FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201011
仙谷事務所に電凸「過敏に反応するのはいかがか」と16日に東京で行われた抗議デモを批判!・表現の自由に圧力・支那に「日本のデモを見習え」と言え・元凶は船長釈放とビデオ非公開・仙谷「属国化は今に始まったことではない」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




【10.16 中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動】
10月16日に東京六本木整然と行われた抗議デモについて、仙谷官房長官は「あまり過敏に反応するのはいかがか」と批判した。

仙谷官房長官、16日に東京都内で行われた支那への抗議デモについて、「あまり過敏に反応するのはいかがかと思う」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101018-00000523-san-pol

反日デモ、日中首脳会談に「ほとんど影響なし」と仙谷氏
産経新聞 10月18日(月)12時8分配信

 仙谷由人官房長官は18日午前の記者会見で、中国の内陸部で相次ぐ反日デモが、今月末の東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で予定されている菅直人首相と中国の温家宝首相の首脳会談に与える影響について、「(両国間で)調整中で、ほとんど影響はない」との見通しを示した。

 一方、16日に東京都内で行われた中国への抗議デモについては、「あまり過敏に反応するのはいかがかと思う」と冷静な対応を呼びかけた。


仙谷由人

>一方、16日に東京都内で行われた中国への抗議デモについては、「あまり過敏に反応するのはいかがかと思う」と冷静な対応を呼びかけた。


(・・。)は??
デモに参加した日本国民は至って冷静だが、何か(・0・)?

過敏に反応しているのは、支那の剣幕に対して冷静さを失い、支那人船長を釈放したり、ビデオを非公開にしたりしている仙谷由人の方だ!

それと、16日に東京で行われた抗議デモは整然と立派に行われており、過敏(過激)に反応していると批判するなら支那の破壊活動に向かってするべきだ。

私は、仙谷のこの発言は看過できないと考え、仙谷事務所(03-3508-7235)に電凸をした!


━━━━━━━━━━

私は東京に住む●●●●と申します。
仙谷官房長官に意見を述べさせて頂きます。
今日の午前の記者会見で仙谷官房長官は、10月16日土曜日に東京で行われた支那への抗議デモについては、「あまり過敏に反応するのはいかがか」と言い、「過敏に反応」という表現で批判したそうです。


今日の記者会見ですか?



そうです。
今日の午前の記者会見です。


今日の記者会見についてはまだ分かりません。



え?
そうなんですか?
午前の記者会見ですし、もうお昼休み頃には複数のメデァアで報道されているので政治に関心があってニュースを見ている人なら誰でも知っているはずです。
(私が電凸したのは15:30頃であり、秘書が知らなかったことなど有り得ない。この件に関する抗議電話も既に多数受けていたはず。)


今日のことは、まだ分からないんです。



信じ難いことですが、仰るとおり知らなかったとしても今私が説明したので既に分かったでしょ。
仙谷長官が16日に東京で3000人くらいが参加して行われた抗議デモについて「過敏に反応」という表現を使って非難したんです。


そうなんですか。



そうなんです。
それで、私も16日の抗議デモに参加した一人なんですけど、私は全く過敏に反応していません。
冷静沈着だったのは私だけでなく、全員と言って良いくらい皆さん過敏に反応したのではなく、冷静に抗議デモに参加していました。
抗議デモ全体としても整然と行われ、今支那で行われているような破壊活動など一切ない大変立派なものでした。
参加した人たちは、ただ支那による領土領海侵犯や海上保安庁の巡視船に対する体当たりや不当な領有権主張などに対して冷静に整然と抗議しただけです。
集会の自由や表現の自由は、憲法でも保障された権利です。
ですから、官房長官による国民の抗議デモに対する非難は、集会の自由や表現の自由に対する弾圧です。


弾圧ではないでしょ。



弾圧でしょ。
16日のデモに参加し、先ほどニュースを見た私は弾圧と受け取りました。


私は弾圧とは言わないと思いますけどね。



私は弾圧だと思いますが、だったら何と表現すれば良いの?
少なくとも不当な圧力であることは間違いないでしょ。


はい、分かりました。



大体、仙谷官房長官は、昔「全共闘」とかいって学生運動やっていたんでしょ?


