正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
太田総理「沖縄何度犠牲にすればいいんだ!」太田光ソーリ脳卒中寸前・辺野古の基地反対運動は2/3が県外から金で雇われたプロ市民・基地が集中する中部は基地のおかげで人口が4倍に・辺野古ルポ 米軍と育ち、恩恵を受けた
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




太田総理

「沖縄何度犠牲にすればいいんだ!」

http://www.j-cast.com/tv/2009/11/09053508.html

「沖縄何度犠牲にすればいいんだ!」 ソーリ脳卒中寸前
2009/11/ 9 20:28、J-CASTテレビウォッチ

 このごろ、スタジオを飛び出して、問題の現場を精力的に視察する太田光総理(爆笑問題)。今回も小さな国会の収録の当日、議事がはじまる前にソーリご一行は沖縄を訪れていた。

普天間基地の周辺や辺野古を周り、辺野古の海岸で座り込みを続ける米軍基地反対の住民から話を聞いた。「この島からベトナムやイラクに出撃するのを見てきた。こんな悲しいことはない。この島を人を殺すために使われたくない」「アメリカは土地が広いのに、なんで狭い沖縄に基地を作るのか」などの意見を聞いて、ウンウンとうなづくソーリ。

辺野古を視察

基地が移ってくるかもしれない辺野古の海を目の当たりにしたときは、持ち前のキャラに似合わず、素直に感動した様子を見せ、まるで女子高生か相方の田中裕二が言いそうな感想を述べた。「キレイな海だね。色が全然違う。エメラルドグリーンなんだね。はじめて見た」

そして、国会でぶちあげたマニフェストは「アメリカに今後1円も払いません! 米軍には出て行ってもらいます」。これで基地問題も一挙解決か!?

本来ならば、政権与党の民主党とやり合うのが筋のはずなのだが、今回は元防衛相で自民党政調会長で、ソーリの天敵であるマッチョ石破茂が出演。日米関係やら安全保障に関する日本政府のこれまでの立場を(正当化して)解説し、それにソーリがことごとく噛みつく展開となった。

全国に米軍基地があり、思いやり予算まで払ってることを良しとしないソーリは「あんた日本を守るための政治家だろ! なんでこんなにアメリカにゴマすってなきゃいけないの!? カッコ悪いよ!」と石破を批判。石破のほうは変わらずいつもの口調で喋り続けるが、ソーリのほうは脳卒中でも起こしそうなほどボルテージがどんどん上がっていく。


「法案」は否決

米海兵隊が日本にいることが、対テロで「役立つ」と石破が言えば、「テロが起きたら海兵隊が沖縄にいたって、なんの意味もない。アメリカは9.11のテロだって防げなかったじゃないか!」とソーリは叫ぶ。「テロと同じように、米軍のヘリは沖縄の大学に落ちた。あれだってテロだよ! 証拠も隠滅しやがって」と言いだし、米軍はテロ犯に等しいとの見解を示した。

沖縄が「犠牲」を強いられてることは重々承知で、負担を軽くしようと最大努力してきたが、現実問題、なかなか難しいのだ――的な話を石破がすると、ソーリの怒りは最高潮に。「そこ(沖縄)に住んでる人たちの人権を無視した考え方だ」「沖縄を何度犠牲にすればいい」、さらには「あんた(石破)の言ってることは大本営と同じだ」と過激な発言が飛び出す。ソーリには石破の物言いが「本土決戦を防ぐために、沖縄捨て石になってくれ」と言ってるように聞こえたのだ。

今回のマニフェストには並々ならぬ熱意を持って臨んだと思われるソーリだったが、脱線、暴走気味の発言も目立ち、そのせいかどうか、採決では否決という結果に終わった。


沖縄何度犠牲にすればいいんだ


>普天間基地の周辺や辺野古を周り、辺野古の海岸で座り込みを続ける米軍基地反対の住民から話を聞いた。


辺野古の海岸で米軍基地反対運動をしている連中の2/3は、沖縄県外から金で雇われている反日左翼のプロ市民だ。




「そこ(沖縄)に住んでる人たちの人権を無視した考え方だ」「沖縄を何度犠牲にすればいい」、さらには「あんた(石破)の言ってることは大本営と同じだ」と過激な発言が飛び出す。ソーリには石破の物言いが「本土決戦を防ぐために、沖縄捨て石になってくれ」と言ってるように聞こえたのだ。


