FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
支那の人肉食文化・新生児産み捨てで男女比率120対100より拡大→女性や子供の大量誘拐・支那誘拐組織を大量摘発・女子供を保護・背景に農村部の嫁不足・赤ちゃんを捨てるな!殺すな!食べるな!



↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング




中国誘拐組織 大量摘発 女性や子供410人を保護 背景に農村部の嫁不足
5月9日15時45分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】中国国内で最近、女性や子供を誘拐する事件が多発していることを受け、中国公安省は4月上旬から全国規模で集中捜査を開始、5月初めまでの約1カ月間に72の誘拐グループを摘発し、誘拐された女性214人、子供196人を保護した。同省刑事捜査局の杜航偉局長が9日までに中国メディアに明らかにした。

 中国で発生する誘拐事件は、欧米や日本でよく見られるような被害者の家族に身代金を要求するケースは少なく、ほとんどが人身売買を目的としている。中国政府が30年前から推進している一人っ子政策により、農村部での男女バランスが大きく崩れたことが誘拐事件多発の背景にあると指摘する声は少なくない。

 男尊女卑の観念が強い農村部では、一人っ子政策が実施された直後から女児の堕胎が後を絶たず、当局の統計でも最近の新生児の男女比率は120対100よりもさらに不均衡になっている。それに加え、都市部に出稼ぎにいく若い女性が増えており、とくに内陸の農村部では深刻な嫁不足の状態となっている。

 今回摘発されたケースの中でも、誘拐グループに「仕事を紹介する」などといわれ、農村部に嫁として売り払われた若い女性が多くいた。値段は地方によって異なり、最も安い貴州省などでは1人5000元(約7万円)程度という。

 誘拐される子供も同じく農村部に売られることが多い。嫁不足から結婚できない男性が跡取りとして男児を必要としていることから、男児の方が女児よりも高い値が付くようだ。4万元(約56万円)で売買されたケースもあると伝えられる。

 こうした誘拐犯罪は省をまたぐことが多く、各地の警察は横の連携が少ないため、捜査が難航することが多く、犯行グループを摘発することは少なかった。しかし今回、公安省は全国規模で専門のプロジェクトチームを作り、各地の警察をまとめて統一行動を取ったため、大きな成果につながったという。

 公安省では「今回はあくまでも中間報告であり、プロジェクトチームによる捜査は今後も続ける」としている。

>男尊女卑の観念が強い農村部では、一人っ子政策が実施された直後から女児の堕胎が後を絶たず、当局の統計でも最近の新生児の男女比率は120対100よりもさらに不均衡になっている。

女子供の誘拐が多発している要因は極端な男女比率にある。特に広東省では新生児の男女比率が130対100に広がっており、更に第2子の男女比となると180対100に達している。

どうして広東省の新生児の男女比率が極端に広がっているかというと、広東省の人肉食文化の影響があると考えられる。支那人は「空を飛ぶものは飛行機以外、四足のものはテーブルとイス以外何でも食べる」と言われているが、これは主に広州を省都とする広東省のことを言っている。昨年12月には、広東省で猫を食用としていることへの抗議活動が広がっていると日本でも報じられた。SARSウイルスの原因と言われたハクビシンを盛んに食べていたのも、広東省だ。
こういう土地柄なので当然人肉食も盛んだ。人肉食が盛んに行われているから、人肉に値段が付き、そのための新生児の売買も多くなり、需要が小さい女児が多く食べられてしまい、男女比率で女児が極端に低くなる。


>嫁不足から結婚できない男性が跡取りとして男児を必要としていることから、男児の方が女児よりも高い値が付くようだ。

現在は跡取りとして男児の需要が大きいので男児の値段が高いようだが、人肉が普通に市販されていた時代には男の肉は女の肉より安かった。

 時の政府は医学と「忠孝仁義」という伝統倫理のイデオロギーを結合させ、食入を奨励した。しかも食用人間の飼育や兵糧としての「乾尸(屍)」、「塩尸」が歴史に登場し、市場では人肉の公然販売も開始された。まさに食人の全盛期である。こうした事実は『唐書』『新唐書』や『清史』といった正史だけでなく、『資治通鑑』『続資治通鑑』『明紀』、そしてアラビア商人が書いた『シナ・インド物語』、マルコ・ポーロの『東方見聞録』などでも知ることができる。
 ではなぜ唐の時代から人肉が公然と市販されるようになったのか? その原因を、私は唐末の戦乱の激化と貨幣経済の発達にあると見る。
 私の研究では、まず唐以後に各大都市で販売された人肉はたいてい、犬や豚など他の動物の肉、あるいは米より安かった。たとえば 『資治通鑑』中の「唐紀」によると、九〇二年の西京鳳翔城の肉市場では、一斤当たりの価格が人肉で百銭、犬肉で五百銭だった。というのは、争乱や飢僅の影響で家畜の値段や米価が高騰したのに比べ、人間のほうはいくらでも確保できるため、自然と人肉の価格が下がったというわけだ。
 また男の肉は女の肉より安かったようだ。顧山貞の『客●述』では、一六四七年当時の四川では「男の肉が一斤七銭で、女の肉は一斤八銭で市販されている」とある。
(黄文雄著『日中戦争は侵略ではなかった』)
(●はさんずいに眞)


(参考文献)

『本草拾遺』
『唐書』
『新唐書』
『帰潜志』
『曾国藩日記』
『清史』の「洪秀全載記」
『狂人日記』 
『喫人と礼教』
『資治通鑑』
『続資治通鑑』
『明紀』
『シナ・インド物語』
『東方見聞録』

『中国食物史』篠田統著

『呪われた中国人"中国食人史"の重大な意味』黄文雄著
『日中戦争は侵略ではなかった』黄文雄著


日本でも飢饉の時には死んだ人の肉を食べて生き長らえた記録があるが、支那では文化として唐の時代から20世紀まで人肉が犬肉や豚肉と同じように市販されていた。

一応支那共産党は儒教や人肉食文化を批判していたようで、『人民日報』や『解放軍報』などの支那共産党の新聞にはいたるところに「儒教=人食い」の文字が躍っていた。

それでも、つい何十年か前まで普通に存在していた人肉食文化が急になくなるわけではなく、今も闇で人肉食が行われている。




以下は、ショッキングな画像なので苦手な人はクリックしないこと。

中国人は人肉食の習慣がある

中国人は人肉を食べることを楽しんできた




下に貼り付けたサイトは、上に貼り付けたサイト以上に更にショッキングな画像があるので、心臓の弱い方や妊婦の方は見ないこと。

比較的差し障りのない1つだけ画像を選んで掲載しているが、その画像の上に貼り付けたサイトをクリックして中身を見ると、こんなものではないので要注意!
一番下にはブログランキングがあるので、そちらに直行し、安心してクリックしてネ!!



注意!!


おぞましい画像←が沢山あるので、心臓の弱い方や妊婦の方はクリックするな!










「支那人は赤ちゃんを食べるな!捨てるな!殺すな!!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.