正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201105
玄葉が権力濫用の利益誘導!「オレの選挙区に50台のタンクローリーを出せ!」玄葉国家戦略担当相 復興を裏切る大スキャンダル・「週刊文春」・福島訪問の菅首相の「やらせ面会」に原発避難住民から厳しい声・クズ揃いの民主党議員
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)「オレの選挙区に50台のタンクローリーを出せ!」玄葉国家戦略担当相 復興を裏切る大スキャンダル・「週刊文春」4月28日号
「オレの選挙区に50台のタンクローリーを出せ!」玄葉国家戦略担当相 復興を裏切る大スキャンダル「週刊文春」4月28日号

━━━━━━━━━━
「週刊文春」4月28日号
――総力特集――
大震災「官邸迷走40日」の全行状
「オレの選挙区に50台のタンクローリーを出せ!」
独占スクープ
玄葉国家戦略担当相
復興を裏切る大スキャンダル


――――――――――
大震災直後、東北全域はガソリン不足にあえいでいた。そのとき。福島第一原発から30キロ圏内にある田村市に突如やってきた「緊急支援」。ここには地元選出の玄葉大臣の指示があった――。何より公平が求められる復旧現場で起きた「利益誘導」の実態を暴く。
――――――――――

3月16日。大地震からまだ5日目。

東北地方全域は、地震と津波という悪魔の爪痕が残ったままで、膨大な被災者たちは生と死の堺を彷徨っていた。

水がない。食料がない……。やっと届いた食べ物は、おにぎり1個。しかし、それだけで、今日、1日を過ごさなければならない……いや生きなければならない……。

しかし救援活動は、自衛隊をはじめ、オールジャパンで動き出していたはずであった。にもかかわらず、被災者になかなか物資が届かない――。

その理由が、15日頃からわかってきた。

仙台や横浜など東日本の製油所が、地震の被害を受けて機能ダウン。操業停止や点検で、石油製品の出荷は通常より約2割減という有様となったのだ。

その結果、東北全域で、ガソリンスタンド(スタンド)の供給が底をつき、途絶に近い状態となってしまった。各スタンドは、被災地の在庫だけで営業したまま数日で底をつき、供給を受けるメドも立たなくなったのである。

被災地へ向かう救援物資を運ぶトラックはあっても、ガソリン不足から運べないという事態が発生。せっかく被災地の近くまで届いた物資が荷揚げされても、ガソリンがないためトラックを動かすことができない。

広大なエリアに点在する避難所で、被災者は飢えと寒さに苦しんだ。


30キロ圏内にガソリンが

そしてもっとも深刻な事態になっていたのは、福島第一原発の事故で、政府による屋内退避指示が出された、原発から30キロ圏内に住む福島県民だった。
(略)
30キロ圏内の福島県田村市で、スタンドを営むM氏も、絶望にくれていた一人だった。

震災直後から数日でガソリンは底をつき、その状態は週末まで続いた。

ところが、M氏のもとに、想像もしていなかった朗報が飛び込む。突然、緊急支援でガソリンが来たのだ。

その日が16日、東北全域の惨状からすれば奇跡に近い〝ガソリンの到着〟だった。しかも、それは、その日だけ、1回限りの〝奇跡〟だった。

なぜ、そのような〝奇跡〟が起こったのか。

「玄葉さんにお世話になったみたいですね。詳しいことは分かりませんが。なにしろ地元ですからね」

地元のスタンド経営者が口にした玄葉さん、という名前――。

もちろん玄葉光一郎氏のことだ。田村市が地元選挙区の衆議院議員である。

しかし、玄葉氏は、ただの議員ではない。

現在、菅直人政権の閣僚で、国家戦略担当大臣。

肩書はほかにもある。


政府と党の重要ポストを兼務

(中略)

