FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201002


NHK龍馬伝にも香川照之が出演していてウンザリ!・NHK大河ドラマ「龍馬伝」初回視聴率23.2%「天地人」下回る・演技が過剰で顔が下品な反日アホ役者の香川照之が「坂の上の雲」と「龍馬伝」で準主役・南京大虐殺を描いた『ジョン・ラーベ』に朝香宮鳩彦親王役で出演しNHKが優遇
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




「龍馬伝」
「龍馬伝」初回視聴率23.2%「天地人」下回る

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100104-00000000-maiall-ent

<龍馬伝>初回視聴率23.2% 「天地人」は下回る
1月4日10時1分配信 毎日新聞

 3日から放送が始まったNHK大河ドラマ「龍馬伝」の初回視聴率が23.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、前年の「天地人」の初回視聴率24.7%を下回った。

 「龍馬伝」は、幕末の英雄、坂本龍馬の33年の生涯を、同じ土佐の生まれで、後に三菱財閥の創業者となる岩崎弥太郎の視点で描く。龍馬を時代劇初挑戦の福山雅治さん(40)が演じ、岩崎弥太郎役には香川照之さん(44)、龍馬の幼なじみで攘夷に燃える武市半平太役で大森南朋さん(37)が出演。初恋の女性、平井加尾を広末涼子さん(29)が演じている。 

 第1回は、上士と郷士の激しい差別が続く土佐で、子供時代から青年へと成長した龍馬が平等な世を願う思いを持ち始めるというストーリー。




>初回視聴率23.2% 「天地人」は下回る


NHKが大々的に番組宣伝をしたにもかかわらず視聴率が前回の「天地人」を下回り、同じ幕末物の「新撰組」よりも大きく下回ったことで今後かなり厳しそうだ。

私の印象もイマイチだった。

第1回の内容が坂本竜馬の物語に付きものの上士による下士(郷士)虐めばかりだったこともあるが、配役にも疑問を感じた。


「龍馬伝」
(写真)左から寺島しのぶ、広末涼子、福山雅治、香川照之、大森南朋


>龍馬を時代劇初挑戦の福山雅治さん(40)が演じ、岩崎弥太郎役には香川照之さん(44)、龍馬の幼なじみで攘夷に燃える武市半平太役で大森南朋さん(37)が出演。初恋の女性、平井加尾を広末涼子さん(29)が演じている。


私は何と言っても、岩崎弥太郎役で出演している香川照之が大嫌いだ!
「龍馬伝」

香川照之の下品な顔と過剰な演技には多くの人が気づいているだろうが、奴が恥知らずの反日アホ役者であることを皆さんはご存じだろうか。

香川照之は、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」にも正岡子規役で出演し、原作にはない反日捏造シーンを演じた。
坂の上の雲の香川照之

最近NHKは「坂の上の雲」と「龍馬伝」の両方で香川を準主役に連続抜擢して名脇役扱いしているが、演技は過剰でダサいし、顔も下品で、どこが良いのか理解できない。

香川は、昔から『鬼が来た』などの支那映画に良く出演し、支那と密接な関係にあった。
『鬼が来た』香川照之

特に香川照之の場合、南京大虐殺を描いた映画『ジョン・ラーベ』において朝香宮鳩彦親王役で出演したことにより、支那の評価が急上昇した。
香川照之『ジョン・ラーベ』

【NHK=「支那の犬HK」】であることは既に疑いの余地がない事実だ。

私は、NHKが香川を優遇するのには、香川が支那の反日捏造映画に出演したことが背景にあると推測している。

あるいは、支那が香川に対して、「南京大虐殺を描いた映画『ジョン・ラーベ』に朝香宮鳩彦親王役で出演すれば、NHKにオマエを優遇させる」と約束したかのもしれない。



南京大虐殺を描いた『ジョン・ラーベ』

南京大虐殺を描いた『ジョン・ラーベ』、日本で上映禁止
2009/04/01(水) 、サーチナ

  中国、ドイツ、日本で上映を予定していた中国、ドイツ、フランス合作の『ジョン・ラーベ』が、日本での公開を断念したことが明らかになった。この中国版『シンドラーのリスト』は、国際的視点で南京大虐殺という歴史的事件を正面から描いていることから、日本での上映は全面的に禁止され、日本の映画配給会社も映画を見ることさえ断ったという。

