正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
1.日本と朝鮮半島2000年←NHK番組『プロジェクトJAPAN ETV特集 シリーズ 第1回 古代 人々は海峡を越えた』も嘘ばかり・水田稲作技術や染色技術の伝播・朝鮮半島に先進文物?


支那大陸から日本へ稲作が直接伝来した裏付けとなる「RM1-b 遺伝子の分布と伝播」。日本の各所に点在するRM1-b遺伝子。
支那大陸では多くの品種に、RM1-b遺伝子を持つ稲が見付かったが、朝鮮半島ではRM1-b遺伝子を持つ稲は見付からなかった。

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





5月9日(土)、4月26日(日)に放送されたNHKの『プロジェクトJAPAN ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」 第1回 古代 人々は海峡を越えた』の再放送を見た。
●番組HP
ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」
第1回 古代 人々は海峡を越えた
http://www.nhk.or.jp/japan/program/prg_090426_3.html




噂どおり、滅茶苦茶な内容だった。

ツッコミどころ満載で、1日では書ききれないため、今回は序盤部分の「水田稲作技術の伝播」と「紅花栽培や染色の技術の伝播」について反論し、中盤以降の「任那」や「鉄製品」などについての反論は後日改めたい。







●水田稲作技術の伝播に関する虚偽

ナレーション
「日本と朝鮮半島。その本格的な交流は米を作る技術を通して始まります。日本最古と言われる水田跡で発見された炭化米です。佐賀県菜畑遺跡です。復元された水田・・・。こうした水田稲作の技術はどのようにして日本にもたらわれたのでしょうか。それを探る手掛かりが福岡市で発見されました。菜畑遺跡とほぼ同じ時期の集落、板付遺跡です。集落の一角から現れた水田・・・。1994年、この遺跡の近くから人骨が見つかりました。……こうした顔立ちは大陸や朝鮮半島の人々に良く見られます。」
「大陸や朝鮮半島からもたらされた水田稲作の技術。それによって始まった日本列島の社会変動。古代、日本と朝鮮半島は玄界灘を通じて絶えずつながっていたのです。」





つまりNHKは、朝鮮半島から日本列島に水田稲作技術が伝播したと言いたいらしい。

しかし、これは真っ赤な嘘だ。

水田稲作技術は、朝鮮半島から日本列島に伝播したのではなく、日本列島から朝鮮半島に伝播したことが確定している。



水田稲作技術が日本から朝鮮半島に伝播したとする理由は主に2つ。1つは遺伝子工学の研究の成果で、もう1つは支那政府機関が20年以上かけて行った品種の調査だ。この2つが決定打になり朝鮮半島経由で日本に米が伝来した可能性がなくなった。

まず、近年、炭素14年代測定法によって、日本の稲作の方が朝鮮半島よりかなり古いことが判った。日本の稲作開始は陸稲栽培で6700年程度前まで、水稲栽培で3200年程度前まで遡ることが判明した。
これに対し朝鮮半島では水稲栽培は1500年程度前までしか遡れない。


次に、米には品種特性を決定づける遺伝子が7種類ある。

稲作の発祥地とされる支那では、NO.1からNO.7まですべて揃っている。

日本の場合、古代から現代に至るまで日本で発見された遺伝子は温帯ジャポニカと熱帯ジャポニカの特有遺伝子2種類しかなく、それぞれNO.1とNO.2としよう。

朝鮮半島の米はNO.2からNO.7までの6種類が揃っているが、NO.1だけは存在しない。これは気温が低いと存在できない遺伝子のため支那北部より北では存在できないためだ。
この辺の事情は「栽培稲に関する種生態学的研究」(松尾孝嶺著)に詳述されている。

往来が盛んになればなるほど、多くの種類の遺伝子の米が入る確率が高まるが、日本には2種類しかなく、これが稲作開始の初期から広く分布したため、米の伝来はごく限られた地域から限られた回数しか伝来していないと考えられる。

日本の米の起源と推定される支那南部の地域は熱帯ジャポニカも温帯ジャポニカも同時に存在しているので、両者を1品種ずつ持ってきたと考えられる。

往来回数が多くなると別遺伝子品種が紛れ込む可能性が高くなるので、古代人が遺伝子選別技術を持っていない限りはこの地域だけから流入したと考えるしかない。

一方、朝鮮半島の米はNO.2からNO.7までの6種類が揃っているが、NO.2の遺伝子が70%を占めるので、米が朝鮮半島に導入された初期段階でNO.2の遺伝子が多く伝わっていなければならない。
日本から2種類の米が朝鮮半島に伝播したものの、NO.1の温帯ジャポニカ種は朝鮮半島に根付かずNO.2の遺伝子のみが広まり、そこに支那大陸から米が入ってきて、NO.2の遺伝子を持つ米と交雑したと考えると朝鮮半島の米の遺伝子の説明が付く。

