FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005


支那でFC2アクセス禁止!googleだけではない支那政府による不当な検閲!・Yah​ooブログはOK・ブログ数とブログ読者数は日本が世界一・西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」・「メディアパトロールジャパン」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




2010.4.17西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」
2010.4.17文京区民センター、西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方


4月17日、日本武道館で開催された「外国人参政権に反対する国民大会」(一万人大会)に参加した後、文京区民センターに歩いて移動し、【西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」】に出席した。

西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」
http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting/m/201003

21世紀 ますます拡大を続けるインターネット、逆に低迷の続くテレビを始め他のメディアは今後どういう方向に向かっていくのか。撃論ムック編集長で評論家の西村幸祐先生と、作家で経済評論家の三橋貴明先生が政治・経済・文化的側面から総合的に分析し、熱く語ります。

   西村幸祐先生
 慶應義塾大学文学部哲学科中退。大学在学中から第6次『三田文学』の編集に携わり、「ニュー・ミュージック・マガジン」(現「ミュージック・マガジン」)、編集、レコーディング・ディレクター、コピーライターを経て、1980年代後半からスポーツをテーマに作家、ジャーナリストとして活動開始。2006年オークラ出版より『撃論ムック』を創設。 現在は評論家、戦略情報研究所株式会社客員研究員。
 著書に『撃論ムック』シリーズ、『「反日」の構造 中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か』など30冊余り。

  三橋貴明先生
東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業ノーテルをはじめNEC、日本IBMなどを経て中小企業診断士として独立、三橋貴明診断士事務所を設立した。
現在は、経済評論家、作家としても活躍中。著書に『民主党政権で日本経済が危ない!本当の理由』『本当はヤバイ!韓国経済』など20冊余り。

【日 時】 平成22年4月17日(土)18時10分~20時30分(開場:17時45分)
【会 場】 文京区民センター 2-A会議室(文京シビックセンター向かい側)
【参加費】 1000円 (事前申込の女性・学生500円)
【主 催】 士気の集い・青年部 千田宛て



110名が参加し、こちらの会場も満席だった。


最初に、西村幸祐さんと三橋貴明さんと一緒に「メディアパトロールジャパン」を立ち上げた作曲家のすぎやまこういちさんが挨拶をされた。

すぎやまこういち2010.4.17メディアPJ





その後、三橋貴明さんと西村幸祐さんが、「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」について語った。


まず、三橋貴明さんは、特権に守られ、価格競争も、新聞他社を批判することも出来ない新聞業界などについて述べられた。

そのような状況において、「誰がマスコミを批判するのか?」ということで、ネットの必要性と今後の可能性を強調されていた。


2010.4.17西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」

ブログについては、日本語と英語で書かれているブログが世界で7割を占めているという(日本語と英語はほぼ同数)。

そして、1週間に1回以上ブログを読むことのある人の割合は、日本人が70%以上、米国人が約25%、欧州人は20%未満だという。






次に、西村幸祐さんは、スライド(映像)を使用し、米国などにおける反日プロパガンダや、筑紫哲也などの様々な印象操作を駆使した反日プロパガンダを紹介してくれた。

2010.4.17西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」

2010.4.17メディアPJ文京区民センター、西村幸祐




ちなみに「メディアパトロールジャパン」には、私のこのブログも「日本を大好きな人たちのブログ」に選出して頂いているので、休み時間には西村幸祐さんと三橋貴明さんに挨拶をした。
メディアパトロールジャパン


西村幸祐さんとは、その後トイレでも一緒になり、思っていた以上にいろんなことを話す機会に恵まれた。





その後、質疑応答もあり、非常に密度の濃い有意義な集会となった。

すぎやまこういちさんは、よく現在の日本の状況を「日本軍と反日軍の内戦状態」と仰るが、改めて日本軍はブログなどのインターネットという武器を有効活用し、マスメディアなどの反日軍を打ちのめさなければならないと思った。