はい。

(アッサリ認めたw)


そんな仙谷官房長官がやっていた学生運動のような過激なことなんて一切なかった16日の抗議デモに対して「過敏に反応するのはいかがか」という発言は、官房長官どころか国会議員として極めて不適切であり、議員辞職すべきです。
まずは、即刻発言の取消しと謝罪をしてください。


伝えます。



それと、何で仙谷長官は、整然と立派に行われた東京の抗議デモだけ非難して、車ひっくり返したりしている支那の破壊活動を非難しないのですか?


私に言われても。



過敏で過剰で過激なのは、明らかに今支那で行われている反日破壊活動ですから、仙谷長官は支那に対して厳しい非難の声を上げなければなりません。
支那で起こっている破壊活動を非難する際には、是非とも「10月16日に東京で行われた抗議デモを見習え!」と言ってもらいたいです。
16日に東京で行われた支那に対する抗議デモこそ、抗議デモの模範です。
ですから、仙谷長官は是非とも支那に対して「16日に東京で行われた抗議デモを見習え!」と声明を発するべきなんです。
16日の東京の抗議デモを非難するのではなく、「16日の東京の抗議デモを見習え」と支那に向かって主張するように、必ず官房長官に伝えてください。


わかりました。
伝えます。



最後にもう一つだけ付け加えさせて頂きます。
そもそも、16日に東京で抗議デモが行われた原因は、仙谷官房長官にあるということを自覚して頂きたいです。
仙谷官房長官が非難したような「過敏に反応した」抗議デモはなく、整然と立派に行われた抗議デモではありましたが、その抗議デモが行われた原因は、主に、仙谷官房長官が支那人船長の釈放を諒(りょう)としてしまったこと、また事件のビデオを非公開にしていることにあります。


皆さんは仙谷だけによってビデオが非公開にされているように言いますが、それは違いますよ。



でも、「仙谷官房長官がビデオの対応を一任される」と報道されていましたよ。


そんなことはありません。
一国の首相は菅総理ですし、仙谷が一人でビデオを公開するか非公開にするか決めているわけではありません。



では、ビデオに関しては、仙谷長官に一任と報道されていることは間違いなんですか?


そうです。



では、ビデオを公開するか非公開のままにするかは菅首相が決定することなんですか?


菅首相が最高責任者ですが、閣僚会議で決定されるものだと思います。



閣議で決定されるものであり、仙谷官房長官に一任されているという報道は誤解を招く間違った報道だということですね。


はい。



なるほど。
ただ、ビデオの公開に関しては閣議決定によるものだとしても、仙谷官房長官も公開に反対している閣僚の一人であることは間違いないでしょ。
ですから、仙谷官房長官には、1日も早くビデオの公開に賛成するように考えを改めるようにお伝え下さい。


はい、分かりました。
伝えます。



よろしくお願いします。
私は最初に申し上げたとおり、東京に住んでいる●●●●と申しますが、貴女のお名前を教えて頂けませんか?


山●と申します。



山●さんですね。
では、よろしくお伝え願います。

━━━━━━━━━━


最後に名前を聞いてはっきりしたが、今回電話に出た仙谷事務所の女秘書の山●さんは、前回10月5日に私が仙谷事務所に電凸した時と同じ相手だった。

10月4日に仙谷が「戦前の日本が侵略によって中国に迷惑をかけた」とか、「桃太郎の話も中国から取ってきた」などと言って支那を擁護したため、私は10月5日にも仙谷事務所に電凸したのだった。

ただ、あの時の山●さんは全く反論などせず私の話を聞いていたが、今回は何度か反論してきた。

まず、仙谷が午前の記者会見で10月16日に東京で行われた支那への抗議デモについて「あまり過敏に反応するのはいかがか」と批判したことを知っていたくせに知らない振りをした。

