FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006


靖国神社清掃奉仕に参加した。5月30日(日)曇り、参加者多数
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




2010.5.30靖国神社清掃奉仕


昨日5月30日(日)、久しぶりに靖国神社清掃奉仕に参加した。

【第61回『靖国神社清掃奉仕』】

【清掃奉仕の参加費について】
参加費は¥1500(家族参加の場合同伴者は¥1000、大学生¥1000、高校生以下無料)
費用内訳:玉串料¥1,000 事務費(写真送付、現像、休憩時ジュース代)\500


2007年8月27日50_yasukuni
私が初めて清掃奉仕に参加したとき(2007年8月26日)の記念撮影写真



9:00、参集殿から入り、拝殿に上がって御払いをした後、廊下を通って本殿に入り、昇殿参拝した。

昇殿参拝が終わると、いよいよ清掃奉仕だ。


2010.5.30靖国神社清掃奉仕

ちびっこも参加している。


今回の参加人数は非常に多かったが、落ち葉の量は少なかったので、かなり念入りに清掃できた。


2010.5.30靖国神社清掃奉仕



相撲場に近くに新しい建物が建っていた。

2010.5.30靖国神社清掃奉仕

その前で参加者全員による記念撮影が行われた。


2010.5.30靖国神社清掃奉仕

清掃は午前中に終了した。

その後、國会館内にある清掃奉仕有志の控え室で、お茶やお菓子を頂き、世間話に花を咲かせ、解散となった。

次回は8月29日に予定されている。





↓応援クリック↓よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

日本イングランドに逆転負けも内容的には大きく改善・オウンゴールで2失点・キーパー川島好セーブ連発・確認できたことは中村俊輔が要らないこと・あとは岡田監督が本番で外せるか・英BBC、日本戦バッサリ「説得力に欠ける試合」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




ゴールキーパー川島永嗣


日本、イングランドに逆転負け=オウンゴールで2失点

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000090-jij-spo


日本、イングランドに逆転負け=オウンゴールで2失点―サッカー〔W杯関連〕
5月30日23時33分配信 時事通信

 【グラーツ(オーストリア)時事】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を控え、日本代表は30日、当地でイングランド代表と国際親善試合を行い、1―2で逆転負けした。イングランドとの対戦成績は1分け2敗。

 日本は左足首の状態が万全でない中村俊(横浜M)が先発から外れ、守備的MFに長谷部(ウォルフスブルク)と遠藤(G大阪)、その後方に阿部(浦和)が入る布陣で臨んだ。前半7分に右CKから闘莉王(名古屋)が右足で決めて先制。1点リードで折り返し、後半はGK川島(川崎)がPKを防ぐなど健闘したが、同27分と38分にオウンゴールで逆転を許した。

 国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランキングはイングランドが8位、日本は45位。日本は6月4日にスイス・シオンで、コートジボワールとW杯開幕前最後の強化試合を行う。

 


昨晩オーストリアのグラーツで行われた日本代表対イングランド代表の親善試合は、日本が先制したものの、後半オウンゴールで2失点して逆転負けした。

しかし、最近のサッカー日本代表の試合の中で強豪イングランド相手に内容的には悪くなかった。

この試合ではっきりと確認できたことは、中村俊輔が要らないということであり、このことが確認出来たことは大きな収穫だろう。

けがの影響なのか理由は明確ではないが、この試合に中村俊輔は全く出場しなかった。

中村俊輔は、相手が弱い(味方がボールを多くキープできれる)場合には有効だが、相手が強い(味方があまりボールを支配出来ない)場合には力を発揮できない。

ワールドカップの本大会では相手は強豪ばかりとなるため、中村俊輔は力を発揮できない。

そのことは、先日の韓国代表との試合の後に元日本代表監督のフィリップ・トルシエが指摘していた。


サッカー=中村俊を起用しないことも検討すべき─トルシエ氏
5月26日14時21分配信 ロイター

 [東京 25日 ロイター] サッカーの元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が25日、ロイターとのインタビューに答え、来月開幕するワールドカップ(W杯)南アフリカ大会では、中村俊輔選手を起用しないことも検討すべきとの考えを示した。
 トルシエ氏は、日本が韓国に0―2で完敗した24日のW杯壮行試合について、「岡田監督は混乱している。韓国に勝ちたいという気持ちで、周りが見えなくなっていた。選手や新しい戦術を試すための重要な試合だったが、開始直後の失点で選手たちは何をすべきか分からなくなり、十分な情報も持っていなかった」と分析。
 「岡田監督にとって悪い状況。1998年のW杯で指揮を執った時とまさに同じで、チームはばかげた心理状態に陥っている」とコメントした。
 中村俊輔選手については、起用しないことも検討すべきだと提言。「チームには守備能力を持った選手が必要だが、中村はそれに当たらない。ボールを60─70%キープできれば力を発揮する選手だが、W杯ではそうはいかないだろう」と語った。
(以下略)




