FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006


朝日新聞また在特会を報道・「日本で差別されているかわいそうな朝鮮人。朝鮮に帰れ!」世論挑発 集める支持・「在日特権を許さない市民の会」は名前が広く知られるだけで効果抜群・朝日新聞社さん、取材マナーを守りましょう・花壇を荒らすな!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




在特会

世論挑発 集める支持
扇動社会
2010年5月3日、朝日新聞
「日本で差別されているかわいそうな朝鮮人。朝鮮に帰れ!」。
冷たい雨の中、スピーカーから罵声が響いた。

3月末の京都。在日コリアンが多く暮らす地域を、日の丸や横断幕を手にした人々がデモした。
住民が隊列に立ち向かおうとする。機動隊が割って入り、怒声が飛ぶ。
その様子をつぶさに撮影し続ける男性がデモ隊の中にいた。
小型カメラ装着のパソコンで撮られた映像は、動画サイトで生中継された。
「戦争きたーーーーー」
「ゴミ共を排除しろ」
「たたきだせええええ」
見ている人からの投稿が切れ目なく画面に映し出される。
現場に緊張が走るたび、投稿は増える。
デモを取材した記者の映像が流れると≪反日マスゴミ≫などと批判する投稿が画面にあふれた。
彼らが「祭り」と称するデモは約1時間続いた。約60人のデモを生中継で見たのは延べ3千人以上。
投稿は2万5千件を超えた。
デモが終わると、撮影役の男性は記者に軽く会釈した。

   ■  ■

生中継したのは「在日特権を許さない市民の会」(在特会)。
長崎県対馬市議会に外国人参政権反対の意見書を持ち込んだ団体だ。
2006年末結成。「行動する保守」を掲げてネットを中心に会員を増やし、現在8700人。
東京の本部のほか全国25支部を構える。
「我々への中傷だって構わない。どんな形でも報道して欲しい」。
同会の支部長の一人は話した。
「一体感が楽しかった」
デモの1週間前に入会した大津市の無職男性(25)は言った。
ネットの掲示板に「街宣に行きたい。交通費を振り込んでくれたら行く」と書くと、ネット銀行の口座に誰かが700円を振り込んだ。
在特会の桜井誠会長(38)は4月、支援者に講演した。
「みなさんの活躍を、動画や生中継で全国の人達が見ている。あなたたちに触発されて各地で抗議の声を上げ始めた。大変結構なことだ」

   ■  ■

刺激的であるほど瞬時に大きなうねりとなるネット上の「世論」。その支持を集める人に既成政党がにじり寄る。
≪未来の日本は、中国や北朝鮮と一体の連邦体勢になり、情報統制や管理が進む≫
経済評論家の三橋貴明氏(40)は昨年、「シュミレーション小説」を出版した。
ネットの掲示板「2ちゃんねる」で韓国経済のもろさを指摘して注目された。
小説では民主党政権への警戒感をにじませ、今夏の参院選では自民党公認で比例区に立つ。
4月初め。東京・秋葉原で三橋氏の後援会が「コスプレセイジシキンパーティー」を開いた。
雑居ビル地下のバーに派手な衣装やマスクで仮装した約100人が集った。
動画サイトに、坂本龍馬に扮した三橋氏の姿が流れた。
「『マスゴミ崩壊』という本を書いた三橋のパーティーに、マスコミが14社来ました」。
後援会の幹部の声に、一斉に拍手が起きた。
「ネットの代表が政治に打って出ることがうれしい」。
会場を訪れた、東京都葛飾区の会社員、佐々木克人さん(31)はそう話した。
「ネットでは双方向のやりとりで正しい意見が残る。新聞やテレビは、初めから結論ありき、だと感じる」
公認発表後、後援会の会員は1500人を超えた。
4月12日、自民党本部で三橋氏の講演会があった。
約100人の聴衆に、来賓の麻生太郎前首相は呼びかけた。
「インターネットの票は、おれたちに見えない票。その核が皆さんだ。いい成果を出せるようにネットの力を貸してほしい」




>「日本で差別されているかわいそうな朝鮮人。朝鮮に帰れ!」。
>冷たい雨の中、スピーカーから罵声が響いた。



罵声じゃないだろ。

当たり前の正論だ。

在日朝鮮人・韓国人は密航で日本に来た者らとその子孫だ。

そのことはかつて朝日新聞自身が1959年7月13日付で報道しているのだから、朝日新聞はよく知っているはずだ。


大半、自由意思で居住

大半、自由意思で居住
外務省、在日朝鮮人で発表
戦時徴用は245人

1959年7月13日 朝日新聞

在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、 いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。