次に、私が「官房長官による抗議デモに対する非難は、集会の自由や表現の自由への弾圧だ。」と訴えたら、「弾圧ではない」と反論してきた。

最後に、私がビデオの公開を要求したら、「ビデオの公開と非公開」の判断は仙谷一人で決めるものではなく、閣僚会議で決めるものだ」と反論してきた。


いずれにせよ、官房長官が、整然と立派に行われた抗議デモを「過敏に反応するのはいかがか」などと批判したことは許されざることだ。

それに、ビデオの公開に関しても仙谷一人の判断で非公開にされているのではないとしても、仙谷がビデオを隠ぺいしている中心的人物であることには変わりはない。

山●秘書の反応から察するに、国民から余程多くのビデオの非公開に関する苦情や公開要求が事務所に殺到しているように思えた。

しかし、情報公開を自慢していた民主党が、衝突事件(殺人未遂事件)のビデオを国民に対しても国際社会に対しても隠蔽しているのだから抗議が殺到するのは当然だ。

この間、支那は、国内外に向けて、「海保の巡視船が支那漁船にぶつけた」とアピールしている。

9月21日に支那政府は日本に対し事故の模様を撮影したビデオを「最初から最後まで一部始終」公表するよう求めたにもかかわらず、仙谷らが非公開にしてるのだから日本国民が怒るのは当然だ。

さらに仙谷は9月27日に「巡視船の修理代を請求する」と表明したにもかかわらず、ビデオを非公開にしているため、実際には修理代の請求もしていないものと考えられる。

仙谷は、日本各地で整然と立派に行われている抗議デモを批判する前に、まずはビデオを公開し、さらに反日破壊活動をしている支那人どもに対して「日本で整然と立派に行われている抗議デモを見習え!」と主張しなければならない。


【10.16 中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動】
【10.16 中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動】



以上とほぼ同様の内容で、首相官邸(03-3581-0101)と民主党(03-3595-9988)にもそれぞれ電凸をした。

首相官邸はスンナリと私の話を聞いてくれ、仙谷官房長官に伝えると約束してくれた。

一方、民主党は電話がつながるまでに時間がかかったし、民主党幹部には伝えるが、仙谷官房長官に直接伝えるわけではないとのことだった。





参院決算委員会に臨み、手にした新聞(読売新聞)を裂く仙谷由人官房長官=10月18日午前、国会・参院第一委員会室
参院決算委員会に臨み、手にした新聞(読売新聞)を裂く仙谷由人官房長官=10月18日


帰宅してネットを見たら、さらに仙谷に関して驚くべきニュースがあった。

仙谷「属国化は今に始まったことではない」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101018-OYT1T01000.htm
仙谷氏「APEC影響懸念で釈放」と丸山氏暴露
2010年10月18日20時18分 読売新聞

 18日の参院決算委員会で自民党の丸山和也氏は、事件で逮捕した船長の釈放には、来月横浜で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)に影響することへの懸念があったとし、釈放直後に仙谷官房長官と電話で話した内容を“暴露”。

 「判決まで拘置して強制送還すべきだった」と訴えると、仙谷氏は「APECが吹き飛んでしまう」と答え、「日本が中国の属国になる」との懸念を伝えると、「属国化は今に始まったことではない」と応じたという。
 仙谷氏は答弁で「健忘症にかかったか、今暴露された会話の記憶は全くない」と否定。18日夕の記者会見では「何らかのことを友人関係で話したとすれば、国会で質問されるのは不本意だ」と不快感を示した。



要するに、仙谷は既に支那の属国になっているつもりで官房長官をやっていたわけだ。

だから、支那がやることについてはたとえ悪逆暴虐であろうとも、いちいち敬語を使用して表現していたのだろう。


仙谷由人の脳内で描かれている東アジア地図
仙谷由人の脳内で描かれている極東アジア地図



■動画
2010/10/18(月) 参議院決算委員会 丸山和也 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=DHixraE37ZI

丸山和也による仙谷「属国」発言の暴露は、14:00過ぎ。

■動画
2010/10/18(月) 参議院決算委員会 丸山和也 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=6Bl0DtfKx6U

(つづき)



●関連記事

仙谷事務所に電凸!
「仙谷先生の敬語は口ぐせ」、「海水が変色しても掘削とは言えない」、「支那という言い方はやめて下さい」
議員も秘書もそろって偏屈
支那呼称問題・「中国」「中華」は差別語、「支那」「シナ」が正しい
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3992.html

仙谷事務所に電凸!
「侵略的行為によって迷惑をかけていることも間違いない。そんなに中国のことを(悪く)言うべきではない」「桃太郎などの寓話も中国から取ってきたようなものが多い」
枝野の「あしき隣人だ」に反論
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3998.html




「いい加減にしろ!仙谷!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:尖閣諸島問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.