2010.4.17西村幸祐先生with三橋貴明先生「インターネットにおけるメディア論と今後のメディアの行方」




ネットで反日メディアを叩きのめそうと決意を新たにしていたら、早速4月18日、NHKが「NHKスペシャル」シリーズ「日本と朝鮮半島」【第1回 韓国併合への道 伊藤博文とアン・ジュングン】で捏造を含めた韓国目線一辺倒の反日歴史観を垂れ流していた。

2010.4.18NHKスペシャル安重根


この「Nスペ」については、後ほど改めて記事をつくる予定だ。

4月19日に電凸しようと思っている。






このような折、支那在住のwoaitaiwan(我愛台湾)さんからYahooのメッセージサービスに次のようなメッセージが届いた。

―――――――
cof​fee​様

大変ご無沙汰しております。
我愛台湾でございます。
4​月も半分が過ぎましたが、如何お過ごしでしょうか。

​さて、この度ご連絡させて頂きましたのは、
現在中国内にてFC2​のcof​fee​様のブログが接続不可となっている件と、
それに関してお願いしたいことがございまして、メッセージを送らせて頂いた次第です。

​つい1週間ほど前から、突然FC2​のcof​fee​様ブログに接続できなくなり、
何度アクセスしても「ページを表示できません」とのエラーが表示されます。
おかしいなと思い、別の方のFC2​ブログなどもアクセスしてみましたが、
それらもエラーとなり、現在FC2​すべてにアクセスできない状態となっております。
詳しい方の情報によりますと、どうやら中国政府の検閲により、FC​2を封鎖したとの事で、
このままですとcof​fee​様のブログを永久に見られなくなるのではと危惧しております。

​そこで、このようなことをお願いするのは大変恐縮なのですが、
もしよろしければ、以前のYah​ooブログの方にも、最近の記事からで構いませんので
同時に記事をアップして頂くようなことは可能でしょうか?
(​Yah​ooブログは問題なくアクセスできております)

​実は、私は中国のとある都市で日本人向けの教育関係の仕事をしているのですが、
生徒(主に中学生)の中に政治・歴史系に興味を持っている者が何名かおり、
彼らへの拡散も兼ねまして、co​ffe​e様のブログを積極的に案内していた矢先にこのような事態となり、
中国政府に対しては腹立たしい限りです。
しかし私としましては、今後も拡散活動を続けていきたいと考えており、
ぜひcof​fee​様のブログを、引き続き興味のある生徒たちに案内させて頂きたく思っております。

​当地の日本人小学生・中学生は主に駐在員のご子息なのですが、
優秀な子供が多く、特に中学生は、早くから海外に出ているからというのもありますが
冷静に日本をみて、政治や外交に対する自分の意見をしっかり持っている生徒もおります。
もちろん、彼らも愛国者であり、将来が期待できる層かと思われます。

​つきましては、ご多忙の折に勝手なお願いをして誠に申し訳ございませんが、
Y​aho​oブログの件、ご検討頂けましたら幸いに存じます。

​どうぞ宜しくお願い申し上げます。

​我愛台湾より。
―――――――



なんと支那政府が、全てのFC2​へのアクセスを禁止したという!

支那当局と Google が揉めていたことは有名だが、いつの間にか支那でFC2が完全に葬り去れていた。


Google本社で花を捧げる、支那人のGoogleユーザー。1月13日撮影。
Google本社で花を捧げる、支那人のGoogleユーザー。1月13日撮影。

google検索で支那政府が検閲


私は今でも時間がなくて困っているが、愛国心のある日本人中学生たちに私のブログを紹介すると言われると弱い・・・

ということで、今後、支那でFC2​へのアクセスが再び解禁されるまで、Yah​ooブログにも記事を掲載することにした。

ただ、時間がないので、文字の大きさや色や画像などを大幅に簡略化しての掲載とすることで、woaitaiwan(我愛台湾)さんの了承を得た。


●関連記事
中国人「fc2が金盾の検閲で繋げない?規制は破るためにあるんですが(キリッ」
http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/d/20100405





「おい!支那!FC2へのアクセスを禁止するな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.