正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200908
月10万円支給の出生倍増計画(20歳未満のすべての子供に毎月10万円支給)今しかない・外国人労働者(移民)に頼る前に今すぐ年48兆円の少子化対策を!・放置され続けた低出生率問題 残された時間は少ない


↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





出生倍増計画(20歳未満のすべての子供に毎月10万円支給)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090704-00000545-san-pol


放置され続けた低出生率問題 残された時間は少ない
7月4日17時45分配信 産経新聞

 「来年のことを言えば鬼が笑う」-というが、労働力人口(15歳以上の就業者と求職者)の場合、20年先までほぼ見通せる。今年生まれの子供の多くが20年後までに就労時期を迎えることを考えると、平成42(2030)年までの労働力人口は「既に生まれた世代」で構成されることになるからだ。2030年は未来ではなく「現在」なのである。

 厚生労働省の推計では2030年の労働力人口は、女性や高齢者などの就労が進まない限り、現在より約1070万人減の5584万人となる。問題は2030年以降だ。このまま少子化が続けば、最悪シナリオでは2050年に現在の3分の2弱まで落ち込む。

 政府が出生率反転の「ラストチャンス」と期待をかけてきた団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)も30代後半となった。彼女たちが出産期を過ぎれば子供を産める女性数は急減する。

 政府が思い切った手を打てないでいるうちに、少子化に歯止めをかけるための“持ち時間”は容赦なく減り続けている。
専門家の中には「もう間に合わない。外国人労働者に頼るか、人口減を前提に社会を作り替える段階にきた」と口にする人さえ出始めた。

 「少子化対策が遅きに失していることは理解しているが、手遅れだから何もしなくてよいという理由にはならない」。こう反論するのは、大和証券グループ本社の清田瞭(あきら)会長だ。

 5月12日のBSフジの報道番組「PRIME NEWS」に出演し、“起死回生策”として「出生倍増計画」を提言。「思い切った財政出動をするなら、今しかない」と熱く語った。


 出生倍増計画とは、20歳未満のすべての子供に毎月10万円支給し、子育て世帯の経済負担を直接軽減するという大胆な構想だ。同時に育児休業制度や保育サービスの充実など母親が働きやすい環境整備も進める。必要となる年48兆円の財源は、65年満期の「日本再甦(せい)国債」で調達する。

 これを出産期の女性が激減する前に実施し、出生数を現在の年約110万人から200万人に倍増させるという算段だ。


 計画には「100年後の日本を人口力で再甦する」との副題が付けられている。試算では年200万人の出生が続けば、2105年の総人口は1億6199万人となり、現在よりも増える。この結果、高齢化問題は解決し、新たな経済成長につながる。短期的には需要追加で景気は回復、長期的には潜在GDP(国内総生産)を大きく押し上げるという明るい未来を描く。

 計画作成に携わった大和総研の岡野進資本市場調査本部長は「このままでは日本は重税社会になり若者は海外に移住する。結婚や出産を控える人が驚くようなインパクトのある対策を考えた」と解説する。

 自治体でも独自の動きが出ている。


 人口約4000人の長野県下條(しもじょう)村は対策が実を結び一躍有名になった。アイデアマンの伊藤喜平(きへい)村長が打ち出したのが賃料格安の村営住宅だ。1997年から建設が始まり、入居条件は「子供がいる」か「結婚する若者」。2LDKで月3万6000円は隣接の飯田市の半分程度。いまや入居待ちの状況だ。

 2007年の出生率は2.12を記録した。一時は578人に減った14歳以下人口が、2008年には723人にまで回復した。小学校の教室が不足し、図工室を臨時で教室にするうれしい誤算も生じた。数年前には初のコンビニが誕生、電器部品工場進出が決まるなど相乗効果も出ている。


 財源は徹底した財政の効率化で捻出(ねんしゅつ)した。役場職員を限界まで削減し、道路工事は村民自らが行う。下條村の成功は、若者への経済支援の有効性とともに、政策の「選択と集中」の重要さを示している。

 「少子化は静かな有事である」。フジテレビの日枝久会長は、今年4月に設置された政府の有識者会議「安心社会実現会議」において警鐘を鳴らし続けた。各委員からも少子化対策の強化を急ぐよう求める声が相次ぎ、6月にまとめられた報告書には、2020年代初頭までの達成目標として「確実な出生率反転の実現」が明記された。