支那大陸にはすべての遺伝子が満遍なくあるので、特定の種類の遺伝子だけを多く朝鮮半島に伝えるのは無理だ。

また、朝鮮半島の水稲栽培は、九州北部と栽培法が酷似していることや、遺伝子学的に日本の古代米に支那大陸から入った米が交雑した米が多いことなどから、水稲は日本から朝鮮半島へ、陸稲は満州経由で朝鮮半島へ伝わったことが判明した。支那政府の研究機関でも調査が進み間違いないという結論だ。

●詳細な関連記事
日本から朝鮮半島への米の伝播について
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12585608.html



NHKが主張するように、福岡市の田んぼの遺跡から渡来人の人骨が出土したことは、朝鮮半島人が日本列島に稲作を伝えた証拠には全くならない。

ちなみに、揚子江河口の漁労民などは、何千年も前から今日に至るまで断続的に九州に流されて来ている。







●染色技術の伝播に関する虚偽

ナレーション
「長年に亘る調査によって、3~4世紀、ここ(奈良県桜井市の纏向遺跡)がヤマト政権と呼ばれる政治勢力の中枢だったと考えられています。」
「この春から遺跡の中心地の発掘が始まりました。その周辺で紅花の花粉が見つかっています。衣服を紅く染める染料だった紅花。その栽培や染色の技術は、当時の日本にはありませんでした。」

桜井市教育委員会の橋本輝彦
「今考えられてますのは、朝鮮半島あるいは中国を経由した人がこの纏向の場所に入って来て、紅花の栽培の技術的指導、あるいは染物の指導をやっていたのではないか。」





番組では紅花栽培や染色の技術が朝鮮半島から伝わったと言いたいようだが、これも真っ赤な嘘だ。

――――
【正論】筑波大学大学院教授・古田博司 増殖する韓国の「自尊史観」
2008/12/17 産経新聞

≪「チャングム」のまやかし≫
(一部抜粋)
ドラマでは李朝時代は色彩にあふれているが、ほんとうは顔料がないので民間に色はない。中国の清朝でも日本の江戸時代でも陶磁器に赤絵があるが、朝鮮には白磁しかないのはそのためで、民衆の衣服が白なのも顔料が自給できないからである。民芸研究家による「朝鮮の白は悲哀の色」というのも、今では真っ赤なウソである。上流階級だけは中国で交易する御用商人から色のある布を買っていた。
――――



つまり、朝鮮には16世紀になっても衣服を紅く染める技術がなかったのだから、3~4世紀に染色技術があったわけがない。




この番組は、この後、スタジオで、NHKの石澤典夫キャスター、笛木優子という韓国通の女優、立命館大学名誉教授の山尾幸久、韓国のホンイク大学教授のキム・テシクの4人の会話を中心に進行されていく。




●「日本人が朝鮮半島に先進文物を求めた」という虚偽

キム・テシク
「ヌクト(韓国南部の島)から日本の弥生人たちが住んでいた痕跡が発掘されています。当時の日本人が積極的に先進文物を受け入れようとして、ヌクトに住み付いていたのです。」
「1~3世紀にかけて日本列島に小国が沢山生まれました。そうして国々は勢力を拡大するために大陸や朝鮮半島に先進的な文物を求めました。しかし、小さな国ではより多くの優れた文物を手に入れることは困難でした。そこで他の国よりも優位に立つために小国の連合体が整えられて行きます。その過程で、3世紀頃、日本列島に大和政権が形成されたと思われます。」





韓国人の妄想炸裂!

日本人が朝鮮半島に先進的な文物を求めていたって・・・


;`;:゛;`(;゜;ж;゜; )ブッ♪

・゜・(ノ∀゜)・゜・ブワッハッハッハ




人類史上、朝鮮半島が日本列島よりも先進地域だったことは一度たりともない。
●詳細な関連記事
土器、鉄器、水稲、勾玉、前方後円墳…
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12625685.html







この後、山尾幸久やキム・テシクなどは、
「『日本書紀』も、高句麗の『広開土王碑文』も、両方とも嘘だ。」
「『日本書紀』や『広開土王碑文』には【任那などが日本に服属した】と書かれているが、そんな事実はない。」
「日本は伽耶から鉄製品を得るために、人間(労働力)を伽耶に提供した。」

などというキチガイ説を唱え出す。

それらに対するツッコミは、明日以降に改めて。








「嘘吐きは、朝鮮人・支那人・NHKの始まりだ!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.