太田総理は、「住んでる人たちの人権を無視」「沖縄を何度犠牲にすればいい」などと言っているが、沖縄の米軍基地の周辺に住んでいる人たちの大半は米軍基地が出来た後にわざわざ米軍基地の近くに来て住んでいる人たちだ。

最善策を見出すためには、まず正しい現状認識や分析が必要だ。

沖縄では戦後に基地が出来て、その周辺に人が住み始めた。
なぜならば、基地が出来ると雇用が発生し、土地代が発生し、いろんな補助金が貰えるからで、米軍ヘリが墜落した沖縄国際大学も最初に基地があった所に後から沖縄国際大学を創った。
沖縄国際大学は、基地周辺対策費で電気料金などを全て国から貰っており、米軍基地がなければ経営できなくなる。

太田総理やマスコミは、「住民の人権無視」とか「住民を犠牲にしている」とか「人口密集地に基地があって危険」などと言っているが、真実とは異なる。


(HP)米軍基地の削減・撤去に反対しよう
http://kichi.ti-da.net/


基地が集中する中部は基地のおかげで人口が4倍に!

     昭和15年(戦前)   平成17年
北部   109348人     127779人     
中部   139995人     578857人 
那覇   109909人     312393人     
南部    89607人      221984人     
南部離島 26907人      14547人      
宮古    64418人      54863人      
八重山   34395人      51171人 

戦後、基地ができてから基地のある中部で爆発的に人口が増えた。
これが基地の経済効果

四国4県では、戦後50年間、全く人口が増えていない。これが島の現実。



沖縄の人口


◆中部の主要な基地
浦添市→キャンプ・キンザー
宜野湾市→MCAS普天間
北谷町→キャンプ・フォスター、嘉手納エアベース(KAB)、キャンプ・レスター
北中城村→キャンプ・バトラー
嘉手納町→KAB
沖縄市→キャンプ・フォスター、KAB、キャンプ・シールズ
うるま市→キャンプ・マクトリアス、キャンプ・コートニー、ホワイトビーチ
読谷村→トリイステーション




沖縄の高補助金


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091112-00000074-san-pol


「普天間」の現場 辺野古ルポ 米軍と育ち、恩恵を受けた
11月12日7時56分配信 産経新聞

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、意思統一ができない鳩山民主党政権。ぶれる閣僚らの発言を揺さぶるように、8日には沖縄県内で「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」(主催・同実行委員会)が開かれるなど、県内世論の大勢は日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古地区)への移転反対に傾きつつある。ところが、一番の当事者である辺野古地区を歩いてみると、全く違う反応が返ってきた。現場の声をリポートする。(那覇支局 宮本雅史)

 ◆アップルタウン

 那覇から北へ約60キロ。

 県道329号線から辺野古地区に入ると、「WELCOME APPLETOWN」と書かれた看板が目に飛び込んでくる。

 「キャンプ・シュワブ」開設から間もない昭和33(1958)年、丘陵地帯だったこの地域を民政府土地課長のアップル中佐が中心となって開発したことから、米軍と辺野古住民との友好の証しとして「アップルタウン」と呼ばれるようになった。

 街は区画整理されていて、15分ほどで一周できる。スナックやクラブなどの看板が目につくが、人けがない。飲食店が入っているとみられるビルも英語のロゴが消えかかり、外壁が崩れ、朽ちている。

 53年前に移り住んだという金城秀夫さん(59)=仮名、自営業=は、米軍統治時代からの辺野古を身近に見てきた。

 「ベトナム戦争(1965~75年)のころは、スナックやクラブなどの飲食店が60軒近く並ぶ米兵相手の繁華街で、ホステスも1千人は超していた。当時の辺野古の人口は1500人ぐらいだったから、合わせると3千人近い人が住んでいたことになる」