 2004年7月から2年半、内閣府参事官として少子化対策を担当した増田雅暢(まさのぶ)上智大教授は「小渕優子少子化担当相のプロジェクトチームの提言書は『少子化対策に消費税1%分』と求めたが、消費税引き上げまで待っていたら手遅れになる」と指摘する。

 内閣府が1月に行った調査では、低出生率が続くことにより将来に危機を感じる人が83%に上っている。政府は日本の存亡をかけた“最後の勝負”に、どう挑むのか。われわれに残された時間は少ない。
―――――






>もう間に合わない。外国人労働者に頼るか、…



対策らしい対策を殆ど何もしていないのに、安易に外国人に頼るな!


外国人労働者の受入れはドイツやフランスなどで既に大失敗している。

たとえば、ドイツは1960年代の高度成長時代にトルコから大量の労働者を受け入れたが、高度成長が終わったことと、トルコ人労働者による犯罪増加のため、約3兆円かけてトルコへの帰国事業を行った。

ところが、ドイツ国内のトルコ人労働者たちには二世が誕生しており、本国に返そうとしてもなかなか返すことができなくなっていた。

そこでドイツは、トルコ人労働者たちにトルコで家を建てる資金を与え、子どもたちにはトルコ語を教えるなど約3兆円を費やした。

しかし、トルコに家を建てる資金を貰ったトルコ人労働者(移民)たちは、帰国する途中の国境手前で列車から飛び降りて出国しなかったため、結果的にドイツにおける移民の数は増加してしまった。

一度外国人労働者を大量に受け入れてしまったら、取り返しがつかない。

外国人労働者のメリットは短期的に雇った企業のみに現れ、デメリットは長期間にわたって全国民にはねかえってくる。



日本で外国人労働者(移民)を受け入れたら、ドイツ以上に悪い事態に陥ることは火を見るより明らかだ。

既に日本で暮らす外国人は、現在164万人(在日韓国・朝鮮人を除く)で、この10年間で約70万人増加した。

日本においても凶悪外国人による治安の悪化は深刻だ。



犯罪者収監率(2005年法務省発表・支那人犯罪者の人口比率で支那人は日本人の14倍)
日本人 1万人当たり 5人
朝鮮人 1万人当たり34人
支那人 1万人当たり76人





>出生倍増計画とは、20歳未満のすべての子供に毎月10万円支給し、子育て世帯の経済負担を直接軽減するという大胆な構想だ。



私は、この政策に賛成だ!

私も同様の少子化対策を考えていた。月10万円以上支給しても良いと思っている。支給する対象は勿論日本人に限る。

少子化を解消するには、「子供を持てば得をして、子供を持たなければ損をする。」と、誰もが明確に思えるくらいのことをしなければ効果は出ない。

清田瞭会長の「出生倍増計画」では、年48兆円の財源を65年満期の「日本再甦国債」で調達するとしているが、国債も長期の借金だから、やがて増税して賄う可能性が高い。
結局、子供を持つ国民を優遇するために、子供を持たない国民の負担が増加することになるが、露骨にそうする位でちょうど良い。

将来の増税方法について、私は、法人税率や所得税率などの引き上げではなく、まずはパチンコ税導入やインチキ宗教法人への課税を行うべきだ。

また、在日朝鮮人への脱税特権なども絶対に廃止してもらわないと困る。

在日朝鮮人への脱税特権を廃止し、パチンコ税導入や創価学会などへの課税を行うならば、消費税率を上げることに国民も納得するだろう。

ちなみに、社民党などが消費税率の引き上げに反対し、法人税率の引き上げを主張するのは、在日朝鮮人(商工人)が法人税を支払っていないからだ。
消費税率を上げれば在日朝鮮人の納税額は増加するが、法人税率を上げても在日朝鮮人の納税額は増加しない。
だから、社民党(社会党)は、昔から「消費税率を下げて法人税率を上げろ」と言い続けている。






●関連記事

移民1千万人目指して会合
「日本経団連」と「自民党外国人材交流推進議連」(中川秀直会長)
ドイツなどの大失敗例を学べ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/37707437.html

消費税増税前にするべき事
パチンコ税やサラ金税の導入、インチキ宗教法人への課税、在日の脱税特権廃止
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/38270840.html







「外国人労働者(移民)に頼る前に、出生倍増計画のような大胆な対策を実行しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.