FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200909
パチンコ屋が潰れている「月に100店単位で潰れる」・1年でパチスロ機出荷が半減・07年から4号機の使用が禁止されたのが大きい・パチンカスは10年で半分・日本政府の規制は差別のせい?・撲滅させよう!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング






「月に100店単位で潰れる」



「月に100店単位で潰れる」 パチスロが大ピンチ
8月20日19時55分配信 J-CASTニュース

 遊技人口の減少が指摘されているパチンコ業界に、さらに逆風が吹いている。パチンコ機の出荷は微増しているものの、パチスロの市場規模が、なんと1年で「半減」。「4号」と呼ばれる「ハイリスク・ハイリターン」な機種が禁止されたのがその理由で、業界団体では、「月に100店単位でつぶれている」と悲鳴をあげている。

■わずか1年でパチスロ機出荷が半減

 調査会社の矢野経済研究所は2009年8月19日、パチンコ関連機器市場に関する調査結果を発表した。それによると、08年度のパチンコ関連機器の市場規模は1兆2981億円で、前年度比14.8%のマイナス成長だった。

 その内訳に目を向けてみると、興味深い事実が明らかになる。パチンコ機については前年度比5.2%増の9005億円で、市場規模は拡大している。ところが、パチスロ機が大きく足を引っ張っている形で、市場規模は前年度比51.6%減の2423億円。わずか1年で市場の半分が吹き飛ぶという異例の事態だ。

 金額ベースだけでなく、実際の店舗に出回っている台数ベースで見ても、この傾向は同じだ。パチンコホールでつくる業界団体の全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)の統計によると、07年末の段階で全国に295万台あったパチンコ台は08年末には308万台と4.1%の伸びを見せているものの、パチスロ台は164万台あったものが145万台。11.4%も落ち込んでいる。これと比例するかのように、07年末には1万3585あった店舗が08年末には1万2937にまで減少。わずか1年で、全国の4.8%の店舗が姿を消した。

 この背景にあるのが、パチスロをめぐる規制の強化だ。かつては「ハイリスク・ハイリターン」で人気だった「4号機」と呼ばれる機種が出回っていたが、04年に遊技機規則が改正され、07年から4号機の使用が禁止された。「大当たり」をする利用者がいる一方で、「大損」をする利用者が続出したことが問題視された末の規制強化だった。

■07年から4号機の使用が禁止されたのが大きい

 後継として、射幸性の比較的低い「5号機」が登場したが、これが「パチスロの魅力が少なくなった」として利用者離れを引き起こした。4号機と5号機の併存期間が終わったこともあって、08年度になって影響が一気に統計上の数字に表れたようだ。

 全日遊連では、

  「景気が悪くなって、利用者がパチンコ業界に落とす金額が減っているということがあります。ですが、やはり4号機が禁止されたことの影響が大きい。店舗が月に100件単位で潰れています。特に、パチスロ専業店の閉鎖が増えています」

 と窮状を明かす。パチスロ機製造会社の業界団体である日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)でも、プラス材料を見いだせていない様子で、射幸性についての規制緩和の見通しがない以上、市場縮小後の規模で当分は辛抱せざるを得ないとの立場だ。

 一方、前出の統計にもあるように、パチンコ台については台数も金額も増加傾向だ。テレビCMの出稿も目立つなど、「好景気」にも見える。ところが、これが必ずしもホール側に恩恵をもたらす訳ではないようで、前出の全日遊連では

  「(キャラクターをあしらった)版権ものになると、1台あたりの価格が上がってきます。その分、ホール側からすると負担は増えるのですが、人気機種を次々に入れ替えないと、お客様に来ていただけませんので、入れ替えをせざるを得ない。いわば『自転車操業』なんです」

 と内情を明かした。

 パチンコ業界の「冬の時代」が終わる兆しは見えないままだ。


パチスロ(朝鮮絵合わせ)の断末魔だ。一方、パチンコ(朝鮮玉入れ)については台数も金額も増加傾向だというが、コストも上昇しておりでトータルで朝鮮玉入れ屋の店舗数が大きく減少している。

