FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006


アイリス残念な視聴率なぜ?ゴールデンタイムに放送される“アイリス”日本視聴率は7%台、残念な視聴率!・第4回放送の視聴率は7.9%と下げ止まるも時間帯視聴率でテレ東「アナコンダ2」にも負けて最下位・「アイリス」続編 鳥取県がロケ誘致へ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




TBS\アイリス\20100513
写真=イ・ビョンホン、キム・テヒなど韓国トップスターらが主役を演じた“アイリス”

(韓国語)
http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=201005131013221119

*ゴールデンタイムに放送される“アイリス”日本視聴率は7%台、残念な視聴率!
[マイデイリー=ペ・クンナム大衆文化専門記者]
マイデイリー 2010/05/13

多くの人々の期待を集め、途方もないマーケティングと破格なゴールデンタイム編成で、放送前から目を引いた“アイリス”の日本TBS放送に対する視聴率が7%台に留まるなど、期待以下の成績をとなって大きな衝撃を与えている。

イ・ビョンホン、キム・テヒ、チョン・ジュノ、キム・スンウ、キム・ソヨンなどトップスター、それも日本で人気が高いイ・ビョンホンが主役を演じた上に、200億ウォンという莫大な製作費、日本での撮影などで“アイリス”は日本で製作段階から大きな関心を触発させた。 そして放送前イ・ビョンホンなど出演スターらが日本を訪問して“アイリス”に対するドラマ広報行事を大々的に行った。

何より“アイリス”は外国ドラマでは破格で異例の地上波TVのゴールデンタイムに編成され、視聴者の目を引くのに非常に有利な雰囲気を作った。 韓流が盛んに上昇した時にも、韓国ドラマが午後9時台地上波TVゴールデンタイムに編成されるのは非常に大変だったが、こういう状況で“アイリス”がゴールデンタイムに編成された事で大きい話題になった。

“アイリス”に出演した日本演技者ユミン(笛木優子)は「韓国ドラマが日本主要TV放送会社のゴールデンタイムに編成されたこと自体が新鮮な衝撃であり、“アイリス”に対する放送会社の関心は多大だった”と話した。

こういう友好的雰囲気と視聴しやすい放送時間帯編成で、高い視聴率を記録すると期待した“アイリス”はそうでなかった。 1,2回が連続に放送された4月21日放送視聴率は10.1%で二けたを記録した。 だが、4月28日放送分では8.8%で一桁視聴率に落ちると5月5日放送分では7.5%、5月12日放送分では7.9%を記録した。 放送前に期待したことに比較すればみすぼらしい視聴率成績だ。

最近韓流を取材するために韓国を訪れた、日本朝日新聞出版部“AERA”小北 清人記者は「日本で高い人気を得ている韓流スター、イ・ビョンホンなどが出演し、主要場面を日本で撮影してゴールデンタイムに編成された点を考慮すれば、一桁視聴率は期待以下の低い反応だ」と説明した。

なぜこのように“アイリス”が日本で期待以下の成績に終わっているのだろうか。 日本Jキャストの去る6日付報道“イ・ビョンホンでも視聴率失敗”という記事によれば「(アイリス)視聴率下落は不純な動機だったので当然の結果だ」として、日本TBSが単純にお金でドラマを買って視聴率を上げようと思った動機自体が不純だと見たのだ。

国内でも放送される時“アイリス”は見どころに重点を置いて、話の構造や完成度が粗雑で限りなかったし、現実性や可能性がないドラマと批判を受けたことがある。 また、話が粗末でドラマの全体的な完成度も落ちた。
Jキャストが「“アイリス”のストーリーに対してイ・ビョンホンとチョン・ジュノ、キム・テヒの3角関係が北朝鮮、日本が関連したテロとスパイ活動に溶け入らなかった」と批判した脈絡もすぐに“アイリス”のネガティブな問題点の一つに挙げたのだ。

見どころが派手なドラマが多い日本では“アイリス”の見どころだけで日本視聴者の目を引くことができないという点を指摘する専門家たちが多い。 独創的で完成度高いストーリーを土台に、硬く映像化作業をしてこそ目を引くというのだ。 また、単純に韓流スターを主演で前に出したという理由で日本視聴者の関心を引くということも難しい状況になった。

“アイリス”の日本での期待以下の成績を前に、私たちのドラマが海外で人気を得ようとするならどのようにしなければならないのかを逆説的に見せている。




>多くの人々の期待を集め、途方もないマーケティングと破格なゴールデンタイム編成で、放送前から目を引いた“アイリス”の日本TBS放送に対する視聴率が7%台に留まるなど、期待以下の成績をとなって大きな衝撃を与えている。


衝撃かー。

私にすれば、初回の視聴率が10.1%だったことが衝撃だった。

今でも日本で視聴率が7%以上あることが不思議でならない。





>そして放送前イ・ビョンホンなど出演スターらが日本を訪問して“アイリス”に対するドラマ広報行事を大々的に行った。


確かに、宣伝活動は凄かった。

4月14日には、イ・ビョンホンとキム・テヒはTBSの島田紳助の番組に出演して『アイリス』のプロモーション活動を行った。

TBS\アイリス


初回放送の前からTBSは、テレビで盛んに『アイリス』の番組宣伝CMを流した他、渋谷駅など多数の駅で『アイリス』の広告板をかけ、繁華街や駅構内の柱や電車の中などに『アイリス』のポスターを掲げていた。

