正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
郵便不正で政界関与解明へ・「第2の西松事件」か…郵便制度悪用事件に民主警戒・麻生内閣支持率低下で政権維持のために禁じ手使うかも」←これは妄想・今後は元部長の塩田幸雄や民主党副代表の石井一が捜査の焦点に


村木厚子容疑者
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング



郵便不正 政界の関与解明へ



厚労省局長を逮捕 証明書偽造容疑 郵便不正、政界関与解明へ
6月15日15時45分配信 産経新聞

 障害者団体向け割引郵便制度の悪用をめぐる虚偽公文書作成事件で、「凛(りん)の会」(解散)の障害者団体証明書を偽造、郵便事業会社(旧日本郵政公社)に提出したとして、大阪地検特捜部は14日、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、厚生労働省障害保健福祉部企画課長だった雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)を逮捕、同部係長、上村勉容疑者(39)=虚偽公文書作成容疑などで逮捕=ら3人を再逮捕した。中央省庁の現職局長の逮捕は異例。

 また、特捜部は15日朝から、厚労省の同局長室や村木容疑者の埼玉県和光市の自宅マンションなどを捜索した。

 違法ダイレクトメール(DM)に端を発した事件は、障害者福祉の根幹を担う厚労省の組織的な関与が問われる事態に発展。証明書発行をめぐり、民主党国会議員が厚労省側に口利きした事実も判明しており、特捜部は今後、政界の関与を含め全容解明を進める。

 ほかに再逮捕されたのは、凛の会発起人、河野克史(68)=同=と同会主要メンバー、倉沢邦夫(73)=郵便法違反容疑で再逮捕=ら2容疑者。捜査関係者によると、村木容疑者は「凛の会のことも証明書のことも知らない。倉沢容疑者に会ったこともない」と全面否認。ほかの3人は容疑を認めているという。

 特捜部の調べでは、村木容疑者らは平成16年6月上旬、凛の会を障害者団体と認める5月28日付の内容虚偽の証明書を作成。河野容疑者らが6月10日ごろ、東京都中央区の日本橋郵便局(当時)に提出した疑いが持たれている。

 凛の会は、企画課長の公印が押された証明書で低料第三種郵便物制度適用の承認を受け、違法DMの発送を開始。同会を引き継いだ「白山会」を含め、郵便事業会社に巨額の損失を与えた。

 上村容疑者は当初、特捜部の調べに「自己保身のため」と偽造の動機を供述していたが、その後、「偽造した証明書を村木容疑者に渡した」と説明。倉沢容疑者も「局長から直接受け取った」と村木容疑者の関与を示唆していた。

 村木容疑者は昭和53年旧労働省に入省し、障害者雇用対策課長、女性政策課長などを歴任。平成13年に厚労省になって以降は、雇用均等政策課長や福祉基盤課長などを経て、20年7月に大臣官房審議官から雇用均等・児童家庭局長に就任した。


【郵便不正事件の構図】

>証明書発行をめぐり、民主党国会議員が厚労省側に口利きした事実も判明しており、特捜部は今後、政界の関与を含め全容解明を進める。

口利きをした民主党国会議員というのは、民主党副代表の石井一のことだ。先ほどのテロ朝の「報ステ」でもそうだったように何故かテレビでは「国会議員」としか言わないことが多い(電波使用料引下げを主張する民主党への配慮?)。



また、上の【郵便不正事件の構図】の中で、石井一から口利きをされ、村木厚子容疑者に対応を指示したことになっている元部長(退職)とは、塩田幸雄のことだ。塩田幸雄は、厚生省で資金管理課長をしていた時代にノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」 顧客名簿に挙がっていた。