一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
 残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
 また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。

一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、 北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
 現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、現在、日本に居住している者は犯罪者を除き、自由意思によって在留した者である。
(昭和34年7月13日 朝日新聞)






>3月末の京都。在日コリアンが多く暮らす地域を、日の丸や横断幕を手にした人々がデモした。
>・・・
>生中継したのは「在日特権を許さない市民の会」(在特会)。



おそらく、これは次の動画のデモのことを言っているのだと思う。
このデモには在特会も参加していたが、実際には「主権回復を目指す会」(西村修平代表)が中心になって行っていたデモのようだ。


■動画
(5/6)朝鮮総連と癒着して市民デモを危険に晒す京都府警


http://www.youtube.com/watch?v=uc-bfQrXBxc




>「我々への中傷だって構わない。どんな形でも報道して欲しい」。
>同会の支部長の一人は話した。



「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の場合、会の名前が広く知られるだけで効果抜群となる良い名称を付けたと思う。

「在日特権」という在日朝鮮人にのみ許されている不当な特権が存在していることを知らない日本人が多いので、在日特権の存在を日本人が知るだけでも大変意義がある。

次に改めて在日特権を紹介しておこう。


在特会

【在日特権のまとめ】詳細はこちら

1.在日の通名特権
通名(偽名)の公的使用
金融口座などでの通名使用
犯罪事件の通名報道



2.特別永住者:永住資格(非権利)


3.永住資格所有者の優先帰化


4.パチンコ屋(朝鮮玉入れ屋)やパチンカスの違法行為容認
パチンコ屋(朝鮮玉入れ屋)やパチンカスが行っている換金行為は風営法23条に抵触する明確な違法行為だが、警察関係者(パチンコップ)が業界団体や業界企業に天下りしているため野放しにされている。


5.在日の脱税特権
在日の脱税特権のまとめ
朝鮮商工会は1976年社会党の協力で国税庁との間に「税金に関する合意」を成立させた。
いわゆる『五箇条の御誓文』だ。
以降、商工連の印鑑と領収書さえあれば、彼らの使ったカネは何でも必要経費とされた。
彼らの納税額は劇的に減った。

脱税したカネは一部が総連に顧問料として支払われ、それでも余れば朝銀に預金する。
総連系の朝銀と民団系の商銀(関西興銀を含む)は破綻が相次いだ。
脱税者たちの預金を保護するために投入された公的資金(税金)は合計で3兆円。
3,000,000,000,000円というのは赤ん坊から年寄りまで含め国民一人当たり約3万円。
在日朝鮮・韓国人は現在約60万人。
1億2千億人が3万円づつ支払って、たった60万人の脱税預金を保護した。
特に朝銀の預金は総連などへの不正融資や売国奴政治家への献金などに使われ悪質だ。
バブル全盛期には北朝鮮の国家予算を大幅に上回るカネやモノが船に積まれて北へ渡った。
しかし、今回、新たに判明したことは、在日の脱税特権は商工人の法人税だけではなかったということ。
伊賀市や桑名市などの自治体まで、在日朝鮮・韓国人の住民税を半額程度に減免していた。



6.戦後のどさくさで「第三国人」か盛り場の土地を不法占拠。
・朝鮮学校による京都市の「児童公園」不法占拠問題
・ウトロ地区不法占拠問題



7.犯罪防止指紋捺印廃止


8.外国人無年金高齢者・障害者の自治体特別給付


9.在日の生活保護優遇
日本国憲法は、外国人が日本の福利を享受することを認めていない。


10.朝鮮学校は、税減免措置、保護者への補助金で厚遇されなから反日的な民族教育を行なっている


11.朝鮮学校・インターナショナルスクール卒業者に対する大学入試での高等学校卒業程度認定試験免除


12.大学センター試験へ韓国語(朝鮮語)の導入
2009年のセンター試験において、ハングル(朝鮮語・韓国語)は英語に比べて平均点が51点(200点満点)高くなっているが、得点調整は例年通りに全く行われなかった。
マスコミはこの問題点を決して報道しない。



13.朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除


14.TBSなどのマスコミやソフトバンクなどが就職で優遇
在日女子大生の李民和は、「面接で靖国や独島の質問答えてTBSに内定“在日は武器”」と民団新聞に証言した。
また、毎日新聞の鈴木琢磨は、TBS『みのもんたの朝ズバッ!』で、「実際、メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいるんですよ。」と暴露した!