アイリス渋谷駅の掲示板


これらTBSの異常ともいえる番組宣伝活動か功を奏して、初回10.1%、2回目8.8%という私の予想を超える高視聴率となったのだろう。





>こういう友好的雰囲気と視聴しやすい放送時間帯編成で、高い視聴率を記録すると期待した“アイリス”はそうでなかった。 1,2回が連続に放送された4月21日放送視聴率は10.1%で二けたを記録した。 だが、4月28日放送分では8.8%で一桁視聴率に落ちると5月5日放送分では7.5%、5月12日放送分では7.9%を記録した。 放送前に期待したことに比較すればみすぼらしい視聴率成績だ。


TBS「アイリス」第4回放送(5月12日水曜日夜9時~)の視聴率は、7.9%と下げ止まった。

【放送4回目までの視聴率】
・アイリス 毎週水曜21:00~22:00
  10.1%
  *8.8%
  *7.5%
  *7.9%


しかし、同じ時間帯の他局の番組視聴率と比較してみると、テレビ東京の「アナコンダ2」にも負けて、最下位に転落した。

05/12水
18.6% 21:00-21:54 EX__ 臨場
13.6% 21:00-21:54 NTV ザ!世界仰天ニュース
12.2% 21:00-21:54 CX* ザ・ベストハウス123
11.3% 21:00-22:00 NHK ニュースウオッチ9
*8.2% 21:00-22:54 TX__ 水曜シアター9アナコンダ2ボルネオ島の迷宮
*7.9% 21:00-21:54 TBS IRIS-アイリス-


アイリス時間帯最下位キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!

同じ時間にテレ東が放送した「アナコンダ2」は、既に2年前にテロ朝で放送済のB級映画だ。
アナコンダ2


一方の『アイリス』は1話あたりの制作費が約7500万円(総額15億円)と通常日本のゴールデンタイムに放送される連続ドラマの1話あたりの制作費4000万円をも大きく上回る。

そして、この巨額の制作費の大半をTBSが支払った。

ところが、この『アイリス』の続編が制作される予定で、鳥取県がロケ誘致に働き掛けを強めているという。


http://www.nnn.co.jp/news/100512/20100512030.html
韓国ドラマ「アイリス」続編 鳥取県がロケ誘致へ
2010年05月12日、日本海新聞

 韓国で昨秋大ヒットしたテレビドラマ「IRIS アイリス」の続編のロケ撮影を、鳥取県が誘致することが11日、関係者への取材で分かった。韓国のドラマ制作会社は候補地の一つとして着目し、スタッフ陣がすでに県内入りして観光地を視察。誘致に成功した場合、アジア全体の“韓流ファン”を呼び込めるため、関係者は県のイメージアップや観光客増に期待を寄せている。

 アイリスはスパイアクションドラマで、韓国で平均視聴率30%超を記録した。主演は日本でも人気の俳優イ・ビョンホンさん。主な舞台は韓国だが、秋田県でもロケがあり、市街地や田沢湖、男鹿半島、乳頭温泉などで撮影された。

 鳥取県の関係者によると、続編は夏にロケを行い、ことし10月ごろから韓国で放送予定。主演には映画俳優チョン・ウソンさんが起用される予定。制作会社が日本でのロケ地を探しており、4月に県内を5日間の日程で訪れ、鳥取砂丘や大山、三朝温泉など20カ所を視察したという。

 近くロケ地を決めるため、県は働き掛けを強め、ロケに必要な受け入れ態勢を整備する考えだ。誘致が実現した場合、低迷する米子-ソウル便の利用増にも期待できるが、関係者は「決まる可能性は不透明」としている。

 一方、ロケが行われた秋田県によると、韓国からのロケ地視察ツアーなどで秋田-ソウル便の利用が急増。昨年11月から3月までの利用は前年同期比3・4倍となった。日本でも4月から放送が始まり、同県の観光施設には問い合わせが相次いでいるという。



韓国では大ヒットしたから韓国向けに続編を制作するのは理解できるが、続編をまた日本で放送するかどうかは、上の日本海新聞の記事からは分からない。

それにしても、韓国ドラマのロケ誘致に必死になる鳥取県は、頭がおかしい。

韓国人の観光客は増えるだろうが、日本人の鳥取県に対するイメージが悪化し、後々長い目で見ればマイナス効果が大きいことを理解できないのだろうか?

韓国人観光客による経済効果も限定的だ。

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100405/ecc1004051921015-n2.htm
韓流ドラマ人気に沸く秋田 経済効果の一方、戸惑いの声も
2010.4.5 19:16、産経ビジネス
(一部抜粋)
 一方で「店内にドドッと入ってきて、写真を撮るだけ撮って出ていく行為が続いたので、商売にならない」と語るのは、ロケ地となった飲食店の関係者。同店では「飲食しない人は入店お断り」としたが、「20-30人の団体が入ってきて、そのうち2、3組が残って日本酒の徳利を4本注文しただけだった。韓国人旅行客は文化と考え方が違う…」と嘆いている。



更に、2005年、韓国の映画「Sweet Dreams」のロケが高知県で行われたものの、スタッフの宿泊費など約5700万円が支払われなかった事件が起こった。

韓国のロケ誘致は「ハイリスク・マイナスリターン」だ!