■動画パチンコ産業減退で在日に大打撃⇒日本政府の規制・差別のせいだ!(動画の下に日本語訳)


【日本語訳】

日本のパチンコ産業は、韓流スターまで広告に動員して売り上げ増大に努力していますが 、不況で打撃を受けています。
日本社会の見えない差別の中で生計の基盤としてパチンコ産業を主導してきた在日同胞( 注:在日韓国人、在日朝鮮人)達は直撃弾を受けています。
東京でキム・サンウ特派員が集中取材しました。

<リポート>
東京のあるパチンコ店。
運任せでない国民の娯楽という主張が出てくるほど日本国民が多く訪れる所です。
しかし最近、状況が大きく変わりました。
この業者の場合、昨年に比べて利用客が20%程減りました。
韓流スターの広告まで動員していますが、全国の他の業者も状況は似ています。

<インタビュー:在日同胞>
「総体的に言うと、困難な境遇に置かれているというのが最近の現実です。」
年間利用客は90年代には3,000万人もいましたが、2006年には1,600万人 余りと、半分まで大きく落ちました。
利用客が減少した最も大きな原因は、日本政府が運任せの確率が高いパチンコ機種を使え ないようにするなど強力に規制しているためです。
パチンコ中毒などに伴う社会問題を防ぐためです。
このため一攫千金を獲得できる確率が減ると、利用客も大幅に減りました。
問題は今までパチンコ業界を主に在日同胞が主導してきたことです。

<インタビュー:キム・ジニョン、朝鮮総連権利福祉部長>
「半分以上。日本にあるパチンコ店舗の半分以上は在日同胞あるいは朝鮮系青年系民団系 が運営しています。半分以上。」
機種規制は設備投資の負担が重くさせているが、関連会社の貸し出しまで事実上制限し、 連鎖倒産につながり、これが利用客減少に直結する悪循環が続いています。
昨年だけで1,200店余りが閉店しました。
2005年には全国に15,000店ほどありましたが、今年は10,000店以下に減 ると予想されます。
一部では日本政府が朝鮮総連のパチンコ資金が北朝鮮へ送金されることを防ぐための対北 朝鮮経済制裁の一つという主張も出ています。

<インタビュー:キム・イルウ、在日同胞>
「信用をなくせば商売できません。経営が厳しくなります。融資を受けられなくなります 。」
パチンコ業で直接的・間接的に仕事をする在日同胞は20万人余り。
日本社会の見えない差別の中で、数十年間生計の基盤となっているパチンコ業界の不況で 在日同胞は新たな生計の準備に苦しんでいます。
東京からYTNキム・サンウでした。

~2008年4月20日 YTNより~


パチンコ屋(朝鮮玉入れ屋)の8割以上は、戦後のどさくさにまぎれて、駅前の一等地を略奪、不法占拠した朝鮮人が経営している。日本では30兆円という異常な規模のギャンブル産業だが、韓国では2006年6月に法律で禁止された。韓国ではパチンコ禁止効果で金が他の消費に回り、個人消費が伸びた。


パチンコの問題点【まとめ】

1.毎年、多くの子供たちがパチンカスによって車中で蒸し焼きにされている。

2.パチンコ依存症は医学的にも認められている病気である。

3.パチンコ屋やパチンカスが行っている行為は違法であり、パチンコ屋やパチンカスは犯罪者である。警察関係者が業界団体や業界企業に天下りしているから野放しにされているだけであり風営法23条に明確に抵触している。

4.在日朝鮮人がパチンコ屋で稼いだ資金が北朝鮮を支えている。

5.パチ屋の入り口からパチンカスを見ると、まるで養鶏所の鶏のようだ。朝鮮人の家畜そのものである。

6.マスコミは、パチンコ産業から巨額の広告宣伝費を受け取っているため、事実を滅多に報道しない。





「パチンコ産業を撲滅しよう!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.