
さらに、完走できれば普段のギャラ自体も増額につながるという。スポーツ紙芸能デスクが解説する。
「1昨年走ったエド・はるみが好例です。マラソンの前は1本50万円程度だったところ、いきなり倍額にアップしました。また、ランナーの特典として、今後1年間は日本テレビのバラエティーやクイズ番組から優先的に声が掛かります。トータルで考えれば、1年で1億円ほどの収益にはなるでしょう」
ひと走りすれば、計り知れない波及効果が見込めるというわけだ。
放送評論家の島野功諸氏が言う。
「民放が“商業テレビ”であることは皆知っているので、いくらでもキレイごとを冠しても、視聴率を取らなくてはなりません。出演料が発生しようがしまいが、白々しいことをやっているのには変わりない。こんな時代遅れの社会貢献キャンペーンを真に受ける視聴者は、誰もいないでしょう」
第1回からの募金総額は、昨年度までの累計で282億円。来年には300億円に達する見込みだという。当分の間「感動強要」は静まりそうにない。

━━━━━━━━━━

●まとめ
―――――
★はるな愛
当日のギャラ 【500万円以上】
前後に立て続けにオンエアされる前打ち番組やメイキング番組などの出演料 【別途ゲット】
完走後は普段のギャラ自体も増額 【いきなり2倍にアップ】
完走後1年間は日本テレビのバラエティーやクイズ番組から優先的に出演 【1年間で1億円ほどの収益】
―――――

―――――
★総合司会の徳光和夫
例年、600万円以上
2010年、400万円以上
―――――

―――――
制作費、2010年10億円弱
以前の制作費は100億円、2004年は40億円(元資料:wikipedia
―――――

24時間テレビでチャリティーマラソンを完走したはるな愛=東京・日本武道館
24時間テレビでチャリティーマラソン(超スローウォーク)を完歩したはるな愛=東京・日本武道館






一方、アメリカやフランスなどで毎年続いているチャリティー番組に出演する大物芸能人は全員がノーギャラのボランティアだ。

帰国子女の西田ひかるが出演料に驚いたのは当然であり、日テレと「24時間テレビ」出演タレントは、日本の恥だ。


外国人も呆れる"エセチャリティ"『24時間テレビ』
2009年08月23日、日刊サイゾー
(一部抜粋)

 そんな中、あたりまえのように出演料が発生する日本の『24時間テレビ』。はたして海外メディアの目にはどう映るのだろうか。日本在住の外国人記者にこの疑問をぶつけてみた。まずは日本在住満3年のアメリカ人記者の声。

「アメリカでもしジェリー・ルイスがギャラをもらっていたらそれはもうスキャンダルだね(笑)。かつてインド洋津波被災者のための『ツナミ・エイド』が放送されたときも、マドンナやハリウッドセレブ達が全員ノーギャラで参加をしていたし」

 在日5年のフランス人記者はやや興奮気味にこう語る。

「絶対におかしい! フランスの『テレソン』もタレントがたくさん出るけど全員が無償参加。番組で発生するお金は極力チャリティに使われるべきだよ」

 まだ来日2年目を迎えたばかりのカナダ人記者は、「みんな無償で出演しているとばかり思っていたからショックだよ。でも本当に? 交通費とかじゃなくて?」と、にわかには信じ難い様子。24時間テレビが日本人のチャリティ精神を喚起してきた貢献面を評価する声もあると説得(?)してみたが、「カナダやアメリカでその考えは通らないね。チャリティとはリーダーが手本を示すべきで、本来大金を稼げるはずの多忙な著名人があえて時間を割いて出演するから、一般視聴者にも意識が芽生える。むしろ日本人がなぜ怒らないか不思議」と手厳しい。


アメリカで40年以上も続いているチャリティー番組『レイバーデイ・テレソン』は豪華な出演者



「24時間テレビ」が庶民から巻き上げる募金は1回で約10億円だが、これは日テレが「24時間テレビ」で上げる営業利益約20億円の半分を寄附するか、あるいは、3,295人居る平均年収1262万円(40.7歳)の日テレ社員が30万円ずつ募金すれば済む金額だ。

にもかかわらず、日テレは莫大な利益を上げ、日テレ社員は高給を取り、出演タレントは総額何億円ものギャラを受け取りながら、視聴者にカネを払うよう呼びかけるのだから、偽善どころか悪質な「詐欺」だ!




「いい加減にしろ!日テレ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日本テレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.