 ◆「1晩で3千ドル」

 金城さんは、当時を思いだすように話し始めた。

 「街全体が活気に満ちていた。どの店にもホステスが7、8人はいて、1日の稼ぎも3千ドルはあった。当時、私の家は25坪の瓦ぶきの一軒家だったが、2千ドルで建てられた。それが1晩で3千ドルのあがり。25セントあれば、子供とバスで名護(市中心部)まで行き、そばを食べて帰れた時代に、ですよ」

 ベトナム戦争が終わると同時に、米兵の数も減って、街は急激に寂れていった。

 「辺野古はこれといった産業がない。米軍基地相手の商売しかない。基地と一緒に育ったわれわれは、トラブルもあったが、同時に大変な恩恵を受けながら生きてきた」


 ■反対派、多くは県外から

 ◆米軍が守った「環境」


 辺野古の街から浜辺に下りると、有刺鉄線が張られている。その向こう側が海兵隊の訓練基地だ。有刺鉄線には、普天間飛行場移設反対を訴える紙が幾重にも巻かれている。他県の団体の名前が多い。

 「反対している人の大半は、県外の人。辺野古の住民で反対しているのは指で数えられるぐらい」

 反対派はサンゴの絶滅など、環境問題を反対理由のひとつに挙げる。だが、金城さんは続けてこう言う。

 「米軍のおかげでサンゴが守られてきたともいえる。民間企業が造成したり開墾していたりしていたら赤土が海に流れ出し、サンゴや海藻類は絶滅していたでしょう。私有地がゴルフ場に造成され、流れ出した赤土でサンゴが絶滅したところはたくさんある。米軍が管理していたからサンゴは守られてきたんです」

 そしてこう付け加えた。

 「滑走路ができると被害を受けるかもしれないが、あくまでも一時的。ジュゴンが絶滅するという人もいるがそれも一時的な話だ。工事の後は反対にきれいになると思う」

 復帰前、10年間、キャンプ・シュワブでガードマンをしていた比嘉武さん(61)=仮名=も、「基地と関係ないところの住民が迷惑料として補償を求めているケースもある。8日の反対集会も辺野古の住民で参加したのは数人いるかどうかですよ」。


 ◆基地依存経済

 沖縄県では、基地内で働く日本人従業員の給与や土地を提供する地主の軍用地料、基地に所属する軍人や軍属とその家族らの消費活動などが大きな収入源で、その額は2115億円(平成18年)にも上っている。なかでも不労所得の軍用地料は700億円を超す

 名護市も例外ではない。キャンプ・シュワブで年間約25億円、辺野古弾薬庫で約1億8千万円が、自治体や地主に支払われている。インタビューに応じた比嘉さんは年間83万円、タクシー運転手の伊波義男さん(58)=仮名=は70万円を得ている。住民の中には、軍用地を貸すだけで年間1千万円前後の収入を得る人もいるという。


 今回予定されている滑走路は海上のため、この軍用地料は発生しないが、辺野古への移転について、住民はどう考えているのか。

 金城さんも比嘉さんも、「滑走路ができると米兵が増えるから、飲食店なども増え、ベトナム戦争のころより活気を帯びるのは確実だ。われわれは、米軍基地とともに育ち、生活してきたから、普天間飛行場が移ってきても全く違和感はない」と歓迎する。

 もちろん、不安がないわけではない。伊波さんは、「騒音対策は着工時に決めてほしい。後々、騒音問題が起きるとやっかいだから」と話す。

 金城さんも、自身は賛成だが、住民投票をすれば賛成派と反対派は半々だとして、こう注文をつける。

 「辺野古に移設するのは決まったことだから、それでいい。ただ、一つお願いしたいのは、米軍基地での仕事。移設後は、辺野古の若者が優先して働けるように、政府に斡旋(あっせん)してほしい。はっきり賛成と言わない住民も、本音は活気が戻ればと考えている。政府が移設後の対応策を確約さえすれば100%近い住民は賛成する」