しかし、さきのM氏の話は聞き捨てならない。

30キロ圏内に含まれるのは、田村市だけではないからだ。南相馬市に始まり、飯館村、葛尾村、浪江町、双葉町、川内村、広野町、そしていわき市もその中に含まれる。

もし玄葉大臣が、政府最高幹部という権力を使い、選挙区だけにガソリンを供給したのなら重大問題だ。

同じ田村市で、スタンドを経営するK氏は、経済産業省の外局である「資源エネルギー庁(エネ庁)」という役所の名前を口にした。

「エネ庁から、『緊急支援』でタンクローリー(ローリー)を送り込むとの話があったんです。それを受け、うちの石油組合の幹部で、同じスタンドのS氏が、ガソリン受け取りの窓口となりました」

エネ庁とは、石油、電力、ガスなどのエネルギーの安定供給を監督する国の機関。業者に対して許認可権限を持つ。ゆえに、業者に対する指示は絶対命令なのだ。

ところで、K氏のガソリン販売で、絶望していた田村市民の喜びはひとしおだったという。
(略)


突出して多い田村市の配給先

(略)
市民から玄葉大臣への感謝の言葉が尽きないことは想像に難くない。

しかし、ちょっと待って頂きたい。玄葉氏は、経済産業省やエネ庁は所管していない。つまり、本来、エネ庁に何か指示する指揮権はない。

地元を救いたい、という気持ちはわかる。だが、たとえ正義感からとしても、当時は、政府が被災地や30キロ圏内への支援物資を統制していた時期でもある。救援物資の供給先は公平でなくてはならないからだ。

にもかかわらず、地元選挙区だからという理由で、個別な支援を、管轄外の国の機関にもし指示したとすれば、公平さを破壊する重大問題である。広大な30キロ圏内でガソリンを待ち望み苦しむ人々への、許されざる背信行為と糾弾されるべき問題だ。

小誌取材班が、玄葉国務大臣室に事実関係を問うたところ、玄葉大臣のコメントとする回答が寄せられた。

「ガソリン等が不足していたため、自主避難が困難となっている『原発周辺地域』の住民の皆様のためにガソリン等の供給を行うよう、内閣総理大臣からエネ庁に対して、3月15日の夜に指示があったことを受けて実施されたものです。その際、併せて私に対し、ガソリン等の支給を支援するよう指示があったところです」

また、供給先についても、

「供給先スタンドの選定については、エネ庁において実施したものであり、選定に際し、田村市のスタンドを優先したとの事実は無いと承知しています。また、私から何らかの指示を行ったとの事実もありません」

玄葉氏は「原発周辺地域への緊急支援」という言葉を繰り返すが、フタを開けてみれば、事実はまったく違っていた。

実は、エネ庁は、この「緊急支援」をするにあたり、配給先リストを作成。中で、具体的な供給先を記載しているのだ。

――――――
手配するローリーは50台予定。

スタンドは
田村市 11店
いわき市 7店
南相馬市 2店
――――――

さらに同文書には、具体的なスタンドの名前と住所まで書かれている。

例えば田村市では、

――――――
㈱A社・田村市××
㈱B社・田村市××
――――――

玄葉大臣の言うとおり、「原発周辺地域」に住む人々のことを考えてのことならば、これら3つの市だけで、なぜ、他の村や町が配給先リストに入っていなかったのか。繰り返すが、30キロ圏内には、いわき市、飯館村、葛尾村、浪江町、双葉町、川内村、広野町がある。

それより何より、エネ庁のリストに書かれた配給先のスタンドの数は、見ての通り、田村市が突出している。

いったいなぜか?


北沢防衛相が玄葉氏を罵倒

いわき市の人口は、田村市の8倍であり、相馬市とはほぼ同じだ。30キロ圏内の屋内退避指示がなされた全域の人口は、約13万人。田村市の約33倍である。逃げるに逃げられず、ガソリンを待っていた人々は膨大にいた。この〝差〟についての合理的な説明はまったくつかない。

