FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201101
菅直人が自画自賛・ 「仙谷長官、期待以上」「朝5時起き」「私は歴代政権ができないことやった」・菅首相 ネットで対戦する囲碁ゲームに朝まで没頭することも・『菅から眠へ』 首相になっても変わらぬ「国会の居眠り王」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




「国会の居眠り王」菅直人
首相になっても「国会の居眠り王」の菅直人

“ぬる菅”支持率急落も外交成果自画自賛
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20101207-710976.html

“ぬる菅”支持率急落も外交成果自画自賛
2010年12月7日8時36分、日刊スポーツ

 内閣支持率が急落、政権危機もささやかれ始めた菅直人首相が6日、臨時国会閉会を受けて開いた会見で、自身の発信や成果が伝わっていないと、いら立ちをみせた。厳しい日程の中、外交など結果を出したと強調したが、知ってもらうためには、自画自賛するしかない苦しい立場が現れた。一方、問責決議案が可決された仙谷由人官房長官について「期待以上」とかばい、内閣改造も否定した。追い詰められた菅首相は今後、展望を見いだせるのか。

 「この政権は、一体何をしたいのか。飛んでくるボールを打ち返すことだけで、精いっぱいに見える」。臨時国会で積んだ“成果”を披露した会見の最後、菅首相は政権の本質をただされた。首相は反論気味に答えた。「自分が考え、いろんな人に会い、発信する余裕がないくらいタイトなスケジュールだった。一般の方に理解してもらえるか分からないが」と、続けた。

 「APECの前にはG20があり、その前の3日間は7時間、7時間、6時間の国会質疑があって、朝5時起きでやった」と強調。厳しい日程をこなす中、実績アピールの余裕がなかったと説明した。「冷静にみていただければ、(実績は)まだたくさんある。歴代の政権ができなかったこともやっているが、伝える暇がなかった」とも述べた。

 「総理になって発言も言葉を慎重に選んできたが、元気がないと受け止められた。これからは率直に国民に直接訴えたい」。発信を強める考えを示す一方、「(所信表明に対する)野党の代表質問も、真正面から受け止めたものがなかった。メディアも、私が一番重点を置いたところに多くの論評をしていただけなかった」と、不満の先は野党や報道にまで及んだ。

 中国漁船衝突事件や閣僚の答弁、自身の発言など、菅首相にはいばらの道だった臨時国会。報道各社の内閣支持率は危険水域の30%を割り込み20台前半の数字もある。会見では、歯がゆさを漏らす場面が多かったが、忙しさを理由にしたり自画自賛をしたり。必死な様子は逆に追い詰められている姿を浮き彫りにした。

 国会運営を厳しくさせた要因のひとつが仙谷氏。今後の処遇について問われた菅首相は「期待以上の仕事をしてくれ、今も続いている」とした上で、問責決議案は、衆院の内閣不信任決議とは重みが違うと指摘。「改造うんぬんではなく、政権運営をしっかり進める体制をつくりたい」と内閣改造は否定。仙谷氏を守る姿勢を示した。仙谷氏はうつむきながら話を聞いた。

 しかし、野党は仙谷氏らが通常国会冒頭で辞任していなければ、審議拒否の構えを示している。いばらの道が続きそうな菅首相。打開のきっかけを、アピールできる機会は訪れるのか。【中山知子】



>一方、問責決議案が可決された仙谷由人官房長官について「期待以上」とかばい、内閣改造も否定した。


仙谷が期待以上?

期待以上に、支那の属国化に貢献したということか!


仙谷由人、日本を支那の属国にする
日本を支那の属国にする仙谷由人と民主党




>「APECの前にはG20があり、その前の3日間は7時間、7時間、6時間の国会質疑があって、朝5時起きでやった」と強調。


朝5時起きを自慢するな!

それに、つい最近、次のような報道もあった。


http://www.news-postseven.com/archives/20101206_7349.html
菅首相 ネットで対戦する囲碁ゲームに朝まで没頭することも
2010.12.06、週刊ポスト2010年12月17日号

 総理大臣の覚悟とは、自分ですべて決断し、すべて責任を負うことである。何も国のトップに限ったことではなく、企業の社長、一家の家長であってもリーダーの役割は同じである。菅直人・首相が国民から見捨てられているのは、その覚悟が見えないからだ。政策は官僚任せ、政治判断は官房長官のいうがまま。しかも最近では「奇行」が目立ってきたという。

 菅首相は最近、怖くて夜も眠れないという。公邸の様子を知るごく親しい人物が明かしたところによると、夜中、伸子夫人が目を覚ますと、菅氏がベッドにいないことが増えているのだという。慌てて夫人が探すと、菅氏は書斎でデスクに向かって座っている。

「ああ、読書でもしているのね」と思って近づくと、没頭しているのはネットで対戦する囲碁ゲーム。公務で分刻みのスケジュールをこなす立場なのに、明け方までそうやって起きている夜が少なくないという。

 囲碁は戦略性に富むゲームであり、古くは戦国大名、現代では政治家やエリート官僚に愛好家が多い。政界では、与謝野馨・たちあがれ日本共同代表と小沢一郎・民主党元代表が東西の横綱。菅氏も最近かなり腕を上げたと評判だが、「小沢氏との対局に負けてからネット碁にハマった」といわれ、実力はずっと下になる。