 独自の産業がない辺野古住民は、移設を生活するための手段ととらえ、早期決着を望んでいるのだ。


 ◆一刻も早い決断を

 鳩山由紀夫首相は先の衆院選で、辺野古への移設反対を訴えた民主党が大勝したことをとらえ、移設反対が沖縄県民の総意だと主張している。だが、民主党の勝利は自民党の敵失であって、移設問題は直接関係なかったとみる県政関係者が多い。首相が来年1月の名護市長選の結果を重視する姿勢にも反発が強い。

 ある長老の地方議員は、「鳩山政権は選挙の時、国外、県外を強調しておきながら、その意思を明確にしないばかりか、名護市長選で再度、県民に踏み絵を踏まそうとしている。早く補償問題などに話を進めるべきだ。県民大会は鳩山政権に決断を迫るのが目的だった」と本音を明かした。

 国防上の理由からも早期決着を求める声がある。

 元保守系国会議員は「日米同盟は辺野古移設を前提に成立している。中国だけでなく、朝鮮半島やインド洋対策で、沖縄の米軍基地は今まで以上に重要になっている。民主党政権は、東アジアにおける沖縄の役割は何かを明確にすべきだ」と警告する。





私は、将来は沖縄から米軍が出て行ってもらい、替わりに日本軍が駐屯するべきだと考えている。

ただ、現在問題となっている普天間飛行場の移設に関しては、予定どおり、キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)へ移設するべきだ。

なぜならば、辺野古への移設は、既に日米で合意したことであり、日本もアメリカも宜野湾市も名護市も沖縄県知事も賛成していることだからだ。

更に、鳩山内閣の中でも北沢俊美防衛相などは、県外移設は困難との見方を示し、日米合意どおり辺野古への移設を容認している。

受け入れ先の名護市、沖縄県知事、米国などが合意しているにもかかわらず、沖縄県外から来ている反日プロ市民と鳩山首相と岡田首相などの一部が異議を唱えて大混乱を来たしているというのが現状だ。

更にマスコミがなかなか真実を報道しないから、太田総理のようなアホが「沖縄何度犠牲にすればいいんだ!」と脳卒中寸前になる。

県外から金で雇われて沖縄に来て基地反対運動をしている反日プロ市民や反日マスコミの正体を知り、きちんと実態を把握すれば、いま何をしなければならないのかは自ずと判るはずだ。




↓応援クリック↓お願いします。

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:沖縄問題 - ジャンル:政治・経済

天皇陛下ご即位20年の歩み(年表)・きょう記念式典・温かく国民見守り新しい皇室像築く・被災地慰問、即位の礼、胡錦濤に環境破壊をおたしなめになった『天皇のお言葉』・世界最強の天皇陛下・皇位継承を議論せよ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




天皇陛下御即位20周年

天皇陛下ご即位20年 きょう記念式典

20年の歩み(年表)


平成元年(1989年)1月8日、新元号「平成」施行

平成2年(1990年)11月12日、天皇陛下の即位礼正殿の儀(即位の礼)、祝賀御列の儀(祝賀パレード)

即位の礼
即位礼正殿の儀のあと、オープンカーで祝賀パレード、沿道を埋めた11万人を越す人々ににこやかな笑みでお応えになる天皇、皇后両陛下=12日午後、皇居・正面【撮影日:1990年11月12日】


平成3年(1991年)、雲仙普賢岳噴火の際、島原からの避難民を床に膝を着いてお見舞いされた。
雲仙普賢岳火砕流の被災地を訪れ、見舞い
長崎・雲仙普賢岳火砕流の被災地を訪れ、見舞いの言葉をかけられる天皇皇后両陛下=平成3年07月10日


