正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201104
政府、米支援断っていた・米政府が原子炉冷却技術支援を申し入れたが、日本政府が断った・不足の冷却材も拒否か・官房副長官に仙谷氏起用・人民解放軍受け入れ態勢の整備か?松本剛明外務大臣は支那施設団の観光案内
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




福島第一原発 自衛隊 空陸から3号機冷却へ

航空自衛隊の特殊消防車=百里基地
福島第一原発 自衛隊 空陸から3号機冷却へ(上:陸自ヘリによる海水放水、下:航空自衛隊の特殊消防車)

菅首相は、福島第一原発の被害判明直後、米政府の原子炉冷却の技術支援を断わった

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000096-yom-pol

放射能漏れ回避できた?政府、米支援断っていた
読売新聞 3月18日(金)7時8分配信

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡り、米政府が原子炉冷却に関する技術的な支援を申し入れたのに対し、日本政府が断っていたことを民主党幹部が17日明らかにした。

 この幹部によると、米政府の支援の打診は、11日に東日本巨大地震が発生し、福島第一原発の被害が判明した直後に行われた。米側の支援申し入れは、原子炉の廃炉を前提にしたものだったため、日本政府や東京電力は冷却機能の回復は可能で、「米側の提案は時期尚早」などとして、提案を受け入れなかったとみられる。

 政府・与党内では、この段階で菅首相が米側の提案採用に踏み切っていれば、原発で爆発が発生し、高濃度の放射性物質が周辺に漏れるといった、現在の深刻な事態を回避できたとの指摘も出ている。

 福島第一原発の事故については、クリントン米国務長官が11日(米国時間)にホワイトハウスで開かれた会合で「日本の技術水準は高いが、冷却材が不足している。在日米空軍を使って冷却材を空輸した」と発言し、その後、国務省が否定した経緯がある。




一昨日と昨日述べたとおり、福島第一原発は、チェルノブイリで起こったような核分裂反応(連鎖反応)は起こらない。

その主な理由は、①原子炉が自動停止している、②格納容器がある、③中性子減速材が燃えるグラファイトではなく燃えない水である、の3つた。

しかし、使用済み核燃料プールなどから放射性物質が漏れていることは事実だ。

今回の福島第一原発は、1号機から4号機まで全ての原子炉の運転が停止した(もともと停止していた)にかかわらず、冷却が出来なくなったために余熱によって放射性物質が漏れている。

原因は、電源系統が機能せず、冷却出来ないこと。


冒頭の読売新聞の記事によれば、3月11日に東日本巨大地震が発生して福島第一原発の被害が判明した直後に、米政府が原子炉冷却に関する技術的な支援を申し入れたにもかかわらず、日本政府がその支援を拒否したというから呆れてしまう。

3月16日に、青山繁晴が、「アメリカにスリーマイル島原発事故の経験を活かした機密情報提供などの協力要請をしていない」と菅首相を厳しく非難していたが、今回の読売新聞記事はそれを裏付けている。

「僕は原子力に詳しい」と専門家を自任し、福島原発を視察して現場の力を削いだり、東京電力に3時間も乗り込んで怒鳴ったりしている菅首相は、米政府の冷却に関する支援を断ったことについて説明をしなければならない。


菅首相「テレビで爆発が放映されているのに、首相官邸には1時間くらい連絡がなかった」「撤退などあり得ない。覚悟を決めてほしい。撤退したときには東電は100%つぶれる」
「撤退などあり得ない。覚悟を決めてほしい。撤退したときには東電は100%つぶれる」と恫喝した菅首相



その菅首相だが、官房副長官に仙谷由人を起用する

仙谷は1月の内閣改造まで官房長官を務めていたが、尖閣諸島問題の対応の不味さなどによる問責決議などを受けて、退いた奴だ。

その仙谷を官房長官退任から2か月後に官房副長官として復権させるのだから、理解に苦しむ。

東日本大震災や福島第1原発事故への対応を強化する狙いがあると言うが、むしろ逆効果だ。


菅総理大臣、未曾有の危機に対応するため、仙谷氏を官房副長官に登用する意向固める


仙谷は災害対策費を大幅に削減した事業仕分けについては「事業仕分けで文化大革命が起こってますよ」と称賛し、いま被災地での救助や支援、福島原発での作業を行っている自衛隊については「自衛隊は暴力装置」との暴言を吐いた人物だ。

