FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201002


たけし「TVの時代は終焉」「芸能界はリストラがすごくなる」「テレビは予算も仕事もない」「今後テレビからインターネットや携帯サイトの方に移行するタレントが続出する」・テレビ広告費がネット広告費に追い越される日は予想以上に近いのか・英国では既に【ネット広告費>テレビ広告費】
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




東スポたけしの大予言

たけしの恒例 2010年こうなる大予言

http://www.tokyo-sports.co.jp/touspo.php?tid=28

たけしの恒例 2010年こうなる大予言
2010年1月1日付(2009年12月29日発行)の東スポより一部抜粋

【芸能界】

 芸能界はリストラがすごくなるだろうね。生き残る以前に、もうリストラの嵐が始まったからね。
とにかくテレビは予算も仕事もない。
テレビからインターネットや携帯サイトの方に移行するタレントが続出するだろう。

テレビもネットも基本的にギャラは同じだっていうからさ。

 テレビで露出するのがなくなれば、ネットの方にいくしかないし。テレビのいい時代は終わった。
萩本欽一さんとか、オレの時代がバラエティーの黄金期だったけど、ついに終わったね。



テレビ局は赤字
グラフ=総務省データ・地上波局の収支状況。平成20年度に赤字に転落した。



いずれテレビが没落して終焉するのは当然の宿命なのだが、ビートたけしの予言どおり、テレビの終焉は思った以上に早まっているのかもしれない。

2009年9月、総務省のまとめた放送局の収支状況によれば、地上波テレビ・ラジオ計195社の最終損益が大幅に減少し、初めて地上波局全体として赤字に転落した。

最大の原因は急速な景気の落ち込みだが、回復する見込みは殆どなく、むしろ企業はこれをきっかけに、高コストのテレビ広告を見直し、インターネットにシフトする動きが出ている。

実際に英国では、既にテレビ広告費がインターネットに抜かれている。

2009年9月30日付フィナンシャル・タイムズによれば、英国では2009年1~6月期のインターネットの広告収入が前年同期比4・6%増の17億5千万ポンド(約2500億円)となり、広告収入全体に占めるシェアでテレビを逆転した。

英国では、世界的な経済悪化を背景に全体の広告収入が16・6%落ち込んだが、ネットはプラスを維持し、シェアが23・5%と4・8ポイント上昇、テレビの21・9%を上回ったという。

アメリカでは、テレビ広告費のシェアが約30%と微減なのに対して、インターネット広告費はここ3年で倍増して19%になった(ニールセンなど調べ)。

日本では、テレビ広告費のシェアが約28%なのに対して、インターネット広告費は約10%と、まだまだテレビ広告費はネットの2.8倍もある(電通調べ)。

しかし、日本においてもテレビ広告費が前年比4%下がったのに対して、インターネット広告費は年率2%ずつ増えているので、遅くとも10年以内に逆転すると予想されている。

つまり、近い将来、米国でも日本でもインターネットが広告売上最大のメディアになる。

日本のテレビが相対的に強いのは、ケーブルテレビや通信衛星などの多メディア化を妨害し、地上波局の独占を守ってきたためだ

日本のテレビ局は政官と癒着し、規制によって既得権益を保護してきた。

日本のテレビ局は、ケーブルテレビや通信衛星などの多メディア化を妨害し、地上波局の独占を守ってきただけではなく、「格安電波利用料」や「広告税なし」という特別待遇により、荒稼ぎし、暴利を貪ってきた。

その結果、テレビ局社員は平均年収1500万円超の高額給料を得ている。

もっと電波利用料をテレビ局に払わせ、広告税を広告主に払わせれば、その分国民の税負担は軽減される。


テレビ局給料


――――――
日本最後の護送船団【テレビ局】の驚くべき三大利権! 政官民の癒着で利権を独占

1.諸外国に比べ異常に安い電波利用料
日本政府の手厚い規制と放送免許の甘い認可に守られ、日本のテレビ業界には新規参入がない。
日本のテレビ局は、海外では常識の経済価値に見合った【公共の電波の利用料】を払っていない。
日本のテレビ局の電波利用料が「安すぎる」という批判が起こっている。
諸外国と同様に【放送免許を入札制】にして、【適正な電波使用料】を支払わせれば、日本国への歳入は数兆円に上る。
また、日本では、テレビ局が負担している電波利用料は通信事業会社と比べても極端に安い。


2.放送法に罰則がなく、「言論の自由」を盾に、捏造・偏向番組を垂れ流し。
公共の電波を利用して捏造や偽造を放送した場合には、犯罪とするべきだ。
偽造した歴史を固定化させ、日本を滅ぼすための日本国憲法の無効化を阻止しているのは他ならぬ日本国民だが、反日マスコミ影響は甚大だ。


3.CM等の広告費は非課税。
マスコミと広告代理店が大もうけ。2005年の日本の広告費は5兆9625億円なので10%の広告税を導入すれば5000億円以上の税収が見込める。
――――――



2009年10月9日、BPOの青少年委員会が発表した「16~24歳の若者とテレビに関する調査」の結果では、「テレビがないと困る」と答えた人は49.5%にとどまり、「大切だと思うメディア」で、テレビは携帯電話、パソコンに次いで3位だった。

既に若者はテレビより携帯やPCを重要視していることが裏付けられた結果だった。

今後は更にこの傾向が強まり、近い将来、テレビ局は、10年位前の証券会社や銀行やゼネコン、最近のJAL(日本航空)のようになる。

まさに「盛者必衰の理」なのだが、テレビ局の場合には反日宣伝工作などの害悪が大きいので、もっと早く衰退してほしかった。

せめて今後は、少しでも早く支那や韓国の宣伝工作要員である「テレビ」が衰退、没落して、反日捏造報道やなどが出来なくなってもらいたい。


テレビに広告宣伝費を使っている企業の関係者に訴えたい!

経費の無駄使いだから、テレビに広告宣伝費を使うのはやめなさい!

テレビや新聞などに高い広告費を払っても、売上には全く寄与しない商品が多い。

サトウ食品工業は、テレビCMの費用を3分の1に減らしたところ、売上は少しだけ減ったが、営業利益がなんと3.2倍に増えた。

他の企業にも同様の現象が見られ、テレビCMを打たない企業の方が利益を上げることが証明されている

また、パチンコやカルト宗教やサラ金と一緒にCMを流されたら、仲間だと思われてしまうので、広告宣伝どころか逆効果となる。



サトウ食品CM減らして利益3倍!
http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51217675.html

【決算】アサヒビールは最高益 広告費削減が寄与
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090205/biz0902052039013-n1.htm

カゴメ、純利益3倍に=広告費や固定費を削減―09年9月中間
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20091026-00000188-jijf-stocks.vip

【流通】マツモトキヨシ、売上高・営業利益が過去最高…広告費削減や不採算店閉鎖などで [09/05/14]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1242305972/-100

森永乳業:今9月中間期、純利益77%増に上方修正、価格改定や広告費削減で原料乳価格の上昇を吸収、通期利益予想も引き上げ
http://news.livedoor.com/article/detail/4417949/





「たけしの予言どおり、早くテレビは終焉しろ」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.