平成5年(1993年)4月23~26日、歴代天皇初の沖縄県ご訪問
ひめゆりの搭に献花される天皇、皇后両陛下
植樹祭と地方事情視察に沖縄をご訪問、ひめゆりの搭に献花される天皇、皇后両陛下【撮影日:1993年04月23日】


平成7年(1995年)1月17日の阪神・淡路大震災の際、地震発生から2週間後の1月31日に現地にお入りになり、スリッパも履かず避難所の床に正座されて被災者の話にお聞きになった。被災者に対して「今は苦しい時があるかも知れないがいつかきっと幸福が訪れます。それまで地震なんかに負けず頑張りなさい」と励まされた。被災者は天皇の慰めに涙を流したと伝えられた。

平成10年(1998年)11月、江沢民は、日本に来た際、各地の講演などで、延々と日本軍国主義批判を繰り返し、反日行脚を続けた。なかでも、天皇陛下の晩餐会での振る舞いは目に余るものがあった。中山服を着込んだ江沢民は、天皇陛下の晩餐会で辟易するほど日本批判を続けた。

平成12年(2000年)に噴火した三宅島へ、島民の帰島がかなった平成18年(2006年)には火山ガスの発生の恐れがまだあるにもかかわらず三宅島を慰問され島民を励まされた。

平成13年(2001年)のアメリカ同時多発テロに際してハワード・ベーカー駐日アメリカ大使を通じてブッシュ大統領にお見舞いのお言葉を贈られた。

平成13年(2001年)12月18日、天皇誕生日前に恒例となっている記者会見において、「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに韓国とのゆかりを感じています」とのご発言を行ったところ、韓国のマスコミが大きく取り上げた。その一部に、「天皇家は韓国人の血筋を引いている」、「皇室百済起源論」など、事実無根の報道があった。実際には、天皇家が朝鮮人の血筋を引いているという事実はない。


平成14年(2002年)、6月30日 サッカーW杯(日韓共催)の決勝ご観戦。決勝戦を前に、天皇皇后両陛下と韓国の金大中大統領夫妻が入場する際、金大中が先頭で歩き、その後ろに天皇陛下、金大中夫人、最後に皇后陛下の順で入場した。先頭の金大中が自分の席の前に到着すると、後ろの天皇陛下のことを全く考えもせず、我がもの顔で観衆に手を振り始め、天皇陛下の通行を妨害した。結局、陛下は金大中の後ろを窮屈そうに御通りになられた。更に後に続く金大中夫人も、金大中同様に振る舞い、皇后陛下の御通りを妨害した。金大中の行動は外交儀礼としてあるまじき行為だったが、日本のマスコミが金大中の非礼を批判することは一切なかった。

■動画
天皇皇后両陛下の邪魔をする金大中


http://www.youtube.com/watch?v=sHp94dQqEL0


平成16年(2004年)、新潟県中越地震のとき、自衛隊のヘリコプターで被災地をお見舞い。平成19年(2007年)の新潟県中越沖地震に際しては現地に赴かれ被災者をお見舞い、また被災者を思う心情から夏のご静養をお取りやめに。平成20年(2008年)9月8日、新潟県行幸の折り、被害の大きかった旧山古志村(現長岡市)をご視察。その後被災者と懇談し、励ましのお言葉をかけられた。
中越地震の被災者をお見舞い
中越地震の被災者をお見舞いした天皇陛下=6日午後5時15分ごろ、新潟県川口町川口の川口中学校体育館(代表撮影、新潟日報)【撮影日:2004年11月06日】


平成17年(2005年)6月27日、サイパンをご訪問(戦後60年の慰霊で)
サイパンのバンザイクリフに向かって黙とうされる天皇、皇后両陛下
2005年6月、多くの日本人が身を投げた、サイパンのバンザイクリフに向かって黙とうされる天皇、皇后両陛下(共同)


