FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201102
支那製品の優遇関税見直し検討・衣食住にかかわる462品目が対象・国内産業に破壊し、危険な支那製品を輸入して事故頻発させた対支優遇関税・対支ODAと共に理解不能の悪政・支那産ウナギの価格上昇に記者や「うな政」が不満
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




支那産ウナギ
支那産ウナギ

中国製品の優遇関税見直し検討 衣食住にかかわる462品目
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110118-00000440-fnn-pol

政府、中国製品の優遇関税見直し検討 衣食住にかかわる462品目が対象
フジテレビ系(FNN) 1月18日(火)19時13分配信

中国製品に対する優遇関税の見直しが検討されている。対象となるのは、衣食住にかかわる462品目となっている。
政府が中国製品に対する優遇関税の見直しを目指している。
対象となるのは、462品目におよぶ中国製品で、中には100円ショップに並ぶはさみや台所用品など、数々の生活必需品に加え、スーパーに並ぶ食料品、さらにマフラーや手袋、帽子などの衣料品など。
数々の衣食住にかかわる中国製品が、関税アップの対象になっている。

街の人は、「(中国製品は)いろんなものを使っています。ちょっと困ります」、「安いですよね。(安くなくなったら?)買わない」などと語った。

関税優遇制度は、発展途上国からの輸入を促進・支援するために導入されたが、現在その恩恵は、ほぼ中国の独占状態となっている。
さらに、今や日本を抜き、世界第2位の経済大国になることが確実な状況となっていて、もはや途上国向けの支援はふさわしくないとの見方が出ている。

野田財務相は18日午前、「競争力のついてきたものは、(優遇関税から)どんどん外していく一環で措置をとる。ウナギ、中国産好きですか? そうですか。いろいろ影響あるかもしれませんが」と述べた。

ところが、関税が上がり、中国製品の値上げとなれば、消費者への影響は避けられない。
さらに、均一価格が売りの100円ショップ「US.MART」の奥秋典子商品バイヤーは、「雑貨に関しては、70%くらいは中国のものになっていると思います。コストを削減して、100円で販売できるように、これからも頑張っていきたいと思う」と語った。

また、中国国内でほぼすべての調理を済ませ、コストを削減し、うな丼を580円という低価格で販売する「うな政」も、痛手を受ける可能性がある。
「うな政」藤枝店の大嶽彰啓店長は「仕入れ値がどんどん上がっていて、さらに今回の件でダブルパンチ。死活問題です、お店としては」と語った。

財務省では、優遇税関の見直しにより、200億円ほどの税収増を想定している。
早ければ4月1日からの施行を目指す。




今まで支那製品に発展途上国を支援するための優遇関税を適用していたことがおかしい。

対支ODAと共に自民党政権の悪政だ。

どうして日本国内の産業を犠牲にして支那製品を輸入して支那経済を支援しなければならないのか全く理解できない。(怒)

日本国民にとっては国内産業の破壊と、支那からの不良品、有害物質や毒食品などの輸入によって、2重苦、3重苦となっていた


支那製品の優遇関税によって、どれだけ多くの日本企業が倒産し、どれだけ多くの日本人消費者が事故や毒などによる被害を受けてきたことか。

支那製品の輸入による日本人の被害の代表例は何と言っても「毒ギョーザ事件」だが、マスコミがあまり報道していない毒食品やその他製品は枚挙に暇がない。

2008年1月に発覚した支那製ギョーザ中毒事件では、10人が入院し、その中でも特に5歳の女の子が一時重篤になって死にかかったため、日本のマスコミもは大々的な報道に踏み切ったが、支那食品で普通に食中毒患者が発生しただけはマスコミは殆ど報道しない。

実際には、支那製の食品や玩具や衣類などに含まれ有害物質や、支那製電化製品などによる事故で多くの日本人が被害に遭っている

あまり報道はされていないが、日本では支那産野菜を使った学校給食による子供の食中毒だけでも山ほど発生している。

食品以外で多い支那製品による被害は、鉛や環境ホルモンを含んだ玩具やアクセサリー、発がん物質ホルムアルデヒドを含んだ衣料品や毛布、爆発する電池などが挙げられる

支那では携帯電話の中の支那製電池が爆発して死亡事故が発生しているが、日本でも支那製の電池が爆発する事故が何度も起こっており、女の子が目に大ケガをしたこともある。

支那製の電化製品による事故は非常に多く、愛知県の4歳児は支那製の電動ベッドが勝手に動いて窒息死した。

ベッドと言えば、ニトリが販売した支那製2段ベッドの底板が破損し、利用者が落下して骨折した事故もあった。

とにかく支那産、支那製に関わる事件や事故は、無尽蔵にある。

支那製品の優遇関税がなくなり、少しは支那からの輸入が減るかと思うとホッとする。




>野田財務相は18日午前、「競争力のついてきたものは、(優遇関税から)どんどん外していく一環で措置をとる。ウナギ、中国産好きですか? そうですか。いろいろ影響あるかもしれませんが」と述べた。


(・・。)は??
記者会見で野田財務相に「支那産ウナギが好きだ」と言った記者は、いったいどこの馬鹿だ??