ちなみに、リストのA社は、前出のM氏の経営する会社であり、B社の社長はやはり前出のK氏である。

さらに言えば、K氏は、玄葉大臣の、地元、田村市の高校時代の同級生である。

そしてエネ庁の資源・燃料部政策課は、小誌の取材にはっきりとこう証言した。

「緊急供給する前日の15日の夜、玄葉先生がわが庁(エネ庁)の上の方に電話を入れ、『田村市、いわき市、南相馬市にガソリンを配給しててくれ』と要請をなさいました」

エネ庁の上層部は当然わかったはずだ。中に含まれている田村市が玄葉大臣の地元であることを。

それは官僚にとって、〝オレの選挙区に入れろ〟と言われたも同然だったはずだ。

しかも疑惑はさらに膨らむ。田村市だけにすれば余りにも露骨と考え、いわき市と南相馬市を敢えて加えたのではないか――。

これでは、選挙区を優先、優遇するため所管外の役所にねじ込んだと批判されても仕方ないではないか。いや、権力の濫用だ、と国民が声を上げる可能性も高い。

それにしても思うのは、30キロ圏内の飯館村から広野町までの村(町)の住民たちの感情である。自分たちが知らぬ間に、配給リストから外され、政治家の選挙区に重点配給されていたという事実をどう思うだろうか。

それらの市町村に住む13万人の人たちも、避難したくてもガソリンがなく恐怖に震え、また病院に行こうにもガソリンがない、と慟哭していたのだ。

実は、問題はこれだけにとどまらない。

経産省幹部によれば、玄葉大臣は、15日の直後、2回目の〝個別支援〟をエネ庁に要請。さすがに同庁は、責任問題となることを嫌がり、自衛隊に代行してもらうための働きかけを自衛隊関係者へ行った。

ところが、それを聞いた北沢俊美防衛大臣が政府対策本部の席上、玄葉氏を罵倒した。

「何、勝手なことやってんだ!」

玄葉大臣のふるまいはもはや常軌を逸している。

さらに、玄葉氏による奇怪な〝個別支援〟のために動員されたローリーは、その後、〝風評被害〟を受け、他で使えなくなった。エネ庁はこれら33台のローリーを買い上げている。ローリー1台が約2千数百万円だから、その予算は莫大なものになる。政府は果してこの巨額の支出を認めるのか?

玄葉氏からエネ庁上層部への電話指示、田村市のスタンド組合の幹部に、深夜にかかってきたエネ庁の不思議な電話。バタバタとなされた緊急配布。それも一部の地域で、玄葉氏の選挙区へは重点配給――。

職権乱用があったと理解する方が自然だ。

かつて民主党幹部たちがスキャンダルで辞任した時、そられはミスや部下の責任を負ったものが多い。しかし今回の疑惑は、政治家としてのみならず、人間の根幹にかかわる重要問題だ。

菅首相には今、重大な決断が求められている。

━━━━━━━━━━
玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)「オレの選挙区に50台のタンクローリーを出せ!」玄葉国家戦略担当相 復興を裏切る大スキャンダル・「週刊文春」4月28日号
「週刊文春」4月28日号



>手配するローリーは50台予定。
>スタンドは
>田村市 11店
>いわき市 7店
>南相馬市 2店



タンクローローリー50台を手配して20店舗にガソリンを供給する予定だったが、3月16日に実際に集結したのは35台だったという。

いずれにせよ、配給するガソリンスタンド20店舗のうち、田村市は11店舗と突出していた。


菅政権は3月12日に20キロ圏内の住民に避難を指示。3月15日に20~30キロ圏内の住民に屋内退避を指示、その後3月25日に避難要請。
(地図)福島第一原発20km-30kmの市町村
菅政権は3月15日に20~30キロ圏内の住民に屋内退避を指示、その後3月25日に避難要請。
ちなみに、20キロ圏内の住民には、3月12日に避難を指示、4月21日に避難指示区域を、法的に立ち入り禁止にできる「警戒区域」に切り替えた。



「週刊文春」の説明だとイマイチ分かり難いので、私が出来るだけ分かり易く説明したい。

玄葉光一郎の選挙区(福島県第3区)は、白河市、須賀川市、田村市、岩瀬郡、西白河郡、東白川郡、石川郡、田村郡だ。

この玄葉光一郎の選挙区のうち、3月15日に菅政権が出した「屋内退避指示」(20km-30km圏)に該当したのは、田村市の一部だけだった。

一方、玄葉光一郎の選挙区である田村市以外で、3月15日に「屋内退避指示」(20km-30km圏)を出されたのは、いわき市、南相馬市、飯館村、葛尾村、浪江町、双葉町、川内村、広野町だった。