15.外国籍のまま公務員就職


16.公務員就職の一般職制限撤廃


17.プロスポーツの在日枠


18.在日韓国人は韓国籍なのに兵役(徴兵)を免れている。


19.在日韓国人は、ソフトバンクの在日特権料金で携帯電話を利用できる。
―――――――――――――――――
ソフトバンクの朝鮮人割引

              日本人   韓国人
基本使用料      9600円   4500円
Sベーシック       315円     0円
パケットし放題     4410円     0円
26250円分通話料  26250円     0円
   合計       40325円   4500円

(韓国宛電話代   130円/分   5円/分)
―――――――――――――――――







私は、朝日新聞が今回の記事をどんな意図で書いたのか、明確には分からない。

朝日新聞は在特会を何気に批判しているのだろうが、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の名前を報道してくれるだけで有り難い。



朝日新聞は、他人のことをとやかく言う前に、まずは己の非常識を改めるべき。


画像(平成26年7月12日削除)
脚立が完全に花壇の中に入っている(宮崎市橘通り 5月2日 撮影:大谷憲史)

http://news.livedoor.com/article/detail/4750818/

朝日新聞社さん、取材マナーを守りましょう
2010年05月03日08時15分 / 提供:PJニュース

(一部抜粋)

コンサートが始まると、脚立を抱え朝日新聞社の腕章をはめた記者が、私と5メートルほど離れた花壇の近くで脚立を構えた。花壇の手前から撮影するのだろうと、さほど気にかけなかったのだが、次の動作に驚いてしまった。

その記者は花壇の手前にいた初老の男性に声をかけて、場所を譲ってもらった。そして、脚立をおもむろに花壇の中へ入れたのである。花壇の中の土の上にである。その行動に驚いてしまった私は、一時撮影を止めて、その記者の様子を窺った。

花壇の中に入った脚立は、足場が悪いのか、少し傾いていた。が、そんなことはお構いなし。その記者は花壇の中に置いた脚立に乗って、写真を撮り始めた。その間、5分程度であった。撮影が終わると、花壇から脚立を抜き出し、場所を譲ってもらった初老の男性に礼を言ってその場を立ち去った。

いくら取材とはいえ、橘通り商店街のみなさんが大切に育てている花壇の中に脚立を立てて写真を撮ろうとは、いったいどういう神経をしているのだろう。「朝日新聞社」の腕章をはめての堂々の行動には、恐れ入った。大新聞だから許されるとでも思っているのだろうか。もし、腕章をはめていない一般人が同じようなことをしたら、私は確実に注意をしていた。

ステージが終わったあと、その花壇を調べたが、確かに穴は空(あ)いていた。花や葉が痛んでいるような様子は見えなかったが、だからと言って花壇の中に脚立を立てても良いと言うことにはならない。記者としてではなく、人としてやってはいけないことである。

あなたのその行為は、良くも悪くも、神様や仏様ではなくとも、どこかで誰かがきちんと見ているのである。

いいがかりを言うなと朝日新聞社さんから抗議を受けそうだが、きちんと写真とビデオカメラでその様子を撮影させていただいた。

私は市民記者である。アマチュアではあるが、取材においてはきちんとルールやマナーはわきまえている。これまでにトラブルになるようなことはなかった。

が、プロと呼ばれる記者がこのありさまでは、朝日新聞社の名が泣く。

まだまだ大型連休は続きますが、朝日新聞社さん、取材マナーはきちんと守りましょう。【了】




>大新聞だから許されるとでも思っているのだろうか。


そのとおり。

朝日新聞のような大新聞やテレビなどの大手マスコミは、何をやっても許されると思っている。

自分たちのことを「正義のための特権階級」だと勘違いしているのだ。

「不当な特権を持っている」という意味において、在日朝鮮人とマスコミは共通している。





>もし、腕章をはめていない一般人が同じようなことをしたら、私は確実に注意をしていた。


これはおかしい!

「朝日新聞社」の腕章をはめていても、ビシッと注意すべきだった。

出来れば通報するべきだった。





「在日特権を許すな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.