  ◆日本での上映を断念

  日本国内で批判の声を浴びているのが、『ジョン・ラーベ』で朝香宮鳩彦親王役を演じた香川照之さんだ。「この役は多くの人の批判を招くと思うが、自分がこの役を演じて経験したことはとても意義がある」と香川さん。

  また日本国内で上映されないことについては、「日本で南京をテーマとした映画は普通上映できないし、日本人も撮影しない。しかしこの映画が少しでも中国の人たちの苦しみを取り除いてくれるよう望んでいます」と話す。映画に出てくる朝香宮鳩彦親王は裕仁天皇の叔父にあたる。南京大虐殺で重大な責任を負っていたが、戦後は皇族の身分で軍事法廷に出なくて済んだ。このような非常に敏感な役を、香川さんという日本でもよく知られている俳優が演じたことで、不快感を示す日本の右翼の人も多い。

  『ジョン・ラーベ』は4月2日からドイツ、4月28日からは中国、11月にはベルギー、フランス、イタリア、スペインでも上映されることになっている。しかし日本はこの映画に対して沈黙あるいは拒絶の態度をとっていたため、『ジョン・ラーベ』は日本での上映をあきらめざるを得なかった。

  ◆日本人役は必ず日本人が演じるべき

  『故郷(ふるさと)の香り』と『鬼が来た』などの中国映画に出演したことのある香川さんは、中国の観客にもよく知られている日本俳優の1人だ。去年、国内外で多くの賞に輝いた『トウキョウソナタ』にも出演している。

  『ジョン・ラーベ』が世界で好評を博した後、日本国内では批判の声が聞かれるようになった。業界の人たちは、どうしてこの映画に出たのかと香川さんに直接聞くこともあり、「プレシャーは相当大きかった」という。

  「この映画を見て、本当に日本人は残忍なことを多くしたのだということを知りました。確かにそれを受け入れることは非常に難しい。難しいですが、現代の人たちにこの歴史を語る必要があります。そういう意味では、私は確かにこのようなテーマの映画が好きです」

  ガレンベルガー監督は、朝香宮鳩彦親王役を選ぶ際に多くの日本の俳優と会った。しかしほとんどの俳優が出演を断り、最終的に引き受けたのが香川さんだ。「脚本を見た時に、この映画に出るべきだと思いました。その国際的な視点は現代の観客の反省を促すことができるからです。多くの人が、日本人としてどうしてこのような日本人を演じることができるのかと言うかもしれませんが、この役はやはり必ず日本人が演じるべきなのです」

  写真は朝香宮鳩彦親王役を演じた香川照之さん。
香川照之『ジョン・ラーベ』
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0401&f=national_0401_016.shtml




>日本での上映は全面的に禁止され、日本の映画配給会社も映画を見ることさえ断ったという。


別に「禁止」したわけではなく、上映しても客が入らないと考えただけだ。




>「…しかしこの映画が少しでも中国の人たちの苦しみを取り除いてくれるよう望んでいます」


香川照之よ!
「中国の人たちの苦しみ」って、何なんだ?