平成18年(2006年)9月6日、悠仁さま、ご誕生

平成19年(2007年)10月29日から31日まで福岡県西方沖地震被災地を見舞うため福岡に行幸。


平成20年(2008年)5月9日、天皇、皇后両陛下は、訪日中の支那の胡錦濤国家主席夫妻が宿泊するホテル・ニューオータニにわざわざお訪ねになり、お別れの挨拶をされた。その際に天皇陛下は胡錦濤に環境破壊をおたしなめになった。

■動画
天皇陛下、中国国家主席に対して堂々たる御振舞い
http://www.youtube.com/watch?v=SqfCaKsPcO4

胡錦濤に環境破壊をおたしなめになった陛下

週刊文春、H08.05.22、「胡錦濤に環境破壊をおたしなめになった『天皇のお言葉』」

宮内庁担当記者はこう語っている。

7日の宮中晩餐会で佐渡での繁殖に成功したトキの話題を話されているのですが、ニューオータニの会談でも再び陛下はトキの話題に触れられたのです。

陛下が、「農業で農薬が使われないことが重要です」とおっしゃると、胡錦濤も「放鳥したトキから雛が生まれ、環境はトキにとって良くなっていると思います」と返した。

すると陛下は、こう続けられた。

動物にとって良い環境ということは、人にとっても好ましい環境ということですから、環境は大切ということです。

この発言には、宮内庁や皇室関係者の間で、「陛下がチクリと中国の環境悪化について指摘された」と盛り上がったという。

自然と国民を何よりも大切にされている陛下らしいご発言である。自然も国民も大切にしない中国共産党主席に対しては、耳の痛いご発言であったろう。





■動画
世界最強の天皇陛下

http://www.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o

世界的権威の国際的な秩序

天皇陛下(emperor)
 ≧ローマ法王(Pope)
  >英国女王(Queen)
   >アメリカ大統領etc(president)
    >日本国首相etc(premier)





【主な君主国の継承】

国名    代数   起源      継承

日本   125代 紀元前660年 男系継承、世界最古

デンマーク 54代  900年頃  女系容認

イギリス  40代  1066年    女系容認、現王室の初代はドイツ人

スウェーデン23代  1523年    女系容認、現王室の初代はフランス人

スペイン  17代  1479年    女系容認、現王室の初代はフランス人

タイ     9代  1782年    王が任命(王族男子)

オランダ   6代  1815年    女系容認

ベルギー   6代  1830年    女系容認、王室の初代はドイツ人

トンガ    4代  1845年    女系容認

ノルウェー  3代  1905年    女系容認、現王室の初代はデンマーク人

サウジアラビア6代  1932年    男系継承

アラブ首長国連邦(UAE)     地方の世襲君主間の互選






天皇陛下がおわしますことで、日本には多くのメリットがある。

●天皇の存在(君主制)の長所(有効性)

【正論】
京都大学名誉教授・市村真一
2006/01/31, 産経新聞

昭和天皇の御在位五十年を機に「君主制の擁護」(平成二年、創文社刊『教育の正常化を願って』所収)という一文をまとめたことがある。

そこで私は、マックス・ウェーバーとライベンシュタイン教授に学んで、君主制の長所を次の七点に要約した。

(1)君主は国家を象徴的に具現し国民統合を容易にする

(2)君主制は政治家の権力欲を制御する

(3)君主制は外交の連続性を保つ

(4)君主は重要な政治的調整力の役割を果たす

(5)君主制は義務をわきまえた官僚の効率よい行政の優れた基盤となる

(6)君主制下の軍隊は将校団を中心とし自然な団結と忠誠心を保持しやすい

(7)君主は長い歴史と文化的伝統に支えられて国民の情緒と道徳と文化の支柱となる



念のため述べておくと、天皇の最大の仕事は、日本古来の文化を体現、継承することだ。


●関連記事(メリット)

『日本有事』(憲法を棄て核武装せよ)兵頭二十八著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11551323.html
(一部抜粋)


間接侵略に対する最後の砦

戦前、コミンテルンの日本担当グループは、どうしたら強大な日本国を無力化し、共産化し、ソ連の衛星国にすることができるのか、その答えを探るため日本史を熱心に研究した。
まもなく彼らが到達した結論が、「なによりもまず天皇制を破壊しなければならない」――だった。

