正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
美容整形手術の話題を2つ・市橋容疑者と韓国女性・市橋達也の先月撮影の写真公開・韓国人女性の46%が美容整形手術・ソウル市は美容整形で観光誘致するが失敗例続出・韓国整形トラブル・「扇風機おばさん」ハン・ミオク
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




市橋達也容疑者
名古屋市内の医療機関に来院したときの市橋達也容疑者(右)


市橋容疑者 先月撮影の写真公開 複数回整形か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000021-maip-soci


市橋容疑者 先月撮影の写真公開 複数回整形か…千葉県警
11月5日20時3分配信 毎日新聞

 千葉県市川市で07年3月、英国人女性のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が殺害され遺体で見つかった事件で、県警行徳署捜査本部は5日、名古屋市内で10月24日に整形手術を受けた市橋達也容疑者(30)=死体遺棄容疑で指名手配中=と見られる男の顔写真を公開した。

 捜査本部によると、写真は手術前に撮影されたもの。口とあごにひげを生やしていたが、先入観を持たれないよう公開写真では除去した。複数回にわたって整形したとみられ、▽一重まぶたを二重にした▽鼻を高くした▽下唇の両側を薄くした--などの変化が見られる。撮影後も鼻を数ミリ高くする手術を受けたが、手術前と大きな変化はないという。

 男に関する情報提供は捜査本部(電話047・397・0110、メールアドレスgyoutoku-police@docomo.ne.jpまたはgyoutoku@police.pref.chiba.jp)へ。




市橋達也容疑者(殺人)の顔の写真や動画はテレビなどでも繰り返し放送されていたのだから、美容整形外科医にはもっと警戒していてほしかったと思うのは私の素人考えなのだろうか。

10月24日、市橋容疑者は、上の名古屋市内の病院で、鼻の整形手術を受け、術後治療にも来院。
市橋容疑者は一重まぶたの吊り目を二重にし、厚かった下唇も薄くし、手術費用は現金で支払ったという。

この名古屋の病院は10月27日、「市橋容疑者に似た男が来た」と千葉県警に通報した。
千葉県警は、術前術後の写真の分析などから本人とほぼ断定した。

その後、市橋容疑者は10月末に抜糸の予約を入れていたが、姿を見せなかった。

市橋容疑者は問診票に、大阪府内に実在する関係のない男性の氏名と住所・電話番号を記入していた。

一方、福岡県内の病院関係者からも10月下旬、「13日に市橋容疑者に似た男が来た」と通報があった。
市橋容疑者は、この福岡県の病院で口の形を変えることを希望したが、断られたという。

今回、美容整形手術のことが大々的に報道されたので市橋容疑者が今後さらに美容整形手術を受けるとは考え難いが、万が一ということもある。
美容整形外科関係者には、くれぐれも注意と適切な対応を怠らないよう願いたい。







さて、美容整形手術に関するもう一つの話題は、韓国女性の美容整形手術に関する今朝の産経新聞の記事について。

以前より、韓国女性の約半分が美容整形手術を受けていると言われていたが、そのことが最近行われた実態調査で裏付けられた。


韓国美容整形

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091105/trd0911050317001-n1.htm

【外信コラム】ソウルからヨボセヨ 美人も偽り?
2009.11.5 03:16

 20、30代の韓国女性を対象にした調査によると、なんと98%が美容整形手術はコンプレックスを解消でき、お金があれば手術を受けると答えているという。美容整形は「イヤ」と答えたのは2%にも満たない。

 驚いたことに「容貌(ようぼう)よりも心が重要」と答えた女性はゼロだった。2003年の調査では「手術を受ける」は66%、「イヤ」は21%、「心が重要」は13%だった。何という変わりようか。今や韓国では、整形は歯科治療と同じ感覚だ。

 では実際どのくらいの韓国女性が整形しているのだろうか。公式の統計がない上、アンケートに正直に答えない可能性も高い。そんな中、韓国紙が最近、面白い実態調査をしていた。

 ソウル市内の百貨店や大学などで、女性1800人の顔を美容整形の専門医6人が実際に見て、整形の有無を判定するというものだ。その結果、836人が目や鼻などを整形していると推定された。全体の46%と半数近くにのぼる。

 うーん、やはりそうだったのか。「日本人ってブスばっかり。韓国のほうが美人が多い」-。筆者はこの言葉を、韓国人から何度投げつけられたことか。「韓国は整形美人が多いだけ」と反論してきたが、それが裏付けられた形だ。