(以下略)



夜中に起きて朝までネットで対戦する囲碁ゲームに没頭していたり、朝5時に起きたりしていることは、決して自慢にはならない。

特に菅は野党時代、麻生に対して、総理大臣は1年365日、24時間フルに働くべきなんですよと話してはずだ。

菅は、麻生首相に対しては寝ずに働けと言っておいて、自分は朝5時起きを自慢している上、野党時代も首相になった今も、国会で頻繁に居眠りをしている。

夜中に起きて、朝までネットの囲碁ゲームをしているから、国会で寝てしまうのだろう。

以前から「国会の居眠り王」と言われているが、首相となった今でも居眠り王は相変わらずだ。


菅直人の居眠り人生を振り返ってみる。

子供の頃の画像は、ブログ「いざ酔い日記」から拝借


赤ちゃんの頃、食事しながら居眠り

赤ん坊の頃も、食事の途中で居眠りをしていた。





幼稚園児。無邪気だ。今とは大違い。

幼稚園児になっても食事の途中で居眠り





小学生の頃の菅直人も食事をしながら居眠り

小学生の頃の菅直人も、食事の途中で居眠りしていた。





高校生の頃の菅直人

高校生になったら、さらに爆睡していた菅直人





大学時代の愛用品。
大学時代の愛用品↑





プロ市民として活動していた頃。打ち上げでビールを飲み、電車で爆睡
プロ市民として活動していた頃。打ち上げでビールを飲み、電車で爆睡








そして、「国会の居眠り王」に!

「国会の居眠り王」菅直人





大臣になって大臣席に座っても、やはり「国会の居眠り王」

「国会の居眠り王」菅直人

「国会の居眠り王」菅直人

「国会の居眠り王」菅直人





そして、事もあろうに、陛下の御臨席の場でも居眠り!

ご即位20年を祝う国民祭典で、来場者の歓声にちょうちんを振ってお応えになる天皇、皇后両陛下=平成21年11月12日夜
ご即位20年を祝う国民祭典で、来場者の歓声にちょうちんを振ってお応えになる天皇、皇后両陛下=平成21年11月12日夜

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100604/plc1006042224037-n4.htm
【菅首相誕生】鳩山氏とは異質の湿った軽さ パフォーマンスの菅氏

(一部抜粋)

 皇室観も見えにくい。4日の首相指名にあたって、この日から静養に入るご予定だった天皇陛下の日程はなかなか確定できず、同日中の宮中での任命式も見送られた。

 17年5月には、終戦時に昭和天皇は退位すべきだったとの認識を表明した。

 昨年11月の政府主催の「天皇陛下ご在位20年記念式典」では、式典実行委員会副委員長を務めた。にもかかわらず、陛下ご臨席の場で「首を何度も何度もこっくりこっくりとし、居眠りをしていた」(自民党の木村太郎衆院議員の質問主意書)と指摘されている。






質問に答える川端文科相(右)。左から2人目は菅直人副総理・財務相=2010年3月3日午後(酒巻俊介撮影).
質問に答える川端文科相(右)。左から2人目は菅直人副総理・財務相=2010年3月3日午後(酒巻俊介撮影)




参院予算委で、目をつぶって質問を聞く菅副総理・財務相(中央)=2010年3月10日午後

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100310/stt1003102022015-n1.htm
「菅財務相は居眠り王」 自民指摘にムッ
2010.3.10 20:22、産経新聞

参院予算委で、目をつぶって質問を聞く菅副総理・財務相(中央)=2010年3月10日午後
参院予算委で、目をつぶって質問を聞く菅副総理・財務相(中央)=10日午後

 10日の参院予算委員会で自民党の森雅子氏が菅直人副総理・財務相を「国会の居眠り王だ!」と命名し、委員会室が爆笑に包まれる場面があった。

 森氏は「菅氏は国会で居眠りしていることが多い。『官から民へ』という字は『菅から眠へ』と書くそうだ。予算審議に集中してほしい」と迫った。


 菅氏は「目をつぶって話を聞いたことは何度かあった。自分の癖と言ってそれでよいとは思わないが…」と珍答弁でかわそうとしたが、森氏のあまりのけんまくに「誤解を招いたとすれば申し訳ない」と陳謝。ただ、居眠りは最後まで認めなかった。


「国会の居眠り王」菅直人『菅から眠へ』
『菅から眠へ』

「国会の居眠り王」菅直人





総理大臣になっても、国会の居眠り王に地位は揺るぎない。

「国会の居眠り王」菅直人

2010nen11gatu15niti 午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)
2010年11月15日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)


「国会の居眠り王」菅直人





冒頭の記事に戻る。


>「冷静にみていただければ、(実績は)まだたくさんある。歴代の政権ができなかったこともやっているが、伝える暇がなかった」とも述べた。


居眠りとか、胡錦濤と会って紙に書いてあったことをおろおろと読みあげたこととか、北方4島にロシアの大統領を招き入れたこととか、・・・確かに歴代の政権はやってこなかったことをやっている。




「これで自画自賛する菅直人に呆れる!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.