「屋内退避指示」(20km-30km圏)を出された全域の人口は約13万人だった

田村市の全人口は約4万人だが、そのうち「屋内退避指示」を出された20km-30km圏の人口は「週刊文春」の記事から約3900人と考えられる(「屋内退避指示」全域の人口は約13万人で田村市の約33倍)。

3月16日にタンクローリーが向かったのは福島第一原発から20km-30km圏のうち20店舗だったが、なぜか全体の33分の1しか人口のない田村市だけが11店舗と突出していたのだ。


―――――――
●3月15日~16日、ガソリンの緊急支援

田村市【玄葉の選挙区】
面積 458.30km²
総人口 40,270人
★11店

いわき市
面積 1,231.34km²
総人口 341,711人
▲7店

南相馬市
面積 398.50km²
総人口 70,834人
▲2店

飯館村
0店

葛尾村
0店

浪江町
0店

双葉町
0店

川内村
0店

広野町
0店
―――――――

菅政権は3月12日に20キロ圏内の住民に避難を指示。3月15日に20~30キロ圏内の住民に屋内退避を指示、その後3月25日に避難要請。
福島第一原発20km-30kmの市町村


これは、どう考えても、おかしい。

玄葉光一郎が権力を濫用して自分の選挙区だけに利益誘導したことは明らかだ。


玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)
玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)


そもそも福島第一原発から20km-30km圏で3月15日に「屋内退避指示」を出された住民もガソリンは必要だっただろうが、ここの住民はとりあえずは屋内に居れば生死の問題はないとされた人々だ。

一方、当時はまだ救助活動の真っ最中だったし、他の多くの避難所で支援物資が届かずに生死の境をさまよっていた人々が多い時だった。

この時期に、飽くまで「屋内退避指示」に過ぎなかった田村市のガソリンスタンド11店舗にガソリンの緊急支援をしたのは異常だ。


「給油できません」の看板があるにもかかわらず前夜から、ガソリンスタンドの前で一夜をすごした住民ら。数百台に及ぶ道路の両車線を埋めるドライバーにスタンド定員が説明していた(17日午前6時27分、岩手県一関市
「給油できません」の看板があるにもかかわらず前夜から、ガソリンスタンドの前で一夜をすごした住民ら。数百台に及ぶ道路の両車線を埋めるドライバーにスタンド定員が説明していた(3月17日午前6時27分、岩手県一関市で)







「殺風景な男だった」首相、避難者の心つかめず 避難生活を続ける男性に呼び止められ、要望などを聞く菅直人首相=21日午後、福島県田村市の市総合体育館(代表撮影)
避難生活を続ける男性に呼び止められ、要望などを聞く菅直人首相=4月21日午後、福島県田村市の市総合体育館


菅直人も4月21日、福島を訪問して福島第一原発の避難住民と初めて面会したが、田村市の市総合体育館で早々に立ち去ろうとしたところ、避難住民から呼び止められて叱責されていた。

TBSによると、菅はその田村市総合体育館では当初、「あらかじめ決められた住民からのみ話を聞く予定だった」ということだ。

玄葉の選挙区の田村市だから、事前に決められていた「やらせ面会」だったようだ。

玄葉の権力濫用と利益誘導も酷いが、菅のパフォーマンスも酷い。

その上に、菅と玄葉が「やらせ面会」まで仕組んでいたようだ。

産経新聞によると、避難民からは「殺風景な男だった」と言われたそうだ。


http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4706181.html
福島訪問の首相、避難住民から厳しい声
TBSニュース

 菅総理は21日、福島を訪問し、福島第一原発の避難住民と初めて面会しました。分刻みで行動する総理の足を止めたのは、被災者の切実な声でした。

 「本当に我慢しているんです!もっともっとですね頑張って頂いて原発の収束をお願いします。本当によろしくお願いします!」(福島県田村市 避難住民の男性)

 21日に初めて福島第一原発事故による避難住民との面会に臨んだ菅総理。訪れたのは、原発から半径20キロ圏内にある大熊町などの住民が暮らす体育館です。今もおよそ60人が避難所生活を強いられています。