韓国映画の経費未払い? 宿泊費など5700万円
2005年12月14日、高知新聞

今秋、本県を舞台に撮影が行われた韓国映画「Sweet Dreams」でスタッフの滞在費など約5700万円が未払い状態になっていることが14日、県議会12月定例会の産業経済委員会(黒岩正好委員長)で指摘された。

武石利彦委員が、県観光コンベンション協会の予算執行状況に関する議論の中で取り上げ、 「韓国映画のスタッフが宿泊料などを支払わずに帰国。 その後の請求にも応じずに、 業者や協会が困っていると聞くが事実か」とただした。

これに対して県側は「確認はできていない」と断った上で 「約5700万円が支払われていないと聞いている。 主役などの場面だけを撮影していったん帰国したが、その間の宿泊料が支払われていないという。 今後、撮影を継続し、代金の処理もしてもらえるようお願いしている」などと答えた。

スタッフは高知市内のホテルに宿泊して撮影。 県内では企業関係者らが「韓国映画・ドラマの高知ロケを応援する会」 (会長=西森潮三県議)を設立したほか、 高知フィルムコミッションがエキストラを募集するなどサポートした。


↓約4ヶ月後↓

滞在費未払い問題で、橋本知事が韓国大使館へ協力要請
(高知放送 2006/04/10)

この問題は、昨年秋、韓国映画「SWEET DREAMS」の県内ロケが行われた際、スタッフの滞在費など数千万円が未払いになっているものです。
高知ロケも中断されたままで、橋本知事は、きょう東京にある韓国大使館を訪れて韓国文化委員長に円満な解決への協力を要請しました。






>国内でも放送される時“アイリス”は見どころに重点を置いて、話の構造や完成度が粗雑で限りなかったし、現実性や可能性がないドラマと批判を受けたことがある。
>見どころが派手なドラマが多い日本では“アイリス”の見どころだけで日本視聴者の目を引くことができないという点を指摘する専門家たちが多い。



韓国メディアは、初回放送の視聴率が10.1%と判明した直後「『アイリス』日本上陸成功!」「好調なスタート!」などと報道していたが、ようやく冷静になってきたようだ。

それに、厳しい現実を知って、今頃になって批判し始めるのも韓国人らしい。


━━━━━━━━
●韓国での報道や韓国人の反応などの推移

韓国で視聴率39.9%を記録したイ・ビョンホンの「アイリス」がTBSの地上波ゴールデンタイムで放送決定!
今、日本はビョン様熱風!

初回(4/21)
10.1%

韓流をリードする『アイリス』日本上陸成功!
日本で2けたの視聴率は好調なスタート!
韓流ブームを起こした「冬のソナタ」も、平均視聴率は10%台(初回は9%)だった。
日本の視聴者たちは「爆弾酒(ポッタンジュ)」などに関心を見せた。
TBSのこの時間帯の視聴率は、以前は5%前後だった。そんな状況で10%を越えたことは、非常に善戦!
『アイリス』が、日本の繁華街のあちこちを飾っていると韓国人留学生が歓喜!
ビッグヒットを予告していると専門家は判断。
藤原竜也などの日本語吹き替えが悪い。

第2回(4/28)
8.8%

地上波の視聴率は8.8%に下降したが、CSチャンネルの視聴率は好調!
地上波も回を重ねるごとに良い反応を得るだろう。
イ・ビョンホンとキム・テヒのラブシーンが、日本でも熱い反応を起こしている。
「キャンディーキス」と呼ばれた甘い恋愛の場面はファンの心を溶かすほどだった。

第3回(5/5)
7.5%

韓国で大ヒットした『アイリス』が米国の地上波テレビ局で放映される可能性が高まった。米国に続きヨーロッパへの輸出も打診。
『アイリス』の続編のロケ撮影を鳥取県が誘致。働き掛け強める。日本でも人気の俳優イ・ビョンホン主演で夏にロケか。

第4回(5/12)
7.9%

7%台と残念な視聴率!人気墜落で衝撃、なぜ?
放送前に期待したことに比較すればみすぼらしい視聴率成績だ。
日本J-CASTは「TBSが単純にお金でドラマを買って視聴率を上げようとした動機が不純だったので失敗は当然」と報道。
韓国内でも話の構造や完成度が粗雑で、現実性や可能性がないドラマと批判を受けたことがある。 見どころが派手なドラマが多い日本では“アイリス”の見どころだけで日本視聴者の目を引くことができないと多くの専門家が指摘。単純に韓流スター主演で日本視聴者の関心を引くことも難しい。

━━━━━━━━




「今ごろになって韓国ドラマの人気の無さに気が付くな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:IRIS (アイリス) - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.