国会議員が厚労省側に違法行為を口利きしたとすれば重大な問題だ。今後、捜査の焦点は元部長の塩田幸雄や石井一民主党副代表に移っていくだろう。

民主党は「第2の西松事件に発展するのでは」と警戒しているという。

http://www.zakzak.co.jp/top/200906/t2009061534_all.html

「第2の西松事件」か…郵便制度悪用事件に民主警戒
ZAKZAK 2009/06/15

 郵便制度悪用事件で大阪地検特捜部は15日午前、東京・霞が関の厚生労働省と、同省雇用均等・児童家庭局長の村木厚子容疑者(53)=虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕=の埼玉県和光市の自宅マンションを家宅捜索した。同省への捜索は2度目。同事件では、民主党議員の名前も浮上しており、民主党は「第2の西松事件に発展するのでは」と警戒している。

 村木容疑者は、同省障害保健福祉部企画課長だった2004年6月、障害者団体「凛(りん)の会」(現・白山会)が、割引制度の適用条件を満たしていないのに、部下の同課係長、上村勉容疑者(39)に企画課長の公印を押した虚偽の証明書を作成させた疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、村木容疑者の上司だった当時の障害保健福祉部長(57)は、虚偽の証明書発行について、任意聴取に「04年2月ごろ、国会議員から電話で頼まれた」と証言しており、特捜部は「政治案件」として組織的に便宜が図られていたとみて経緯を調べる。

 特捜部はまた、「凛の会」代表の倉沢邦夫(73)=郵便法違反罪で起訴=、同会発起人の河野克史(68)両容疑者を同容疑で再逮捕した。

 関係者によると、上村容疑者はこれまでの調べに証明書の偽造を認めたうえで、「村木容疑者に手渡した」といい、虚偽の証明書を郵便事業会社(日本郵便)に提出した倉沢容疑者も「村木容疑者から証明書を受け取った」と供述している。

 村木容疑者は「全く知らない」と否認しているという。

 倉沢容疑者は、かつて民主党の石井一副代表の私設秘書を務めていたうえ、白山会会長側は同党の牧義夫衆院議員側に24万円を献金していた。

 このため、民主党幹部は「民主党議員が関係者として実名で報道されているのは知っている。常識的には、特捜部も総選挙前には(政界ルートに)動かないだろう。ただ、西松事件の前科がある。ここまで内閣支持率が下落すると、政権維持のために禁じ手に踏み込む可能性もゼロとはいえないかもしれない」と警戒している。

>常識的には、特捜部も総選挙前には(政界ルートに)動かないだろう。ただ、西松事件の前科がある。ここまで内閣支持率が下落すると、政権維持のために禁じ手に踏み込む可能性もゼロとはいえないかもしれない」と警戒している。

「内閣支持率低下で、政権が禁じ手に踏み込む」という考えは、的外れな妄想だろう。西松事件の時もそうだったと思うが、政権が捜査を動かすということはないはずであり、良い悪いは別として飽くまで東京地検特捜部の判断だ。
東京地検特捜部(大阪地検特捜部)が動くかどうか分からないが、少なくとも石井一から散々攻撃された創価学会は、この問題を利用して石井一に対してかなりのネガティブ・キャンペーンを展開すると予想される。石井一が創価学会を厳しく非難し追及したときには、私も石井一を応援したものだが、もうお終いかもしれない。結局、公明党と創価学会の追及も中途半端だった。どうせこうなって政界から消えるくらいなら、成太作(池田大作)を証人喚問するなど、もっと厳しく追及してほしかった。





「郵便不正の政界関与をしっかり解明せよ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

今まで人気ブログランキングのカテゴリーは「政治」に登録しており、1クリックにつき10ポイントが加算されていましたが、今後しばらく「歴史」と「ニュース全般」にも1ポイントずつ配分されるようにしました。したがって、1クリックにつき、「政治」に8、「歴史」に1、「ニュース全般」に1が加算されるように登録情報の修正を行いました。
正しい歴史認識の普及と、国益最優先外交や核武装の実現のために、しばらくの間これで頑張ってみます。引き続きよろしくお願いします。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.