 当初予定されていたこの避難所での視察時間はわずか30分。先の見えない避難所生活を送る住民をあとに、次の視察先に向かおうとする菅総理。

 「無視して行かれる気持ちって分かりますか!」(避難住民の女性)

 「何でまっすぐ行かれるんですか、俺らはどうするんですか。ここにいるの」(避難住民の男性)

 幼い子どもを連れた女性らが呼び止めました。

 「ここ通りすぎられて行ったら 、どんな気持ちだか分かりますか」(避難住民の女性)

 「いや本当にごめんなさい。そんなつもりであの、通りすぎるつもりじゃなかったんです。すみません」(菅首相)

 「信用できるものも、なかなか信用できないですよね」(避難住民の女性)

 「 いや本当にそこは・・・」(菅首相)

 この避難所では当初、あらかじめ決められた住民からのみ話を聞く予定だったということです。しかし、今後の生活の見通しが全く立たない避難住民からは不満が爆発。菅総理はひたすら謝るしかありませんでした。

 「やってますやってますって言うけど本当に先が見えない不安をみんなここにいる人は抱えてやっているわけですよね。内閣でああだのこうだの言っているんなら、その人たちみんなここへ連れて来て、ここで生活してみてください」(避難住民の女性)
 「あの・・・ 」(菅首相)
 「原発をなんとかおさえてください」(避難住民の女性)

 「俺たちも安心安全だっていう、その言葉を信じて今まで来たんですけれども、ここに来てあれだけの裏切りされたんじゃ、もうこれから先どうしたらいいか分かんない状態なんですよね」(避難住民の男性)
(21日18:27)




玄葉、菅、……、民主党にはこんな議員ばっかりだ

(コピペ)
――――――
★ルーピー鳩山
★スッカラ菅  菅☆バクハツ乙☆原発    
★ニシマツ・シュウキンペイ小沢
★口先番長前原
★細野モナ男  
★バクスイ平山(被災地でもある青森県選出)
★バイブ横流し辻本清美
★マルチ山岡
★輿石狂職員組合+ドウカツ輿石
★ぶって姫井
★ひ土肥 ←離党             
★スパイ北澤(自衛隊情報保全隊を自民党の講演会に侵入させ現職自衛官の参加を監視)
★スペランカー三宅⇒アロマ三宅 
★オッパイ田中(コスプレ風俗ライター エログロ映画で全裸露出)
★ダンボール長妻 (社保庁視察時、手続を経ずダンボール開けた)
★脱税献金野田
★ウフフ太田(ガソリン減税措置なんてありましたっけ?ウフフw?)
★キャバレー川端(「キャバクラ」などへの支払いを 「政治活動費」として計上)
★テニアン川内(グアムのテニアンに米軍基地を移転と意味不明なことを口走る)
★火炎ビン千葉
★トミ子ハルモニ(韓国の反日デモに参加 第83代国家公安委員長)
★バカ松口蹄疫(口蹄疫が発生したのに、何も対策取らず、宮崎の畜産に大打撃)
★マジコン蓮舫(ゲームソフトを違法コピーするマジコンを息子が使用していることを暴露)
★ホステス中井・非国民中井(韓国ホステスを議員宿舎に頻繁に連れ込み、路上でキスを雑誌に撮られる)
(秋篠宮さまに早く座れ!と叫ぶ 伊勢神宮のある三重県選出)
★チャイナマッサージ横粂(中国を訪問し夜の北京で全身マッサージを受ける)
★キャミソール荒井
★ビッチ仙谷+ドウカツ仙石+オレヲダレダト(ry仙石
★松ジャギ
★エステ菊田
★プール安住
★アリーナ・生コン車妨害 岡田(緊急時に中央建設の生コン車拒否・アリーナに人も物もあり~な~と糞ギャグを言う)
★ドウカツ海江田
★ドウカツ石井
★セクハラ・ボート長島
★ヨウセイ松本(松本の要請で武蔵野市の計画停電を除外させたことをビラで宣伝)
★暴力団組長と賭けゴルフ横峯(東京地裁判決のお墨付き)
★タンクローリー玄葉 ← NEW!!
――――――




「玄葉、菅……民主党は酷いのばかりだ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.