 偽ブランドに海賊版、学歴詐称、論文捏造(ねつぞう)…。韓国は何でもニセ物ありの社会だから、美人が本物でなくてもあまり気にならないのかも。




>「日本人ってブスばっかり。韓国のほうが美人が多い」-。筆者はこの言葉を、韓国人から何度投げつけられたことか。


これは私にも同じ経験がある。

私は、1994年~1998年の5年間、仕事で韓国と深く関わっていた。

私は韓国に合計8回、延べ50日間くらい出張したし、取引先の韓国人が東京に来るときにはもてなしたりした。

当時の私は、韓国の料理店の80%が他の客の食べ残しを使い回したり、牛タンなどを床に打ちつけていたりしているとは知らずに仕事のために韓国出張を繰り返した。

それはさておき、私の場合、韓国人から、「男は韓国人より日本人の方がカッコいいが、女は韓国人の方が美人で日本人はブスだ。」と何度か言われたことがある。

私は、韓国人が言うほど、日本女性より韓国女性が美人だと感じていなかったが、確かに男が圧倒的に【日本人>>>韓国人】であるのと比べると、女は【日本人≧韓国人】くらいの印象を持っていた。

当時の私は、韓国女性の約半分が整形手術をしているとは知らなかったので、おそらく毛の濃さの差が影響しているのではないかなどと考えていた。
韓国人は日本人よりも毛が薄く、眉毛も非常に薄い。
眉毛が薄いと男は不細工だが、女は化粧で自由に描けるから、かえって美人に化粧し易い。
当時の私は、とにかく化粧に大きな要因があると考えていた。
なぜならば、韓国では、若い年頃の韓国女性と比べると、高校生以下の子供や中年女性以上のオバサンはかなり酷いのだ。

と、まあ、私もいろいろ考えていたのだが、結局、韓国女性の約半分も美容整形手術をしていたことが最大の要因だったようだ。


これはこれで、ひとつの謎が解明されて目出度いのだが、ここで注意しなければならないことがある。

最近、ソウル市も、日本人など海外観光客をターゲットに「美容整形」を紹介して観光誘致に乗り出している。


しかし、韓国の美容整形手術は安価だが、失敗も後を絶たず、社会問題となっている。

■動画【必見!】

韓国整形トラブル plastic surgery trouble in Korea

http://www.youtube.com/watch?v=ncjYEDSufrM

韓国では18歳以上の女性の2人に1人が整形手術をしている。

しかし、失敗例が後を絶たない。

失敗しても、医者側の過失認定が困難で補償を受けることができない。






下の写真は、「韓国の扇風機おばさん」こと 『ハン・ミオク(2005年当時44歳) 』さん。

ハン・ミオク


■動画
(woman injects cooking oil) into face | T Jason Finch || *** WWW.ITMAKES6FIGURES.COM ***


http://www.youtube.com/watch?v=q1JLL51ox3k

ハン・ミオクは歌手を目指していたが、なかなかうだつが上がらなかったため、四角いアゴを矯正しようと考え、美容整形をしようと考えた。

ハン・ミオクは、安く美容整形手術を受けるため、闇医者(無免許医師)に頼んで手術を受ける決意をした。
ハン・ミオクは、角張ったアゴを丸く見えるように、顔にシリコンを注入した。

その後もハン・ミオクは闇医者に通い続け、何度も顔にシリコンを注入したが、なかなか満足できなかった。
そうしているうちに、ハン・ミオクは美容整形中毒(依存症)になってしまった。

美容整形依存症に陥ったハン・ミオクは闇医師からも相手にされなくなったが、注射器とシリコンは入手し、自分で顔にシリコンを注入するようになった。

精神的異常を来していたハン・ミオクは、シリコンを使い尽くしてしまうと、幻聴を聴くようになり、幻聴に従って調理用油を顔へ注入するようになってしまった。
調理用油を注入した部分はコブになり、コブの重みで顔の皮膚が垂れ下がり、顔が肥大した。

顔が肥大したハン・ミオクは、やがて、「風船おばさん」「扇風機おばさん」と呼ばれるようになった。




料金の安さにつられて韓国で手術を受けようとする日本人も多いらしいが、十分気をつけないと取り返しのつかないことになる。



↓応援クリック↓お願いします。

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
>>続きを読む

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.