実際に最近日本代表が行った強豪相手の試合においては、中村俊輔を起用したかどうか試合結果に明らかな差が生じている。
―――――
中村俊輔先発 セルビア4軍戦 ホームで3対0の惨敗

中村俊輔先発 韓国戦     ホームで2対0の惨敗

中村俊輔外し イングランド戦 中立地で2対1の惜敗(2失点はオウンゴール)
―――――



あとは、岡田監督が本番で中村俊輔を外せるかどうかの問題だ。

日本、イングランドに逆転負け=オウンゴールで2失点


NHKの放送では、試合終了後選手たちがインタビューを受けている最中に、なぜか一人でダッシュ(アップ?)している中村俊輔の映像があった。


■動画
試合終了後の一人でアップしている中村俊輔
2010 日本代表強化試合「日本」対「イングランド」 ハイライト
http://www.youtube.com/watch?v=3GhasukStS0





一方、イングランドではイングランド代表に対して厳しい評価がなされているようだ。

http://uk.eurosport.yahoo.com/football/friendlies/2010/england-japan-373738.html


ランパードのPKを止めるなど、何度も好セーブを連発した日本代表のゴールキーパー川島永嗣や前半7分に先制ゴールを挙げた闘莉王には7点以上の評価を与えているが、3点台、4点台のオンパレードとなっている。


ゴールキーパー川島永嗣



英BBC、日本戦は「説得力に欠ける試合」
http://www.sanspo.com/soccer/news/100531/scd1005310139001-n1.htm

イングランドのふがいない戦いぶりに英国BBC放送は試合後、日本戦を「説得力に欠ける試合」とばっさり切り捨てた。
4-4-2の布陣で試合に臨んだイングランドは、開始直後から気だるいプレーを展開。動きの鈍さから先制点を奪われたと非難した。
先制点を決めた闘莉王に対して、マークについたG・ジョンソンは簡単に前に入られシュートを許した。
強靭な体を持つセンターバックのファーディナンドは20分、小柄な岡崎に競り負けあわやというシュートを許した。

攻撃では、両サイドのレノンとウォルコットが試合を通してスペースを見つけるのに苦労。レノンは19分の得点機も生かせなかった。
W杯への生き残りを掛けて試合に臨んだFWベントも、至近距離のヘディングシュートを外した。
後半には4-4-1-1のコンパクトな布陣に変更。パスもつながり始めたが、A・コールが森本にかわされ危ないシュートを許し、
FWヘスキーも押し込むだけのダイビングヘッドを左に逸らし、「あのミスが代表落ちにつながる可能性もある」と厳しく報じた。

イングランドは6月1日、現在の30人から最終メンバーを23人に絞り込むが、
BBCは「期待外れの試合を終えたカペロ監督は、答えを出すよりも、逆に頭を悩ますことになるだろう」と選考の混乱を予想した。







●関連記事

電通、創価、サッカー協会(川渕三郎、岡田武史)の悪の癒着
【セルジオ越後】日本サッカー界が崩壊した日
「こうなってしまった原因は2002年以降の協会のあり方」「腐った体質」「臭いものは報じない大マスコミ」「日本の悪しき風習」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3853.html

(一部抜粋)



セルジオ越後
(前略)
そして、結局ジーコが好感度が高い選手を選んで、観客動員には貢献している。
これは、ジーコがやったのか日本サッカー協会がやったのかは分からない。
要するに、客が入って儲かれば良い、視聴率が上がれば良い。
でも、勝って美しいということがブラジルにもアルゼンチンにもある。
日本は勝っても負けても関係ない。そういう目標ではない。
ジーコは、試合出ていないし、勝っていない人をどうしてあれほど試合に使ったのか?
どうして皆黙ってそれを見ていたのか?」

村上龍
「ジーコは何たって、中村俊輔の問題・・・」
「好感度の選手と言うと、中村俊輔選手を思い出して・・・確かに中村(中村俊輔)は巧いよ。巧いけど何て言うんだろう。弱い相手には凄く効果があるというか。アジアクラスなら叩いてくれるんだけど、だから前にトルシエが外したのは分かるんだよね。中村が強い相手に対して何ができるかというと疑問なんだけどさ。」