死ねばいいのに…


―――――――
■近年の支那産ウナギの違反状況■

2002年
支那産ウナギのかば焼きから水銀が検出

2003年7月
支那産ウナギから抗菌剤エンロフロキサシンが検出

2005年8月
支那産冷凍ウナギから、合成抗菌剤マラカイトグリーンが検出

2007年6月
米国の前月までの調査の結果、支那産ウナギ・エビなどから抗菌剤のニトロフランやマラカイトグリーンが検出
同年7月
支那当局は、支那産のウナギの蒲焼などから大腸菌が検出されたため、加工食品の輸出業者41社に輸出を禁止
「魚秀」の親会社「徳島魚市場」が輸入し、群馬県のスーパーマーケットで販売されていた支那産ウナギのかば焼きからマラカイトグリーンが検出

2008年7月
「魚秀」から国産と偽装して仕入れた支那産ウナギを「神港魚類」が販売しようとしたため回収された支那産ウナギからマラカイトグリーンとその代謝物などが検出
――――――


マラカイト・グリーンは値段が安く、魚類の皮膚病治療に特効がある。これで消毒された魚は死んだあとも色は鮮やかだ。消費者には鮮度の判定が難しい。これを含んだ食品を食べると遺伝子変異を引き起こし、癌発生をもたらす。
(略)
香港メディアがさらに中国の恐るべき養殖法を暴露した。中国のウナギ養殖場では毎日、クロロマイセチン、フラボマイシンなど十数種の薬品をウナギに食わせている。昨日薬を与えたウナギを、薬が溶解していないまま次の日には出荷しているというのだ

魚屋のウナギの取り扱いはもっと恐ろしい。生きたウナギをつかまえるのは難しいので、過マンガン酸カリ溶液(強力な酸化剤で漂白に使われる薬品)を振りかける。ウナギがぐったりしておとなしくなるからだ。

P142『中国の危ない食品―中国食品安全現状調査』周勍著

『中国の危ない食品―中国食品安全現状調査』周勍著






支那のウナギ
―――――――
『下載共有日報』デカさの秘密は人糞と人間の死体? 中国産ウナギがヤバい!」

~中国産のウナギ編~

★スーパーで売ってるデカいのに安い中国産ウナギは、養殖の段階で餌に大量の薬品を投入している。天然では絶対にあそこまで巨大にはならない。
★中国のウナギは、目無し肌色で、大きなミミズのような姿をしている。(食品関係商社マンからの投稿)
★養殖場では、鳥や犬を解体したときに出る臓物、ならびに人糞を与えて養殖している。(食品関係商社マンからの投稿)
★「中国のウナギはキタネえ。家畜のうんこがエサなんだ」と魚屋の父が言っていた。(魚屋の息子からの投稿)
★中国のウナギ養殖場は、人間の死体をエサにすることもある。死体を放り込むと稚魚がワラワラと集まり、よく食べる。普通のエサを用意するより安いので一石二鳥。(※こちらによると、ウナギに限らず、魚介類は人間の死体を良く食べるそうな)
★中国の貧乏人は、身内が死んだときに、その死体をウナギの養殖業者に売るのがメジャー。一体あたり50元(約700円)

★中国のうなぎ養殖場から稚魚を日本に輸出し、日本の湖に放したり、日本の養殖場に一週間も入れておけば日本産ウナギになる。実際は輸入物なのに国産って書いて売ったりしている。
―――――――






>また、中国国内でほぼすべての調理を済ませ、コストを削減し、うな丼を580円という低価格で販売する「うな政」も、痛手を受ける可能性がある。
>「うな政」藤枝店の大嶽彰啓店長は「仕入れ値がどんどん上がっていて、さらに今回の件でダブルパンチ。死活問題です、お店としては」と語った。



私は「うな政」なんて知らなかったが、調べたら「うな政」は鰻産地の静岡の会社なのに支那産ウナギを支那で加工して輸入している。

何だかなー…


うな政藤枝店
うな政藤枝店

日本人として出来ることは、1にも2にも支那には行かないこと。

支那産品や支那製品は買わない、使わない。

日本政府などに、支那からの輸入中止を訴える。

外食料理や加工食品にも原材料の原産地表示の義務化を訴える。

とにかく、支那、支那人とは極力関り合わないことが重要だ。


支那産・支那製は、食材、食品、ミルク、水、酒、その他飲料、薬品だけではなく、まな板、割り箸、茶わん、義歯、弁当袋、紙ナプキン、土鍋、魔法瓶、練り歯磨き、浴用スポンジ、子供服を含む衣服、布団、毛布、玩具、装飾品、アクセサリー、髪留め、化粧品などにも毒が含まれているから要注意!!

はっきり言って、かなり危険!



■動画
人体を蝕む中国の環境破壊!!


http://www.youtube.com/watch?v=jJX-T22PJFo


●関連記事

支那製品に発癌カドミウム!
米国で支那製子供用アクセサリーから発がん物質カドミウムが検出
カドミウムは発がん性、子供の大脳の発達に影響
鉛も脳に影響し、鉛中毒で死亡も
重金属には催奇形性があり、支那では奇形生物や奇形人間が多数
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3708.html





「支那製品の優遇関税を即刻全廃しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.