オマエらのようなアホどもが、有りもしない「南京大虐殺」をでっち上げたり有ったと思い込んでいるだけあり、そんな映画はかえって支那人に不要な苦しみを与えるだけだ。




>映画に出てくる朝香宮鳩彦親王は裕仁天皇の叔父にあたる。南京大虐殺で重大な責任を負っていたが、戦後は皇族の身分で軍事法廷に出なくて済んだ。


酷い出鱈目ばかりだ。

朝香宮鳩彦親王には何の責任もないし、そもそも南京大虐殺そのものがなかった。

日本軍による南京虐殺はなかった(犠牲者数0人)。

まず、南京市民の大半は、日本軍が南京を陥落させた1937年12月13日以前に南京を脱出して日本軍が占領した上海などに避難していた。

南京に残った約20万人の南京市民も全員が安全区に避難し、安全区以外の南京城内に善良な市民は誰一人として居なかった。

南京城内の安全区以外に善良な支那人は誰も居なかったのだから、南京城内の安全区以外で虐殺など起こるわけがない。

次に、南京に残った全市民が集められていた安全区内の状況だが、12月13日に日本軍が南京を陥落させる前と比べ、日本軍占領後の南京安全区の人口は増加した。

日本軍が南京を占領したら、日本軍占領下の上海などに避難していた南京市民が徐々に南京に戻って来たのだ。

南京陥落から何日か経つと安全区内で日本軍による約10件の強姦事件や同程度の掠奪事件が発生したが、これら事件は、日本の軍関係の裁判を司る法務部で把握していた。

日本軍将兵は道端で拾った靴を持ち帰っただけで掠奪事件として軍法会議にかけられたりしていたが、「虐殺」事件は南京に居た憲兵隊などに通報されたことも全くなかった。

また、ジョン・ラーベを委員長とした15人の欧米人からなる安全区国際委員会メンバーや100人を超す日本人報道関係者などは南京に長期間滞在していたが、誰も1度も日本軍による虐殺を目撃しなかった。

つまり、日本軍による虐殺事件に関しては、目撃が0件で、現地の憲兵隊などへの通報も、憲兵隊などによる発見も全くなかった。

支那軍による虐殺や戦闘中の誤爆による事故はあっても、犯人や被害者が特定されるような日本軍による虐殺事件は全くなかった。

最後に、戦後しばらく経ってから自白した元日本兵が何人か居たが、これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。

よって、日本軍による南京虐殺事件は0件だったのだ。





>「この映画を見て、本当に日本人は残忍なことを多くしたのだということを知りました。確かにそれを受け入れることは非常に難しい。難しいですが、現代の人たちにこの歴史を語る必要があります。そういう意味では、私は確かにこのようなテーマの映画が好きです」


「この映画を見て、本当に日本人は残忍なことを多くしたのだということを知りました。」って、アホ過ぎだ!

香川照之には、少しは自分で調べたり確認したりするという習性がないのか?

東大出てても、これじゃアホ過ぎだろ?!





>ガレンベルガー監督は、朝香宮鳩彦親王役を選ぶ際に多くの日本の俳優と会った。しかしほとんどの俳優が出演を断り、最終的に引き受けたのが香川さんだ。


香川照之は顔が下品で演技も過剰な反日アホ役者であり、こいつが支那の南京大虐殺映画で皇族の役を演じたなんて、恥知らずにも程がある!




●関連記事

南京虐殺は嘘33
嘘吐きラーベのデマ宣伝工作
支那軍将校を自宅に匿っていたトンデモない安全区国際委員長
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8283236.html


NHKに電凸!反日捏造シーン&ナレーションに抗議!
「坂の上の雲」の日本軍による掠奪シーンと「日本人たちによって閔妃が暗殺」と述べたナレーション
不誠実なNHK男の対応に怒り
抗議文書も郵送し、HPからメール送信も
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3691.html

NHKから返信がキタ━━(゜∀゜)━━ !!!!!
「坂の上の雲」についてNHKのHPからのメール送信に対する返信
NHKは、原作にない上、日本軍による組織的掠奪がなかったことや閔妃暗殺が日本人とは言えないことを知っていて反日捏造シーン&ナレーションを脚本にした!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3693.html





「反日アホ役者と、反日アホ役者を優遇するNHKは、恥を知れ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.