今この時期に、災害対策費削減を称賛し、自衛隊を暴力装置と酷評した仙谷を東日本大震災や福島第1原発事故への対応のために復権させるなんて悪質なブラックジョークだ

阪神大震災で自衛隊が被災地で支援活動をしている最中に、「自衛隊は違憲!自衛隊が配る食料を受け取るな!」と訴えた辻元清美「ボランティア担当補佐官」に任命したことに続き、「菅直人は狂っている」としか思えない人事だ。
辻元清美


仙谷と言えば、「日本の中国への属国化は今に始まったことではない」という妄言も吐いていたことで知られる。

また、常日頃から支那を崇拝し、支那の言動には敬語を使用することでひんしゅくを買っていた。

さらに、仙谷は、尖閣諸島沖で我が国海上保安庁の巡視船に体当たりした支那漁船(実態は人民解放軍)の船長を釈放させた張本人でもある。

その後も仙谷は、尖閣ビデオの情報公開をせず、徹底的に隠蔽することを試みた支那の工作員(奴隷)のような野郎だ。


2011.3.17東北関東大震災、官房副長官に仙谷由人を起用
菅総理大臣、未曾有の危機に対応するため、仙谷氏を官房副長官に登用する意向固める。


そして、支那が、日本に対して、人民解放軍を派遣する意向を明らかにしている。

仙谷由人の復権が、日本への人民解放軍を派遣の受け入れ態勢の整備だとしたら悪夢だ。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=138255&servcode=A00
<東日本大地震>中国「人民解放軍医療部隊を送る」
2011.03.16 16:46、中央日報

中国が地震被害が発生した日本を支援するため人民解放軍を派遣する意向を明らかにしたと、中国新聞社が15日報じた。この提案に対し、日本政府がどんな反応を見せたかは確認されていない。日本がこの提案を受け入れる場合、戦闘兵ではないものの、人民解放軍が史上初めて日本の地で活動することになる。

中国新聞社によると、中国国防省の広報関係者は「日本国民が災難を乗り越えられるよう、人民解放軍は救援物資を提供し、医療救助隊、衛生防疫部隊、海軍病院船を派遣することを希望する」と述べた。

中国インターネットメディアも、梁光烈国防相が地震が発生した11日、日本防衛省に「中国軍は日本に物資支援とともに医療救助部隊、衛生防疫部隊、海軍病院船を速かに送る用意がある」と伝えた、と報じた。





松本剛明外相
松本剛明外相

また、韓国人から違法献金を受け取って外務大臣を辞任した前原誠司の後任となった松本剛明外務大臣も、おかしい。

前原は南北朝鮮と在日朝鮮人とはズブズブの関係にあったが、支那に対しては他の政治家と比べれば厳しい姿勢を示していた。

ところが、新外相の松本剛明は、仙谷と同様、支那のポチのようだ。

http://www.sassaoffice.com/cn16/pg137.html
佐々淳行より皆様へ緊急提言
今回の大地震について(2011.3.16)

8.外務大臣の任務
新外務大臣は、知名度・面識率ゼロに近い。
テレビ記者会見に出て、米英中など56カ国に間断なく謝辞を述べよ。
京都の中国使節団の会議後の観光など、相手が遠慮しているのに行うとは非常識である。



>京都の中国使節団の会議後の観光など、相手が遠慮しているのに行うとは非常識である。


松本剛明外務大臣は、この国難の中、支那使節団の観光案内をしている。

しかも、支那側が遠慮して断わったにもかかわらずだ。

当ブログ3月15日付記事で述べたとおり、菅首相と松本外相は、支那と韓国の救助隊にだけ、外務副大臣を空港に出迎えさせた。



菅首相は、福島第一原発の被害が判明した直後に、米政府が申し入れた原子炉冷却に関する技術的な支援を断わった。

また、菅首相と松本外相は、支那への配慮から、台湾の救助隊の日本入国を2日間も待たせた。

ここで、まさか支那人民解放軍の日本への派遣を受け入れるなんてことが許されるわけがない。




Googleサイトに安否確認ツールがある。
http://japan.person-finder.appspot.com/





「頑張れ!自衛隊!」
「入れるな!人民解放軍!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.