(略)

かつてイギリスの清教徒は、宗教的な自信過剰から、王様を殺した。が、その後、国内の雰囲気は、うってかわって殺伐とし、暗くなった。国内の個人と個人は、互いの土地財産の強奪のチャンスをうかがう狼同士であるかのように猜疑しあった。それも当然だ。国家の伝統的な支配家族が絶滅すれば、それまでの臣民の土地所有権を保護してくれた法律体系や慣行も、権威源と正当性を失うからだ。
(略)
こうなると個人と個人、隣人同士の信頼感は希薄になり、社会はバラバラになり、経済も効率的に発展し得ず、文化活動などもおのずから停滞し、その国家のまとまりの弱さにつけ込んでヨーロッパの外国がイギリスに侵略/干渉がしやすくなる。ますます社会には不安感がみなぎっていくのである。
こんなありさまになったのを見て、ゲルマンの武侠と自由主義の伝統精神を愛するイギリス人は反省した。
彼らは、イギリスに縁の深い古い血筋を持つ王様候補を対岸のオランダから連れ込むことにした。たちまち、国内の人民に、法治社会に対する信頼感が回復した。法的な秩序体系は、長期的にずっと安定して続くのだと予期する気持ちが、人々の間に戻ったのである。イギリスはそこから、世界の自由と秩序のリーダーとして飛躍を始めた。

(略)

優秀なコミンテルンの政治分析者はすぐに察することができた。日本の歴史的秩序の核心は、一見すると無権力な朝廷の存在だと。帝室が過去から未来まで連続するという安定感のために、日本の内戦は、完全な秩序崩壊には決して至らず、外国の傀儡勢力が暴力で政権を奪取することは難しいのだ。
しからば外国はこの天皇制をどうやって破壊できるか?まず、歴史をさかのぼって、その根源の血統に、庶民の疑いの目を向けさせることだ。
この作戦の1つとして、「大和朝廷=もと朝鮮人」説が、さかんに宣伝されるようになった。義務教育の歴史教科書に神話を載せるなという反日団体の要求も、この運動方針に沿う。
もう1つの破壊方法は、帝室を不必要なまでに政治に関与させることである。天皇への外交コメント強要、天皇皇后への外遊強要、皇族からの政治的発言の引き出しなどが、その常套手段である。
(略)
高度成長期以後の新戦術としては、「開かれた皇室」運動や、「女系天皇容認」運動がある。





【主張】天皇誕生日 皇位継承を議論する時だ
2008.12.23
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/081223/imp0812230500001-n1.htm
(一部抜粋)

 しかし、悠仁さま誕生によって問題が解決したわけではない。皇位継承権を持つ男子皇族は7人だけで、将来は依然不安定だ。
 有識者会議への批判は、安易に女系天皇を容認する前に「男系維持にもっと知恵を絞るべきだ」というものだった。旧皇族の皇籍復帰などが具体策として提案された。皇室の拡充により天皇、皇后両陛下や現皇族のご公務の負担を軽減したいとの思いもあった。
 来年は天皇ご即位20年の年にあたる。陛下のご健康の問題とあわせ、将来の皇位継承の問題を改めて真剣に考えるときである。





↓応援クリック↓お願いします。

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)



今朝の産経新聞には、天皇陛下ご即位20年に関する大特集があった。

天皇陛下ご即位20年 あす記念式典(4-1)温かく国民見守り 新しい皇室像築く
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091111/imp0911110739002-n1.htm
天皇陛下ご即位20年 あす記念式典(4-2) 被災地慰問 即位の礼 沖縄への思い
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091111/imp0911110744003-n1.htm
天皇陛下ご即位20年 あす記念式典(4-3)「日本人の在るべき心表現」加地伸行氏
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091111/imp0911110746004-n1.htm
天皇陛下ご即位20年 あす記念式典(4-4)20年の歩み
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091111/imp0911110748005-n1.htm

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.