セルジオ越後
「某メーカーのゲームのソフトのCMで監督と選手が出るのを、僕は今までの世の中で初めて見ましたよ。どう(金を)分けたか知りませんが。チームは大勢でやるもの。固定したチームじゃないナショナルチームは誰と組んでどうやるか分からない。最終的に(一緒に)ビジネスをやっていて、(日本代表から)外せないんじゃないかと言われてもおかしくないでしょこれ。」

「どうですかね。中村俊輔とジーコのソフトのCMというのは。僕は今までナショナルチームでどの国でも、こんなの見たことがない。」

―――――――
ジーコと中村俊輔が一緒に出演したゲームソフト、CM
ジーコと中村俊輔が一緒に出演したゲームソフト、CM
ジーコ監督と中村俊輔(創価学会)が一緒に出演したゲームソフト、CM


―――――――
151 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/12/30(水) 10:54:59 ID:IWd+6sVx0
■ サッカー界を蝕む創価学会

日本サッカー協会は電通と8年240億円の契約、アディダスとは8年160億円のスポンサー契約を結んでいます。

現在アディダスがプロモーションに使っている選手は中村俊輔、森本貴幸、内田篤人の3人です。

http://www.adidas.com/jp/sports/football/jfa/index.asp

この連中が創価学会だということは多くのサポーターが知っているでしょう。創価では「革命」という言葉がよく使われます。創価の名誉会長・池田大作の著書「人間革命」から由来しています。

adidasの公式サイトでも「革命ヲ起コセ」「革命へ導く羽」「応援革命隊長」などやたらと革命という文字が目に付きます。

また、サッカー協会の前会長・川淵三郎が創価の機関紙でインタビューを受けたことがありましたがこれは電通の関連会社に創価系の代理店が多いことも関係しています。

そして岡田が監督に就任してから、岡田の娘は電通で勤務するようになりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E6%AD%A6%E5%8F%B2
娘に支払われている金は給料という名目ではありますが、実質ワイロを受け取っているようなものです。

代表メンバー選考にも創価系スポンサーの影響が出始めています。


15歳少女へのわいせつ事件で逮捕された菊地直哉選手がもう代表に復帰しました。
菊地選手もアディダスのスパイクを履いています。

―――――――
「革命へ導く羽。」(FIFA,JFA,adidas) 中村俊輔、内田篤人、森本貴幸の創価学会信者3人がマンガになって登場し、世界ベスト4を目指すSAMURAI JAPANの物語!?(小冊子全22ページ)

「革命へ導く羽。」(FIFA,JFA,adidas) 中村俊輔、内田篤人、森本貴幸の創価学会信者3人がマンガになって登場し、世界ベスト4を目指すSAMURAI JAPANの物語!?(小冊子全22ページ)


(中略)


日本代表の岡田武史監督
川淵三郎の息がかかった岡田武史が日本代表の監督に就任すると、岡田監督の娘は電通に勤務するようになった。



つまり、現在の日本代表監督の岡田武史や日本サッカー協会会長の犬飼基昭などは、川淵三郎名誉会長の子飼なのだ。

そして、川渕三郎は、日本サッカー協会を私物化しており、金儲けのために電通やアディダスジャパン≒創価学会(中村俊輔、森本貴幸、内田篤人)とドップリ癒着している。

サッカー日本代表の歴代最強チームは2002年までのトルシエ監督時代だったが、トルシエは中村俊輔を代表から外した。

しかし、2002年にトルシエが日本サッカー界から去り、その後代表監督を務めたジーコや岡田武史は、川渕三郎(日本サッカー協会)や電通や創価学会の意向どおりに行動する監督だ。

電通や創価学会が背後に存在するため、テレビや大新聞などのマスコミも、日本サッカー協会や岡田監督の日本代表チームをあまり厳しく非難しない。

結局、日本サッカー協会を私物化して金儲けのために電通や創価学会と癒着している川淵三郎名誉会長を日本サッカー界から追放しないと日本サッカー界は立ち直らないが、それは残念ながら難しいだろう。

セルジオ越後が電通や創価学会のことをどこまで意識しているかは不明だが、セルジオが言いたいことは概ねこのようなことだと考えられる。


0-2で完敗した24日の韓国戦で中村俊輔は何もできずに真っ先に交代
0-2で完敗した5月24日の韓国戦で中村俊輔は何もできずに真っ先に交代





「頑張れ!ニッポン!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.